北枕は風水的にどんな意味があるの?意味と効果・相性のいい色など

  • 北枕が悪いとされる理由と風水
  • 風水的な北枕の意味と効果
  • 北枕と相性のいい色

についてご紹介します。北枕と風水の関係についてぜひ知ってみてください。

北枕が悪いとされる理由と風水


日本では北枕は縁起が悪いとされています。しかし、風水では北枕は寝るのに最適だと言われています。その理由は何でしょうか、調べてみました。また、風水と北枕の関係についても、抑えておくとよいでしょう。

日本では葬儀で遺体の枕の位置

日本では、葬儀の際に北枕で遺体を安置しておくことから、北枕は縁起が悪いと言われています。

そもそも遺体をなぜ北枕にするかというと、お釈迦様が亡くなったときの枕の位置が北だからです。一方、仏教が始まったインドではお釈迦様は常に北枕で寝ていたことから、縁起が良いともいわれています。日本では、そういった考え方はなくやはり遺体を寝かせる向き、それが北枕という見方が一般的です。

昔の木造建築は北から隙間風が入っていた

昔の日本は、木造建築で隙間が多かったので北枕にすると、冷たい北風が首元から入ってくる、だから体調が悪くなるといった理由もあったようです。現在の木造建築は気密性に優れているため、たとえ北枕で寝ていても首元が冷えることはありません。そのいわれについては現在では気にすることもないでしょう。

風水的に北枕は最も適した方角


一方で、風水的には北枕は寝るのに最も適した方角です。風水ではそれぞれの方位に意味があり、方位こそ大切にしているものです。そのなかで、北は、寝るのに最もいいとされているのです。風水において北は、信頼や愛情、落ち着きといった意味もありますし、北に頭があることは気の流れを順調にくみ取ることができるのです。

風水的な北枕の意味と効果

女性 枕

風水的には北枕にどのような意味があるのでしょうか。風水は私たちの周りにある気の流れに即し、良い気を取り入れ悪い気を出すということが考え方の原則になります。そのため、気の流れと北枕はとても密接な関係があります。寝室における北枕で寝ることの意味合いを考えておきましょう。

寝ている間に自然に気を体内に取り込む

寝ている間に自然の「気」を体内に取り込み血行を良くするのであれば、北枕は欠かせません。地球の磁力が北(N極)から南(S極)へと流れていくように、風水においても、「気」は北から南に流れています。

そのため、頭が北で足が南というのは、そのまま気を吸収でき、体の調子もよくすっきりと眠ることができると言われています

北は水の気を持つため頭を冷やし足を温める


北は寒さの象徴ですが、風水の考え方では北は水の「気」を持ちます。そのため、頭を冷やして足を温めることができます。これは、頭寒足熱という言葉で有名ですが、頭を冷やして足元を温めると健康になれるといわれているのです。寝室では落ち着いた睡眠も大事ですが、病気にかからないということも大事です。健康を考える人は特に取り入れてみましょう。

落ち着きを得られる

北は風水の中では財産を増やしたり子宝に恵まれる、信頼関係を深めるなど落ち着いた運気を呼ぶ方位です。そのため、落ち着いてよく眠りたい人はもちろんのこと、生活に落ち着きや安定を求めている人に向いています。

一方で山あり谷ありのチャレンジングな生活や派手な生活を好む人や、何かに集中的に取り組んでいる人には不向きな方角です。落ち着いた生活を好みたい人だけ、北枕を取り入れるようにしましょう

恋人や家族間の愛情・信頼が深まる

風水において北は、落ち着いた運気を呼ぶ方位です。家族運にも関係しており、恋人間や家族間での信頼が深まります。愛情も豊かになり、家族仲が円満に過ごせる良い方位です。そのため、北に枕があるということは、それだけ家族が互いを信頼して円満に過ごすことができるという証なのかもしれません。

子宝に恵まれる


北は、子宝風水でも北枕が良いと言われているように、子宝に恵まれる方角です。北東は、風水的には相続を意味しますので、そちらの方位でも魂の相続という意味では子宝に近づきます。そのため、北枕にすると信頼と愛情だけでなく、家族の状況が理想へと近づくと言われているのです

金運アップ

北枕は、金運アップの兆しがあります。風水で金運といえば西の方位なのですが、西は、お金を呼び込み金運アップに良いとされています。一方で北は、貯蓄に縁のある方位です。収入増ということだけでなく、貯蓄を考えたい人は、北枕にするとよいかもしれません。

北枕と相性のいい色

ところで、北枕と相性の良い寝具の色はあるのでしょうか。風水で北の方位のよい「気」を取り込もうと思うのでしたら、北枕と相性の良いカラーについても知っておくとよいでしょう。

特に寝室において風水を取り入れるのであれば、モノトーンなどの暗い色や運気を吸い取る黒色のものは避けたほうがよい、これは最初に抑えておきましょう。北の方位のパワーをより高めるカラーについて調べてみました。

暖色系の寝具で北の開運パワーをアップ


北の方位の風水における意味は、大きく言って「落ち着き」や「信頼」という意味です。そのため、落ち着く暖色系の寝具がよいでしょう。北の方位と相性のいい寝具の色は、オレンジやピンク、黄色やワインレッドなど暖色系のカラーです

落ち着くからといってグレーなどは、風水においては陰の気が付きまといますのでよくありません。陽の気を感じる暖色系のカラーが、北の方位からもらうパワーをより高めてくれるのです。

金運アップ:黄色

金運アップを考えているのでしたら、寝具は黄色がおすすめです。風水においては寝具に限らず、西側や北側に黄色いものを置くと、思わぬ収入があったり貯蓄ができたりと金運がアップするからです。「貯蓄できる」という北の方位のパワーを感じたいのであれば、イエローの寝具を取り入れるようにしましょう。黄色の小物などを北枕の近くに置くのも良いようです。

恋人・夫婦間の愛情や信頼:ピンク

恋人や夫婦間の愛情をアップさ、信頼を構築するカラーといえばピンクです。風水におけるピンクは愛情という意味がありますので、パートナーとうまく行っていないと思っている人は、ピンク色の寝具を取り入れてみるのが良いかもしれません。

夫婦仲が良くないなど気になることがある人は、寝具だけでなく下着やパジャマなど、ピンクを積極的に取り入れてみるとよいでしょう。北枕の効果をより高めてくれます。

家族間の信頼・子宝:オレンジ


北枕における寝具のカラーですが、家族間の信頼や子宝に恵まれたいと思っている場合は、オレンジ色のカラーの寝具がおすすめです。オレンジはなかなか寝具に取り入れにくいですが、枕などとりいれやすいところから取り入れるのがよいでしょう。方位と相性のいいカラーを使うことで、方位のラッキーパワーをより受けることができるからです。

まとめ

北枕は風水的には最も運の良い寝方とされています。古来から日本では、北枕は死者の向き方として忌み嫌われてきましたし、北から冷たい風が入ってくるので健康にも良くないと言われていましたが、現在では住宅事情が改善し、そのようなことはなくなっています。

頭寒足熱の原則に従いますので健康運も良いと言われ、家族間や恋人間の関係も深まります。今回ご紹介したそれぞれの運気をあげるカラーの寝具などを参考に、素敵な寝室を作り上げて見てくださいね。