絵本のおすすめまとめ!読み聞かせから仕掛け絵本まで紹介します

ページをめくった瞬間から別世界へといざなってくれる絵本。パパやママとなって子供に読み聞かせをするために買った本に改めて素晴らしい魅力を感じた人も多いのではないでしょうか。

絵本はまだ文字が十分に読めない幼い子供だけのものではありません。

  • 0歳から大人まで年代に合った絵本の選び方
  • おすすめの絵本

を紹介します。

年代別!絵本の選び方


絵本好きに年齢は関係ありません。しかし、子供であれば発達段階に応じた興味、関心の高い本を選んであげる必要があります。ファーストブックから大人向け絵本まで、種類やどのように選べばいいのかについてまとめました。

0~1歳:ファーストブック

最近では胎教の一環として読み聞かせをすることも多くなりましたが、一般的に誕生後に子供が初めて触れる本のことをファーストブックと呼んでいます。0~1歳が対象となる絵本は、ストーリー重視ではなく視覚や聴覚で楽しめるものを選ぶことがポイントです。わかりやすいシンプルな絵、擬音の繰り返しなどの構成でできているものを選びましょう。

2~3歳:読み聞かせ用の絵本

2~3歳頃になると感情が豊かになりおしゃべりも上手になります。外遊びや友達との交流も活発になり、はっきりと意思表示することもできるようになるでしょう。シンプルなストーリーであれば理解できるようになりお話の世界に入りやすくなります。お気に入りの本を選んで何度も繰り返し読んであげるようにしましょう。

4~5歳:親子で一緒に読めるもの


4~5歳頃になると主人公の気持ちになって一緒に笑ったり、泣いたりなどの感情移入ができるようになります。絵本を通して疑似体験しながら世界観が広がるような貴重な経験ができる時期でもあります。

親子で一緒に読んで感想や意見を交換しながらイメージを膨らませることができるような絵本を選んであげましょう。

6歳~小学生:子供が一人で読めるもの

小学生になる頃は昔話や物語などの絵本に自ら熱中する時期です。読み聞かせしなくても1人で進んで読むようになることでしょう。

知識も増え絵本では物足りなくなってくるかもしれませんが、想像力がより膨らむ時期でもあります。心に深く残ったり、考えさせられたりする絵本を選んであげましょう。 

年齢を問わず楽しめる仕掛け絵本

ページを開くと中身が飛び出してきたり、引っ張ったりめくったりすることができる仕掛け絵本は子供だけでなく大人になっても楽しめます。パパやママの世代では「飛び出す絵本」として有名だったものも、現在では本自体が舞台になったり、インテリアとして飾ったりできるものなどバリエーションに富んだものが登場しています。

パパ・ママには大人向け絵本


子供への読み聞かせによって絵本の魅力を再認識したパパやママもたくさんいるのではないでしょうか。子供のときとはまた違った感動を得ることができるのも絵本の特徴です。

優しい絵や言葉が心に染み入り、日頃のストレスも忘れさせてくれます。活字だけでは得られない癒しや美しい時を過ごすことができる大人向けの絵本をセレクトしましょう。

【0歳~1歳】ファーストブックにおすすめの絵本

生後間もない0歳から少しずつ言葉を話し始める1歳の頃には、わかりやすい絵や同じ言葉の繰り返しなどが多い絵本が最適です。視覚や聴覚を刺激して興味を持ってお話を聞いてくれるおすすめの絵本を紹介します。

だるまさんの (かがくいひろしのファーストブック)

  • 作: かがくい ひろし
  • 出版社: ブロンズ新社

泣いている子供も思わず笑ってしまう子供を喜ばせることができる最強の絵本です。めがねをかけたユニークなだるまがでてきたかと思ったら、ページをめくると思わぬ展開に……。はじめはよくわからない子供でも2回、3回と読み聞かせするうちに面白さがわかってくることでしょう。抱腹絶倒間違いなしの絵本としておすすめです。

くだものさん (PETIT POOKA)

  • 作: ツペラ ツペラ(tupera tupera)
  • 出版社: 学研

りんごやみかんなど子どもが大好きなくだものがユーモアたっぷりに描かれている絵本です。葉の形や色などがとてもリアルにイラストで表現されているので果物を覚えるのにもぴったり。ポロリと落ちていくくだものがとてもかわいいと評判です。折り畳み式のしかけ絵本となっているため、ドキドキワクワクしながら遊び感覚で楽しめるのも魅力でしょう。

ぴょーん まつおか たつひで (著)

  • 作・絵: まつおか たつひで
  • 出版社: ポプラ社

ページをめくるたびに、カエルや子猫、犬やバッタなどのさまざまな生き物が「ぴょーん」と跳ねます。ユーモラスな絵と擬音に読み聞かせをすると子供が一緒に飛び上がってしまうと評判です。小さな本ですが縦に開いたページで生き物が飛び上がる絵からはダイナミックさが感じられます。赤ちゃんも「ぴょーん」の声で笑顔になってくれるでしょう。

【2~3歳】読み聞かせにピッタリの絵本

2~3歳頃になると運動能力も向上し会話も活発にできるようになります。イラストだけでなく話の内容のおもしろさも理解できるようになるため、シンプルで心に残るストーリーの絵本を選んであげましょう。

いろいろバス tupera tupera (著)

  • 作: ツペラ ツペラ(tupera tupera)
  • 出版社: 大日本図書

赤いバス、黄色いバス、緑のバス、さまざまな色のバスにはその色にちなんだ乗客が乗っています。いろいろな物が乗ったり降りたりするため「これ何?」と子供から質問攻めになることでしょう。ビジュアルのインパクトが強く、美しい色とフォルムに子供の目は釘付けです。終点でさまざまなバスから一斉に降りてくる場面は圧巻です。

からすのパンやさん 加古 里子 (著)

  • 作: かこ さとし
  • 出版社: 偕成社

1973年に発売されてから40年以上のロングセラーとなっている絵本です。売れないパン屋を営むカラスファミリーが次々に起こる事件を乗り越えて大繁盛店に……。ストーリーの面白さももちろんですが、思わず目を奪われてしまうのが、おいしそうなパンの数々でしょう。1つ1つのパンの形がとても工夫されており眺めているだけでも飽きません。

こんとあき 林 明子 (著)

  • 作: 林 明子
  • 出版社: 福音館書店

かわいいキツネのぬいぐるみがしゃべるファンタジックな物語。読み聞かせしている大人も胸にジーンときて涙してしまうと評判です。表情がないはずのぬいぐるみの「こん」からたくさんの感情を感じ取ったり、あきとこん思いやりに心温かくなったり……。大人になってから読み返したくなる絵本としても人気があります。

【4~5歳】文字が読めるようになったらおすすめの絵本

4~5歳頃になると大人と同じように絵本の話の内容にドキドキワクワクするようになります。イラストだけでなくストーリーによって絵本の好き嫌いがはっきりしてくる頃なので、夢のある話やちょっと怖い話など、想像力を育めるような絵本を選びましょう。

カンカンカンでんしゃがくるよ 津田 光郎

  • 文・絵: 津田光郎
  • 出版社: 新日本出版社

踏切からの定点観察に視点をあてたユニークな絵本です。電車が行き交う踏切はとても忙しくなかなか開く暇がありません。客車や貨物車などいろいろな種類の電車が登場するので、乗り物好きの子供にはピッタリでしょう。子供は「カンカンカン」の踏切の音に敏感に反応します。夜のシーンで終わるのでおやすみ前の読み聞かせにもおすすめです。

手ぶくろを買いに 新美 南吉 (著), 黒井 健 (イラスト)

  • 作: 新美 南吉
  • 絵: 黒井 健
  • 出版社: 偕成社

冷たい雪のなか冷たくなったコギツネの手をみて手袋を買ってあげようとする優しい母キツネ。そして、キツネだとわかっていながらも優しく対応してくれる帽子屋さん。それぞれの温かい心情がしみわたってくる温もりのあるストーリーが特徴です。包み込んでくれるような優しい絵と美しい日本語の絵本は、ぜひ子供に触れさせたい一冊と言えるでしょう。

おでかけのまえに 筒井 頼子 (著), 林 明子 (イラスト)

  • 作: 筒井 頼子
  • 絵: 林 明子
  • 出版社: 福音館書店

ピクニックに出かける日曜日、お父さんもお母さんも準備で大忙し。あやちゃんはお手伝いのつもりでお弁当をグチャグチャにしたり、お化粧だらけになったりと大変な騒ぎになります。お出かけ前の女の子のウキウキする心をありのままに描いており、どんなことをしても怒らない両親の姿に感心します。親子でほのぼのとした気持ちになれる一冊です。

【6歳~小学生】一人で読めるようになったらおすすめの絵本

小学校に入学する頃になると「読んで」と言わずに自分から進んで本を読むことも増えます。思考力や想像力がますます高まって、本の世界のなかに浸るようになるでしょう。心に印象が残る絵本やじっくりと考える絵本などを選んであげましょう。

もりのなか マリー・ホール・エッツ (著, イラスト), まさき るりこ (翻訳)

  • 作・絵: マリー・ホール・エッツ
  • 訳: まさき るりこ
  • 出版社: 福音館書店

ラッパをもって森に散歩に出かけた男の子がさまざまな動物と出会うお話です。ライオンがくしで髪をとかしたり、象が服を着たり、などファンタジーな世界が広がっていますが「なぜ?どうして?」と考えさせる場面もたくさんあります。1963年に発行されたロングセラーなので、パパやママもなつかしいのではないでしょうか。

どろんここぶたアーノルド・ローベル (著), 岸田 衿子 (翻訳)

  • 作・絵: アーノルド・ローベル
  • 訳: 岸田 衿子
  • 出版社: 文化出版局

どろんこが大好きなこぶたが大掃除によって泥を吸い取られ、体もきれいにされて不満爆発。とうとう泥んこ探しの度に出るユニークなストーリーが人気です。どろんこを掃除機で吸い取る場面やどろんこを奪われた子豚の怒りまくった顔の表情は秀逸でしょう。どろんこ遊びが大好きな子どもとつい小言をいってしまいがちなママに重ねることもできます。

みんな大好き!仕掛け絵本

ページをめくるだけでなく、引っ張ったり回したりすると立体的な本になる仕掛け絵本。最近ではとても精巧なものがあるため、大人のコレクターもいます。生物や自然、乗り物などを3次元でより具体的に楽しむことができるのも魅力です。

でんしゃでいこうでんしゃでかえろう 間瀬 なおかた (著), 間瀬 なおたか (イラスト)

  • 作・絵: 間瀬 なおかた
  • 出版社: ひさかたチャイルド

山の駅から海の駅までの電車の様子を描いた絵本です。前からでも後ろからでも読んで楽しめます。穴あきページのトンネルを抜けるとそれまでと景色が一変し別世界。トンネルのなかは暗くないのでそれぞれの家族の行動の様子も楽しめます。観察と体感が一緒になった楽しい絵本で乗り物好きの子供にはたまらない1冊と言えるでしょう。

まどから おくりもの 五味太郎 (著)

  • 作: 五味 太郎
  • 出版社: 偕成社

慌て者で大雑把なサンタが窓のなかにチラッと見える姿だけをみて贈り物を選んで配ります。猫の顔だと思っていたものが猫の絵柄のパジャマを着たブタだったり……。小窓で推理してページをめくって正解を知る子供が大好きなパターンの仕掛け絵本です。仕掛けが大好きな小さな子供から大人まで、クリスマスプレゼントに最適な1冊と言えるでしょう。

太古の世界 恐竜時代 ロバート サブダ (著), M. ラインハート (著)

  • ロバート サブダ(作)M. ラインハート(作)わく はじめ(訳)
  • 出版社:大日本絵画

35体もの恐竜がポップアップで生き生きと表現されている立体恐竜百科です。恐竜に関する最新の情報も50種類以上盛り込まれており、子供だけでなく恐竜や考古学に関心のある大人にもおすすめです。精巧で緻密、そしてダイナミックな仕掛けは圧巻。プレゼントしたらボロボロになるまで何度も読み返す子供が多いと評判です。

大人向け!パパママにおすすめの絵本

子供の頃に大好きだった絵本。さまざまな人生経験を積んできた大人になってから触れると新鮮な感動を得ることができます。仕事や人間関係のストレスなども忘れさせてくれる極上の大人向けの絵本を紹介します。

鏡の中のぼく ばばけいすけ (著)

  • 作:ばばけいすけ 絵:ナカムラカオリ
  • 出版社:NPO法人トラストコーチング

読む度に新しい発見があり感想や反応が毎回異なると評判の絵本です。かわいい主人公が放つ言葉にハッとしたり、ドキッとしたりしながら、いつのまにか大人である自分を重ねてしまうことでしょう。責任感や義務感を背負いながら子育てを頑張っている人が読むのにピッタリの本です。自分や親子、子育てのことをゆっくりと振り返ることができるでしょう。

どうか幸せになって ごみたこずえ (著)

  • 作・絵:ごみた こずえ
  • 出版社:ごきげんビジネス出版

図書館の書庫でボロボロになった一冊の本を捨てようとした若い職員に「この言葉で助けられた」と止める高齢の職員。本の最後のページには「どうか幸せになって」と書かれてあります。人の心が深く傷つき、どん底の状態であっても、必ずそれを救ってくれる言葉があることに気づかせてくれる本です。殺伐とした世の中でほっこりとした気持ちになれます。

ふまんがあります ヨシタケシンスケ (著)

  • 作: ヨシタケシンスケ
  • 出版社: PHP研究所

不満があるのは大人だけじゃない、子供だって不満があると怒りまくる女の子の姿がユーモラスに描かれています。なぜ子供だけ早く寝なきゃいけないのか、なぜ弟が悪いのに自分だけが怒られなければならないのか……。家庭でも起こりうる問題に真っ向から挑む小さな女の子に大人でも笑ってしまいます。それだけでなく大人のずるさも痛感するでしょう。

まとめ

絵本は、文字だけでなく美しく優しい絵、ユーモラスな絵、精巧な仕掛け絵、などさまざまな魅力があります。想像力をかきたててくれる絵本は、0歳から読み聞かせできるものも豊富です。子供の発達段階に合わせて適切な本を選んであげましょう。パパやママになっても大人の心を癒してくれるとっておきの絵本選びも楽しんでみませんか。