158cm女性の標準・理想体重を紹介!理想体重を目指すには

ダイエットをしたいけど、自分がどのくらいの体重を目指したらよいか悩んでいる人は少なくありません。
  • 158cm女性の標準体重
  • 理想体重
  • シンデレラ体重の注意点

を解説します。日本人女性の平均的な身長である158cmの女性が、どのような体重を目指したらよいのか知っておきましょう。

158cm女性の体重について


158cmといえば、女性の身長の中では平均的な数値です。ちなみに平均体重は51㎏か52㎏。158cmの女性の標準体重を解説します!

標準体重は54.9kg

158cmの女性の標準体重は54.9㎏となっています。これは、肥満度を示す数値であるBMIから算出されます。太り過ぎてもなくかといって痩せてもいない、健康に良い数字がBMI。158cmの女性のBMIは54.9㎏です。

これはあくまでも「健康的な数字」。この体重を基準にするとややぽっちゃりとして見えてしまいます。

平均体重は51.7㎏


一方で158cmの女性の平均体重は、標準体重よりも3㎏くらい低い数値、51.7㎏となっています。158cmの女性は、比較的スリムな人が多いのかもしれません。158cmは女性の平均的な身長の数値。なので、平均的な体重もこれくらいと考えて良いかもしれません。

年齢によって平均体重は異なる

158cmの女性の平均体重は年齢によって異なります。これは、年齢によって代謝が違うということも関係あるでしょう。10代女性の平均は、50.8㎏から50.9㎏と平均よりは少し軽い体重ですが、成長期ということもあり思ったよりは少し重いかもしれません。

スタイルに気を付ける人も多い20代では50.4㎏、30代女性は51.8㎏、40代女性は52.38㎏となっています。加齢により代謝が悪くなったり、妊娠や出産を経て体重のコントロールが難しくなるからと考えられます。

158cm女性の理想体重


ところで、理想体重というものを知っているでしょうか。理想体重は美容体重とも呼ばれており、この体重ですとスタイルが良く見えると言われています。158cmの女性の理想体重について、知っておきましょう。

理想体重は49.9kg

標準体重がBMI22で算出するのに対し、理想体重はBMIを20で算定します。そのため、標準体重よりは少なくなります。158cmの女性の理想体重は49.9㎏となっています。ダイエットをしようと考えている人は、まずは50㎏を切ることから始めてみるとよいでしょう。

美しく見える体重

理想体重は、文字通り理想とする体重です。見た目重視の体重であると言われており、適度な筋肉量であればスタイル良く見える体重です。理想体重ならばスキニージーンズなど身体のラインがぴったりと出るような服装をしても、スタイル良く見てくれます。また、理想体重は男性から見ても抱き心地がよいといわれています。

たどり着くのが難しいと悩む人が多い

ダイエッターの女性にとって、50㎏の壁を切るのは大変です。食事制限など一時的に落として40㎏台にしたとしても、少し気を抜くとまた戻ってしまうこともあります。理想体重にはたどり着くのが難しいと悩む人も少なくありません。

シンデレラ体重には注意


シンデレラ体重という言葉を聞いたことがあるでしょうか。シンデレラ体重とは、理想体重に0.9を掛けた数字であり、BMI18を基準としています。2018年に「シンデレラ体重」としてインターネット上で出回りました。

標準体重とは大きな違いがある

実は、シンデレラ体重は理想体重をさらに軽くしたものなので、標準体重とはかなり違いがあります。たとえば、この158㎝の女性で考えると、標準体重が54.9㎏なのでシンデレラ体重とは10㎏もの開きがあります。

免疫力の低下が起こる

美容と健康に気を付けている芸能人やモデルがシンデレラ体重だからといって、自分もシンデレラ体重を目指して痩せすぎると、弊害も起こります。低体重になると、整理が来なくなったり、免疫力が低下してすぐ病気になりやすくなります。加えて、筋肉の低下によって血液の流れが悪くなるなど、病気のリスクも上がります。

反対に太りやすくなってしまう

シンデレラ体重にまで落としてしまうとかえって太りやすくなります。特にカロリー制限などでそこまで体重を落とすと、身体が栄養をためやすくなり、同じものを食べても太りやすくなりますので注意しましょう。ダイエットのやりすぎはよくありません。

理想体重に近づくために意識すべきこと


身長158cmの人が理想体重に近づくためには、どのようなことをすればよいのでしょうか。食事や睡眠などといった基本的な生活習慣も含めて理想体重に近づくためにどのようなことを意識すればよいのか知っておきましょう。

筋力トレーニングを行う

ジョギングやウォーキングといった有酸素運動とともに、筋力トレーニングを行うとよいでしょう。特にインナーマッスルを鍛えることで、代謝の良い体にできますし、引き締まった体になり見た目も美しくなるからです。

また、骨盤矯正などで正しい姿勢を身につけるのも有効です。正しい姿勢を取ると、基礎代謝がアップするからです。有酸素運動と筋力トレーニングを組み合わせることで効率的にカロリーが消費できます。

栄養バランスをきちんと考えた食事をする

消化を促進するビタミンやミネラルなどを豊富に摂取し、栄養バランスの取れた食事をしましょう。カロリーを制限してしまうと、ビタミンの摂取が十分でなく、カサカサの肌になったりすることもあるからです。しっかりと水分を摂取し、野菜やタンパク質、そして脂質も適度に摂取するように心掛けるとよいです。

過度な食事制限は避ける


ダイエットをしたいからといって過度な食事制限は、必要な栄養素を摂取することができず体調を崩すもととなりますのでやめましょう。

また、過度な食事制限で痩せた体はリバウンドもしやすいです。一日三食の食事をしっかりと取り、運動するなど健康的に痩せるようにするとよいです。体調を崩しやすくなるので頻繁な断食なども避けるほうがよいでしょう。

目標設定は無理なく行う

標準体重にもなっていない人がいきなり理想体重にしようとダイエットをすると、無理がたたって続かないだけでなく、リバウンドの恐れもあります。まずは標準体重になるようにダイエットし、それから理想体重を目指すといったように段階を踏んで無理のない目標設定を行うことが大切です。

一気に痩せるとリバウンドの可能性がある

痩せたいからといって無理な食事制限や激しいトレーニングにより一気に痩せると、その反動も大きくなり、リバウンドの可能性も高くなります。リバウンドを繰り返していると余計痩せにくい体になります。そのため、少しずつ健康的に痩せるようにしましょう。1か月に1㎏から2㎏程度、停滞期もはさみながら目標と立てるとよいでしょう。

体重を同じ時間に測る


体重の増減を記録することは、理想体重に近づくために重要なことです。しかし、朝起きてから夜寝るまで人間の体は活動しているので、その時々にカロリーの消費も違ってきます。きちんとしたダイエットを行うのでしたら、毎日の体重を記録することが大切で、毎日の体重を同じ時間に測るようにしましょう。

睡眠時間の確保はきっちりと

消化を促進するためには、良質な睡眠を確保することはとても大切です。特に食欲抑制に働きかけるホルモンであるレプチンは睡眠中に多く分泌されます。一方で人の骨や筋肉などを成長させる成長ホルモンは睡眠中に分泌されますが、睡眠不足により成長ホルモンが分泌されないと体脂肪が増えたり筋肉が低下するなど、肥満につながることがありますので、睡眠時間はきちんと確保するようにしましょう。

まとめ

日本人の平均身長でもある158cmの女性の平均体重は51㎏程度。ですが、標準体重は54㎏くらいです。BMI22で計算する標準体重は少しぽっちゃりしています。よって、158cmの女性が理想とするならば、BMI20で計算した理想体重である49.3㎏を目指すようにすると良いでしょう。

理想体重に近づくためには、筋力トレーニングをすることや、毎日三食バランスよく栄養を取ることが大事♡。一方で急いでダイエットをしてしまうとリバウンドのリスクがあるのでNG。バランスの良い食生活や睡眠を意識しながら、理想の体重に近づいていきましょう!