164cm女性の体重の適正とは?理想の体重について理解しよう

身長164㎝の女性は、どのくらいの体重が理想なのでしょうか。身長164cmというと、平均よりは高いですが高すぎず低すぎない身長です。
  • 体重はどれくらいを目安としたら良いか
  • 理想の体重はどのようなものか
  • 痩せすぎによる注意
  • ダイエットのポイント

をみていきましょう。

164㎝の標準体重は?


日本人女性の平均身長が158㎝ですので、164cmというとすらっとした印象になります。身長164cmの人の標準体重はどのくらいか、標準体重の人の見た目はどのようなものかみておきましょう。

標準体重は59.2kg

身長164cmの人の標準体重は、59.2㎏。BMIという肥満を測定する基準でいうところの数値22を基準として計算します。59.2㎏といえば60㎏近い数字ですので少し大きいのでは、と思われるかもしれません。しかしこれが最も健康的な体重であり、病気にかかりにくいとされているのです。

健康的ではあるがぽっちゃりに見られる


とはいえ、標準体重でいうと、164cmの女性の標準体重は60㎏近いわけですから、いくら健康的に見えてもやはり肉付きが良くぽっちゃりとした印象は否めません。特に女性は男性と比べて筋肉量が少ないですから、いくら164cmと身長が高めであっても標準体重では肉付きが良く見られてしまいます。

運動をして体脂肪を減らすことでキレイに見られる

運動不足の人

164cmの女性が美しいボディを目指すのであれば、体重よりもむしろ運動して体脂肪を減らすことが重要です。運動して筋肉をつけて引き締まった体になると、キレイにみられます。体脂肪計などを使いながら、運動や筋肉トレーニングを取り入れてスタイルアップを目指すとよいでしょう。

164cmの理想体重


身長164cmの標準体重は、59.2㎏とやや重いように感じられます。ダイエットをするのであれば標準体重ではなく理想体重を目指すのがよいでしょう。身長164cmの理想体重についてみておきましょう。

理想体重は56.5kg

身長164cmの女性の理想体重はBMI21で計算する体重であり、56.5㎏です。これは、標準体重から3キロ程度落とした数値となります。身長164cmの女性で少しぽっちゃりしている、身体のたるみが気になるという人はまずは3㎏落とすことを目標にするとよいかもしれません。

少し細く見える

標準体重に比べて理想体重は、少しスリムに見えることが特徴です。その人が筋肉をどれくらいつけているかにもよりますが、痩せすぎというほどではないけれど、太ってもいない、どちらかというとスレンダーよりと言うような感想を持つ人が多い体重と言えるでしょう。

女性はこの時点では満足しないことが多い

しかしながら、いくら身長が164cmあったとしても体重が56.5㎏と55キロを大きく超えている数値では、満足する女性は少ないでしょう。この時点ではダイエットをした、と言う実感もなくダイエット経過中であると考える女性が多いように思います。もっと上を、と目指す人も多いのです。

164cmのモデル体重


芸能界でも、長谷川潤さんや梨花さんなど身長164㎝でスレンダーボディーを保っている女性はいます。長谷川潤さんは50㎏、梨花さんは49㎏とかなりスレンダーです。164cmの女性のモデル体重についてみてみましょう。

モデル体重は51.1Kgkg

164cmの女性のモデル体重は、BMI指数19で計算します。BMI19というと健康に問題がないとされている普通体重の中で一番痩せ気味に近い数値です。そのようなBMI19で算出した体重こそが、モデル体重である51.1㎏となるのです。

女性の憧れの体型といわれている

モデル体重は、芸能人と同じくらいの体重かそれよりも少し重い程度ですので、モデル体重を実現すれば芸能人に近づけるのではないかと、女性の憧れの体型です。そのため、モデル体重を一つの基準としてダイエットをする人も多いでしょう。しかし、いきなりモデル体重を狙うのは危険も伴いますので慎重に考えましょう。

少し食事量を増やすことも視野に入れるべき

モデル体重は確かに芸能人並みのスタイルを実現しているのですが、これは芸能人やモデルのように日頃からきちんと健康管理やプロポーション管理をすることで実現しているものです。一般人であれば、身長が164cmということを考えても少し体重が少なすぎです。少しずつ食事量を増やすことも視野に入れていきましょう。

痩せすぎには十分注意!


体重の数値だけ見ると50kgを超えているから重い、と思ってしまって痩せようとすることもあります。しかし、身長が164cmもあるのですから体重の数値を低くすることだけ考えていると痩せすぎになります。痩せすぎには健康面など大きなリスクがありますので、痩せすぎないよう十分注意しましょう。

痩せすぎは健康を阻害してしまう

痩せすぎている身体は、健康を阻害してしまうこともあります。痩せすぎてしまうと、女性ホルモンのホルモンバランスが崩れてしまい、体調不良が起こることもあります。また免疫力も低下。健康への影響が懸念されます。特に成長期の痩せすぎはその後の健康に大いなる悪影響を与えますので、注意が必要なのです。

見た目から反対に不健康に見えてしまうことも


痩せすぎている人は脂肪だけでなく筋肉も少ないです。そのため、疲労が溜まりやすくなり、疲労回復も遅くなります。ちょっとしたことでも疲れてしまい、なかなか動けなくなります。血行がよくありませんので顔色も悪くて不健康になりますし、栄養分が肌の隅々までいきわたらず肌トラブルも多いです。そのため、痩せているだけでは不健康に見られてしまい、女性としての魅力も半減してしまいます。

そもそも痩せること=美ではないと知る

ダイエットをしている人であれば、痩せていることこそが美しいと考える人もいるかもしれません。しかし、標準体重や理想体重くらいならまだしも、それ以上の体重を目指して痩せようとするのは危険です。体重を減らすだけが美しいのではなく、トータルで美しいボディを目指すようにしましょう。そのためには体重だけでなく体脂肪をチェックしたり、鏡のまでスタイルチェックをするようにします。

理想の体重を目指す際の注意点

ダイエット
理想の体重を目指すためにダイエットをする人は少なくありません。ですが、過度なダイエットや間違ったダイエットは体調不良を引き起こします。理想の体重を目指す際に注意しなければならないことを抑えておきましょう。

筋肉を意識しつつダイエットをする

理想のスタイルを目指すのでしたら、体重ばかりではなく筋肉を意識しなければなりません。たるんだ身体では美しくないですし、筋肉量が極端に少ないとダイエットしてもすぐにリバウンドするからです。そのため、ジョギングやウォーキングなどの有酸素運動と、無酸素運動である筋力トレーニングを組み合わせるなど工夫をしましょう。それだけでなく、内臓を健康的にするためにも、ヨガや体幹トレーニングなどインナーマッスルを鍛える運動もするようにするとよいです。体重減少だけでなくスタイルアップも可能になるからです。

良質なたんぱく質を摂ることを意識する


筋肉を作ることは、ダイエットの上でも必要です。そのためには良質なタンパク質を摂取するようにしましょう。年をとっても元気に過ごしている人は、良質なタンパク質を日ごろから摂取している人が多いからです。味噌や納豆などの大豆たんぱく質や、肉や魚など、さまざまな食品から良質なタンパク質を摂取するようにしましょう。

まとめ

身長164㎝は女性の中ではスレンダー。平均身長よりも高いです。164cmの方の理想体重は56.5㎏です。多くの女性にとっては重めの体重とされがちですが、164cmの方の場合は身長がある分適切な数値。むしろ痩せすぎに注意しなければなりません。痩せすぎてしまうと免疫力が低下したり疲れやすくなる、病気にかかりやすくなるといったリスクもあります。40キロ台を出すような無謀なダイエットは慎むべきです。

ダイエットをする際には筋肉量を増やすことも考え、見た目の美しさも考えて、無理のない範囲で取り組んでください。

*本文中の「アンチエイジング」とは「年齢に応じた潤いのお手入れ」を意味します。若返り効果を意味するものではありません。
*本文中の「美白」とは「メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐこと」「メーキャップ効果により肌を白くみせること」もしくは「日やけによるしみ・そばかすを防ぐこと」を意味します。
*本文中の「シミ」や「小じわ」「毛穴」のケアに関する文言は、いずれも「シミやシワ、毛穴を目立たなくすること」を意味します。シミやシワの改善や治療効果を標ぼうするものではありません。
*記事内で特定商品の効果を紹介する場合、該当の記載は「すべての人に対して同じ効果があること」を保証するものではありません。
*記事内で特定商品がパッチテスト済みであることを紹介している場合、該当のテスト結果は「すべての人に対して、同じ効果があること」を保証するものではありません。