リバースカールのアレンジ集!巻き方次第で印象が変わる♡

さまざまなニュアンスが楽しめる巻き髪の中でも、リバースカールは大人な雰囲気を演出したいときに適しています。そのため、大人っぽく見せたい若い女性から、上品にまとめたい大人女性まで、幅広い層で楽しめるでしょう。

また同じリバースカールでも、アイデアやアレンジ手法ひとつ変えるだけで、印象は大きく異なります。

今回は

  • リバースカールとはどんな巻き方か?
  • リバースカールのアレンジ集

を紹介します♡自分好みのリバースカールを見つけてください。

リバースカールってどんな巻き方?


内巻きや波ウェーブ、縦ロールなど、巻き髪にはさまざまな種類があります。ですがその中でも、リバースカールという名称はあまり知られていないかもしれません。この巻き方だからこその雰囲気が出るので、おしゃれを楽しみたい人はぜひ知っておくべきです。

リバースカールは外側に向って髪を巻くアレンジ

リバースカールと聞くと、どのような巻き髪なのかイメージしにくいかもしれません。ですが実際には、ベーシックなスタイルでもあります。なぜなら、リバースカールとは外巻きの別称であるため、外側に巻いていくことでリバースカールが作れます。

華やかで大人っぽい雰囲気になる

髪のパサつきの原因とパサつきを改善するおすすめのヘアケアアイテム

髪を外側に向かって巻くと、毛先が外方向を向くため、ふわっとした印象になります。また、女性らしいカーブを内巻き以上にアピールという点もポイントでしょう。これにより、しなやかで大人な女性を表現したいときに効果的となります。

また適度なボリューム感も出るので、華やかな雰囲気が作れる点も特徴です。ドレスやセクシー系など、華やかなファッションを着るときにマッチしやすいでしょう。メイクやコーディネートに合わせて、取り入れてみてください。

リバースカールの上手な巻き方


リバースカールは、決して難しくありません。外側に巻くだけなので、巻き髪スタイルの中でも初歩的な部類に入るでしょう。ですが、だからといって何も考えずおこなうと、理想の仕上がりは作れません。動画で紹介されているようなポイントを押さえて、実践してください。

まず、乾いた髪にカール専用のスプレーを馴染ませます。これにより、仕上がりを美しくしたり、ダメージを抑える効果が期待できます。そして次に、実際の巻きへと入っていきましょう。毛束をいくつかに分けて、ヘアアイロンでひとつひとつ挟んで外側に巻きます。顔周りについては、細く毛束をとってやや強めにカールを加えるのがポイントです。これにより、表情を明るく華やかに魅せられます。

アレンジ次第で多彩な印象に

上記で紹介しているのは、リバースカールの中でもあくまで基本に他なりません。アレンジを加えることで、幅広いニュアンスの表現が可能となります。巻きの強さや位置、コテの太さ、髪色、そしてヘアアクセや編み込みなど、バリエーションはアイデア次第です。アレンジの知識を広げれば、ヘアスタイリングが一層楽しくなるでしょう。

リバースカールで元気な外ハネワンカール

外ハネ感を強調することで、元気で明るい印象が表現できます。周囲からも、好感を持たれやすいことでしょう。次の3つのアレンジは、その中でも特におすすめです。

たっぷり入れたレイヤーをリバースカール


レイヤーをたっぷり入れることで、複数の段に分かれた外ハネが作れています。また毛量を少なめにしているので、何ともエアリーです。活動的で、ポジティブな印象が感じられます。

ミディアムボブの毛先をワンカール


リバースカールをひと巻きだけおこなうワンカールスタイル。しっかり巻きを作っているものの、落ち着いた大人の雰囲気を醸し出しています。毛先にふんわり感が作られているので、やさしい印象でもあります。

ストレートボブのかわいい外ハネ


これぞ外ハネといった感じの、ベーシックなリバースカールスタイル。重めのストレートボブの毛先だけをハネさせて、かわいらしい雰囲気に仕上げています。パープルカラーと相まって、良い意味で個性的です。

リバースカールでざっくりこなれヘア

リバースカールを、あえてきれいにキープせずぼさっと仕上げれば、流行りのこなれヘアが作れます。毛先を遊ばせられるリバースカールは、まさにこなれヘア向けでもあるでしょう。ざっくりとした雰囲気を、楽しんでください。

アッシュカラーの髪にこなれ巻き


ロングヘアの、高めの位置から大きめのカールをランダムに加えたリバースカール。スタイリングで、無造作にぼさっと散らしているため、こなれ感が印象的です。アッシュカラーのクールさも合わさって、スタイリッシュな雰囲気です。

ボブ+リバースカールでエアリーな髪に


リバースカールは、長い髪にしか作れないわけでもありません。写真の通り、短めボブに施すスタイルとしても適しています。やや強めに巻いてしっかり動きを出すことで、空気感たっぷりのエアリーヘアに仕上がっています。首筋を見せているため、健康的な印象です。

外国人風のこなれリバースカール


日本人の髪質では表現が難しい外国人風のニュアンスも、リバースカールを活かせば作ることが可能です。強めのカールと、ウェット感のあるスタイリング、そして明るめのカラーリングにより、外国人風のスタイリッシュなこなれヘアとなっています。シルエットが美しく、再現性も高いです。

リバースカールでゆるふわお嬢様風

大人なお姉さん風ヘアに適したリバースカールですが、ゆるく仕上げればお嬢様風も楽しめます。アレンジが重要になってくるので、以下のおしゃれ女子のアレンジ例写真を参考にしてみてください。

ゆるいリバースカールでかわいらいく


太めのコテとゆるめのカールで仕上げた、ウェーブ風リバースカールです。毛流れが美しく、上品さすら感じられます。とはいえしっかり動きは出ているので、複数の曲線による女性らしさもアピールできています。あらゆるファッションに活かせる、万能ヘアといったところでしょう。

暗めの髪の毛先を巻いて清楚な雰囲気に


ロングヘアでありながら、毛先に近い部分だけをゆるくリバースカールさせた落ち着き感あるスタイルです。暗めの髪色も相まって、清楚な雰囲気が醸し出されています。毛先のハネの前に、ふわっとしたふくらみを作っている点がポイント。

リバースカールで抜け感のあるスタイル


リバースカールさせた毛先をランダムに散らして、ラフな印象を表現しています。写真の通り、明るい笑顔と何とも好相性です。抜け感あるニュアンス自体表情を明るく見せるので、デートや合コンなどで好感触が得られるかも。

リバースカールでエレガントに

リバースカールの真骨頂ともいえる、エレガントなお姉さん風アレンジです。リバースカールならではのしなやかさをアピールして、いい女っぷりを主張しましょう。

ゴージャスな縦のリバースカール


巻きを入れたあと、あえて散らさずそのままの状態をキープしたスタイル。しっかりリバースカールさせており、縦ロールスタイルに仕上がっています。ゴージャスでエレガントな雰囲気が出ており、気品すら感じられてなりません。

毛先にボリュームを持たせるアレンジ


リバースカールらしい、ふんわり感を強調したアレンジ。毛先にいけばいくほどボリュームが出るシルエットであるため、優雅さが漂っています。頭から中間まではドライめに、そして毛先はしっかりスタイリングしており、ボリュームのグラデーションをもたせている点もポイント。計算された、アイデアヘアといえるでしょう。

ラフなリバースカールが大人の女を演出

大人のエレガントを表現するのであれば、ラフにまとめるのが効果的です。経験を積んだいい女の落ち着きや余裕が表現されます。ゆるめのリバースカールと、ふんわりとした仕上げにより作れます。

まとめ

リバースカールは、いわゆる外巻きのことです。外巻きという呼び方に慣れている人はイメージしにくいかもしれませんが、同じ意味合いなので難しく考える必要はありません。外ハネヘアも加わる点が、覚えておくべきポイントでしょう。巻きの強さや位置、アレンジによってさまざまな雰囲気が作れます。作り方のポイントやアレンジアイデアを押さえておけば、スタイリングにさらなる幅を持たせられるでしょう。