髪型別レイヤーのアレンジ16選!レイヤーの魅力をご紹介

おしゃれでいろいろなヘアアレンジが可能なレイヤーヘアは、年齢層を問わず女性に大人気です。

ここでは、

  • シャギーやグラデーションカットとどこが違うのか
  • レイヤーカットのメリット
  • さまざまレイヤースタイル事例

まで一挙みていきましょう。

レイヤーとシャギー・グラデーションカットの違い

そもそも、レイヤーとは何でしょうか?なんとなく段を入れる、とイメージしている人もいるでしょう。ここでは、知っているようで知らないレイヤーカットとシャギー・グラデーションカットとの違いについて押さえておきましょう。

レイヤーのカットの仕方


レイヤーカットとは、髪の毛の長さを部分的にカットして段差をつけることです。髪の毛の下の方が長くて、上の方が短くなるように段差をつけて切るカットのことを言います。

毛量の多い人でも、髪の毛をすくことなく簡単にまとまることが出来、ヘアスタイルに動きや軽さを加えられると評判です。大き目な段差をつけることをハイレイヤーといい、小さめの段差をつけることをローレイヤーといいます。

シャギーのカットの仕方

一方レイヤーと似た概念で使われているシャギーですが、レイヤーカットとはかなり違いがあります。シャギーは毛先が軽く見えるように削ぐカットのことです。

具体的にいうと毛先のほうになるほど髪の毛をすいていくカットであり、毛先になるにつれてボリュームが軽くなるのが特徴です。カットの方法にも見た目にもかなり違いがあります。

グラデーションカットの仕方

あまり知られていませんが、グラデーションカットというカットもあります。これは、レイヤーカットと逆の概念であり、髪の毛の上の方が長く、下の方になるにつれ短くなるように切るカットです。イメージしにくい方はマッシュヘアを思い出すとよいでしょう。

レイヤーはメリットいっぱい!


レイヤーカットは、文字通り段を入れるカットのことです。レイヤーカットには実はたくさんのメリットがあり女性に人気になっています。レイヤーカットのメリットについて知っておきましょう。

顔周りのレイヤーで小顔効果

顔周りにレイヤーカットで段を入れると、輪郭を段階的に包んでくれます。それだけでなく、顔の周りに動きが出ますので、顔の輪郭を目立たなくしてくれます。すなわち、小顔効果があるということです。軽いスタイルが苦手という人は、顔周りにレイヤーを入れるだけで小顔にすることができます。

巻き髪・ヘアアレンジにぴったり

レイヤーはストレートに段を入れるだけではありません。レイヤーカットを入れることで髪の毛に動きが出やすくなりますので、巻き髪やヘアアレンジにピッタリです。コテやアイロンを使えば、簡単に巻き髪を作ることができます。

ふんわりとした軽さが出せる


レイヤーカットは段階的に段をつけていますので、長さが統一されている髪の毛と違ってふんわりとした軽さを出せます。シャギーカットのように髪の毛を好いているわけではありませんので、統一感のあるヘアスタイルの中で女性らしい軽さを出せると評判です。

髪の全体量が減って乾かしやすくなる

レイヤーカットで段階的に段を付けると、髪の毛の全体量が減ることになります。レイヤーカットで空気の通り道を作りますので、より乾きやすくなります。お風呂上がりのドライヤーなどさっさと済ませることができますし、夏は涼しくなるのも魅力の一つです。髪の毛を伸ばしているけれど夏の暑さにうんざりしている人にはおすすめのヘアスタイルです。

レングスを選ばずどんな髪型にもOK

レイヤーカットの魅力はやはり、ショートからボブ、ミディアムヘアの人からロングヘアの人まで、髪の毛の長さを選ばずどのような人にもアレンジできることです。

ロングヘアでべったりと張り付く人には軽さを出すこともできますし、ショートボブの人には顔周りに合わせて動きをつけることができます。

ショート+レイヤーで活発な印象♡

では、レイヤーカットのヘアスタイルを詳しく見ていきましょう。ショートヘアでレイヤーカットをしている人は、活発にみえ女性らしい明るさを感じることができます。ショートヘアのレイヤーカットを集めてみました。

細かいレイヤー+パーマ

ショートヘアに動きを出すのであれば、細かいレイヤーがおすすめです。細かいレイヤーにパーマをかけて躍動感のある動きにしています。全体的に外ハネのスタイリッシュが元気っぽさのあるガーリースタイルにしてくれます。

ハイライトと合わせて明るいショート

明るいハイライトのカラーと合わせると、雰囲気が出ていて大人のそして元気な女性という感じがします。ショートヘアであっても存在感は抜群で、スタイリングも楽にできそうなヘアスタイルです。

ウルフとの組み合わせが人気

レイヤーは今流行のウルフカットとも相性が良いです。ホワイトカラーをあわせることでシースルーのような透明感を出すこともできます。また、ハイトーンで明るさを出しているヘアスタイルで、外国人風のヘアスタイルとなっています。

とろけるようなゆるパーマ

ゆるっとパーマをかけていると、かわいらしい印象になります。コテやアイロンを使わなくても、乾かしただけでまるで自毛のようなナチュラルなカールができます。また、カラーを抑えめにしていると落ち着いた印象になり、年齢を問わずできるヘアスタイルとして若い人だけでなく年配の人にも人気です。

ボブ+レイヤーで小顔効果♡

レイヤーカットの最大のメリットの一つが、小顔効果があることです。顔の周りにレイヤーを入れることで、顔のふちがはっきり見えず、小顔に見えることがあるからです。

これは、存在感のあるレイヤーだからこそなしえる業です。ボブとレイヤーの組み合わせで小顔になったヘアスタイルについてもみておきましょう。

カラーと合わせて毛先に遊び

グラデーションカラーとあわせると、毛先に遊び心が生まれて目立つこと間違いなしです。クールでスタイリッシュにすることができます。

レイヤーボブで動きのあるスタイルに

動きのあるボブにするならば、やはりレイヤーボブで毛先に少しパーマをあてます。動きのある毛先はブローをすることなく、ムースだけでスタイリングができます。レイヤーカットですので首周りがしっかりしており、冬場でもタートルネックの邪魔になりません。

切りっぱなしボブをレイヤーでおしゃれに

伸ばす途中などと言った中途半端な長さでも、切りっぱなしの部分をレイヤーカットするだけでおしゃれにすることができます。ハイライトのカラーで外国人風ヘアスタイルにすることも出来、毎日のスタイリングも楽です。

カラーと合わせてエアリーなボブに

個性的なカラーリングと合わせると、毛先の動きが軽くてかわいい、エアリーなボブになります。カジュアルでありながらもかわいらしく、ラフな髪形ですがハイセンスになります。透明感のあるアッシュベージュがレイヤーカットを引き立てます。

ミディアム+レイヤーでモテ度アップ♡

なかなかブローが難しいミディアムヘアの人も、レイヤーカットをあわせるだけでスタイリングしやすいスタイルになりますし、男性受けもぐんとあがります。ミディアムヘアのレイヤーカットのヘアスタイル、集めてみました。

動きのあるスタイルに

ミディアムヘアの人でも、毛先にかけてレイヤーを入れることで動きのあるスタイルになります。アッシュベージュのカラーが大人っぽいヘアスタイルを演出してくれます。大人の女性にもピッタリのヘアスタイルです。

くびれあり、色っぽレイヤー

レイヤーを大胆に入れてほんのりくびれたシルエットを作ることでぐっと色っぽいヘアスタイルになります。ラフに動く毛先の表情も豊かで、品位を保ちながらも抜け感のあるスタイルに仕上がっています。大人カジュアルを実現したこなれたヘアスタイルです。

ストレートから毛先を軽く

特にパーマをかけなくても、ストレートヘアに毛先にレイヤーを入れて軽さをプラスしています。少し外ハネ風に動きをつけて、生き生きとしたスタイルを実現しています。

大胆に3段カット

大胆なレイヤーを入れて3段カットにしています。ボリュームのある髪質であっても、このような大胆なレイヤーを入れると毛先が軽くなりますし、毛先のワンカールで簡単にスタイリングできます。

ロング+レイヤーで軽い髪♡

なかなかアレンジが難しい印象があるロングヘアですが、レイヤーカットを取り入れることでアレンジの幅がかなり広がります。また、重いロングヘアの人でも軽い印象になりますし、スタイリングも楽になりますのでおすすめです。

レイヤーで軽いロング

大胆にレイヤーを入れることでロングヘアでも軽いスタイルを実現しています。ハイライトのヘアカラーでカジュアルコーデにもシンプルコーデにもあうヘアスタイルを実現しています。

毛先を軽く

少し重たくなりがちなヘアスタイルでも、レイヤーを入れることで毛先を軽くすることができます。アッシュグレーのカラーで落ち着いた女性らしい魅力を醸し出しているヘアスタイルです。

グラデーションとレイヤーの相性よし

肩から背中にかけて毛先に大胆にレイヤーを入れています。肩に当たってはねるレイヤーがかわいらしく、女性らしさをよりアップしています。また、グラデーションカラーを取り入れることでレイヤーを入れた髪の毛の毛先がよりふんわりと軽くなり、躍動感を出しています。グラデーションカラーとレイヤーの相性はとても良いのです。

大き目のレイヤーで動きを作る

大きめのレイヤーで動きを作ると、巻いた時の華やかさが格別です。また、細かくちりばめたハイライトカラーはヘアカラーとしても長持ちしますし、かわいらしいレイヤーカットの巻き髪とマッチしています。

ロングヘアの人は特にレイヤーが入る位置によってその表情やヘアスタイルが大いに違ってきますので、しっかりと美容師とコミュニケーションを取ることが必要です。

まとめ

レイヤーとは、髪の毛を梳くシャギーと違って、髪の毛に上から段をつけていくヘアスタイルを言います。軽さを出すことができますし、毛先に従って毛の量が少なくなりますので、毎日のスタイリングも楽になります

。何より、顔周りにレイヤーカットで段を入れれば顔の輪郭をカバーしてくれて小顔効果もあります。毛先をカットする、カラーリングするなどいろいろなアレンジ方法があるので、ぜひ試してみてくださいね。