ブラの正しい付け方4ステップ。きちんと付けてキレイなバスト

女性の美しさのひとつと言っても過言ではないのが「バスト」です。

キレイなバストを保つ上で気をつけなければいけないのが「ブラジャーのつけ方」です。

ブラジャーのつけ方は何となく自己流で続けてしまう人が多いのですが、正しいつけ方をしないとバストの形が崩れてしまいます。

今回は何となく聞けずにいる正しいブラジャーのつけ方について紹介します。

おすすめナイトブラランキングも更新中!

あわせて読みたい

【2020年保存版】ナイトブラおすすめ人気ランキングTOP23!【全種類 購入レビュー済】

続きを読む

ブラの正しい付け方の手順

こちらでは、ブラジャーの正しいつけ方について見ていきましょう。ブラジャーをつけるためには、いくつかの手順があります。

これらの手順をしっかり踏むことによって間違ったつけ方をしなくなるのです。最初は覚えることが多いかもしれませんが、美しいバストのためにしっかり正しいつけ方をマスターしましょう。

1.ストラップを両肩にかけカップ下をアンダーバストに合わせる

まずはストラップを両肩にかけて、カップ下をアンダーバストに合わせてください。

その際、親指をワイヤーの上に乗せて、足を肩幅くらいまで広げて90度のお辞儀をしてください。その状態のまま、バストに向かってスライドしてバージスラインに合わせましょう。

2.上半身を前に倒してカップにバストをおさめホックをしめる

90度にお辞儀をしたまま、ブラジャーを左右に振ってバストの肉をカップにすべて落としましょう。

上半身を倒さなくてもできますが、重さによってバストをブラジャーのカップ内に落とす方がやりやすく、入れ忘れた肉が残ることもありません。

そのまま、ホックを留めてバージスラインからずれないようにアンダーを少し下げましょう。

3.片手でバストの横の脂肪を集めカップ内におさめる

片手でワイヤーの先端を持って、残った方の手で背肉や脇肉をカップ内におさめてください。

背肉を収める場合は、しっかり背中から肉を集めてください。カップ内におさめたら、ワイヤーをあごにむかって引き合経て、脇肉も入れ込んでください。

しっかり肉をおさめたら、指2本で谷間からバストラインに沿って、お腹の肉を引き上げましょう。バストの中央から引き上げることで丸みのあるキレイなバストを作ることができます。

4.体を起こしストラップを調節する

身体を起こした後は、ストラップの調節をしましょう。力をいれずに2~3cmが理想的な長さと言えます。

この長さが肩に負担をかけず、肌にも食い込まないと言われているのです。

ブラをつける時に気をつけたいポイント

ブラの正しい付け方をマスターしたら、次はホックやストラップなどでよりフィットするように調整しましょう。

ブラを正しく付けられたら、以下のポイントにも気を配ってみてください。

ホックを留めるときはどの位置が正しいの?

意外と迷うのはブラのホックを留める位置。それぞれのメーカーにもよりますが、3つあるうちの真ん中が表記されているサイズの位置なのだとか。

例えばサイズがC70の場合は、真ん中の位置がアンダーバスト70cm。同じCカップでもアンダーバストが70cmよりも小さければ内側、大きければ外側と自分のサイズに合った位置を使いましょう。

ブラジャーは伸縮性があるので、その日の体調やつけ心地によってホックの位置を調節できると良いですね。

ストラップの長さを調節する

ストラップは、指1本分のゆとりがあるのがちょうど良い長さです。

ストラップが肩からずり落ちたり、肩にくいこんでしまっている時はストラップの長さが適切ではないので、正しい長さに調節してあげましょう。

必要であればパットで調節する

パット選びで重要になってくるのは2点。一つは、ブラジャーのパッドポケットの形にマッチするものかどうか。

もう一つは、着用時に違和感がない重さや大きさであるかどうかという点です。

パッドポケットのサイズに合っていないと隙間ができてパッドが動いてしまったり、着用時のバストの形にも違和感が出てしまうことも。

また、パッドが大きすぎたり重すぎたりする場合も同様です。ブラジャーの中でパットが浮いたりずれたりしないように注意しましょう。

ブラジャーのパッドはとても便利!バストを盛る以外の使い方も?

あわせて読みたい

ブラジャーのパッドはとても便利!バストを盛る以外の使い方も?

続きを読む

美バストを目指すならブラを正しく!正しくつけることのメリット

ブラジャーを正しくつけるメリットと言われても、あまり大げさに考えない人も多いのではないでしょうか。

普通に身につけていれば問題ないはず、という考えの人もいるかもしれません。

しかし、美しいバストを目指す上で、ブラジャーを正しく身につけることは欠かせないと言っても大げさではないのです。

こちらでは、正しく身につけることのメリットについて見ていきましょう。

垂れるのを防止する

バストはブラジャーのつけ方によって、形が決まると言っても過言ではありません。

ブラジャーに窮屈さを感じて就寝時は外す人もいますが、これはバストが垂れてしまうのでやめましょう。

就寝時にブラジャーをつけておくことで下に垂れていくバストを固定して、形を維持することができるのです。

これは昼間のつけ方でも同じです。正しいつけ方としていないと、バストを上手く固定できずに少しずつゆるやかに垂れてしまいます。

気づいた時には「あれ? こんなに垂れていたかな?」と思うほどになっているというケースも珍しくないのです。

しっかり盛れる

すべての男性がバストを重視しているわけではありませんが、しっかりと盛ったバストは異性を引きつけます。

もちろん異性だけではなく、同性である女性からも羨望のまなざしを受けることができるでしょう。

しっかりとキレイに盛ったバストは女性らしさを引き出してくれるので、憧れる人が多いのです。

例えば、雑誌などでドレスを着こなしているモデルさんを見て「いいな」と思うことはありませんか?

ドレスなど、肌の露出があるものはしっかりとバストを盛っていないと不自然さが出てしまいます。

同性からも魅力的だと思ってもらえるバスト、それが美しいバストなのです。

姿勢がよくなる

正しいブラジャーのつけ方によって、姿勢がよくなることは知っていますか?

特別何かをするわけではありません。ブラジャーを正しくつけることによって、巻き肩気味だった人、肩に力を入れすぎて肩こりがひどかった人など改善されたという声が多くあります。

間違ったブラジャーのつけ方をしていると、身体が間違った姿勢に合わせようとしてしまうため悪循環になってしまいます。

しかも、それは意識してではなく無意識に行っているので自分が「無理な姿勢をしている」という自覚がないのです。

そのため、負担だけが積み重なるのですが正しいつけ方をするだけで負担がなくなり、姿勢のよさや身体の負担を軽減などのメリットがあります。

いつものブラ、自分に合ってる?

ブラジャーは正しいつけ方だけではなく、自分に合っているかどうかも見極めないといけません。

いくら正しいつけ方を心掛けていても、ブラジャーそのものが身体に合っていないと意味がないのです。

そこで、こちらでは自分に合っているブラジャーの見極め方について見ていきましょう。

ストラップ部分の長さが適切か

わかりやすい見極め方として、ストラップがあります。ストラップ部分の長さが適切かどうかです。

ストラップ部分が肌に食い込んでいたり、逆にゆるんでいたりしていると「自分に合ったブラジャー」とは言えません。

特に食い込んでいる人は、負担をかけすぎて肌が変色してしまう、肩のラインを崩してしまうなどの原因になります。

合っていないブラジャーをつけていると、そのブラジャーに合わせた体型になってしまうので気をつけましょう。

理想的なのは指が1本入る程度の「きつくもゆるくもない」ということを目安にしてください。

バージスラインの位置にワイヤーがあるか

バージスラインにワイヤーがあるかどうか、という部分もブラジャーが合っているかどうかを見極める方法のひとつです。

バージスラインとは乳房の下側乳輪郭線、わかりやすく言えば乳房とボディの境目のラインのことを指しています。

バージスラインに沿っておらず、バストの上に乗ってしまう、もしくは下の方にずれてしまうなどはワイヤーの跡がついたり、肌が赤くなったりなどの影響が出てしまいます。

肌が弱い人はワイヤーの跡がつくことによって痒みが生じることもあるので気をつけましょう。

【チェック診断あり】あなたのバージスラインは広い?狭い?タイプ別おすすめ対処法

あわせて読みたい

【チェック診断あり】あなたのバージスラインは広い?狭い?タイプ別おすすめ対処法

続きを読む

肩甲骨の下にホックがきているか

前でホックを留めるものもありますが、一般的な後ろホックのブラジャーは肩甲骨の下に位置しているかを悪人しましょう。

アンダーサイズが合っていないと、ホック部分がずりあがって前の方も上がってしまうのでバストが下がった状態になります。

特に肩甲骨の上にアンダーが乗っていると、腕を動かすたびにアンダーが動いて、ブラジャー自体が安定した状態にならないのです。

そのため、ブラジャーの位置を直さないといけないなどの影響が出てしまいます。

ブラとバストの間にすき間があるか

ブラジャーとバストの間にすき間があると、正しいつけ方ができていない証です。

ブラジャーのカップとバストの間にすき間があると、バストが安定しません。ブラカップも浮いてしまい、不自然なつけ方になるのです。

しっかり脇やバストの脂肪をブラカップ内に集めてすき間ができないようにしましょう。

外した時に跡が残っていないか

ブラジャーを外した時に、バスト部分や肩などに跡が残っていないかを確認してください。

跡が残っているとキツく締め付けている状態なので、バストの形も崩れてしまいかねません。

専門家が教える!自分に合ったブラの選び方

ブラを正しく付けることも大切ですが、そもそも自分に合ってないブラであれば正しく付けても意味がありません。

しっかりバストを支えられるよう、正しいサイズの測り方を理解しましょう。

ブラのサイズはどうやって決めるの?

ブラのサイズは、バストの膨らみで一番高い部分の「トップバスト」と、バストの膨らみの一番低い部分である「アンダーバスト」で決まります。

このトップバストからアンダーバストを引いたのが「カップサイズ」でA、B、Cなどアルファベットで表記されています。

例えば「C70」と表記されているブラは、カップサイズ(トップバストーアンダーバスト)がC、アンダーバストが70cmということです。

このトップバストとアンダーバストを正しく測ることができれば、自分に合ったブラのサイズを見つけることができます。

自分でトップとアンダーを測りたい人は、下の記事を読んでみてくださいね。

トップとアンダーのサイズを確認!正しい測り方と自分にあったブラの見つけ方

あわせて読みたい

トップとアンダーのサイズを確認!正しい測り方と自分にあったブラの見つけ方

続きを読む

自分では難しいと感じたらお店で測るのがベスト!

ブラはサイズが細かいので、わずかな計測のズレでサイズが変わってしまうことも。一番確実なのは、専門店で測ってもらうことです。

専門店の店員さんは、バストやブラに関する専門知識がありますし、日頃からお客様のサイズを計測しているのでピッタリのサイズを見つけてくれますよ!

実際に測ってくれる補正ブラブランド「MARCO」

出典:MARCO公式サイト

矯正下着専門店のMARCOでは、全国200店舗以上あるサロンで体形や下着に関する無料カウンセリングを実施。

付け方について細かく教えてくれ、付け方だけでなく下着が自分に合っているのかまでを教えてくれます。

「ただつける」ということではなく、「美しいライン」のためにつけるMARCOなので、魅力もグッと高めることができます。

ブラを選ぶ時の注意点/年代別の選び方

ブラを正しく付けるのも大切ですが、それ以前に気をつけたいのは自分のサイズに合ったブラを身に付けること。

ここでは、実際にブラを選ぶときの注意点についてご紹介します。

サイズがぴったりでも締め付け感があれば他のサイズにする

美しいバストを保つためには、自分に合ったブラを選ぶことが大切です。

ただし、サイズや着用感はそれぞれのメーカーによって異なることも。

正しいサイズを選んでも実際に付けた時に締め付け感を感じたり、逆にゆるく感じてしまうときは、無理をせず他のサイズに変えましょう。

年齢に応じたブラを選ぼう

20代のブラの選び方

大人の女性として体が完成するのが20代、特に24~26歳と言われています。自

身の体のラインであったり、体形も把握しやすい時期になるので、20代では自分に合ったブラを見極めることが必要です。

自身のサイズを把握して正しいサイズを購入することに加え、着用時にきつすぎたり緩すぎたりする下着の着用は避けましょう。

20代女性に多いのが、シャツの上からでもブラの線や食い込みがハッキリと見える時。この場合は、サイズが合っていないケースが多いので注意が必要です。

30代のブラの選び方

30代は女性の体形が変化しやすい時。特に37~39歳の年齢で多いのが、加齢によるホルモンバランスの変化や皮膚の弾力性の低下により、バストが柔らかくなること

そのため、今まで着用していたブラがフィットしなくなることもあるようです。

今までは綺麗なシルエット保っていたブラでも、着用時に違和感を感じる場合は着用を辞めて、ブラを見直した方が良いでしょう。

40代のブラの選び方

40代のブラの選び方のポイントは、しっかりバストを支えてくれるものを選ぶこと。

加齢によって脇から背中にかけて脂肪がつきやすいので、アンダーと脇からしっかりバストを支える構造のブラが理想です。

また、筋肉が減って体全体が丸みを帯びてくる人も少なくありません。

少しでも血流を良くして肌のストレスを軽減するために、伸縮性に優れているブラを選ぶこともポイントです。

50代のブラの選び方

50代のブラの選び方は、バストへの負担を軽減させることが最重要。日頃から着用するブラは、フィット感を重視した着け心地の良さで選ぶことが大切です。

どうしてもバストが下がってしまう年代でもあるため、オシャレブラと休養ブラのように複数のブラを使い分けられると良いでしょう。

正しく付けて美しく盛れるオススメのブラ

ブラの正しい付け方を紹介してきましたが、せっかくなら正しく着用できるだけではなく、美しく盛れるブラを選びたいですよね。

機能性の高さからSNSやメディアで話題となり、多くの女性から好評を得ている実力派のブラを紹介します!

tu-hacci(ツーハッチ)


出典:tu-hacci公式サイト

バストだけではなく、背中など後ろ姿も綺麗に見せるブラとして定評があるのがこちら!

特に、tu-hacci(ツーハッチ)でも愛用者の多い「超脇高 背中綺麗ブラジャー」は、通常より広めのワイヤーを採用し、脇肉だけでなく背中のぜい肉もバストにしてしまう優れもの。

また、三段三列のパワーホックがブラをしっかりキープするため、いつでも美しいボディラインを実現することができます!

付けるだけで美バストだけではなく、美しいボディラインまで実現してくれるのは嬉しいですよね。

ブラデリスニューヨーク

出典:ブラデリスニューヨーク公式サイト

育乳を目指す女性から高い評価を得ているのがこちらのブランド。

「補って整える」下着をコンセプトに、正しいサイズ・正しい位置でブラをつけることで、美しいバストとボディラインを実現します。

またバストアップの方法を、集める・寄せる・持ち上げるという3つに分類し、それぞれに特化したシリーズを取り扱っているのも特徴の一つ。

体型によって下着に求めるニーズも様々なので、目的に応じたブラを選べるのは嬉しいポイント。育乳だけではなく理想のバスト像が明確な人にもオススメです。

まとめ

美しいバストを作りたい場合、正しいブラジャーのつけ方、自分に合うブラジャーの選び方は気をつけないといけません。

説明だけを見ると難しそうに見えますが、何回も繰り返すうちに自然と身体が覚えていくでしょう。

肩に食い込んでいないか、バストとブラジャーにすき間ができていないかなど、自分にできるチェックからしていき、美しいバストへの一歩を踏み出しましょう。

おすすめナイトブラランキングも更新中!

【2019年保存版】ナイトブラおすすめ人気ランキングTOP23!【全種類 購入レビュー済】

あわせて読みたい

【2020年保存版】ナイトブラおすすめ人気ランキングTOP23!【全種類 購入レビュー済】

続きを読む

合わせて読みたい♪バストケアおすすめ記事

3/4カップブラのメリットとは?お悩み別おすすめ3/4カップブラ10選

あわせて読みたい

3/4カップブラのメリットとは?お悩み別おすすめ3/4カップブラ10選

続きを読む

【動画/写真で解説】目指せバストアップ!ナイトブラの正しい付け方【保存版】

あわせて読みたい

【動画/写真で解説】目指せバストアップ!ナイトブラの正しい付け方【保存版】

続きを読む

特上脇肉キャッチャーを実際に使ってみた!育乳効果や口コミを紹介します

あわせて読みたい

特上脇肉キャッチャーを実際に使ってみた!育乳効果や口コミを紹介します

続きを読む