香水の付け方は間違ってない?正しい香水の付け方とは

ふんわりとイイ香りが漂う女性は素敵ですよね。普段から香水を愛用している女性は多いと思いますが、正しいつけ方をご存じの方は意外に少ないかもしれません。

そこで、ここでは

  • 香水の種類
  • 香水のつけ方の基本

についてお話したいと思います。NGとなるつけ方もご紹介するので、香水をつけている方はぜひチェックしてくださいね。

まずは香水の種類を知っておこう

香水と一口に言っても、いくつかの種類があります。大きく分けてオーデコロンとオードトワレ、オードパルファムに分けられ、それぞれ香りの濃度や持続時間が異なります。まずは香水の種類について知っておきましょう。

オーデコロン:気軽につけられる

オーデコロンは、1~5%程度の濃度のものを指します。香りの持続時間もそれほど長くなく、だいたい1~2時間程度で香りが減衰します。そのため、気分転換にサッとつけたり、気軽につけられるということが大きな特徴と言えるでしょう。年配男性がつけるイメージがありますが、香りの種類ではなく濃度を意味しています。

オードトワレ:ほんのり香る

香りの濃度が5~10%ほどの香水をオードトワレと言います。香りの持続時間はオーデコロンよりも少し長く、だいたい2~5時間程度となります。時間が経つにしたがって香りも多少変化していくため、それも楽しみの一つですね。ほんのりとイイ香りを漂わせたい方におすすめです。

オードパルファム:種類が豊富で持続時間が長い

香りの濃度が10~15%程度のものを、オードパルファムと呼びます。しっかりと香水の香りを楽しみたい方向けですね。なお、オードパルファムよりも濃度の濃いパルファムもあり、こちらは濃度が15~30%ほどになっています。オードパルファムは香りの持続時間も5~12時間と非常に長く、製品の種類が豊富なのも特徴です。

香水の種類についてはこちらの記事で詳しく紹介しています。

>>>初心者さん必読!香水の種類・香り・形状を知って自分に合った香水を選ぼう

あわせて読みたい

初心者さん必読!香水の種類・香り・形状を知って自分に合った香水を選ぼう

続きを読む

同じ香水でも時間で香りは変化する

香水をつけたばかりの時と、後では香りが違っていると感じたことはありませんか?これは決して勘違いではなく、実際に香水の香りは時間とともに変化していくのです。ここでは、香水の香りが時間で変化するという事実についてお話します。

トップノート:つけてすぐに香る

トップノートとは、香水をつけたばかりの時の香りです。だいたい10分くらいまでの香りを、トップノートと呼ぶことが多いですね。トップノートの香りはすぐに変化していくので、香水を選ぶときにはトップノートだけで選ばないほうが無難です。

ミドルノート:30分から1時間ほどで香る

香りにこだわって選ぶ

トップノートからミドルノートに変化していきます。ミドルノートはだいたい3時間くらい続くため、メインとなる香りと認識して問題ないでしょう。周りの人に強く印象付けるのもミドルノートの香りとなります。トップノートからミドルノートへの香りの変化は割りと大きいですが、ミドルノートから次の段階へは比較的穏やかです。

ラストノート:一番長く残る香り

ラストノートは12時間ほど香ります。ボトムノートやラスティングノート、ベースノートなどと呼ばれることもあります。一番残る香りなので、ミドルノートの次に重要視するといいですね。

ラストノートの香りは、人の汗や体臭などとも混ざり合いますし、同じ香水でもつけている人によって香りが違ってきます。

香水の付け方の基本

香水のつけ方をきちんと教わったことがある、という方はおそらく少ないでしょう。見よう見まねでつけている、親や友達がつけているのを見てその通りにしているという方もいると思います。ここでは、香水のつけ方の基本をレクチャーしましょう。

香水は基本的に肌に直接つける

服や髪の毛などにつける方もいますが、基本は肌につけます。香水にはさまざまな成分が含まれているため、衣服につけてしまうとシミになることがあります。髪の毛にも良いとは言えないので、手首や首筋などに軽くつけるのが基本となりますね。香りの変化を楽しむためにも肌に直接つけてください。

適量は1プッシュ

イイ香りを振りまきたい、と思ってたくさん香水をつけてしまう方もいます。その気持ちも理解できますが、あまりつけすぎてしまうと、周りの人が不快な気持ちになるかもしれません。香水の香りを良く思わない人が多いのも事実なので、つけすぎには注意してください。1プッシュ程度で十分香りがたちます。。

こすらない

香水をつけるときには、手首や胸、腰などにつけます。ただ、手首の内側につけて、こすり合わせてしまう方が多いですが、これはダメです。こすってしまうと、香水のせっかくのイイ香りが飛んでしまうのです。手首につけるときは左右の手首に1プッシュずつつけます。血管の上に少し乗せるような感覚ですね。

出かける30分から1時間前につける

香水のメインとなる香りはミドルノートです。トップノートからミドルノートに移行するのは、つけてから約10分後で、その後ミドルノートは3時間以上持続します。それを考えると、出かける30分から1時間前につけたほうが良い香りを纏えます。出かける時間から逆算して考えるということですね。

つけ過ぎには無水アルコールなどで拭き取る

香水をつけ過ぎてしまうと、香りがきつくなりすぎることもあります。周りの人を不快にさせてしまう恐れもあるので、つけすぎたときにはふき取ることをおすすめします。

無水アルコールだけでなく、エタノールをしみ込ませたコットンでもふき取れますよ。こするのではなく、軽く押さえるようにしてふき取りましょう。

こんな香水の付け方はNG

ここからは、NGとなる香水のつけ方についてお伝えします。何度も重ねづけする、TPOに合わせていない、などが挙げられますね。正しいつけ方だけでなく、NGなつけ方もマスターしておきましょう。

何度も重ね付けする

これだと単純につけすぎになってしまうのでNGです。せっかくベストな香りに変化しているのに、また新たにつけてしまうと香りのバランスが崩れてしまいます。ミドルノートに変化した香りに、またトップノートの香りが加わることになり、違和感のある香りになってしまう恐れもあります。

TPOに合わせた香水選びをしていない

TPOに合わせた香水選びはとても重要です。例えば、高級な和食のお店では強い香りの香水はやめておいたほうが無難です。繊細な和食料理が、香水の香りで台無しになってしまう恐れもあります。

また、お葬式や病院といった場所でも、香りの強すぎる香水は好まれないでしょう。ビジネスシーンにおいても、個性と香りの強すぎる香水はNGですね。

香水をつけるおすすめの場所

「香水をどこにつければいいの?」と思っている方もいるかもしれません。恐らく、多くのケースだと手首や首筋につけていると思いますが、ほかにもいろいろな部位があります。ここでは、香水をつけるおすすめの場所をお伝えします。

腕や肘の内側

腕や肘の内側につけるのもおすすめです。特に肘の内側は皮膚が薄くなっていますし、香水が体温の影響を受けやすくなるのです。また、腕はよく動かす部位なので、それによって香りが広がります。香水のイイ香りをアピールしたい、振りまきたいというタイプの方にもおすすめの部位と言えるでしょう。

手首

もっともポピュラーな部位ではないでしょうか。体温によって香水が揮発しやすくなり、しっかり香ります。手を動かしたときにふんわりとイイ香りを漂わせることができますよ。手首につけてからゴシゴシとこすり合わせず、軽く乗せるような感じでつけてくださいね。

胸元

女性 香水

香水の香りをしっかりと出したい、アピールしたいというときにおすすめの部位です。温度が高くなりやすい部位なので、香水の成分が揮発しやすいのです。ただ、温度が高くなりやすい部位なので、真夏のような汗をかきやすい時期はおすすめしません。涼しい時期にほんの少しだけつけるようにしてください。

香水の香りをあまりアピールしたくない、ほのかに香りを楽しみたい、という場合におすすめです。仕事仲間と食事に出かける、TPOをわきまえないといけない場所に行く、といったときにイイですね。つけるときには服を着ていない状態で、30cmほど離したところから香水をつけます。

太ももの内側

ふわっと香る程度に楽しみたいのなら、太ももの内側につけるのがベストです。太ももの内側はあまり温度も高くならないので、激しく香ることはありません。控えめにイイ香りが漂います。ただ、太ももの内側は皮膚も薄く、デリケートな部位でもあるので、事前にパッチテストを行うことをおすすめします。

香りの種類と印象

香水にもいろいろな香りがありますし、人によってお気に入りの香りは異なりますよね。フローラル系やムスク系、フルーツ系などが代表的ですが、ここでは香りの種類、印象などをお伝えします。ぜひご覧ください。

女性らしい柔らかさと清潔感を演出するソーピー系

ソーピー系は香水初心者にもおすすめの香りです。石鹸のような香りがふんわりと漂うため、女性らしい柔らかさや清潔感も出せますね。ソーピー系の香水だと、激しい香りのアイテムはほとんどありません。そのため、香水初心者がつけすぎてしまうということもまずないでしょう。

華やかさを演出するフローラル系

フローラル系の香水はアイテムも豊富ですし、選ぶ楽しさもありますね。可愛らしさ、華やかさを演出するにはもってこいの香水です。フローラル系の香水でよく使われる花の香りだと、ローズやジャスミンなどが多いですね。ほかにもスイセンやイランイラン、すずらんなどの花の香りもよく使われています。

キュートな印象のフルーツ系

フルーツ系の香水の特徴は、甘くてスウィーティな香りです。リンゴやイチゴ、レモン、マンゴーなどさまざまな香りのタイプがありますし、トロピカルな気分にもさせてくれますね。基本的に女性が好む傾向にあり、男性でつける方は少ないかもしれません。女性らしさ、かわいらしさを演出したいときにおすすめです。

ユニセックスな印象のムスク系

ムスク系の香りはイメージしにくいかもしれませんが、ムスクの原料はジャコウジカの皮脂です。ただ、現在の香水に使用されているのはほとんどが合成香料のため、ジャコウジカの皮脂を使うことはありません。甘くてセクシー、エキゾチックな印象の香りですね。ムスク系の香水は女性だけでなく男性にも好まれる傾向にあります。

オススメの香水はこちら!

「どんな香水がおすすめなの?」という方もいると思うので、ここではおすすめの香水をいくつかご紹介します。基本的には自分が気に入った香りを選べばいいのですが、初めて香水を買うという方はここでご紹介するものも検討してくださいね。

ジバンシイ プチサンボン


香水の本場と言えばやはりフランスですよね。こちらのアイテムは、フランスが原産国でオードトワレのスプレータイプとなっています。オレンジやレモンなどのフレッシュな香りが印象的で、爽やかな香りを纏いたい方におすすめです。価格も2000円台前半とリーズナブルなのも嬉しいですね。

ジルスチュアート リラックス オード ホワイト フローラル


可愛らしいボトルが印象的な香水です。オーデコロンなので、手軽につけられるのも魅力的なポイント。プレゼントとしても喜ばれそうですね。フルーツ系とフローラル系をミックスしたような、魅惑の香りを纏うことができるでしょう。天然のアロマオイルを配合し、柔らかな幸福感で包み込んでくれます。

サムライ ウーマン ピンクベリー


サムライウーマンの香水は女性から人気がありますが、こちらのアイテムはすでに廃盤となった商品です。レアなので、見つけたときには買いで、ピンクのボトルも可愛いですね。価格は少々高めに設定されていますが、男性からも女性からも好まれそうな、心地よい香りが印象的です。

コーチ オードトワレ


フランスが原産となる、コーチのオードトワレです。キュートで個性的なボトルも目を引きますね。大切な方への贈り物にするにもおすすめできます。フェミニンでセンシュアルさを演出できるフレグランスとして人気があります。普段からコーチのアイテムを愛用している、という女性にもイチオシの一品ですね。

まとめ

香水はどれを選ぶか、というのも大切ですが、つけ方も重要となってきます。つけるときは肌に直接つけ、こするようなつけ方はやめましょう。

また、TPOを考えることも大切ですし、シーンにマッチした香水を選ばなくてはなりません。初めて香水をつける、という方はここでご紹介したアイテムもぜひ参考にしてくださいね。

- 1 / 1ページ -