157cmの女性はどれぐらいの体重がいいの?標準・理想体重を紹介

157cmは平均より少しだけ低い身長。代表的な人と言えば女優の石原さとみさんや二階堂ふみさん、歌手のきゃりーぱみゅぱみゅさんなどがいます。ここでは157cmの女性の体重はどれくらいが良いのかなどを解説。理想体重を知っておきましょう。

他の体重の理想体重についてはこちらをチェック!

ベスト体重は何キロ?健康的な美しさにもこだわりたい

あわせて読みたい

ベスト体重は何キロ?健康的な美しさにもこだわりたい

続きを読む

157cm女性の体重はどれくらい?


157cmは平均よりは少し低いですが、比較的たくさんこの身長に該当する女性はいると思います。これらの方のためにも、どれくらいの体重がふさわしいのか知っておきましょう。

標準体重は54.2kg

157cmの女性の標準体重は、54.2kgです。これは、肥満を表す指標であるBMIから算出されます。身長×身長に22を掛けて算出されます。これは、大人を基準とした体重になります。

平均体重は51.4㎏

一方で、157cmの女性の平均体重は、51.4kgです。標準体重よりは少し軽いですが、50㎏は超えています。50kgを切らなければならない・・・と思っている人もいるかもしれませんが、必ずしもそうではありません。

病気にかかりにくい健康的な身体


標準体重とは「人間の体の健康を維持するために、必要とされる体重」ということ。つまり標準体重は、病気にかかりにくい健康的な体重ということです。体重が重すぎても軽すぎても内臓の動きなど健康にかかわるところに支障があるからです。

ふっくら感はある

標準体重並びにそれに近い女子の人は、平均体重より重いということになります。そのため、ややふっくら感はあります。そのため、ダイエットを目指すのであれば、標準体重よりももう少しスリムになるようにすると、好きなファッションなどを楽しむことができます。

157cmの理想体重


標準体重が分かったところで、次に見ていきたいのが理想体重。157cmの女性の理想体重はどのくらいか、スタイルアップを目指す人は知っておくとよいでしょう。

理想体重は49.3kg

理想体重の人は、美容とスタイルに関心のある女性が目指したい体質です。身長157cmの女性の美容体重は、49.3㎏です。ファッションなどに興味があり、好きな服を着こなしたい人や、ダイエットの最終目標にするとよいでしょう。

適度に美しく見える体重

身長157cmに対する理想体重49.3㎏は、美しく見える体重です。スーパーモデルに比べれば体重は重めですが、十分にスタイルアップでき、そして美しく見える体重です。適度に筋肉のある標準的な体脂肪であれば、スキニージーンズなどを履いてもスリムに見えるでしょう。

理想のバストは81.6cm

体重を減らすに当たって、あまりにも過度なダイエットは禁物。痩せすぎるとバストもしぼんでしまい、ボディの魅力がなくなります。身長157cmの人の理想的なバストは、81.6cmです。これは、トップバストの理想値となっています。ちなみにアンダーバストの理想は67.5cmとなっており、胸のカップ数でいえばCカップくらいが理想です。

理想体重に近づきたいなら


太ってはいないのだけど、なんとなくぽっちゃりしている、ダイエットをしたいと思うのであれば、理想体重をまずは目指しましょう。157cmの女性が理想体重に近づきたいのであれば、どうすればよいのか、調べてみました。

体重だけにこだわりすぎない

まずは、体重だけにこだわり過ぎないことが大切です。体重が低くても身体が引き締まっていなければ、たるんでしまって美しい体になりません。体重だけでなくスタイルにもこだわっておきましょう。痩せすぎたり、体を鍛えすぎるなどして骨格が目立って男性のようになってしまうのであれば、それは考えもの。

女性らしさも保ちつつ、理想の体重へとスタイルを近づけていきましょう。 

インナーマッスルを鍛える

インナーマッスルは体の中にある触ることのできない筋肉ですが、インナーマッスルを鍛えることにより代謝をアップさせ痩せやすい体になります。また、姿勢がしっかりしますので美しいボディラインを手に入れられます。体幹トレーニングなどを通して、インナーマッスルを鍛えるようにしましょう。

体脂肪率の把握をする


理想のスタイルを手に入れるのであれば、体重だけでなく体脂肪率も把握するようにしましょう。体脂肪率は、28パーセントを境に痩せ傾向、太り気味傾向となります。体脂肪も同時に測ることができる体重計を購入し、毎日チェックするようにしましょう。

目標設定は無理なく行う

ダイエットをするのであれば、目標設定は無理なく行いましょう。まずは太り気味の人は標準体重まで落とし、次に標準体重くらいまで来たら理想体重を目指しましょう。一気にダイエットを行うと途中で挫折してしまいかねないからです。リバウンドや体調不良のリスクもあります。

一気に痩せるとリバウンドの可能性がある

無理なカロリー制限や断食などで、一気に痩せようとするとリバウンドするリスクもあります。ダイエットをしてそれからリバウンドを繰り返すと、余計に代謝が悪くなり、痩せにくい体になります。それだけでなく健康を害するリスクもありますので目標設定は無理なく少しずつ痩せるようにしましょう。

有酸素運動と筋トレをバランスよく行う


ダイエットを行うのは、有酸素運動と筋力トレーニングを組み合わせることです。特に有酸素運動はジョギングやウォーキング、水泳などの持続的な運動を毎日続けることが良いです。次に、筋力トレーニングは短時間で筋肉を傷めつけて鍛える方法です。有酸素運動の前に筋肉トレーニングをするとより効果も上がります。

食事制限は適度に行うこと

摂取カロリーを減らすと痩せると思い、極端な食事制限をする人もいます。しかし、いきなり極端な食事制限をしてしまうと、身体がエネルギーの枯渇を生み、よりエネルギーを蓄えようとして太りやすくなってしまいます。加えて、脂肪の分解を促進するには、消化酵素を生むビタミンやミネラルをたくさん取るとよいです。ただ、現在は間食やインスタント食品で糖分や脂肪分を摂取しやすい環境にあります。三食以外にも注意しましょう。

あまりの過度な痩せすぎには注意


スタイルアップしたい、痩せたいと思うのは女性であれば当然かもしれません。しかしながら、過度な痩せすぎには注意が必要です。過度な痩せすぎで起こるリスクも見ておきましょう。特に芸能人やモデルであれば、157cmで40キロくらいの体重の人もいますが、痩せすぎには問題も伴っています。

隠れ肥満と呼ばれる体型になる可能性

隠れ肥満とは、体重は痩せているのに筋肉量が少ないことをいいます。一見痩せて見えますが、肝臓や心臓などに脂肪がついてしまい、心疾患や2型糖尿病など内臓不調のリスクがあります。そのため健康な体の維持に必要な筋肉はつけるようにしましょう。

健康面に問題が出る

急な痩せすぎは、スタイルが貧相になるだけでなく、健康面に問題が出てきます。女性であったら生理が止まってしまったりということもあります。急な痩せすぎで身体が弱くなってしまっており、病気にかかりやすくなってしまいます。痩せすぎることで、病気とまでは行かなくても疲れやすくなったりすぐ風邪をひいてしまうこともあります。

病気ではないかと心配されてしまう


ダイエットを頑張っても客観的に自分が見えなくなってしまうと、体重が少なくなることが喜びとばかりに少しでも少なくしようと頑張り過ぎてしまう人がいます。短期間で急激に痩せてしまうと、周りから病気ではないかと心配されることもあります。芸能人が激ヤセをすると週刊誌などで心配されるのはそのためです。ダイエットをするのであれば、理想体重を心の中で描いて、まずは理想体重とスタイルアップを目指しましょう。

まとめ

日本の女性の平均身長より少しだけ低い157cmの標準体重は、54.2kgほど。しかしそれだと少しぽっちゃりしているように見えます。スタイルの良さが際立つ理想体重は、49.3㎏です。

よってダイエットをするのであれば理想体重を目指すようにしましょう。理想の体重に近づくためには、体脂肪率も考えたり、インナーマッスルを鍛えることが必要です。代謝の良い痩せやすい体になります。

そのために必要なのは、食事制限とトレーニング♡有酸素運動と筋力トレーニングを組み合わせつつ、適度な食事制限を行って、理想の体重を実現してください!