イライラ解消方法はこちら!イライラの原因を知って解消しよう

イライラ解消方法はこちら!イライラの原因を知って解消しよう

仕事や恋愛をしていると、つい些細なことでイライラしてしまうことは無いですか?ちょっとした仕草や匂いが妙に気になったり、自分でも思いもよらないタイミングでカットしてしまったり……。

世界的にみても、日本はストレスに溢れた国であるといわれています。とりわけ、人数の多い組織で働いているともなると、日々イライラ感に悩まされがちです。イライラするとストレスが溜まり、モチベーションが保てなくなる、集中力が続かない、精神病になるなど、さまざまなデメリットが懸念されます。

今回、そういったケースを防ぐためのイライラ解消法を紹介します。

  • イライラの原因
  • リスク
  • 効果的な対策

を1つ1つ解説します。ストレスをまったく感じることなく働くというのも、難しいです。ですが、効果的な対策を知っていれば、そんなストレスとうまく付き合いながら働いていけます。

イライラしてしまう原因

イライラしてしまう原因
何の理由もなくイライラするということは、あまりないでしょう。できることなら、誰しもイライラすることなく穏やかに過ごしたいはずです。まずは、自分がイライラするときどのような理由が伴なっているのか考えていきましょう。

他人と自分を比較してしまう

日々生活を送る中では、さまざまな人に囲まれることでしょう。そんなとき、つい他人と自分を比較してしまう人は、少なくないはずです。意識していなくても、同じ環境にいるとつい目に入ってしまうものです。たとえば、仕事の成績や周囲からの人気、容姿、収入などが対象に挙げられるでしょう。

他人と自分を比較すると、頭の中では敵意を抱いてしまいがちです。にもかかわらず、会社やグループにおいては人間関係を意識しつつ円滑なコミュニケ―ションをおこなわなくてはなりません。そんな葛藤から、イライラが込み上げてきてしまいます。我慢の限界を通り越して怒鳴り散らしてしまおうものなら、より一層空気は悪くなり、落ち着けない状況となるでしょう。

仕事や人間関係のストレス

仕事や人間関係のストレス
冒頭でも触れている通り、ストレスはイライラの大きな原因となります。ストレスが溜まってしまえば、それこそイライラする必要のないところでさえ落ち着けなくなってしまうかもしれません。精神が追い込まれて、視野が狭まり、余裕をなくしているためです。仕事や人間関係は、そんなストレスを生じさせる代表的な理由です。

たとえば仕事であれば、ミスをしてしまったり、ノルマが達成できなかったり、ライバルに成績で追い抜かれてしまったときなどが挙げられるでしょう。とはいえ、こうしたケースは決して珍しくもないはずです。いちいちストレスを溜め込んでいては大変です。うまくストレスと付き合うための、すべを備えておくべきでしょう。

人間関係は、さらに複雑になってきます。相手の考えは読めないわけですから、明確な理由もなく問題が生じてしまう展開も考えられます。仕事上ではもちろん、家族や恋愛関係など、あらゆる環境で生じるストレスである点も特徴的です。解決が難しく、険悪な雰囲気を長続きさせてしまうともなると、イライラしてなりません。

ライフスタイルの乱れ

乱れた生活もまたイライラにつながります。例としては、睡眠が十分にとれていない、偏った食生活、運動不足などがあるでしょう。これらが直接的に怒りの感情に関係するわけでもありませんが、自律神経が乱れてしまい、精神状態が不安定になります。それにより、普段は何とも思わないような些細なことでも、イライラを感じるようになってしまうのです。大した原因がないにもかかわらず、突然怒り出したり不機嫌になったりする、そんなあなたに対して周囲は不安を覚えるでしょう。

イライラしたままだとどうなる?

イライラしたままだとどうなる?
イライラしていても、仕事をしたり生活を送ったりすること自体は可能です。ですが、イライラを感じたら早い段階で解消するべきでしょう。なぜなら、以下のようなデメリットにつながってしまうためです。

時間や労力を無駄に消費してしまう

イライラしているときとそうでないときでは、同じ作業でも労力の消費量が異なります。

イライラ感をコントロールしながら作業に臨まなければならないため、余計に疲れてしまうのです。また集中が続かないため、時間も通常以上にかかってしまうでしょう。それによって、またさらにイライラが溜まるともなると、負の悪循環に他なりません。

周囲の信用をなくしてしまう

イライラしていると、口に出さなくても周囲に察されてしまいがちです。不機嫌そうであったり、話し方が適当であったり、目つきが悪くなっていたりするためです。その結果、周囲の信用をなくしてしまうかもしれません。誰でも、不機嫌そうな人より愛想のいい人とかかわっていたいものです。徐々に、人が離れていってしまうでしょう。

肌荒れの原因となる

肌荒れの原因となる
精神状態の乱れは、体の仕組みにも大きく影響してしまいます。特に関連深いのは、中枢神経です。イライラがストレスとなり、中枢神経の機能が乱れると、体内サイクルにも影響してきてしまいます。肌サイクルの乱れから、肌荒れが起こってしまうかもしれません。直接生活に支障を来すデメリットでもありませんが、女性にとっては大問題でしょう。

過食など肥満の原因になる

これは、ストレスからくる影響です。溜まったストレスを食欲で解消してしまうという人は、少なくないでしょう。欲求を満たすことでストレスを解消するという意味合いのほか、中枢神経の乱れによって食欲がコントロールできなくなっている場合もあります。肥満や不健康、肌荒れの原因となってしまいます。

おすすめのイライラ解消法選

おすすめのイライラ解消法選
イライラがコントロールできないと感じたら、以下の方法を試してみてください。簡単な方法も多いですが、効果的な気分転換となります。我慢はストレスを溜め込む原因となるため、早めに対策しましょう。

イライラする原因の場所から離れる

単純な方法ですが、これにより根本的な解決ができます。そもそも、自分をイライラさせるような環境は、向いていないのかもしれません。離れられるようであれば、早い段階で距離を置きましょう。会社や家庭となると難しいですが、苦手な人や状況とは、極力かかわらないようにしてください。

6秒間心を落ち着かせる

6秒というのは、決しておおまかな数字を挙げているわけでもありません。怒りには6秒ルールというものがあり、このタイミングでピークに達し収まっていくと考えられています。そのため、6秒間心を落ち着かせる意識を持てば、イライラを和らげられます。

深呼吸を繰り返す

イライラにストレスを感じる前に、一呼吸置きましょう。6秒ルールも効果的ですが、心を落ち着かせる時間があれば、何度も深呼吸を繰り返してみてください。イライラの原因を、頭から遠ざけることができるでしょう。血液に酸素を送り込むことで、頭をリフレッシュさせる効果も期待できます。

ガムを噛む

咀嚼運動が、気分転換につながります。好みの味や爽快感のある味、甘さを感じることでも、思考をイライラの原因から切り離せるでしょう。ガムなら、仕事中や人と話している最中などでも取り出しやすいです。日常的に持ち歩いておき、うまく役立ててみてはいかがでしょう。

バランスのとれた食生活を送る

前述の通り、乱れた食生活は精神を乱す原因となります。忙しい生活を送っていたとしても、バランスのとれた食事を意識しましょう。特に緑黄色野菜や低脂肪食は、ビタミンがしっかり摂れたり、肥満を防げたりするためおすすめです。逆に不健康の原因ともなるアルコールやカフェインは、控えるようにしてください。

ゆっくりと入浴し血行を良くする

ゆっくりと入浴し血行を良くする
入浴は、日常的な作業でありながら効果的なストレス解消法となります。全身を温めて、血行促進させられるためです。体内サイクルを整えることで、精神の安定や凝りの解消、安眠効果などが期待できます。

7時間以上の睡眠をとる

心身の疲れは、眠っているとき特に和らげられます。そのため、睡眠が不十分であると翌日に疲れやストレスを残して、日に日に蓄積していってしまいます。理想は、毎晩7時間以上の睡眠を心がけてください。寝る前にテレビやパソコンを見たり、スマホを操作しないよう心がけると、より質の良い睡眠が期待できます。

まとめ

イライラをまったく感じることなく生活するのは、難しいでしょう。そのため、上記の知識を役立ててうまく付き合っていくことが大切です。イライラを残したままにすると、さまざまなデメリットにつながってしまいます。イライラの予防や解消を、日ごろから心がけて穏やかに過ごすようにしましょう。