痛いかかとの靴擦れの原因5つと予防法・対策グッズ

限定品やセール品で気に入ったかわいい靴があれば衝動買いしてしまうこともあるでしょう。しかし、十分に試し履きをしなかった靴はお出かけですぐにかかとに靴ずれができてしまうことも……。特に素足で靴を履く季節になると靴ずれすることが多くなります。

そこで、

かかとに靴擦れができる原因

かかとの靴擦れの対処法、おすすめの対策グッズを紹介します。

かかとに靴ずれが出来る原因


かかとにできる靴ずれはかかとと靴の摩擦によってできます。足になじんでいない新しい靴を履いたときだけでなく、素材やデザインの違いによっても靴ずれの生じやすさに違いがあります。かかとに靴ずれができる原因についてまとめました。

靴のサイズが合っていない

靴ずれができる原因のなかでも比較的多いのが靴のサイズが合っていないことによるものです。自分の靴のサイズは把握しているので、選ぶ際に店頭に並んでない場合にはサイズを言って倉庫から出してもらうこともあるでしょう。

しかし、サイズが合っていてもメーカーや素材によって微妙な違いがある場合もあります。また、靴を買う時間帯によってベストなサイズを選べてないことなどから足にジャストフィットしないことも考えられるでしょう。

靴の素材が固い

新品の革靴は硬いため、かかとなどの骨が出っ張った部分の皮膚を摩擦してしまうことがあります。革以外の素材でも硬い素材の場合は靴が足になじむまで若干時間がかかることもあるでしょう。

しばらく履いても靴ずれが解消できない場合は、素材が足の形になじんでくれない硬いものである可能性もあります。天然の革は伸縮性があるので時間とともにフィットすることも多いですが、合成皮革などの場合はいつまでもかかとを摩擦することもあるでしょう。

ハイヒールなど足に負担のかかるデザインの靴

パンプスなどのヒールが高い靴は足に負担がかかりかかとに靴ずれしやすく、おしゃれのために我慢して履くことになってしまいます。靴ずれで痛い思いをしたり、歩き方が変になったりしてはどんなに可愛い靴でも台無しです。デザインとともに足に負担のかからない靴を選ぶことが大切です。

お酒や冷え性などで足が浮腫んでいる

仕事が終わってから靴を選んだ際にはピッタリだったのに、翌朝履くとかかとと靴の間に少し隙間ができていた経験はないでしょうか。これは、同じ姿勢をずっと維持していたために足にむくみが生じていたことが原因です。

足がむくんでしまうと、サイズが合った靴でも靴ずれができてしまうことがあります。そんなときは、足の指や足首などを動かしたり、マッサージしたりしてむくみをとってから靴を履くようにしましょう。

腰痛などで歩き方が歪んでしまっている

歩き方は人それぞれで自分でも気づかない癖があるものです。重心がいつも片方の足に偏ったり、かかとを引きずって歩いたりすることもあるでしょう。また、腰痛や骨盤の歪みなどで正しい姿勢でまっすぐ歩くことができない場合もあります。

靴のサイズが合っていても歩き方に歪みがあればかかとに体重がかかって靴ずれができてしまう原因となることがあります。靴ずれを防止するためには、腰痛や骨盤の歪みなどの根本的な原因を取り除くことが大切です。

かかとに靴ずれが出来ないようにする方法

かかとに靴ずれができる原因にはサイズが合わない靴を履くこと以外にも、おろしたての靴や間違った歩き方などさまざまな原因があります。靴ずれができて痛い思いをしないようにするにはどうすればいいのでしょうか。

シューフィッターで自分の足のサイズの計測を行う

靴を買い替える度に靴ずれができる人はサイズ選びに問題があると考えられます。きちんと計測せずに思い込みでサイズを決めてしまっている人も少なくありません。そんなときは、靴のフィッティングのプロであるシューフィッターのいるお店で足のサイズを正確に計測してもらいましょう

シューフィッターは足に関する基礎知識や靴合わせの技能、足のトラブルの予防の知識など、正しい靴をフィッティングする専門家です。相談してみることで靴ずれが解消できる可能性は高いでしょう。

最初に履く靴は短い使用時間から徐々に慣らす

どんな靴でも新しく買ったばかりの場合は足になじむまで時間がかかるものです。革靴は伸縮性に富んでいますが、それでも足のサイズにフィットするまでにはしばらく時間を要します。

買ったばかりの靴を履いていきなり遠出すれば高い確率で靴ずれができます。足に全くなじんでいない状態で長距離を歩くことは避けましょう。最初は近所のコンビニやスーパーなどに行く際など、短い時間を選んで履くようにしましょう。徐々に時間と距離を延ばすことで足になじんできます。

硬い皮の靴はクリームなどで馴染ませる

新品の革靴など硬い革の靴はかかと部分が柔らかくなるまでに相当歩く必要があります。柔らかくなるまでの間は靴ずれができることも少なくないでしょう。少しでも早く柔らかくするには、靴クリームなどでケアするといいでしょう

革専用のストレッチクリームやストレッチローションは、肌につける保湿剤のような役目をしてくれます。クリームを塗って柔らかくなれば足なじみも早くなるでしょう。オイルやワックスなどのタイプもあるため、靴の素材や肌との相性などで選ぶことをおすすめします。

足に負担のかかる歩き方を改善する

靴はもともと正しい姿勢で均等に重心をかけながら歩くことを前提に作られています。個人のクセなどによって歩く姿勢が悪いとかかとと靴に摩擦が起こって靴ずれが生じることがあるのです

歩く際には腹筋と背筋を意識しながら猫背にならないように背筋をまっすぐ伸ばすことが大切です。かかとからまっすぐに着地するようにし、重心は親指の付け根にかかるように意識しながら移動しましょう。ヒールを白菜には、あまり膝を曲げないように歩くことも大切です。

かかとに負担のかからない対処を行う

ヒールなど靴の形状やデザイン、硬い素材などによってかかとに負担がかかって靴ずれができます。したがって、靴ずれができないようにするためには、直接かかとに負担がかからないような対策が必要です

最も靴ずれができやすいのは裸足の状態で素肌とかかとの摩擦が直接起こる際です。靴下やストッキング、絆創膏など靴のかかとと肌の間に挟むことによってクッションとなって靴ずれができにくくなります。靴の素材やデザインによってベストの対処法を選ぶようにするといいでしょう。

靴ずれ防止グッズを利用する

新しい革靴にまだ慣れていないのに、どうしても履いて外出したい時は靴ずれができることを覚悟して履く人も多いのではないでしょうか。また、普段歩いている際には問題はないのに、長距離歩くことになって靴ずれができる可能性もあります。

靴ずれ防止グッズをいつも持ち歩いていれば、いざという時でも安心です。靴ずれ防止グッズにはかかとの摩擦軽減をメインに考えて作られたものや靴ずれが起きにくいインソールなどさまざまな種類があります。

かかとへの負担を減らす対処法

靴ずれはかかとと靴が摩擦を起こすことに生じるものです。したがって、かかとへの負担を減らせば痛い思いをしなくても済みます。かかとへの負担を減らすための対処法にはどんなものがあるのでしょうか。

靴下やストッキングを履く

かかとと靴が直接触れることで摩擦を起こし靴ずれができます。したがって、かかとへの負担を減らすために靴下やストッキングを履くことも1つの方法となるでしょう。布地1枚だけの違いであっても滑りがよくなり靴とかかとの摩擦を軽減することができます

厚手の靴下はごわついて履きにくくなることもありますが、逆に生地が薄すぎると靴ずれを防ぐことができないこともあるため注意が必要です。ストッキングだけで効果が出ない場合や素足の方が見栄えのいいデザインの靴の場合は、浅履きのフットカバーなどを活用するといいでしょう。

絆創膏でかかとを守る

靴ずれができてしまってから慌てて絆創膏を貼る人は少なくありません。しかし、この絆創膏は靴ずれ防止にも効果があり、靴とかかとの摩擦を軽減することができます。通気性のよいガーゼなどが使用された絆創膏であれば、足が蒸れてしまうこともないでしょう。

絆創膏にはいろいろなサイズがあります。靴のデザインによって目立たない色とサイズの絆創膏を選べば周りに貼っていることを知られずに済むでしょう。

靴のかかとと接する部分に石鹸を塗る

靴ずれを防ぐために靴のかかとと接する部分にあらかじめ固形の石鹸の塗っておく方法もあります。石鹸によって滑りがよくなり靴とかかとの摩擦を軽減することができます。ポイントはかかと部分だけに塗ることです。足裏に石鹸がついてしまうと滑って転倒のおそれがあるので注意しましょう。

また、かかと部分にベビーパウダーやワセリンなどを塗って滑りを良くする方法もあります。肌との相性や使い心地などによって選ぶようにするといいでしょう。

おすすめの靴ずれ防止グッズ

靴ずれは靴のサイズが合わないだけでなく歩き方のクセや長時間の歩行などで生じます。特に長く歩かなければならない状況が予想される場合は、あらかじめ靴ずれ防止グッズを活用して靴ずれを防ぎましょう。おすすめの靴ずれ防止グッズを紹介します。

Phoenix 靴擦れ防止 両面テープ付 ジェルクッション

このジェルクッションは保護パットがかかとだけでなくインソールまで一体となっているため、しっかりと足を保護して靴ずれを防止してくれます

目立ちにくいにパッドは両面テープで靴に貼り付けるだけで簡単に使用でき、粘着性があることから途中で剥がれたりずれたりすることもありません。分厚いクッションが圧力を分散するため、靴ずれが起きにくいだけでなく足の疲れも軽減してくれるでしょう。

Maoer かかとパッド 靴ずれ防止

靴ずれが最も起こりやすいかかとを保護してくれるパッドです。柔らかなシリコンはクッション性がいいだけでなく耐久性や伸縮性に優れており、使っている途中で変形することもありません。表地はスウェードになっており、滑りにくいだけでなく汗も吸収してくれます。

粘着面を貼るだけで簡単に使用することができ、かかと部分にしっかりと留まって歩いても滑り落ちる心配がありません。洗濯して繰り返し使えるのも嬉しいポイントです。

ドクターショール ヒールストッパー 靴ずれ予防シート

粘着テープで貼り付けられるインソール型の靴ずれ防止グッズでどんな靴にも使用できます。ソフトなコーデュロイ製なのでストッキングの伝線や靴下の摩擦を防ぐのにも効果が期待できるでしょう

履き続けてゆるくなったパンプスのかかとに貼るだけで脱げにくくなり靴ずれを防止してくれます。透明なので見た目は素足で貼っていることが周りにわかってしまうこともないでしょう。透明ジェルは衝撃を吸収して圧迫痛を分散してくれるので、魚の目などの痛みを緩和するのにもおすすめです。

ドクターショール 靴ずれ・まめ保護 ジェルパッド かかと用 透明 超防水タイプ 4枚入

シールドと柔らかいジェルの2重構造によって靴ずれやまめから足をしっかりと保護してくれます。超防水タイプなので汗をかいて蒸れても剥がれる心配はありません。クッション性の高いパッドは衝撃をしっかりと受け止めて圧力を分散してくれるため、疲れも軽減してくれます

靴のデザインやかかとに合わせてハサミでカットして長さを調節することができ、洗って繰り返し使用することも可能です。透明フィルムを使用しているため、貼りやすいだけでなく目立ちにくいのも魅力と言えるでしょう。

まとめ

靴ずれは靴と足の皮膚の摩擦によって生じるもので、特にかかと部分にできやすいものです。靴ずれには靴のサイズやデザイン、素材、歩き方などさまざまな原因が考えられます。

靴下やストッキング、絆創膏などで対処する方法もありますが、便利で機能的な靴ずれ防止グッズを活用してみてはいかがでしょうか。