主婦が資格を取るメリットとは?主婦におすすめの資格を一挙紹介!

資格は、仕事の幅が広がることやスキルアップにつながります。新しい知識を増やすため、自分磨きにも効果的です。資格取得を目指し、新しい自分の可能性を広げている主婦の方もたくさんいます。

ここでは、

  • 主婦が資格を取るメリット
  • 主婦におすすめの資格
  • どの資格を取ればいいか迷った時は
  • 資格を取る際に気を付けること

についてまとめました。資格をとろうか考えている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

主婦が資格を取るメリットとは?

資格を取得することで、自信が持てることや社会復帰のためになることなど、さまざまなメリットがあります。もし離婚をし、働くことになったとしても役に立つといえます。ここでは、主婦が資格を取得することのメリットについて具体的にまとめてみました。

将来の社会復帰のためになる

家事や子育てが落ち着いてくると、社会復帰を考える方も少なくありません。社会復帰することを考えると、資格を取っておくと良いでしょう。取得した資格によって、働ける仕事の幅が広がります

仕事によっては、資格を持っていることが条件になっている場合もあります。将来の仕事の選択肢を広げられることは、主婦が資格を取得するメリットといえるでしょう。

資格を取ることで自分に自信が持てる

仕事でもプライベートでもイキイキしている人の特徴の一つとして、自分に自信を持っていることが挙げられます。基本的に資格を取得するためには、時間をかけて努力する必要があります。継続して勉強し、資格を取ることができれば、「やればできる!」と自分に自信を持てるでしょう

離婚して1人になっても生きていける

もし離婚して1人になれば、自分で働いて生活していく必要性が出てきます。同じ仕事でも資格を取得していると待遇が良い場合もあり、先述した社会復帰と同様に自分で働いて稼ぐときのアドバンテージになります

在宅で働きたい主婦におすすめの資格

資格のなかには、在宅で働きたい人向けの資格も多くあります。在宅で働く場合には、どのような資格があるのでしょうか。ここでは、在宅で働きたい主婦におすすめする資格を5つ紹介します。

アイシングクッキーマイスター

この資格は、フロスティングやシュガーペーストなどのクッキーに関する幅広い知識や技術が必要になります。資格を取得することで、自宅をサロンにしてレッスンを開いたりオーダーメイドクッキーを販売したりすることができます。お菓子づくりが好きな主婦や、自宅で開業したいと考えている主婦におすすめの資格です。

Webデザイナー

webデザイナーは、ホームページやネット広告などのデザインの制作にあたって必要な知識や技術を身につけることができる資格です。ネット社会が進むなか、重宝されている資格の一つになるので、デザイン会社はもちろん、フリーランスや個人事業者として仕事をすることもできるでしょう

デザインが好きな方やインターネット関連の仕事をしたい方にピッタリの資格になっています。

マクロビオティックコンサルタント

この資格は、食から健康になることをベースに考えられたマクロビオティックの知識や具体的な実践方法などを学びます。誰でも受講することができ、在宅で試験を受けられることが魅力として挙げられ、人気を集めています。食のアドバイザーやライターとして在宅ワークも可能です。

国内全体で健康食の意識が高まっていることから、活躍できる場所がどんどん広がっていくでしょう。

カラーコーディネイター

色彩は人の視覚に与える影響が大きく、心理面に作用することもあります。カラーコーディネーターは色彩検定よりも比較的難しくなく、色彩に関する正しい知識を身につけることができるでしょう。ブライダル企業やアパレル会社、建築会社など幅広い業種でカラーコーディネイターは必要とされています

チャイルドコーチングマイスター

チャイルドコーチングマイスターは、待機児童の増加によって保育システムが多様化していることから注目されている資格です。すでに保育士や幼稚園教論の資格を取っており、スキルアップ資格として勉強する方も多いです。また、資格の取得を通して自分自身の子供と向き合うきっかけにもなります。

外でしっかり働きたい主婦におすすめの資格

外で働く場合、資格を取得しているほうが有利な場合があります。資格の種類によっては、常時募集しているような仕事もあるのでチェックしておきましょう。ここでは、外でしっかり働きたい主婦におすすめする資格をまとめました。

簿記検定

人気がある資格の一つとして簿記検定があります。簿記は財産や売買などのお金の動きを理解することができるため、事務職や金融、商社関係の仕事において優遇されるケースもあります。どの企業でも必ず必要な業務になるため、求人も多いのが特徴的です。

資格取得を通して学んだ知識もムダにはならず、キャリアアップのためにも有効といえます。

金融窓口サービス技能士

金融窓口サービス技能士は、金融機関の窓口業務に必要な能力をチェックすることができます。金融サービスや為替、証券などの知識を持つ金融サービスのスペシャリストを目指せます。階級は1級から3級までありますが、就職であれば3級を取るだけでも有利です。

国家資格になるので、資格が持つ影響力も大きいといえるでしょう。

医療事務

簿記と同じように医療事務も女性の人気がある資格の一つです。医療事務の求人は多く、病院やクリニックなどは無くなることがないため、長く働くことができます。また、医療関係の仕事は幅広く、時間に融通が利くことや働き方が自由に選択できるのは大きなメリットです。

保育士

保育士の資格は、学校に通わず、自宅でも通信講座を利用して資格取得を目指すことができます。保育士不足がニュースになっているように、保育士の数は足りていないのが現状です。求人も多いことから、資格を取得すると働ける場所が多いのもメリットと考えることができます。

保育士としての資格を学んだことを実生活に活かせるのも嬉しいポイントです。

歯科助手

歯科助手は受付や会計、治療のサポートなどができる資格です。歯科助手として働くために必要な資格はありませんが、歯科助手の資格を取得しているほうが仕事は決まりやすいこともあり、待遇が良くなるといったメリットも見込めます

歯科助手の資格も通信講座で学ぶこともできるため、忙しい主婦でも合間を縫って資格勉強を進められるでしょう。

外でも家でも役立つ主婦におすすめの資格

今後、どのような仕事をしたいか具体的に決まってない場合、外でも家でも役立つ資格取得をおすすめします。パソコン系や金融系、インテリア系、介護系など外でも家でも役立つおすすめの資格を紹介します。

MOS

オフィスに欠かせないソフトにマイクロソフトオフィスがあります。このMOSという資格は、ワードやエクセル、パワーポイントの知識や技術があると認められることで取得できます。資格を取得することで経理や庶務、一般事務など会社のジャンルを問わず活かすことができます

またパソコンについて最低限のスキルを持っていることの証明にもなるため、就職に当たって強みになるでしょう。

ファイナンシャルプランナー

お金に関するスペシャリストがファイナンシャルプランナーです。金融、不動産、保険、ローン、教育など、幅広い分野で必要とされている資格になります。自宅開業するときも、大手の企業に就職や転職するときにもあると便利な資格です。3級なら合格率も高く、しっかり勉強すれば短時間でも資格取得ができます。

インテリアコーディネーター

インテリアコーディネーターは依頼主からの依頼に応じ、住宅やオフィスなどのインテリアをアドバイスできる専門家です。独立して自分で仕事を受注するスタイルや企業に属して専属コーディネーターになるなど、いろいろな働き方ができます

主婦は、家事や自分の経験を活かして提案できるのでおすすめです。

キャリアコンサルタント

この資格は、労働者の職業選択や助言、指導などができる国家資格です。就業者の労働条件が多様化し、キャリアコンサルタントの需要は高まっています。独立して働くことも、企業専属のコンサルタントで働く方法もあります。就業条件がよく、高い報酬も期待できるでしょう

介護事務

介護事務の資格は、介護報酬に関する知識を身に付けることで取得することができる資格です。高齢化が進んでいることもあり、介護事業所はどんどん増えています。それにともない、介護事務の需要も高まっているのが現状です。

仕事が見つかりやすいことや、働ける場所が多いなどのメリットがあります

どの資格を取ればいいか迷ったら?

資格にはたくさんの種類があります。資格取得をする目的も人によってさまざまです。資格取得で迷ったときは、自分がやりたいことや将来性、目的などを考えてから決めてましょう。

ここでは、資格取得に迷っている人にどの資格取得を目指せばいいのかか紹介します。

まず自分がやりたいと思うことにチャレンジする

どの資格も取得するためには、時間やお金が必要です。自分に興味がない資格だと、途中で断念してしまうこともあります。まずは、自分がやりたいと思うことにチャレンジすることが大切です。そのほうが資格を取得した後も、長く働くことができるでしょう。

将来性で決める

資格ブームを受けて、さまざまな資格が生まれています。資格取得をする上で大切なのは、資格の将来性です。今後も安定して需要がある分野、またはこれから需要が見込まれるものの資格を取得することをおすすめします。

実際にその資格を活かして仕事をしている人がいるのか、どんな風に活かすことができるのかなど事前にリサーチしておきましょう。

自分に自信をつけたいのか稼ぎたいのかを考えて決める

資格を取得する目的として多いのが、稼ぎたい場合と自分に自信をつけたい場合です。資格取得を目指す場合は、資格を取得する目的を明確にする必要があります。これは資格取得が簡単ではなく、モチベーションを維持する必要があるためです。

自分の目的は何かを明確にすることで、資格取得にあたって努力することができるでしょう。

資格を取る際に気を付けること

資格を取得するためにはお金や時間がかかります。資格取得の目的が明確ではないと、後悔してしまうこともあるかもしれません。目的が資格を取ることにならないことも大切です。ここでは、資格を取る際に気を付けることについてまとめてみました。

目的が資格を取ることにならないこと

資格を取得するためには継続的な勉強が必要です。実際に、資格勉強を始めてみると、資格取得に必死になって取得した後のことまでイメージできてないケースも少なくありません。

せっかく資格を取得することができても、仕事につながらないこともあります。資格を取得するときは、目的が資格を取ることにならないように注意しましょう

金銭的な面をしっかり考慮すること

資格を取得するためにはお金が必要です。テキストや通信教育、通学費用、受験日、受験会場に行くまでの交通費なども含めると多額になります。お金が無くて試験が受けられないことにならないように、金銭面もしっかり考慮した上で資格取得を目指しましょう

意味のある自己投資になるようにする

資格を取得することは、一種の自己投資でもあります。自分のスキルを磨くために、お金や時間を代価として支払うことになります。せっかく資格を取得するなら、かけた時間とお金に応じた意味のある投資になるようにしましょう。そのためにも、資格取得に明確な意思を持つことが大切です。

まとめ

資格を取得することによって仕事の幅が広がり、プライベートの充実のきっかけにもなります。在宅ワークに向いている資格もあれば、外で働く上で向いている資格もあります。

資格を取得するのは大変ですが、それ以上の価値があるものです。気になった方は今回紹介した資格を参考にしてみてはいかがでしょうか。