靴の洗い方を素材別にご紹介!おすすめの洗剤2つも教えます

靴は数あるファッションアイテムの中でも、コーディネートの土台となる重要な存在であるものの、汚れやすかったり臭いがつきやすかったりするのも実際のところです。お気に入りの靴を買ったら、適切な方法で定期的に洗うことが欠かせません。
  • 布製の靴を洗う手順
  • 洗濯機で布製の靴を洗う手順
  • 革靴をキレイにする方法
  • おすすめ洗剤

を紹介するので、お気に入りの靴の状態を守りながら、きれいで衛生的になるよう洗ってみてください。

布製の靴は自分で洗える!洗う手順


一口に靴といってもさまざまなタイプがありますが、中でもお手入れがしやすいのが布製の靴です。素材が布であるだけに、丸洗いすることも可能です。

ですが、足元に履くものだけに、汚れが激しかったり、取れにくかったり、そして臭いがきつかったりするため、簡単には洗えません。以下で紹介しているおすすめの手順を参考に、きれいにしてみてください。

1.ひもや中敷など外せるものは全て外す

まずはひもや中敷きを事前に外しておいてください。これらがついていると洗いにくかったり、隙間ができることで汚れを落としきれなかったりするためです。

2.靴の裏の砂や泥を歯ブラシなどで落とす

靴の裏側に砂や泥、小石などが詰まっている可能性があります。使い古した歯ブラシなどを使って、靴の裏に食い込んだこれら異物を取り除いておきましょう。

3.部分汚れがある場合には部分洗い用洗剤をスプレーしブラシでこする


部分汚れが発生している場合、部分洗い用の洗剤で、事前にきれいにしておきましょう。洗剤をスプレーしたあとブラシでこすることで、しつこい汚れも落ちやすくなります。

4.洗濯洗剤(粉末)を溶かしたお湯に30分ほど浸ける

靴を洗う洗剤には、粉末の洗濯洗剤が適しています。近年は液体洗剤が主流となってきていますが、粉末洗剤の方が高い洗浄力に期待を持てます。

まずは粉末の洗濯洗剤を、お湯に溶かしましょう。目安としては、40℃のお湯1ℓあたり、粉末洗剤5gの割合です。洗剤が溶け切ったら、そこに布製の靴をつけ込みましょう。

5.動物の毛を使ったブラシでソール部分をこする

ソール部分は、特に汚れの激しい箇所です。ブラシでしっかりこすっていきましょう。このとき使うブラシには、動物の毛を使ったものを選んでください。他のブラシよりも繊維がしっかりしており、しつこい汚れも強力にかき出してくれます

6.ソールの頑固な汚れをメラミンスポンジでこする

ソールに関しては、動物の毛を使ったブラシでもなお落ちない汚れがあるかもしれません。その場合は、メラミンスポンジを使いましょう。メラミン素材が削れながら汚れを落とすため、落ちにくい汚れにも効果的に働いてくれます。

7.布部分に洗濯用石けんを擦り込む


キャンバス地の部分は、表面上の汚れだけでなく繊維の深くにまで黒ずみが定着しているケースも考えられます。事前に溶かした粉末の洗濯洗剤だけでは落としきれない場合は、洗濯用石けんを塗り込んでください。洗濯用石けんは黒ずみ汚れに適しているため、落ちにくい黒ずみにも有効に作用するでしょう。

8.生地を傷めないように動物の毛を使ったブラシでこする

洗濯石けんを塗り込んだら、次はブラシでこすっていきます。ここでも毛の一本一本がしっかりとした、動物の毛を使ったブラシが役立ちます。

ただキャンバス地は、ソールほど丈夫な素材でもありません。力を込めすぎると、生地を傷めてしまう可能性も出てきます。そのため、黒ずみを落とすためしっかりこすりながらも力加減には注意してください。

9.ぬるま湯で丁寧にすすぐ

洗い作業が終わったら、次はすすぎをおこないます。

靴の中に洗剤や石けんの成分が残ってしまうと、色落ちや傷みにつながってしまい、品質を下げてしまいかねないのです。すすぎ残りがないよう、ぬるま湯を使って丁寧に洗剤成分を落としていってください。

10.靴の中にタオルをつめ洗濯ネットに入れる

最後に、靴を乾かすための準備をおこなっていきます。まずは靴の中に乾いたタオルを詰め込んでください。これにより、スムーズに乾かすことができます。そしてその状態で、洗濯ネットに入れましょう。ネットの中で靴が暴れないよう、ちょうどよいサイズのネットを選んでください

11.洗濯機で脱水をする

洗濯機
靴をネットに入れたら、ファスナーを閉めて脱水をおこないます。この作業については、一般的な洗濯機で問題ありません。遠心力によって、染み込んだ水分をスムーズに絞り出します。洗濯機に靴の脱水専用のコースなどがついていれば、それを使いましょう

12.新しいタオルを詰めて干す

脱水が完了したら、いよいよ干す作業です。脱水の際に入れた靴の中のタオルを取り出して、再度乾いた状態の新しいタオルに詰めなおします。そしてそのまま、陰干しをしてください。

直射日光に当てると乾燥が速くなるかもしれませんが、靴を傷めたり色落ちをさせてしまったりすることにつながってしまいます。

時間がない人におすすめ!洗濯機で布製の靴を洗う手順

上記で紹介した布製の靴を洗う手順は、ある程度時間に余裕のある人向きといえるでしょう 。もし時間がないようであれば、洗濯機を使って洗うこともできます。

靴の品質を守りながら、綺麗な状態にしていけるよう、正しい方法で実践しましょう。

1.靴ひもや中敷など外せるものは全て外す

手洗いの時と同様、最初に靴ひもや中敷きなどは外します。そのままにしておくと、洗濯中に紐が絡まったり、中敷きが分離したりして靴を傷めてしまうかもしれません。

特に靴ひもについては、紐が傷ついたり、切れたりする可能性も出てきます。面倒かもしれませんが、きちんと外しましょう。

2.靴の裏の砂や泥を歯ブラシなどで落とす


こちらも前述の洗い方と同様ですが、先に靴の裏の汚れを歯ブラシなどで落としておきましょう。洗濯機で洗う場合、この作業は特に重要になってきます。なぜなら砂や泥、小石がついたまま洗濯機で洗ってしまうと、それらが洗濯槽を傷つけたり、排水を詰まらせたりするのかもしれないためです。一つ残さず落としておきましょう。

3.洗濯用ネットを2つ用意し靴と中敷や靴ひもに分けて入れる

靴ひもと中敷きを事前に外しましたが、これらも汚れています。特に中敷きには、汗が染み混んでいることが考えられます。洗わずにいると臭いの原因を残すことにつながるため、やはりこちらも洗濯しておくべきです。

ポイントは、靴用と中敷き・靴ひも用の洗濯ネットをそれぞれ用意するという点です。分けて入れることで、絡まりやぶつかりを防ぎつつ、それでいて両方ともきれいにできます。靴ひもが出てこないよう、ファスナーはしっかり閉めておいてください。

4.通常コースで洗濯をする

洗濯ネットの準備が完了したら、洗濯機を回す工程に移ります。コースについては、通常コースで問題ありません。ただ洗濯機によっては、靴専用コースがついているかもしれないので、もしあるようであればそれを使っても良いでしょう。

5.洗い終わったら陰干しを行う


洗濯機で洗う場合、そのまま脱水までおこなってくれるので、あとは干すだけの状態まで仕上がります。洗い終わったら取り出して、風通しの良いところで陰干ししましょう。

このときもまだ、靴ひもと中敷きをつけてはいけません。靴とこれらを分けた状態で、陰干ししてください。こうしなければ、靴の中敷きや靴ひも部分の乾きが悪くなってしまうためです。

革靴をキレイにする方法

革素材の靴については、布製の靴以上に気を遣わなくてはなりません。上質な皮革を使っている、水や洗剤が適さない、傷がつきやすいなど、布製の靴以上に扱いが難しいためです。次の手順を守ってきれいにしていきましょう。

ブラシで表面についた汚れを払う

まずは、革靴表面に付いた汚れを落としていきます。一見汚れが目立たないように思えても、長く履き続けているとほこりや砂、排気ガスなどが付着して結構汚れているものです。

全体にブラシを当てて、一通り綺麗な状態にしておいてください。このときほこりなどが残っていると、この次につけるクリーナーの馴染みが悪くなってしまうことがあります。

柔らかい布にクリーナーを付け、汚れを拭き取る


汚れ落とし作業において、革靴の場合水は使いません。革靴専用のクリーナーを用意してください。革素材を傷めることなく、表面上の汚れをきれいにしていけます。

このとき、靴上面にクリーナーを直接つけるのではなく、クロスに一度とってから使用しましょう。直接つけると、革靴を傷めてしまうことにつながるかもしれません。

革靴用のクリームで磨きをかけて完成

クリーナーによる拭き取りが完了したら、最後に仕上げのクリームをなじませます。こちらも、革靴専用のものを用意してください。これにより、艶出しやコーティング、保湿などの効果が期待できます、革靴は艶が大事なので、しっかり磨きをかけておきましょう。

布製の靴を洗うのにおすすめの洗剤

前述の通り、布製の靴を洗うときには粉末の洗濯洗剤がおすすめです。ですが、専用の洗剤も販売されているので、こだわるのであればこちらを選んでも良いでしょう。

アイメディア(Aimedia)白さが際立つスニーカー洗剤

白さが際立つスニーカー洗剤
布製の靴に適した、つけおき洗い向けの洗濯洗剤です。こちらの商品は白い靴向けとなっています。

また強力でありながら弱アルカリ性であるため、素材を傷めにくいのが利点です。業務用ならではの大容量を活かして、十分に活用してください。

UYEKI(ウエキ)つけおき洗い ズックタイム 上ばき・運動シューズ用 計量スプーン付

つけおき洗い ズックタイム 上ばき・運動シューズ用 計量スプーン付 200g×3個(上ばき40足分)
上履きや運動シューズは白いものが多いため、汚れが目立ちやすく、布製の靴の中でも特に汚れが気になることでしょう。また活発に動く世代の子供が履くことの多い靴なので、汗汚れもきついかもしれません。消臭と除菌をしながら洗えるこの洗剤なら、効果を最大限に発揮できるでしょう。

まとめ

靴が汚れていると、コーディネートもまとまりにくいでしょう。ですが逆に美しい状態を維持できていれば、魅力的な雰囲気に仕上げられます。

お気に入りの靴は、今回紹介した方法を参考に自分で洗ってみてはいかがでしょう。靴を傷めることなくきれいにできるため、買ったばかりのような美しさを取り戻せるかもしれません。