「星が綺麗ですね」が意味することとは?言われたときの返事の仕方

星が綺麗ですね、と言われた経験はありませんか?言葉通りに受け止めると、夜空に輝く星が美しいことを言っていることになりますが、実はそうではないこともあります。

そこで今回は、

  • 「星が綺麗ですね」が意味すること
  • 「星が綺麗ですね」と言われた時の返答
  • 「星が綺麗ですね」と言う時に気をつけること

などについてご紹介したいと思います。

「星が綺麗ですね」とは


星が綺麗ですね、とは隠れた愛の言葉として定着しています。少し遠回りに愛を伝えたいとき、ロマンティックに伝えたいときなどに使われているのです。タロットカードが由来で「月が綺麗ですね」から派生したと言われています。

隠れた愛の言葉として定着

好きな人に対し、ストレートに好きと言えない方も少なくありません。また、遠回しに愛情を伝えたい、というシーンも人によってはあるでしょう。そのような時に使う言葉として「星が綺麗ですね」は定着しています。

自分の気持ちをはっきりとは悟られたくない、というときにも「星が綺麗ですね」と伝えることがあります。愛の気持ちを伝えることで、今の関係性を壊したくない、今まで通りでいたい、といったケースですね。

ロマンティックに愛を伝える言葉

愛を伝える言葉はたくさんあります。「あなたを愛している」のようなストレートな表現もあれば、「大好きです」「大切にします」なども代表的ですね。ただ、もっとロマンティックに伝えたい、というシーンでこの言葉が用いられることがあります。

「星が綺麗ですね」という言葉はとてもロマンティックですし、言われた側としても素敵な気分に包まれるかもしれません。ムードを大切にしたい、思い出に残る告白をしたい、というときに好まれます。

タロットカードからきている


そもそも「星が綺麗ですね」という隠れた愛の言葉は、何が由来となっているのでしょうか。実は、これはタロットカードからきていると言われています。占いに使うタロットカードには、星や月のカードもありますよね。

タロットカードは、カードが正位置か逆位置かで意味が違ってきます。正位置での星のカードは、夢や希望、期待といった意味のほか、憧れといった意味も持ちます。明確な元ネタはありませんが、タロットの星が由来という話もあるということです。

「月が綺麗ですね」からの派生

「月が綺麗ですね」という言葉が愛を示す、というのはご存じの方も多いのではないでしょうか。間接的に愛を伝える言葉として有名ですが、これは文豪として知られる夏目漱石が、英語教師だったころの逸話から広まったそうです。

I love youを生徒が「我君を愛す」と訳した生徒に対し、漱石が「日本人はそのようなことは言わない。月が綺麗ですねと訳しておくように」と言ったそうです。この月が綺麗ですね、が派生して星が綺麗ですねも誕生したと言われています。

「星が綺麗ですね」の意味すること


星が綺麗ですね、という言葉が意味することは何なのでしょうか。月が綺麗ですね、と同様に愛を示す言葉であることは事実ですが、ここではもっと深い意味をお伝えしたいと思います。気になる方はぜひ目を通してくださいね。

あなたは私の思いを知らない

一方的に相手を想っているようなケースにおいて、相手がその気持ちに気づいていないことも多々あります。そのようなとき、「あなたはきっと私の気持ちを知らないでしょう」という意味で使うことがあるようです

どうしてこのような意味になるのか、ということですが、これは目に見える星よりも見えない星のほうが多いからだそうです。あなたの見えないところに、私の本当の気持ちがある、という意味ですね。

あなたに憧れています

「星が綺麗ですね」はタロットカードが由来といわれています。タロットカードにおける星は、憧れの意味も持っているからです。そのため、「私はあなたに憧れを抱いています」という意味にもなるのです。

仕事で頼りになる異性の先輩、プライベートで何かと世話を焼いてくれる友人など、憧れを抱く対象はたくさんいると思います。そのような人に対し、間接的に気持ちを伝えたいときなどに使うことがあります。

あなたは私の気持ちに気がついていない


夕方や夜に空を見上げると、たくさんの星が目に映りますよね。しかし、我々の目に映っている星というのは、ほんのごくわずかなものです。宇宙は非常に広いですし、目に見えている星よりも見えていない星のほうが圧倒的に多いのです。

「あなたは私の気持ちに気がついていない」という意味になるのも、それを踏まえて考えると理解しやすいですね。私の本当の気持ちに早く気づいてほしい、という意味を込めて伝えることもあるかもしれません。

いつも側で見つめています

星は地球の周りにたくさんあります。常に地球とともにありますし、そばにいる存在でもありますよね。そうしたことから、「星が綺麗ですね」の言葉には、いつもそばで見つめています、といった意味もあるそうです

気持ちを伝えることはできないけど、近くで見ている、見守っている、という気持ちを間接的に伝える言葉です。また、いかにその人のことを想っているか、ということを暗に伝えたいときにも使えそうですね。

「星が綺麗ですね」と言われたら…YESの場合


星が綺麗ですね、と言われたときには、どのような返事をすればいいのでしょうか。愛の言葉である以上、返事を間違えてしまうと相手に誤解を与えてしまいます。ここでは、YESのときに、どんな返事をすればいいのかお伝えしましょう。

「月も綺麗ですよね」

「星が綺麗ですね」と言われたときの、もっともスタンダードな返事として「月も綺麗ですよね」があります「月が綺麗ですね」は「あなたを愛している」という愛の気持ちを表す言葉となります。

この場合だと「私も愛している」ということになりますね。「星が綺麗ですね」と言ってくるような相手だと、月が綺麗ですねという言葉の意味も理解しているはずです。きっと気持ちを理解してもらえるでしょう。

「はい、綺麗ですね」


「星が綺麗ですね」という言葉を、相手がどのような意味で使っているか、判断しかねることもあります。もしかすると、本当に星が綺麗だなという意味で使っているのかもしれませんし、愛の気持ちを伝えてきているかもしれません。

このような時だと、「はい、綺麗ですね」と返事をするのが無難でしょう。これなら、相手が愛のメッセージとして使っていても、純粋に星が綺麗という意味で使っていても対応できます

「星を見るのは大好きです」

「いったいどういうつもりで、その言葉を伝えているのだろう」と悩んでしまうシーンもあるでしょう。そのようなときは、星座や星の話をしてみるのが良いかもしれません

星を見るのは大好きです、星座の名前を昔は全部覚えていたんですよ、といった話題がいいですね。また、星を見るのは大好き、という返事だと、相手があなたに好意を示す意味で使ったときにも対応できますね。

「星が綺麗ですね」と言われたら…NOの場合


星が綺麗ですね、と言われたものの、私にはまったくその気がない、というようなこともあるでしょう。ここでは、そのような時にどう返事をすればいいのかについてまとめてみました。NOの場合にはこう伝えてみましょう。

「遠くにあるから綺麗ですよね」

星はすぐ近くで見ても綺麗には見えませんよね。離れている場所から見るからこそ、美しく輝く星を目にすることができます。つまり、この言葉は「お互い距離があるからこそ素敵に見えるだけですよ」という意味を持ちます

やんわりと、相手からの愛のメッセージを拒否する言葉ですね。また、相手が純粋に星が綺麗、という意味で用いた場合であっても、この言葉なら当たり障りもありません。そのまま会話として流れていくでしょう。

「星には手が届かないですよね」


星は遥か遠くにあるので、当然手が届くことはありません。決して手にすることはできない存在です。「星には手が届かないですよね」は、「私には手が届きません」「届くことはありません」ということを意味します

どんなにアプローチされても、あなたになびくことはない、というNOの意思を示した形になります。相手が愛のメッセージとして使っていない場合でも、この言葉なら違和感もありませんね。

はぐらかす・気がつかないふりをする

相手からの好意に応えたくないとき、または、相手がどのような意図でその言葉を使っているのか分からないこともあります。そのような時には、はぐらかしたり、気づかないふりをしてみるのも良いでしょう

「星が綺麗ですね」と言われたときに「あの星座って何座でしたっけ?」と話をそらしてみるのもおすすめです。星とはまったく関係のない話題にすり替えてしまうのも良いでしょう。NOのとき、返事に困ったときはこれが一番です。

「星が綺麗ですね」と言う時に気をつけること


ロマンティックに気持ちを伝えることもできる言葉ですが、使うときには気を付けるべきこともあります。ダイレクトに気持ちを伝えるときには使わない、相手によって使いわける、といったことが挙げられます。詳しく見ていきましょう。

ダイレクトに気持ちを伝えたい時は使わない

相手に対してはっきりと、自分の想いを伝えたいというときには、使わないほうが無難です。確かにこの言葉は、とてもロマンティックですし、言ってみたいと考える方もいるでしょう。しかし、言われた相手がその言葉の意味に気がづかないこともあります。

恋愛経験豊富な方、タロットや占いに詳しい方などだと、「星が綺麗ですね」の意味にすぐ気づくかもしれません。しかし、多くの方はその言葉通りの意味として受け取ってしまう可能性があります。

シチュエーションや相手によって使い分ける


シチュエーションによっては、「星が綺麗ですね」という言葉がミスマッチとなることもあります。ロマンティックなムード漂うシーンならいいですが、ガヤガヤワイワイした場所だと、あまりマッチしないと思います。

また、人によっては遠回しな表現を嫌ったり、まったく気づかないこともあります。そのため、シチュエーションや相手によって使うか、使わないかを判断する必要があります。

うまく伝わらない場合もある

自分としては、気持ちが伝わったと思っていても、実際には伝わっていないこともあります。「星が綺麗ですね」の言葉に対し「綺麗ですね」と返された場合でも、相手は本当に星の話をしている可能性があるのです。

遠回しな伝え方になってしまうので、うまく伝わらないことがあるのは仕方ありません。しっかりと気持ちを伝えたい、誤解されたくない、という場合には、遠回しな表現はせずストレートに伝えたほうが無難です。

まとめ

星が綺麗ですね、の意味や言われたときの返事の仕方などについてまとめてみました。間接的に好意を伝えたいとき、ロマンティックに伝えたいときなどはよさそうですね。ただ、うまく気持ちが伝わらなかったり、勘違いされてしまうこともあるので、そこは注意が必要です。シチュエーションや相手によっても考えてくださいね。