ホワイトチアシードの効果や選び方・おすすめのホワイトチアシード

スーパーフードとして一躍有名になった「チアシード」。そのチアシードを超えたチアシードとしていま注目なのが、ホワイトチアシードです。現代人に不足しがちな栄養素を豊富に含み、その効果や効能においても凄まじいといわれています。

ここでは、

  • ホワイトチアシードに期待できる効果
  • ホワイトチアシードを選ぶポイント
  • おすすめのホワイトチアシード

をまとめてみました。

ホワイトチアシードに期待できる効果

人間が生きていくための栄養素がすべて入っているといわれるホワイトチアシード。栄養が豊富に含まれている奇跡の食材ホワイトチアシードにはそれだけにさまざまな効果が期待できるのです。ダイエットに留まらないチアシードの魅力を探ってみましょう。

ダイエット効果

ホワイトチアシードは水を含むと、グルコマンナンというこんにゃくと同じ成分を形成して膨らむという特徴があります。その膨張率はブラックチアシードの約10倍に対し、ホワイトチアシードはなんと約14倍に。食事前に摂取することで満腹感が得られ、無理なく食事の量を減らすことができると言われています

ほかにも注目したいのが、ホワイトチアシードに含まれる栄養素。ごぼうの約7倍もの食物繊維は、腸内環境を整え、便秘の解消にも一役買ってくれます。さらにたんぱく質は筋肉の発達を促すので、新陳代謝が上がりダイエット効果が期待できるといわれています。

血液をサラサラにする効果

オメガ3系脂肪酸のひとつで、体内でDHAやEPAに変換されるαリノレン酸。これには血液をキレイにしてくれる効果が期待できます

ホワイトチアシードには鉄分も多く含まれています。鉄分は血液の成分のなかでも、各組織に酸素を供給する赤血球中のヘモグロビンをつくるために必要なミネラル。鉄分を十分に補うことで健康な血液をつくることにつながります。

美肌効果

ホワイトチアシードに含まれるセレンという抗酸化物質には、老化の原因となる活性酸素の除去や身体の脂肪が酸化するのを防ぐ効果が期待できます。加えてαリノレン酸の作用により、肌の血行がよくなるため血液によって運ばれてきた栄養が新陳代謝を促し、肌にハリをもたらしてくれるでしょう。

オメガ3脂肪酸には肌をみずみずしく保つ効果が期待できるうえに、健康的な身体や美肌づくりには欠かせないカルシウム、ミネラル、必須アミノ酸が豊富に含まれています。美肌に必要な栄養成分が、ホワイトチアシードひとつにぎゅっと詰まっているのがうれしいですね。

ホワイトチアシードを選ぶポイント

最近、店頭や通販でもたくさん見かけるようになったホワイトチアシード。たくさんありすぎてどれを選べばいいかわからない、なんてことはありませんか。ホワイトチアシードを選ぶ際に気をつけたいポイントがいくつかあります。

オーガニック認定されているものを選ぶ

身体に入れるものですから、品質の高いものを選びたいですよね。有機栽培されていないものは、農薬や化学肥料が使われ、人体への悪影響の恐れがあるばかりでなく、栄養価も低い可能性があると言われています。より安全なものを選ぶ基準になるのが「有機JAS」マークです。

ホワイトチアシードは海外からの輸入品になるため、品質検査の基準が日本と異なる可能性があります。オーガニック認証(有機認証)は事業者が既定の基準に則って、有機生産を行っていることを第三者機関が検査しています。「有機JAS」は日本と同じ安全水準を満たしているので、商品を選ぶときの参考にすることができます。

信頼できるメーカーのものを選ぶ

まずは商品のパッケージなどに、賞味期限、保存方法、遺伝子組み換えの有無、アレルギー、添加物、原産地の表示があることをしっかり確認しましょう。日本で食品を販売する際、食品表示制度で義務付けられている最低限の情報です。

それから、高品質なホワイトチアシードは決して安く手に入る食品ではありません。いわゆるチアシード、ブラックチアシードに比べると、ホワイトチアシードはお値段もやや高めです。継続して摂取することを考えると、安いものを求めがちですが、安すぎるものには今一度注意をしてみてくださいね。メーカーのウェブサイトなどをチェックしてみるのもおすすめです。

オーガニック認定!おすすめのホワイトチアシード

やっぱり毎日、直接口に入れるものだから、その安全性にはいちばんにこだわりたいですね。ご紹介した有機JAS認定をはじめ、無農薬、無添加などを謳う商品もありますので、メーカーサイトを確認しながら自分に合ったものを選びましょう。

ハンズ 有機JAS認定 オーガニック マウンテン ホワイトチアシード


農薬や化学肥料に頼らず分別することが困難なホワイトチアシード。こちらはペルーの山岳地で有機栽培され、有機JAS認定を受けた希少性の高いホワイトチアシードです。

お得な800gのほかに、手軽に始められる200gのパッケージもあるので、お試ししてから継続するのにも最適ですよ。

NICHIGA(ニチガ)オーガニック ホワイトチアシード 有機JAS認定


有機JAS認定に加え、アメリカやヨーロッパそれぞれのオーガニック認証を受けているホワイトチアシード。残留農薬の試験を2種とアフトラキシン検査を行ったうえで、国内工場でも流動式加熱蒸気殺菌を実施しているので、安全性の重視の参考にしたい商品です。

オーガニック ホワイト チアシード 2個セット


原産地ボリビアで無農薬栽培された無添加のホワイトチアシードです。チアシードにとって理想的な南米の気候の下、肥沃な大地で育まれた栄養がぎゅっと小さな粒に詰まっています。2個セットでこのお値段というコスパのよさもありがたいですね。

南米の乾燥した地域で育ったホワイトチアシードにとって、湿気は大敵。こちらの商品なら150gずつパッケージが分かれているので、チアシードが湿気を吸ってかびが生じたり、腐ってしまったりという心配も少ないです。さらに保存性を高めるなら、袋ごと密閉できるビンなどに入れておくのがおすすめですよ。

安心の天然!おすすめのホワイトチアシード

オーガニック認証のほかにも、認証原料を使っている、国内工場で仕上げを行っている、残留農薬への配慮など、メーカーごとに独自の安全基準を設けているものもあります。そのほかにも容量や産地などさまざまなので、参考にしてみてくださいね。

SOMA FACTORY ホワイトチアシード CHIA SEEDS


メキシコで栽培されたホワイトチアシードを日本国内の工場で選別し、充填された商品です。メキシコのチアシードは世界一質がいいともいわれています。ホワイトチアシードに交じって、ブラックチアシードもちらほら混入していますが、なによりもコスパを重視するなら検討してみたい商品です。

nichie チアシード ホワイトチア


黒色類をした一般的なチアシードに交じっていた栄養価の高い白い種のみを選別し、10年以上の年月をかけて改良された品種がサルバチアです。

サルバチアはペルーで生産が開始され、現在では厳格にされた育成条件の下、ボリビアやアルゼンチンでも生産されており、この商品はボリビアで栽培されたものです。分離育種を経ていない一般的なチアシードは、品種登録が難しいとされています。しかし正規サルバチア原料だけを使用しているのが、このホワイトチアです。種子の比重が重いのは品質が優れている証とも言われます

LOHAStyle (ロハスタイル) 有機ホワイトチアシード


アメリカやヨーロッパのオーガニック認証を受けた原料である希少種からメキシコで無農薬栽培されたホワイトチアシード。周辺農場からの影響を懸念して、500種類以上の残留農薬試験を実施しているほか、蒸気殺菌にてアフラトキシンなどの菌類も管理しています。

便利で頑丈なチャック付アルミ袋入りなので、開封後の劣化も防ぐことが期待できます。チアシード特有のクセがなく、無味無臭なので、ヨーグルトやシフォンケーキなどのお菓子に混ぜても味が変わらないとユーザーさんの口コミも好評なようです。

まとめ

古代マヤ、アステカの時代から大切な栄養源として、栽培されてきたチアシード。なかでも栄養価が高いホワイトチアシードは美容、健康、ダイエットに万能なスーパーフードです。

最近は、店頭や通販でもたくさんの種類を見かけるようになりました。食生活にプラスして、ヘルシーライフを目指しましょう。