背中美人を目指す!背中が美しく見えない理由と背中美人になる方法

美人でも、背中が美しくないと完全なる美人とは言えません。背中美人になることができれば、異性の視線を独り占めすることも不可能ではありませんよ。

今回は、

  • 背中が美しく見えない原因
  • 背中美人になるためのボディメイク

などについてご紹介します。

背中が美しく見えない原因


そもそも、背中が美しく見えないのは、どのような原因があるのでしょうか。姿勢が悪い、ぜい肉がついている、筋肉がついていない、もしくはつきすぎといった理由が考えられます。詳しく理由を見ていきましょう。

姿勢が悪い

美人でも、姿勢が悪いと残念な見た目になってしまいます。顕著なのは猫背でしょうか。背中をいつも丸めていると、何となく暗そうな人にも見えてしまいます。老けた感じにも見られてしまいますし、もし猫背を自覚しているのなら、今からでも改善したほうが良いでしょう。どちらかに傾いているのも同様です。

ぜい肉がついている

余分なぜい肉がついていると、あまり美しい背中には見えません。かといって、骨と皮だけのガリガリ、という状態でもあまり美しくないので、適度な肉付きが背中美人の条件です

背中のぜい肉は一度ついたらなかなか落とすことができません。日ごろから運動したり、食生活に気を付ける必要もあります。

筋肉がない・筋肉のつきすぎ


筋肉がほとんどない状態だと、締まりのない背中になってしまいます。ほとんどが脂肪ということになってしまいますし、見るからにだらしなく見えてしまうでしょう。逆に、筋肉がつきすぎだと、女性らしさを失ってしまいます。男性のような背中、たくましすぎる背中になるので、背中美人とは言い難くなってしまいます。

背中にきびができている

背中にたくさんのにきびができていると、見るからに汚らしく見えてしまいます。一つや二つ程度ならまだしも、いくつも背中にきびがある、という状態だと、とても背中美人とは呼べないでしょう。

背中をきちんとケアできていない、普段から清潔にできていない、という場合だと、背中にきびができてしまうことがあります。

背中にムダ毛がある

男性だと背中にムダ毛がたくさん生えていることもありますが、女性でも背中のムダ毛が多いことはあります。ムダ毛が多いと、どう考えても美しい背中とは言えませんよね。背中のムダ毛は自己処理しにくいのは確かですが、エステや脱毛サロンなどでケアすることで、美しい背中を手に入れられます。

背中美人になるボディメイク


ここからは、背中美人になるためのボディメイク術をお伝えしたいと思います。姿勢をきちんと正すこと、ぜい肉を落とすこと、筋肉を鍛えることで、背中美人になることができます。ボディメイクして背中美人を目指しましょう。

姿勢を正す


肩甲骨はがしと呼ばれる方法で、姿勢を正す方法です。手を後ろに回して合掌させた状態からスタートします。背中で合掌した状態で息を吸い、そのまま肩甲骨を寄せるようにしてください。今度は息を吐きながら、肩甲骨をもとに戻していきます。肩甲骨の開きと閉じをうまく使うようにしてください。だいたい10回ほど行いましょう。

ぜい肉を落とす


2本のペットボトルを使い、背中のぜい肉を落とせる方法です。床にうつ伏せになり、ペットボトルを持って腕をまっすぐ伸ばしましょう。床から腕を少し浮かせ、腕を前から後ろに回していきます。この動きをだいたい10~15回行います。背筋を鍛えるとともに、二の腕の引き締め効果もあります。ほかにも複数のエクササイズを紹介しています。

筋肉を鍛える


筋肉を鍛えることで、美しい背中を手に入れるエクササイズを紹介しています。バンザイバックエクステンションやヒップタッチといった、器具を使わずにできるエクササイズばかりです。動画の中では、実際にトレーナーが実演してくれているので、動画を観ながら一緒に行うことが可能です。

背中美人になる方法:背中にきびの改善


背中ににきびがたくさんあると、美しい背中とは言えません。そこで、ここでは背中にきびを改善するための方法について、まとめてみました。洗髪後に体を洗う、風呂上りにしっかりと保湿する、といったことが挙げられます。詳しく見ていきましょう。

洗髪後に体を洗う

先に体を洗ってから髪の毛や顔を洗っていませんか?これだと、せっかく体をキレイに洗っても、シャンプーやリンスの成分が背中に付着してしまいます。

背中の毛穴から、シャンプーやリンスの成分、皮脂や埃などが入りこんでしまうと、それがにきびの原因になります。それを回避するため、洗髪後に体を洗うようにしてください。

風呂上りには保湿ケアをする

風呂上りは体が乾燥しやすくなっています。多くの方は、お風呂上りに顔の保湿はしっかり行っていますが、体の保湿はおざなりになっていることが多いです。

乾燥すると肌のバリア機能が低下し、水分量が少なくなった角層が毛穴に詰まりやすくなります。これがにきびの原因になってしまうのです。しっかり保湿を行ってください。

ビタミンや食物繊維を積極的に摂る


にきびを防ぐには、ビタミンや食物繊維をたくさん摂ることが大切です。ビタミンCやBには抗炎症作用があるため、積極的に摂取したいですね。

野菜や柑橘系のフルーツにビタミンがたくさん含まれています。また、便秘がちな方だと、それが原因でにきびができることもあります。食物繊維をたくさん摂り、腸内環境を整えましょう。

動物性脂肪と糖質の摂りすぎを避ける

動物性脂肪を摂りすぎると、皮脂の分泌量も増えてしまいます。皮脂はにきびの原因にもなるので、動物性脂肪はなるべく控えたほうが良いでしょう。また、糖質も同様に皮脂の分泌を活発化させてしまいますし、にきびを増やしたり、悪化させてしまう可能性があります。

規則正しい生活を送る

生活習慣の乱れが背中にきびの原因となることはよくあります。まずは、規則正しい生活を送ることを心がけましょう。睡眠時間が短いのなら、今日からはたっぷりと睡眠をとるようにしてください。三食きちんとバランスのとれた食事をとり、適度な運動も取り入れたいですね。

背中のムダ毛処理も忘れずに!


ほどよく引き締まった背中でも、ムダ毛が多いとなると見た目にも美しくありません。背中美人を目指したいのなら、ムダ毛の処理もきちんと行いましょう。ここでは、背中のムダ毛処理を行う方法をいくつかピックアップしました。

家庭用脱毛器

自宅でも脱毛サロンのような脱毛ができる、という触れ込みで大人気の家庭用脱毛器。さまざまなメーカーから販売されていますし、ご存じの方も多いでしょう。家庭用脱毛器の多くは、サロンと同じ光脱毛方式を採用しています

ただ、背中は自分で処理するのは難しいので、家族や恋人などにやってもらうことになるでしょう。

脱毛サロン

脱毛サロンで処理すれば、今後背中のムダ毛処理をする必要がなくなります。全国に支店を展開する大手のチェーン店から、個人経営の小さなサロンまでたくさんありますが、特徴などを比較しながら選びましょう。

インターネット上の口コミも参考にしてください。脱毛サロンでの施術は痛みが少ないですが、効果はクリニックに比べて低いです。

脱毛サロンによって、施術方式が異なることもあるので、そこは事前に確認しましょう。基本的に光脱毛方式、フラッシュ脱毛と呼ばれる方式を採用しているところが多いです。オリジナルの施術を開発しているサロンもあるので、特徴を確認してくださいね。

クリニック


美容クリニックでは、脱毛の施術を行っています。医療用レーザーを使った脱毛なので、高い効果が期待できるでしょう。デメリットとしては、サロンでの脱毛より痛みが強いことと、料金が高めなことです。また、施術後のケアはサロンほど手厚くありません。

まとめ

背中美人になることができれば、周りからの反応もきっと違ってきます。背中が大きく開いたドレスも着ることができますし、ワンランク上の女性に変身できますよ。ここでは、背中美人になるための方法についてもお伝えしたので、さっそく今日からでも試してみましょう。背中美人になれば、自信も手に入りますよ。