【7月の誕生石】ルビーの効力や宝石言葉・おすすめアイテム

情熱を感じさせる赤が特徴的なルビーは宝石の代表と言っても過言ではないほど知名度の高いものです。特に「鳩の血」の名を冠するピジョンブラッドという濃く透明なルビーは最高級と言われています。

赤は血を連想させますが、その赤い色が生命力を感じさせることから、お守りとして使われてきたのがルビーです。今回は7月の誕生石である、

  • ルビーの特徴や効力
  • オススメアクセサリー

について紹介します。

7月の誕生石はルビー

7月の誕生石はルビーであり、その情熱的な美しい赤に多くの人が魅了されています。古代からルビーはさまざまなシーンで使われてきた宝石です。こちらではルビーはどんな特徴を持っているのかなどを見ていきましょう。

宝石言葉は情熱・仁愛・生命力・威厳

ルビーの宝石言葉は「情熱」「仁愛」「生命力」「威厳」など、言葉からもその赤い色をイメージさせる言葉ばかりです。特に情熱の赤という言葉はルビーからきたのではないかと言われるほどです。他にも血を想像させることから生命力、威厳などの意味も含まれているのでしょう。

色は朱赤や赤紫色まで様々な赤

ルビーの赤色にも他の宝石同様に薄い赤から濃い赤までさまざまな色があります。理想的な色のルビーはピジョンブラッドという最高級ルビーを指します。基本的には赤系のものばかりですが、紫が混ざった赤紫系のルビーなども珍しいので人気が高い色です。

石の硬度は7

ルビーの硬度は7と比較的高いものです。しかし、紫外線に弱いので保管をする時は日光を避けるようにしてください。美しい赤だとしても、紫外線の影響で遜色、変色をしてしまう可能性があるからです。

ルビーの由来・伝説

こちらでは、ルビーの由来や伝説について見ていきましょう。ルビーの伝説の中には、少しゾッとするようなものもあります。そういったことを知ることで過去にルビーがどのような扱いをされてきたのか、どのような場面、人に好まれてきたのかを知ることに繋がるのではないでしょうか。

由来はラテン語で赤を意味するルバー

ルビーの名前の由来は、ラテン語で赤を意味する「ルバー」からきています。語源としては血の色から「赤」という名前に繋がったのでしょう。不吉な雰囲気がありますが、人の心を魅了する濃い赤は不吉ささえも吹き飛ばす美しさがあるのです。少し言い方が変わっただけなので、あまり大きな変化はありません。

赤は嫉妬による争いで刺された女性の血

ヒンズー教の伝説では、ルビーの赤は嫉妬による争いで刺された女性の血と言われています。嫉妬深い宮廷人がマハラジャの婦人を刺し殺してしまい、その血がダイヤモンドの上に落ちたことによって最初のルビーができたと言われているのです。

アクアマリンなどは人魚の涙など幻想的な伝説がありますが、ルビーの場合はその色から少しだけ怖い伝説ができてしまっているようです。

権力の象徴

ルビーにまつわる伝説は世界各国に残されています。例えば、古代エジプトでは王の象徴の石とされていたと言われていますし、古代ローマでは精神を落ち着かせる石として多くの人に愛されていたとも言われています。更に他の国では強い生命力を感じさせるルビーは薬として飲まれていたという言い伝えもあるのです。

古代からスピリチュアルストーンだった

アクセサリー ストーン

先述したように古代ローマではスピリチュアルストーンとして使われていた伝説があります。古代ローマ、ギリシャでは精神を落ち着かせる石として扱われていて、祈りや瞑想の時に使われていたと言われています。

赤い色から血や熱に効くお守りだった

ルビーは血の色というイメージがありますが、この血の色も悪い考えばかりではありませんでした。毒薬やコレラから身を守り、血や熱に対して効き目のあるお守りとして使われていたこともあったのです。血を連想させるから悪いものに繋げるのではなく、血を守るためのアイテムという良い考えも持たれていました。

薬として飲まれていた

便秘薬

先述したようにルビーの赤は強い生命力を感じさせます。そのため、薬として飲んでいた国もあるのです。これが砕いて飲んでいたのか、それとも丸のみだったのかは定かではありません。宝石から感じる強いエネルギーを身体の中に取り込もうとしていたとも言われています。

結婚40周年のメモリアルジュエリー

ルビーは結婚40周年のメモリアルジュエリーとして使われています。結婚をしてから40年という長い時間を一緒に過ごせた健康と愛情に感謝をささげるのです。ルビーを使うことから、ルビー婚とも言われ、お互いにルビーを使ったアイテムをプレゼントするのが一般的です。

なぜルビー婚というのかというと、ルビーはダイヤモンドに次ぐ硬さを持っています。この硬度を夫婦の絆の強さに例えることで結婚40周年の記念式をルビー婚式と呼ぶようになったのです。

ルビーを身につける効力

こちらでは、ルビーを身につけることで得られる効力について見ていきましょう。たかが石と侮ってはいけません。世の中には知識だけで説明できない不思議なこともあるのです。石から得られるパワーもその不思議のひとつと言ってもいいでしょう。

生命力を高め活力を持てる

ルビーの赤い色には高い生命力が秘められています。そのため、身につけることによって生命力を高めて活力に満ちた身体を作ることができると言われているのです。

生命力と活力に満ちることによって、さまざまなことに挑戦ができるようになり、途中で投げ出すこともなくなります。ある意味では根源的な強壮剤的な役割を持っていると言ってもいいでしょう。

勝利を招く

赤は勝利の色とも言われています。そのため、ルビーを身につけることで自分が戦っている何かに対して勝利を招いてくれると言います。ビジネス、受験、世の中にはさまざまな戦いがあるので、それらに打ち勝つためにもルビーをお守りにするのもいいでしょう。

カリスマ性アップ

ルビーは気持ちをポジティブにして、自信を持たせてくれる効力が期待できます。そのため、行動力をアップさせてくれるのです。気持ちと自信、そして行動力が高まることによってその人の中に隠されていたカリスマ性がアップするのでしょう。

強い意志と精神力を高める

ルビーは溢れる生命力を持った石であるため、心の空白を埋めて、強い意思と精神力を高める効果が期待できます。日々の生活ですり減った心もルビーの効力によって回復させてくれるのです。

金運アップ

ルビーには勝負運アップの効果が期待できます。ここぞという時に勝負ができることで、自ずと金運もアップしていくのです。勝負運と金運は表裏一体と表現されることもあり、どちらかが欠けることでもう片方が上手くいかなくなります。逆を言えば片方の運をアップさせることで、自然ともう片方もついてくるのでしょう。

恋愛に対し積極的になれる

ルビーは行動力をアップさせる効力が期待できるので、恋愛に対しても積極的になることができます。行動力と自信を高めることで、恋愛に対して行動的に向き合えるようになります。

積極的になるからといって、相手の気持ちを考えないわけではありません。自分の気持ちだけではなく、相手の気持ちも考えて積極的になれるのです。

女性を情熱的&魅力的に魅せる

ルビーは身に着けた女性の情熱的な部分をより魅力的に引き出してくれます。ルビー自体が持ち主の情熱的で官能的な魅力を出してくれるのです。もっと自分の魅力を引き出したい人は、ぜひルビーのアクセサリーを身につけてみましょう。

ルビーのネックレスおすすめ3選

こちらでは、ルビーを使ったネックレスを紹介します。宝石と聞くと高額というイメージがあるかもしれません。しかし、こちらで紹介するネックレスは比較的買い求めやすい金額のものばかりなのでオススメです。自分のお気に入りのネックレスを見つけてみてはいかがでしょうか。

天然 ルビー ネックレス

シンプルなデザインのルビーネックレスです。ゴールドのチェーンがルビーの赤を際立たせて、控えめながらもしっかりと濃い赤を主張してくれます。洗練されたデザインとダイヤモンドがしっかりとルビーを引き立ててくれるので、ちょっとしたオシャレアイテムにぴったりです。

ルビー K18 ミラーカットリング 14KGFチェーン ネックレス

3つのルビーが可愛らしいネックレスです。細身のゴールドチェーンがルビーの赤を際立たせているので、シンプルながらも上品な雰囲気を出しています。耐久性に優れていて、ルビーの色味も美しく仕上がっているので長く愛用し続けることができます。

ハート ネックレス

赤光の加減ではピンク色にも見えるかわいらしい印象のというよりも、ピンクと言った方がいいくらい鮮やかな色合いのネックレスです。オープンハートにちょこんと添えられたルビーが上品さを出しています。

小粒ながらも存在感たっぷりなルビーは日常使いに最適です。落ち着きを求められるオフィスの場でつけていても違和感を感じないシンプルさなので、ちょっとしたアクセントに使ってみてはいかがでしょうか。

ルビーのブレスレットおすすめ3選

ルビーは色自体の存在感が強いので、控えめなデザインであってもしっかりと手元を彩ることができます。こちらではシンプルでありつつも、しっかりとルビーを身につけていると強調してくれるブレスレットを紹介します。さり気ないオシャレアイテムにブレスレットは最適です。

高級天然石7月誕生石 ルビー(ピンクパープル サファイア) のパワーストーンブレスレット

丸いパワーストーンが特徴的なブレスレットです。高級感たっぷりで硬度の高さも実感できるブレスレットです。

角度を変えることで色の変化を楽しむこともできます。128面カット仕様なのでキラキラと輝く姿は「美しい」という言葉しか出てきません。

ルビー K18 ミラーカットリング 14KGFチェーン ブレスレット アンクレット

三連ルビーが特徴的なブレスレットです。ゴールドチェーンがさらに赤を引き立てていて、手元を控えめに、しかし鮮やかに彩ってくれるアイテムに仕上がっています。

ブレスレットだけではなく、アンクレットとしても使えるタイプなのでどちらの使いかたをしてもその魅力は変わりません。

ルビー ブレスレット

宝石というよりも、パワーストーンと言った方がいいデザインのブレスレットです。同じルビーでも色の濃淡の違いを楽しむことができて、気軽に身につけることができます。ボリューム感たっぷりなので、手元を華やかにしたい人にオススメです。

まとめ

ルビーは古代から権力や勝利、生命力にあふれる象徴としてその石の価値は高く評価されてきました。ルビーの生命力に刺激を受けたという人もいます。

勝負運、カリスマ性、金運などさまざまな運をアップさせたい人はぜひルビーを使ってみてはいかがでしょうか。誕生石をお守りとして身につけるのはより効果が上がるとも言われていますよ。