シダーウッドは深い森にいるイメージ!効果・効能を紹介します

アロマテラピーでおなじみのアロマオイルは多種多様で、それぞれ香りも期待できる効能も異なります。たくさんありすぎてどんな精油が自分にぴったりかわからない……と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

ここでは、有名なアロマのひとつ

  • 「シダーウッド」の特徴
  • シダーウッドに期待できる効果
  • 相性の良いオイルやおすすめのシダーウッド

について紹介します。

シダーウッドとは?

シダーウッドのアロマは、ヒノキ科とマツ科の針葉樹から抽出されています。もととなる木の品種によって、香りも効能も異なるのが特徴です。共通しているのは心の落ち着ける作用があると言われていること。シダーウッドの品種と心身への効能について見ていきましょう。

広い意味での針葉樹で色々な品種がある

精油として使用されているシダーウッドのアロマは、主に「シダーウッドバージニア」と「シダーウッドアトラス」の2つに分けられます。この2つはどちらも「シダーウッド」と呼ばれるアロマです。

「シダー」は特定の品種の樹木を指す言葉ではなく、広く針葉樹を意味しています。そのため、使われる木の種類によって、香りや効能に少しずつ違いがあるのです。

一般的なシダーウッドバージニアとシダーウッドアトラス以外に、ヒマラヤが原産地でマツ科の「ヒマラヤンシダーウッド」、ヒノキ科の「レッドシダーウッド」や「シダーウッドテキサス」などがあります。さらに、日本のいわゆる杉の木を用いた「ジャパニーズシダーウッド」も人気です。

ヒノキ科のシダーウッドバージニア

数多いシダーウッドのなかでも、もっとも代表的なのはシダーウッドバージニアとシダーウッドアトラスの2種。ヒノキ科のシダーウッドバージニアは、木の香りが強いのが特徴です。

不安や緊張を落ち着かせ、リラックスさせる効果が期待できます。ネガティブな感情を消したいときに活躍してくれるでしょう。また、殺菌作用にすぐれているためカビや防虫対策として使われることもあります。シックハウス症候群の原因となるホルムアルデヒドを分解する作用があるのも特徴です。

マツ科のシダーウッドアトラス

シダーウッドアトラスはマツ科を原料としており、こちらもウッディで甘い香りが特徴です。シダーウッドバージニアと同じく、不安や緊張を和らげる効果が期待できます。また、スパイシーさも持ち合わせているため、集中力が欲しいとき、気持ちをリフレッシュさせたいときにもおすすめです。

そのほか、リンパの流れにアプローチできるのもポイント。スムーズなリンパの流れをサポートし、脂肪がたまるのを防ぐ効果が期待できるため、セルライト対策として取り入れる人もいます。また、抗菌作用、抗感染作用があるとされているので、ウイルスによる風邪対策にも一役買ってくれるでしょう。

シダーウッドの効果

シダーウッドのアロマには、さまざまな効果が期待できます。むくみ対策や肌荒れ対策、抜け毛対策など幅広いシーンで活躍してくれるため、自分の気になる症状にあわせて役立ててください。

抗菌作用

シダーウッドには強い抗菌作用があると言われています。古代エジプトでは神聖な樹木とされるとともに、その殺菌効果や防虫、防腐作用を活用してミイラを作るときにも使われていました。

現在は抗菌作用を利用した防虫・防カビ対策として人気です。家や部屋の日当たりが悪くじめじめしている人、カビの繁殖が気になる人は、積極的にシダーウッドのアロマを活用してみましょう。

利尿作用

シダーウッドは利尿作用があることでも知られています。むくみは体に不要な水分がたまることで起きるため、シダーウッドはむくみ解消にも効果が期待できるでしょう。朝、目が覚めるといつも顔がパンパンになってしまうことが多いという人は、対策としてシダーウッドを利用してみてはいかがでしょうか。

ニキビ対策

皮脂の分泌が過剰になるのを防ぐはたらきも期待できることから、シダーウッドはニキビ対策にもおすすめです。ニキビの原因のひとつに、皮脂の過剰分泌があります。ストレスや乾燥、ホルモンバランスの崩れなどによって皮脂の分泌が過剰になると、皮脂をエサにしているニキビ菌が繁殖して炎症を起こしてしまうのです。皮脂の分泌を調整することで、ニキビ肌の改善につながります。

心身の安定

シダーウッドに共通する効能のひとつが、心身を安定させるはたらきが期待できること。緊張しているとき、ネガティブな感情が浮かんでしまうときに香りを楽しむことで、心を落ち着かせることができると言われています。また、特にシダーウッドアトラスの香りはスパイシーさがあるため、やる気が出ないときのリフレッシュにぴったりです。

抜け毛対策

皮脂の過剰分泌を抑える効果が期待できるため、シダーウッドで頭皮のケアをすることは、フケや抜け毛の対策としても有効と言われています。シダーウッドをブレンドしたマッサージオイルを作って、指の腹で頭皮をもみほぐしましょう。

シダーウッドとブレンドすると良いオイル

アロマオイルはブレンドすることで相乗効果が期待できます。相性の良し悪しを考慮して、最適な組み合わせを探してみてください。シダーウッドと合う香りや効能のアロマオイルを紹介します。

ストレスに良い:イランイランやベルガモット

シダーウッドは、甘い花の香りがするイランイランや、さわやかな柑橘系のベルガモットと相性ぴったり。どちらもシダーウッドと同様にストレス解消効果が期待できるアロマオイルです。

イランイランは鎮静作用があることで知られており、ベルガモットも心をリラックスさせて、楽観性、自発性を高めると言われています。リラックスしたいとき、イライラしているときは、シダーウッドとイランイランやベルガモットをブレンドして一息つきましょう。

香りの相性が良い:柑橘系

深みのあるシダーウッドの香りは、ベルガモットのようなさわやかな柑橘系の香りと合わせると、ユニセックスで落ち着く匂いになります。それぞれバリエーションを変えることで好みの香りを探ってみてください。

そのほか、シダーウッドと同じ樹木系の香りと合わせるのも失敗しづらいためおすすめ。ほかにも、フローラル系のカモミールジャーマンや、カモミールローマン、ハーブ系のローズマリーや、クラリセージなどとも合わせやすいです。

おすすめのシダーウッド

シダーウッドのエッセンシャルオイルは主にバージニアとアトラスの2つがあります。どちらも鎮静効果や抗菌効果が期待できるでしょう。香りなどは微妙に異なる部分もあるので、ぜひ実際に試してみて、好みに合わせたアロマを選んでください。

シダーウッド バージニア 精油

暖かみを感じる木の香りが特徴の、シダーウッドバージニアのエッセンシャルオイルです。ストレスがたまっているときや、緊張を緩和させたいときに活用すると良いでしょう。お部屋を森の中にいるようなリラックスできる雰囲気にしてくれるほか、お風呂に入るときにバスオイルとして数滴使うのもおすすめです。

NAGOMI AROMA シダーウッド・アトラス

甘みとさわやかさが同時に楽しめるシダーウッドアトラスのエッセンシャルオイル。集中力を高めたいときや、やる気が起きないときのモチベーションアップにおすすめです。

アロマディフューザーを使うと気軽に森林浴気分が楽しめます。シダーウッドバージニアと同じく殺菌作用が期待できるほか、咳を落ち着かせる効果も期待できるでしょう。

まとめ

シダーウッドに期待できる効能は、鎮静作用やカビの繁殖を抑える抗菌作用など、日々の生活のなかで役立つものばかり。女性に嬉しいニキビケアにも良いとされているので、気になる方はぜひ試してみてください。ブレンドはさまざまな選択肢がありますが、香りの相性も良くストレス解消効果を高められるベルガモットがイチオシです。