似合う眉毛は顔のタイプで選ぶ!眉の形や書き方をご紹介します

忙しい時は何となくで描いてしまいがちな眉ですが、しっかり自分に合った描き方をするだけで大きな変化があることは知っていますか?

顔の形によって、似合う眉の描き方も変わってきます。眉は顔のイメージを決める大切なパーツなので、適当に描くのではなく自分に合う描き方を心掛けましょう。

今回は

  • 自分に似合う眉毛の見つけ方
  • 眉毛を描く時のポイント

などについて見ていきましょう。

顔のタイプから似合う眉毛を見つける!

眉毛の描き方にも流行りがありますが、自分の顔の形に適したものではないとキレイさを活かすことができません。

こちらでは、それぞれの顔のタイプで似合う眉毛はどんなものかを見ていきましょう。

顔の形は人によって異なります。例えば、同じたまご型であっても余白が多い人などがあるのです。タイプだけにこだわらず、臨機応変に描くようにしましょう。

たまご型:ほとんどアーチのない平行眉

可愛さがたっぷり出るたまご型の顔の人は、ほとんどアーチのない平行眉が似合います。あまり角度をつけずに斜め上にまっすぐ描くことで、小顔効果も期待できるのです。たまご型の人はオルチャン眉も似合います。上ラインをストレートにすれば眉山にメリハリをつけることができます。ペンシルで軽く描いてから、パウダーをシュッとすることで、キレイなグラデーションを作れるのです。

丸顔:長めアーチ眉

丸顔の人は長めのアーチ眉が似合います。アーチを長くすることによって柔らかい印象を作ることができるのです。逆に直線的な眉にすると輪郭との不自然さが前面に出てしまい、持ち味である柔らかい雰囲気を崩してしまうのです。丸顔だからこそストレートな眉がいいと考える人もいるかもしれませんが、丸顔の人が持つ女性らしさや優しさを強く出すためにも長めアーチ眉にしましょう。

面長:直線平行眉

顔が面長の人はナチュラルな雰囲気を持っているので、直線平行眉がオススメです。眉毛の下部分を足して直線にしましょう。やや短めに描くことで顔の長さを目立たなくする効果が期待できます。面長の人はナチュラルさだけではなく大人っぽさも持っているので、カッコイイ雰囲気の直線眉が似合うのです。眉山の角度がキツくなると、面長の部分が強調されてしまうので気をつけましょう。

ベース型:眉山だけアーチの長め眉

ベース型の人はフェイスラインがしっかりしています。そのため、眉山が角ばると輪郭も角ばって見えてしまいます。そのため、直線的な眉の方が似合いますが、あえて眉山だけアーチの長い眉にすることでエラの張りを目立ちにくくできるのです。眉山だけアーチの長い眉、いわゆるへの字眉にすることで小顔効果も期待できるので試してみましょう。

逆三角形:眉山だけアーチの平行眉

逆三角形の顔を持つ人は、アゴが細くてシャープな印象を持っています。そのため、眉山を鋭角に描くと細いアゴが強調されて近寄りがたい雰囲気を作ってしまうのです。そのため、逆三角形の人は眉山だけアーチの並行眉がオススメです。平行な眉にすることで、本来のシャープさを軽減することができます。

逆三角形の人で、若干顔が大きい人は眉毛を描く時に眉と目の距離を詰めることによってあか抜けた雰囲気を作ることができるのでオススメです。

似合う眉毛の秘訣は黄金比率をチェックしよう

眉毛の描き方が成功するか、失敗するかによって顔の印象が大きく変わります。顔のタイプに合わせて眉の描き方を変えるだけで大きな違いはありますが、似合う眉毛の作り方は黄金比率に基づいた描き方になっているかということです。こちらでは、眉毛の黄金比率について見ていきましょう。

眉頭の位置は目尻の真上から

左右の眉頭の位置を工夫することで、彫りの深い顔に見せることができます。日本人は外国人と比較すると、あっさりとした顔立ちの人が多い傾向があります。彫りの深い顔立ちに見せるためには、左右の眉頭同士を近めに描くことです。小鼻の真上より1~2mm程度内側にすることでナチュラルな眉に仕上げられます。

眉尻の位置は小鼻と目尻を結んだ線の延長上

眉尻の位置を外側にしすぎるとパーツが外寄りに見えてしまうので気をつけましょう。顔の横幅がやや広めの人は、目尻や生え際までの余白が広い人が多いようです。そのため、短く描いてしまうと顔の余白をより強く見せてしまうので気をつけましょう。余白が広く見えることによって、ぽっちゃりに見えることもあるようです。

小鼻と目尻を結んだ線の延長上を意識することで、余白を埋めることができて小顔効果も期待できます。 

眉山の位置は白目の終わりの真上

眉山の位置は片方と同じ場所に決めるようにしましょう。理想的な位置は白目の終わりの真上部分です。曖昧な位置ではなく「黒目と目尻の中間」や「目尻の真上」「白目の終わりの真上」など、明確な場所を決めておくことで左右の位置がずれずに合わせやすくなります。曖昧に「この辺」と決めてしまうとずれていることにも気づきにくくなるので気をつけましょう。

眉頭と眉尻の高さは水平な一直線上に

眉頭と眉尻の高さは水平な一直線上にすることで、顔の長さなどを目立たなくすることができます。眉自体を水平にするのではなく、あくまで眉頭と眉尻を水平にすることを心掛けてください。

眉を水平にしてしまうと、堅く見えるだけではなく、黄金比率が崩れてしまい、他の部分を守っていても違和感のある眉になるからです。

眉の下側の角度は約10度

眉の下側の角度は10度が標準と言われています。10度以下にしてしまうと眉山が低めに見えてしまい、10度以上だと眉山が高めに感じてしまいます。他の部分以上に気をつけなければいけないポイントと言っても過言ではありません。些細なずれが「なんか違う」ともやもやした違和感を与えてしまうので、気をつけてください。

眉毛を描くときのポイント

眉毛を描く時には、さまざまな注意点があることを先述しましたがポイントがあることは知っていますか? これから紹介するポイントは顔の形に影響するのではなく「描き方」そのもののポイントです。似合う眉の描き方を選んでいてもポイントを踏まえた描き方をしないと違和感が出てしまうので気をつけましょう。

髪色に合わせて眉毛をカラーリングしておく

髪をカラーリングして色を変えている人に気をつけたいのが「眉毛のカラーリング」をしているか、です。極端な例になりますが、髪色を赤系にしていて、眉毛のみ黒だと違和感が出てしまいますよね。眉毛の色は髪色と合わせたものではないと不自然になってしまいます。眉毛のカラーリングは忘れがちなので、気をつけましょう。

鏡で左右を確認しながら描く

眉を描く時に気をつけたいポイント、それは「鏡で確認をしながら描く」ということです。基本的にメイクは鏡を見ながら行うものですが、眉毛を描く時には左右対称になっているかどうかを確認しながら描きましょう。美しい眉毛を描くためには、左右対称であることが必須です。

先述しましたが、顔の印象を決める上で眉毛は欠かせません。そのため、些細なずれも目立ってしまうので気をつけてください。

しっかりぼかしてなじませる

眉毛を描いた後は、しっかりぼかして馴染ませてください。ぼかさないと「眉毛を描きました」と強調しているようなものであり、キレイに描いていても違和感の方が強く出てしまうので注意しましょう。ただし、馴染ませすぎてしまうと眉毛自体が曖昧なぼやっとしたものになりかねません。適度にぼかすことを心掛けてください。

まとめ

メイクの時、眉毛を重要視しない人もいます。しかし、キレイに眉毛を描くことで顔の印象を大きく変えることができるのです。キレイな眉毛を描くために必要なものは、自分の顔の形に合う眉毛を描くことです。顔の形によっては、間違った描き方をすることでデメリット部分を強調してしまいかねません。そのため、自分の顔のタイプと似合う眉毛がどんなものかはしっかり把握しておきましょう。

他にも、美しい眉毛を描くためには黄金比率に沿ったものが大切です。慣れないうちは難しく感じるかもしれませんが、しっかり黄金比率に沿う眉毛を描くことで顔の印象を明るくできるだけではなく、小顔効果などさまざまなメリットがあるので試してみましょう。