サンダルの靴ズレが痛い!原因と対策を教えます

新しい靴やサンダルをはいておしゃれにお出かけしたりレジャーを楽しんだりといったシーンはよく見かけるものです。しかし、慣れない靴をはいて活動していると、いつの間にか靴ズレを起こしてしまい、せっかくのレジャーが台無しになってしまうということも多々あります。靴ズレ対策をするためには、どのような方法を取れば良いのでしょうか。

そこでここでは

  • サンダルで靴ズレを起こす原因
  • サンダルの靴ズレの対処法
  • おすすめの靴ズレ予防アイテム

についてご紹介します。

サンダルで靴ズレを起こす原因

可愛いデザインやかっこいいものなど、お気に入りのサンダルを見つけて思わず購入して、それをイベントの時にはいていくという人も多いです。しかし、新しいサンダルに限って靴ズレを起こしてしまい、後悔してしまうということも。それではなぜ新しいサンダルで靴ズレになってしまうのでしょうか。原因について見ていきましょう。

サイズが合わないサンダルを履いている

まず挙げられるのが、サイズの問題です。靴と比べてサンダルはゆったりとした履き心地のものを選んでしまいがちです。

靴ズレの原因は、靴自体と足がこすれてしまうことにあります。靴が足にぴったりとフィットしていれば、靴と足がこすれることもなく、したがって靴ズレも起きません。しかし、少し大きめの靴を選んでしまった場合には、歩いているときに靴と足がこすれるため、靴ズレが起きてしまいます

逆に足のサイズよりも小さい靴を選んでしまった場合は、窮屈になってしまい、足を痛めることにもつながります。靴やサンダルを選ぶ際には、足にフィットしているかを充分に確かめなければなりません。

片足に重心が偏りがちな歩き方をしている

靴ズレはその人の歩き方にも関係しています。どちらか一方の足に体重がかかってしまうような歩き方をしてしまっていると、片方の足ばかりに負担がかかってしまい、靴ズレが発生しやすいです

気付かない間におかしな歩き方になっているという可能性もあります。よく靴ズレを起こす、しっかりとあったサイズの靴やサンダルをはいているのに靴ズレになってしまうといった人は、歩き方を少し意識してみると良いでしょう。

足に負担がかかるデザインのサンダルを選んでいる

つま先の尖っているようなデザインのパンプスなどは、足の指先に靴ずれが発生しやすいので注意が必要です。この他にもヒールのようなつま先に重心がかかりやすい靴なども靴ズレが発生しやすいということを覚えておくと良いでしょう。

イベントの直前ではなく少し前に購入してはき慣らしておいたり、アクティビティに合わせたデザインの靴を購入したりといった予防策を考えておいてください。

サンダルの靴ズレの対処法

もしも靴ズレが発生してしまった場合には、どういった対処をしていけば良いのでしょうか。靴ズレの予防法や対処法についてご紹介していきます。

サンダルのサイズを見直す

サイズは靴ズレの原因としてもっとも大きなウェイトを占めているので、サイズの見直しは絶対に必要です。同じデザインのサンダルでも、サイズを自分の足に合ったものに変えるだけで、靴ズレが解消する可能性が大幅に高まります。

靴下やストッキングで摩擦を軽減する

靴ズレは、靴が足よりも少し大きいために発生します。そのため、靴と足との隙間を上手に埋めてあげられれば靴ズレも発生しにくくなります。靴下やストッキングを活用すると、隙間を埋めることもできますので、靴ズレが気になる場合には靴下などを変えてみるのも良いでしょう。普段よりも少し厚めの靴下にするといった方法が具体的な予防策となります。

正しい姿勢で歩くことを心掛ける

普段の歩き方を意識してみると良いでしょう。重心を真ん中にすることを心掛けて、片足にのみ体重がかかってしまうことは避けてみてください。正しい歩き方をしていると、見た目も美しくなるだけでなく、ダイエット効果も期待できるのでぜひ挑戦してみてください。

靴ズレ防止アイテムを使う

もしも靴ズレがあまりにも頻発するようであれば、慣れるまで靴ズレ防止グッズを活用してみるのも良いでしょう。靴ズレ防止グッズは多くのメーカーより発売されており、価格も安く、手に入れやすいので活用を検討してみると良いでしょう。

おすすめの靴ズレ予防アイテム

靴ズレ予防グッズは、大別するとかかとを保護するタイプとつま先を保護するタイプ、そしてトングサンダル専用タイプの3つに分けられます。それぞれどのようなグッズなのか、特徴を見ていきましょう。

かかと保護タイプ

かかとに靴ずれができてしまうことを予防するためのグッズです。こちらのタイプは靴の内側、かかとより少し上の部分に貼り付けて使用します。すると、ちょうどクッションのような役割を果たしてくれ、かかと部分の靴ズレから守ってくれます

つま先保護タイプ

つま先部分に靴ズレが出るという人はつま先保護タイプの靴ズレ防止グッズを使用すると良いでしょう。こちらのタイプはつま先部分のフィット感を向上させるアイテムで、つま先と靴との間にクッションを挟むことによって靴ズレを防止します。

トングサンダル専用タイプ

サンダルの鼻緒の付け根部分に靴ずれが発生してしまう場合には、トングサンダル専用タイプの靴ズレ防止グッズを使いましょう。こちらのタイプは鼻緒の付け根にゴムのような柔らかい素材の小さなクッションを取り付けるという流れになります。鼻緒を掴む指の股の靴ズレが気になる場合はこちらを使用してみてください。

かかとを守る!おすすめの靴ズレ予防アイテム

かかとの靴ズレ予防アイテムをご紹介していきます。かかとからアキレス腱にかける部分に靴ズレが出てしまい、悩んでいるという人はこちらを活用してみてください。

ドクターショール かかと脱げ予防クッション

かかとに取り付けるタイプの靴ズレ予防クッションです。柔らかいクッションになっており、グリップ効果も高いので、ヒールやパンプスなどの脱げやすい靴にも活用できます。

見えない靴ずれガード

こちらは靴ではなく足に貼って使う靴ズレ予防グッズです。透明で見えにくいフィルムで、耐水性にも優れており、貼り付けたまま入浴などをしても問題ありません。またかかと以外の場所にも使用できるのも利点です。

Phoenix 靴擦れ防止 両面テープ付 ジェルクッション

非常に柔らかいジェル素材が使用された靴ズレ防止用のジェルクッションです。インソールのかかと部分に取り付けて使用しますが、取り外しも簡単に行えるようになっています。

CRECER 靴擦れ 防止 かかと パッド ジェル タイプ

靴の内側、かかと側面部分に取り付けるジェルパッドです。ジェル素材でしっかりとフィットするため、足と靴が擦れてしまうことを防ぎます。

[BTHEONE] 靴擦れ防止 靴ずれパッド 4Dかかとインソール

つぶつぶとしたデザインが特徴の靴ズレ防止パッドです。シリコン素材が使用されており、比較的大きな隙間でも埋め合わせることが可能です。

SakrHome かかとケア

足に履くタイプの靴ズレ防止グッズです。医療用にも使用できるシリコンが使われており、足にもしっかりとフィットして靴ずれを予防してくれます。

ハイドロジェル・ボトル サークル丸型スキンオンスキン

靴にジェルを塗って靴と皮膚との摩擦を軽減させるオイルです。すべりをよくしたいときに使ってみるのもいいですね。

つま先を守る!おすすめの靴ズレ予防アイテム

つま先の靴ズレに対して有効な予防アイテムについて見ていきましょう。ヒールやパンプスなどを履く際にはこちらのアイテムの使用を検討してみてください。

PINKING トゥークッション

ヒールなどのつま先部分に入れるタイプのクッション型靴ズレ予防グッズです。価格も非常に安いので、とりあえず試してみたいという人におすすめです。

panaco トゥークッション

足先に履いて使用するタイプのつま先保護クッションです。つま先の靴ズレを予防する効果が期待できます。

靴擦れインソール ジェルクッション

インソールの先端部分に設置して使用するクッション型の靴ズレ防止グッズです。インソールと足先のグリップが向上するため、靴内で足が執拗に擦れてしまうことを防ぎます。

トングサンダルに!おすすめの靴ズレ予防アイテム

鼻緒と指の間がこすれてしまうような靴ズレに対しても、予防グッズが登場しています。それではトングサンダル用の予防グッズをご紹介していきます。

[LORCOO] 足裏パッドジェルインソール トングカバー付タイプ

鼻緒の付け根部分に取り付けるタイプの足裏パットです。グリップ力が強化され、指の間の摩擦についても保護してくれるため靴ズレ予防につながります。

[スリーケー] トングサンダル&底まめ対策ジェルインソール

こちらもサンダルの鼻緒に取り付けるタイプの靴ズレ防止パットです。透明で柔らかい素材が使用されています。

ズレピタ サンダルパッド ベージュ

鼻緒と足の甲がすれて痛い場合にはこちらを使用するのも良いでしょう。鼻緒の内側に貼り付けて使用します。

まとめ

靴ズレが起きてしまう原因としてもっともウェイトを占めているのが、靴のサイズと足のフィット感です。サイズが合っていない靴を履いていると靴ズレを起こしやすいので注意してください。もしもサイズ少し合っていないといった場合には、靴ズレ防止用のグッズを活用してみると良いでしょう。