巻きおろしがオトナ女子に人気♡普段にもお呼ばれにも

手軽でありながら魅惑的な雰囲気が出せるスタイル、それが巻きおろしです。自宅で簡単にできるにもかかわらず女っぷりを上げられるので、手間はかけたくないけどちゃんとアピールしたい、そんな日に役立てられそうです。日常のスタイルとしてはもちろん、花嫁ヘアとしても活かせるほど。

写真を通して魅力を紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

  • 巻き下ろしの魅力
  • 巻き下ろしのスタイル集

を紹介します♡

巻きおろしの魅力

巻きおろしは、数あるカールヘアの中でも手軽なスタイルで、多くのメリットがあります。とにかくオールマイティーに使えるため、ある程度長さのある髪をしているなら、覚えておいて損はないでしょう。デイリーはもちろん、デートやパーティー、そしてビジネスシーンでも役立てられます。魅力を知って、興味を深めてみてください。

アイロンで巻いただけなのにお洒落

巻きおとしの方法は、ヘアアイロンで巻いて落とす、ただそれだけです。にもかかわらず、女性らしい曲線とふわっとした質感が作れ、何ともおしゃれです。飾り過ぎず、それでいて優雅な印象を表現できるので、シーンを選ばず楽しめます。

またポイントとしては、やや太めのコテを使いましょう。巻きおとしの魅力であるゆったり感を作る上で、太めの方が適しています。また熱の当て方についても、あまり強く当てすぎるとロールが強調されてしまうため、あまり長く挟まないようにしてください。さりげなく、それでいておしゃれ、そんな巻きおとしの良さをしっかり引き出しましょう。

巻き方次第でアレンジが豊富

シンプルだからこそ、アレンジが自由にできるという点も魅力的です。ヘアアイロンで巻くだけのスタイルではありますが、クセ付けの強さや巻く位置、スタイリング剤の使い方などで印象を変えられます。

好みやシーン、ファッションに合わせて、工夫してみてはいかがでしょう。パーマでなくあくまでアイロンで作るスタイルなので、頻繁に自分好みにアレンジすることができます。

例としては、たとえばゆったりめのカールをしっかり強調すれば、いい女感がにじみ出るお姉さん風スタイルができます。そもそも巻きおろし自体いい女スタイルの代表格といわれていますが、このアレンジならより一層アピールできます。空気感たっぷりに、動きを付けましょう。

また巻いたあとに、あえて手ぐしで崩す方法もおすすめです。ぼさっとした印象は、外国人風ヘアやこなれヘアを楽しみたいときに適しています。さらに顔周りにもカールを加えれば、より一層無造作感が出ます。

その他、超ロングヘアにやわらかい巻きおろしを加えたアレンジ、前髪を短くしてカール部分とのギャップを付けるなど、工夫できる幅は広いです。巻きおろしの魅力を知っておけば、楽しめるファッションの幅も広がるでしょう。

オフィスにぴったり

いい女感をアピールできる巻きおろしですが、だからといってビジネスシーンに適さないというわけでもありません。髪色や巻きの強さを抑えめにしておけば、オフィスにもぴったりのスタイルとなります。清楚でありながら適度に華やかな雰囲気は、部下から上司、クライアントまであらゆる層の人に好印象でしょう。

フォーマルスタイルも良い

オフィススタイル以上に控えめを意識しなければならないシーンが、フォーマルの席でしょう。ですがここでもなお、巻きおろしはハマります。とはいえ、アレンジによっては華やかになりすぎるので、髪色や髪の長さを意識して作ってみてください。

ブラックやそれに近い暗い色味、そして比較的短い髪のときに適しています。髪が長ければ長いほど、巻きおろしによるいい女感が出てしまうため、フォーマルの場にふさわしくなくなってしまいます。

OLさんにおすすめ♡巻きおろしのスタイル集

オフィスで働くOLさんは、巻きおろしヘアの中でも落ち着きのあるアレンジが理想的です。とはいえ、抑えすぎてもおもしろみのない人物、主張の弱い人物と思われてしまうかもしれません。オフィスの邪魔にならず、それでいて適度に魅力をアピールできる、そんな度合いの巻きおろしがおすすめです。

ナチュラルな巻きおろし

巻きおろしの基本ともいえる、ナチュラルな仕上がり。毛量を抑えめにしているため、動きや空気感がしっかりと出ている点がポイントです。動くたびに肩のあたりで揺れるため、異性へのアピール効果も高いでしょう。

ふんわりとゆるい巻きおろし

全体的にゆるやかな巻きおろしを施した、落ち着きの感じられるスタイル。手ぐしで仕上げているのか、適度にぼさっとさせている点も特徴でしょう。こなれ感があり、大人のゆとりをかもし出しています。

オトナ女子のハーフアップ

大人な雰囲気の巻きおろしスタイルだけに、同じく上品な印象のハーフアップは好相性です。編み込みハーフアップとの組み合わせであるため、女性らしさが強調されています。オフィスでも、好感を呼ぶこと必至です。

ミディスタイルの巻きおろし

ミディアムスタイルの場合、巻きおろしはかわいらしい雰囲気を作る上で効果的です。特に写真のような、大きめのカールを作る場合には、ガーリーさがアップします。爽やかさが、誠実な印象につながるでしょう。

花嫁さんにおすすめ♡巻きおろしのスタイル集

花嫁ヘアとして巻きおろしを取り入れるなら、オフィススタイル以上に華やかさを強調すべきです。

ウェディングドレスにも負けない存在感や優雅さを表現して、一世一代の晴れ舞台を楽しみましょう。

大きなカールの巻きおろし

カールを大きくすることで、優雅さやお嬢様っぽさが表現できます。主役の名にふさわしい存在感を放つウェディングドレスと合わせても、まず存在負けしないでしょう。外国人風カラーを使うことで、立体的なシルエットに仕上げている点も特徴です。

サイドのヘアラインが魅力の巻きおろし

サイドの髪は、頭のボリュームやシルエットに影響するため特に重要です。その点この巻きおろしでは、サイドを意識したスタイルになっており、こだわっている印象です。バランスで魅せるタイプの、巻きおろしといえます。

巻きおろしの三つ編みハーフアップ

女性的なカーブが印象的な巻きおろし。そのため、同じく曲線を表現できるみつあみハーフアップは好相性です。この女性は、加えて毛先で作ったリボンと寒色のアクセントカラーにより個性もプラスしており、ハイセンスに仕上がっています。

ゴージャスな巻きおろし

細かい巻きおろしを多数作った、ゴージャススタイルとなっています。ウェディングシーンはもちろん、夜のデートやナイトクラブでも十分にアピールできるでしょう。ウェットに仕上げて、立体感を強調している点にアイデアが感じられます。

巻きおろしのローテール

大きめの巻きおろしを作ったのち、ぼさっとしたアレンジを加えて、空気感たっぷりに仕上げています。とはいえ、編み込みやアクセサリー使いで頭周りはボリュームを抑えているので、メリハリが印象的でもあります。

巻きおろしのローツイン

いい女感が出せる巻きおろしと、ガーリーな雰囲気が出せるツインテールを組み合わせた、ギャップで魅せるスタイル。造花によるアレンジもプラスしているため、ウェディングシーンでも十分に映えるでしょう。造花を使わなければ、デイリースタイルとしても活かせます。

巻きおろしで編みおろし!

巻きおろしに加え、編みおろしという技も加えたハイレベルな大人スタイル。巻きおろしの立体感をしなやかにまとめており、いい女感たっぷりです。アピール度抜群の、主役ヘアといえるでしょう。

まとめ

巻いておろすだけの、何ともシンプルな巻きおろしスタイル。ですが、シンプルであるからこそアレンジの幅が広く、あらゆるシーンで役立てられます。プライベートからオフィスシーン、さらにはウェディングにまで活かせるスタイルというのは、そうないでしょう。

それだけに、コツを覚えておけばさまざまなファッションを楽しめます。今回紹介した写真を通して、ぜひアイデア作りの参考にしてください。おしゃれさんのスタイルを取り入れることで、ベストなアイデアが浮かんでくるでしょう。