ランドセルの選び方まとめ!購入時のチェックポイントや注意点も

ランドセル選びって、難しいですよね。大切なお子さんが6年間も使い続けるものだからこそ、「無事に成長しますように」という願いを込めて、本当に良い製品を選んであげたいと思うのが親心ではないでしょうか。

この記事では、

  • ランドセルの上手な選び方
  • 購入時のチェックポイント
  • ランドセルを購入する時の注意点

などを交えてご紹介します。

ランドセルの上手な選び方

初めてのお子さんが小学校に入学される方は特に、ランドセル選びに関しては知らないことが多く、不安だらけだと思います。ランドセルにはたくさんの種類があって目移りしてしまいがちですが、具体的にはどのようなポイントで選べば良いのでしょうか。ランドセルの上手な選び方についてご紹介します。

飽きの来ないデザイン

ランドセルは、飽きの来ないデザインを選ぶのがおすすめです。最近は刺しゅう入りなど、ぱっと目を惹く可愛らしい色やデザインのランドセルが増えてきました。特に女の子は見た目にこだわりやすいので、気に入ったデザインのものを欲しがる場合も多いと思います。

しかし、高学年になってくると飽きてしまい、可愛すぎるデザインが急に恥ずかしくなってしまうことも考えられます。長く愛用してもらうためには、できるだけシンプルなデザインのものを選ぶと良いでしょう

形は全かぶせタイプのようなスタンダードなもの

ランドセルの形は、昔ながらのスタンダードな「全かぶせタイプ」が最もお勧めです。現在はランドセルの形にも色々な種類があり、横長タイプや、フタの長さが半分の「半かぶせタイプ」なども販売されています。

しかし、全かぶせタイプを使用している人が圧倒的に多いため、学校教材は基本的に全かぶせタイプの大きさに合わせて作られています。異なる形のランドセルを選ぶと教材が入らないことも考えられるため、実用性を考えればスタンダードなタイプを選ぶのが正解でしょう。

入学する学校の傾向に合わせたカラー

ランドセルの色選びは特に迷いがちなポイントですが、入学する学校の傾向に合わせたカラーを選ぶのがベターです。ほとんどの生徒が黒か赤のランドセルを使用している学校の場合、個性的なカラーを選ぶと浮いてしまって、子供がからかわれることにもなりかねません。

まずは進学予定の小学校についてよく知る人に話を聞き、全体の傾向をリサーチしましょう。もしカラフルなランドセルを持っていても浮かないような環境であれば、子どもの好きな色を選んであげるのも良いかもしれませんね。

お手入れが簡単で軽い合皮

ランドセルの素材にもいくつかの種類がありますが、お手入れの簡単さで選ぶなら合皮がおすすめです。ランドセルの素材には主に合皮と本革があり、シェア率は合皮が65%に対して本革が35%と言われています。合皮のメリットは本革よりも水に強く、軽いことです。

耐久性に関しては本革の方がやはり優れていますが、最近では合皮の質も向上していて、6年間の使用には十分耐えられる素材も多くあります。本革に比べて価格がお手頃なのも、何かと費用がかかる小学校入学時には、大きなメリットと言えます。

サイズを調整して使い続けられるもの

ランドセルは、サイズを調整して使い続けられるものを選ぶのも重要です。小学校卒業までの間に体は大きく成長するので、肩ベルトの長さなどを調整する機能は必須と言えます。一般的に、ランドセルは6年間使用することを想定して作られているので、ほとんどのランドセルは肩ベルトの長さが調整できるようになっています。

しかし、あまりにも安価な製品の中には、調整ができないものもあるようです。この機能がないと、安いランドセルを買ってもすぐにサイズが合わなくなり、すぐに買い直すことになるので注意が必要です。

負担の少ない軽さ

ランドセルを選ぶ際には、小さな子供が背負っても、負担の少ない軽さであるかどうかも重要です。先ほども述べましたが、本革製のランドセルには重いものが多く、さらに教材の重さが加わると、小さい子供には背負うのが辛くなってしまう場合もあります。

ランドセルが重いせいで、学校に行く楽しみが減ってしまうのはもったいないですよね。ランドセルを選ぶ際には、できれば実際に子供に背負ってもらい、感触を確かめるのも重要だということを覚えておきましょう。

ランドセルの購入時にチェックするポイント

ランドセルの基本的な選び方については先程述べた通りですが、次に、お子さんが使用するにあたっての、具体的なチェックポイントについてもご紹介いたします。知らないと学校で思わぬトラブルに巻き込まれる可能性もあるので、購入の際には必ずチェックすることをおすすめします。

A4フラットファイル対応サイズかA4クリアファイル対応サイズか

ランドセルによって収納容量にも違いがあるので、購入を検討する際には確認が必要です。収納容量には、A4フラットファイル対応サイズとA4クリアファイル対応サイズの2種類があります。進学予定の学校がA4フラットファイルを多用する場合は、A4フラットファイル対応のランドセルを選ぶと良いでしょう

サイズが違うと言っても、実際はそこまで大きく差があるわけではないので、最近はやや大きめのA4フラットファイルサイズを選ぶ人が増えているとも言われます。学校帰りに塾に寄ることなども想定して、大きめサイズを選ぶのが正解かも知れませんね。

髪の毛を挟みにくい背カンを採用しているか

髪の毛を挟みにくい背カンを採用しているかということも、大切なチェックポイントです。背カンとは、ランドセル本体に肩ベルトを装着する金属製の部品のことです。細かい部品ですが、背カンの性能がランドセルの背負い心地を左右するとも言われています。

特に髪の毛が長めなお子さんの場合、髪が挟まりやすい背カンが付いていると危険です。万が一、他の子の髪の毛なども絡まってしまったら大変ですよね。購入を検討する際には、背カンに髪の毛の巻き込みを防止する部品が使われているかどうかを確認することをおすすめします

保証内容はしっかりとしているか

ランドセルの購入時には、保証内容がしっかりしているかどうかを確認することも重要です。小学校を卒業するまで使うものなので、6年間の修理保証は必須です

また、保証が付いていても、間違った使い方によって壊れた場合の修理は対象外になる場合もあるので、無償修理の条件もきちんと確認しておきましょう。修理中に代わりのランドセルを貸し出してもらえるかどうかも重要です。ランドセルは毎日使うものなので、保証内容が充実した製品を選ぶことをおすすめします。

肩ベルトや背当てのクッション性

ランドセルを購入する際には、肩ベルトや背当てのクッション性もチェックしましょう。クッションが足りないと、子供の背中からランドセルが浮いてしまったり、荷重が分散されず肩や背中に負担がかかったりしてしまいます。

特に3万円以下の安価なものだとクッションが十分でない場合もあるので、実際に手で触れて確かめることは重要です。夏場は汗をかいて蒸れやすいため、クッションの通気性も同時にチェックすると良いでしょう。

左利きの方が防犯ブザーが右肩ベルト部分に付けられるか

肩ベルトの前面に、防犯ブザーを取り付けるためのフックがあるかどうかもしっかり確認しておきましょう。特に左利きの方は、右肩ベルトにもフックが付いているかどうかをチェックしておくべきです。

右肩側にフックがないと、利き腕と反対側に取り付けることになるため、いざという時に手が届かない恐れもあります。左肩側だけでなく、両肩にフックが付いているタイプのランドセルなら、安心して使用できるのではないでしょうか。

ランドセルを購入する際の注意点

失敗しないランドセル選びに必要な知識についてお話ししてきましたが、最後にいくつかの注意点についてもご紹介します。理想のランドセルを手に入れるためには、購入のタイミングや、購入後に必要なケアについても知っておく必要があります。これだけは押さえておきたい注意点を3つご紹介しますので、参考にして下さい。

人気ブランドは早めに完売してしまう

人気ブランドのランドセルは、早めに完売してしまうことも多いため、注意が必要です。ここ最近、ランドセルの購入時期は全体的に早まる傾向にあるようです。入学する前年の3月頃から資料請求が始まるので、早めに情報収集することをおすすめします。

ランドセルの展示会は4月に始まることが多く、人気ブランドは展示会も大盛況で、入場するために並ぶところもあるようです。特に人気のカラーは早めに売り切れてしまうので、注意しましょう。

オーダーメイドは時間がかかるので早めに発注する

好きなデザインや素材を自由に選べるオーダーメイドランドセルも、最近では多くの人から支持を集めています。オーダーメイドランドセルの場合、製作に時間がかかるため、早めに発注することをおすすめします。メーカーによっては、9月頃に締め切ってしまうところもあるため、オーダーメイドを検討されている方は注意が必要です。

本革は濡れた時のお手入れが大変

使い込むことで深い味わいが出てくる本革製のランドセルは、本物志向の方に不動の人気がありますが、濡れた時のお手入れが大変だということも知った上で選びましょう

本革のランドセルが雨などで濡れてしまった場合は、まずよく乾いた布で水気をよく拭き取り、日光が当たる所で自然乾燥させることが必要です。

放置すると濡れた部分がシミになってしまう恐れがあるので、早めに対処してください。ドライヤーなどを当ててしまうとシワになってしまうこともあるので、注意しましょう。

まとめ

小学校の6年間、毎日使い続けられるランドセルを選ぶためには、第一に実用性が重要です。この記事を参考に、使い心地が良く、耐久性が高いタイプのものを選ぶと良いでしょう。

進学する学校の環境に合わせることも大切なので、情報収集は早めに行うのが正解です。決して安い買い物ではないので、この記事を参考に、後悔しない理想のランドセルを見つけていただければ幸いです。