ハイライトの素敵アレンジ16選!あなたに似合うのはどれ?

最近「ハイライト」という言葉をよく耳にします。ヘアスタイルやヘアカラーをオシャレにするためには、欠かせないカラーステップなのです。しかし、ハイライトを入れたいと思ってもどのように入れたらいいのか悩む人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、

  • ハイライトの魅力
  • 各ヘアスタイルでハイライト事例

について紹介します。

ハイライトが人気の理由

セミロングの基本の巻き方と、おしゃれな巻き方徹底解説!

こちらでは、ハイライトが人気の理由を紹介します。ハイライトの人気はひとつやふたつの理由からではありません。さまざまな効果が期待できることで、多くの人に支持されているのです。

オシャレなヘアスタイルをするために、ハイライトは決して欠かせないので、ぜひメリットを覚えて自分のヘアスタイルに取り入れてみてください。

暗めの髪を明るく見せる

ヘアカラーを明るくしたくても、仕事上の都合などでなかなかできない、という人も多いのではないでしょうか。髪の色はその人の雰囲気を印象付けるもの、といっても過言ではありませんね。

暗い髪色だと重たい雰囲気が出てしまいます。しかし、ハイライトを入れることで暗めの髪色も明るく見せることができるのです

髪の色は変えられないけど、少しでも明るく見せたい人は、ハイライトを入れてみましょう。明るすぎないハイライトでも、しっかり髪色の濃淡を演出できるので、明るい雰囲気を作ることができます。

髪へのダメージを減らせる

髪を明るくするため、ヘアカラーの前にブリーチをする人もいます。しかし、ブリーチはヘアカラーがキレイに入るのですが、髪へのダメージが大きいというデメリットがあります。

しかし、ハイライトを入れることで全体にダメージを与えることなく髪の毛を明るく見せることができます。ハイライトを入れたところはダメージを受けてしまいますが、全体が傷んでしまうよりは大きなメリットと言えますよね。

いろいろなカラーを楽しめる

ハイライトは、どれかひとつのカラーを指すわけではありません。例えば、ブラウン系のカラーであれば、薄いブラウンカラーを入れることでハイライトになります。つまり同じハイライトでもヘアカラーによって、いろいろなカラーを楽しめる特徴を持っているのです。

立体感が出て垢抜けた印象になる

ハイライトを入れることで、髪色に濃淡が生まれて奥行きのある髪に仕上げてくれます。髪の毛を立体的に見せてくれる効果が期待できて、垢ぬけた印象に導いてくれるのです

ロングヘアの人は、ヘアアレンジをよくする人も多いことでしょう。ハイライトを入れてヘアアレンジをすると、オシャレさが増すのでオススメです。

ちょっとしたイメチェンを楽しめる

ハイライトは髪を立体的に仕上げてくれますが、髪色自体を大きく変えるわけではありません。ちょっとしたイメチェンをしたい時に、オススメしたいアレンジなのです。

目立つカラー変化は、職場で悪目立ちをしてしまう、会社の規則に触れてしまう場合がほとんど。しかし、ハイライトはかすかな色の違いを感じられるものもあるので、手軽にイメチェンができるのでオススメです。

垢抜け感が出るショートさんのハイライト

こちらでは、垢抜け感が出ているショートヘアのハイライトを紹介します。ショートヘアの人は、基本的に落ち着いたカラーが似合う傾向があります。そのため、ハイライトやインナーカラーを少し明るくすることで垢抜け感だけではなく、透明感も出て軽い雰囲気に仕上げてくれます。

丸いカットがわいいショート

丸みを帯びたマッシュショートが、女性らしさをアップさせています。ハイライトにミルクティーアッシュを入れることで、マッシュショートの形をより強調して可愛さを演出しているのです。

大胆にカットしているため、首筋などが寂しいのですが、大きめのピアスやゴールド系のネックレスと合わせることで、上品さも出せるのでオススメです。

ざっくり感がおしゃれなショート

ざっくりとした雰囲気が印象的なショートヘアです。きっちりまとめるのではなく、適度な抜け感を出すことで、髪に動きを与えてくれます

髪の動きには、ざっくりとしたヘアアレンジだけではなく、ハイライトもひと役かっています。やや明るさを強調することで濃淡が強くなり、髪の動きが強く感じられるようになっています。

大人っぽいグレージュ

大人っぽさを出したい時にオススメしたいのがグレージュです。グレーとベージュの特徴を持っているので、大人の女性にぴったりなカラーとなっています。ハイライトを入れることで、適度な透け感を出してくれるので髪の重さを感じさせません

ラベンダーで大人っぽいニュアンスを

ラベンダーカラーも大人の女性に似合う色です。ラベンダーと言っても、パープル系が強いわけではありません。これはグレージュと一緒に使っているからこそ、ラベンダーの明るさを抑えているのです。

ラベンダーベージュにハイライトを加えると、ややくすみを感じさせます。しかし、そのくすみが髪にツヤを感じさせてくれるのです

ふんわり立体感が出るミディアムさんのハイライト

こちらでは、ふんわり立体感が出るミディアムヘアのハイライトを見ていきましょう 。ミディアムヘアの人は、ハイライトが似合いやすいと言われています。

ミディアムヘアはふんわりヘアの人が多く、元々立体感が出ていますから、ハイライトを加えることによってさらに立体感が強まり、適度な透け感を出してくれます。

ベージュハイライトで立体感

ベージュ系ハイライトで、髪の立体感を強くしています。ベージュだけではなく、メッシュのようにランダムに入ったカラーが髪に動きを作ってくれますね。ナチュラルな雰囲気を出していることから、カジュアルな服装だけではなく、オフィス系のスーツも似合うことでしょう。

アッシュカラーで外国人風ふわふわヘア

ハイライトとローライトをたっぷり入れて、外国人風のふんわりヘアを作っています。グラデーションカラーのように、毛先が明るくなっているので髪の動きをより強くしていますね。

細いハイライトでナチュラルヘア

ハイライトはやや太めに入れる人が多いのですが、こちらは細いハイライトが印象的です。細いハイライトなので少々明るくても違和感を与えません。明るくてもナチュラルに見えるので、ハイライトの色を強くしたい場合は細目に入れるといいでしょう。

落ち着いた髪色も

明るめのハイライトを入れることで、落ち着いた髪色の人もオシャレ女子に大変身。髪の濃淡がはっきりしているからこそ、余計に髪色に動きや透明感を与えることができます。ナチュラルな明るさが欲しい人にオススメのハイライトです。

アレンジたのしいボブのハイライト

こちらでは、ヘアアレンジを楽しむ人にオススメしたいボブヘアのハイライトです。ボブヘアはさまざまなアレンジができるヘアスタイル。ハイライトを上手く活用することで、ヘアアレンジもより映えさせることができます。

外ハネ元気なボブ

毛先を強くカールさせることで、キュートさが強く出ます。ヘアアレンジだけではなく、適度に入れられたハイライトが髪にツヤと透明感を与えてくれます。ヘアアレンジも比較的簡単にできるので、手軽にヘアアレンジやハイライトを楽しみたい人にオススメです。

切りっぱなしボブの垢抜け感がすてき

切りっ放しボブに明るすぎないブラウンカラーが、すてきな垢抜け感を演出してくれます。外国人風の透明感溢れるヘアスタイルを作ってくれます。切りっ放しボブは明るすぎないカラーが似合う傾向があります。やや明るくてもナチュラルさがあるのでどんなシーンにも合うカラーです。

ブロンド風前下がりボブ

やや明るさが強いハイライトですが、根元部分を暗くすることで派手さを感じさせません。外国人風の雰囲気を作ることができます。毛先を明るくするグラデーションカラーも取り入れているので驚くほどの透明感を出してくれるのです。

ゆるくウェーブがおしゃれなボブ

大人っぽいゆるいウェーブがすてきなヘアスタイルです。髪の下側ではなく、上側にハイライトを入れることで、明るさの中にも控えめさがあり、決して派手さを感じさせません。

重いカットも軽くなるロングさんのハイライト

ヘアスタイルやヘアカラー次第で、髪は重たい雰囲気を与えてしまいます。こちらでは、普段から重さを感じさせる人にオススメのハイライトです。

どのようにすれば重さを軽減して軽さを出すことができるのでしょうか。軽さを出すことで、その人の雰囲気も大きく変えられるので、ぜひ試してみましょう。

明るめのハイライトで軽いロングに

髪の半分くらいは暗髪で問題ありません。真ん中から下にアッシュやグレージュでハイライトを入れましょう。他にもオレンジ系カラーをハイライトのメインにしても、ナチュラルさを出すことができます。

グレーアッシュのスモーキーヘアにも

ややくすみ感があるグレーアッシュのハイカラーは、スモーキーヘアに最適です。モスグリーンのような深い色合いで、暗髪なのに軽さも出せているのはハイライト効果と言っても過言ではないでしょう。

普段から暗髪で、あまり大きくイメージを変えたくない人は、くすみ感のあるハイライトを使うようにしましょう。

やわらかいハイライトのアレンジ

やわらかいハイライトのアレンジをすることで、重さを感じさせる髪も軽さが出ます。こちらはグレージュやアッシュベージュなど、ベージュ系をメインにしていることで適度な明るさを取れているのです。

オフィスや学校でも違和感を与えないナチュラルカラーなので、多くの女性に支持されています。柔らかさの中に透明感を与えてくれて、美容室でハイライトを希望する人も増えてきていますね。

パーマの立体感がより際立つ

ハイライトを入れることで、日本人特有の赤みを消して髪に柔らかさを出すことができます。ミルクティー、アッシュ、ベージュ、さまざまなカラーをパーマ部分に染めることで、パーマ自体に立体感や動きを出すことができます。

暗髪のままでは目立たないパーマも、ハイライトを入れることで透明感と光沢感のある上品な髪に仕上げてくれます。

まとめ

ハイライトはさまざまな効果が期待できるので、多くの女性に注目を集めています。もちろん男性もハイライト効果を入れて、髪にツヤや透明感、動きを出している人もいます。髪に動きを取り入れることで、普段の印象とは大きく異なるのが特徴です。

適度なハイライトを入れることで、ちょっとしたイメチェンにもなるのでオススメです。控えめなカラーのハイライトを入れると、いつもの自分とは違った新鮮さがあります。そういったものを求めている人も、ハイライトを使っているようです。

自分にはどんなハイライトが似合っているのかなど、しっかり考えてみて試すのも楽しいですね。