トリマーの仕事内容やメリットとは?なり方や資格の種類も紹介!

犬や猫をペットとして飼う方は多く、予防接種やトリミングなど定期的なメンテナンスが大切になります。毛並みを整えるトリミングを行う人はトリマーと呼ばれており、動物が好きな方から人気がある職業の一つです。トリマーになるには専門学校や通信講座を受けるのが一般的な方法といえるでしょう。

今回は

  • トリマーの仕事内容
  • トリマーのメリット
  • トリマーになる方法
  • トリマーの資格の種類

などについてまとめてみました。

トリマーとは?

トリマーはトリミングをする人を指し、ペットの毛並みを整えることが主な業務になります。また、動物病院でもその技術を活かすことができます。まずは、トリマーの仕事について確認していきましょう。

トリマーはトリミングをする人の意味

トリマーという名称は、「トリミング」が由来になっています。トリミングにはカットするという意味があり、動物という単語が含まれていないのが特徴です。日本では「トリマー」がよく使われていますが、海外では「グルーマー」という言葉が一般的なようです。

ペットのヘアスタイルを整える

トリマーはペットの毛をカットし、ヘアスタイルを整えることを中心に、爪切りや耳掃除などペットの体を清潔にすることなどが業務になります。伸びてきた毛をカットするケースもありますが、おしゃれのためにトリミングをお願いする方も多いようです。

動物病院などで使える技術

トリマーの技術は動物病院でも使うことができます。そのため、トリマーを募集している動物病院も少なくありません。病院の場合は治療を目的にカットを施すことが多く、健康管理に欠かせない技術といえるでしょう。動物看護士の資格を併用して取得している人も多くいます。

ペットの日常の健康管理全般にアプローチ可能な職種

ペットの健康については獣医師に相談し、必要に応じて治療をしてもらうのが一般的でした。しかし、トリマーは日頃からペットと接する機会が多いため、健康管理全般にアプローチができる仕事として考えられるようになっています。また、飼い主に対してアドバイスをすることも珍しくありません。

需要の面においても期待が出来る

トリマーは動物関連の仕事の中でも高い人気がある職種です。ペットの多様化が進んでいることもあり今後もニーズが増えていくことが予想されています。ニーズの多様化にともない、活躍する分野も広がっていくことを踏まえると需要の面においても、トリマーは期待ができる仕事の一つです。

トリマーのメリット

トリマーが人気の仕事である理由として、自分のペットにも活かせる技術であることや年齢に関係なく携わることができることなどがあります。また、独立しやすい職種なので、手に職をつけて働きたい人にもおすすめです。ここでは、トリマーのメリットについてまとめてみました。

年齢に関係なくなれる

トリマーのメリットの一つとして挙げられるのが、年齢に関係なく仕事ができることです。仕事内容や資格によっては、年齢制限があることも少なくありません。トリマーは何歳でもなりたいと思ったときから勉強してなることができます。年齢に影響を受けないという点はメリットの大きな一つです。

動物と触れ合うことが出来る

トリマーの仕事は動物と触れ合うのが基本です。動物が好きな人にとって、仕事で動物と触れ合うことができるのは魅力に感じる部分ですよね。

また、いろいろな動物と触れ合うことができるのもトリマーのメリットの一つ。ペットとして飼われる動物の種類も増えており、触れ合う中で新しい知識が増えていく楽しさもあるでしょう。

飼い主の喜ぶ顔を見ることでやりがいを感じられる

飼い主の喜んでいる姿にやりがいを感じられることもメリットの一つです。自分のトリミングによって、飼い主が納得いくようなカットができれば、自信にもつながります。

また、ペットに関する悩みや相談を聞くことで、飼い主の不安を解消することができるかもしれません。ペットのケアを通して、飼い主と信頼関係を築けるのもトリマーの魅力といえます。

自分のペットにも使える

トリマーとして培ってきた経験や技術は、自分のペットにも活かすことができます。定期的にトリマーにお願いしてトリミングをするとなると、それなりに費用がかかってしまいます。自分がトリマーであれば、ヘアスタイルを整えるコストはかかりません。

技術はもちろん、知識も自分のペットに活かせる点もトリマーのメリットといえるでしょう。

独立開業できる

トリマーとしての経験や技術があれば、個人でも仕事をすることができます。店舗を賃貸で借りたり、自宅をアレンジしてトリミングルームを作ったりなど独立方法はさまざま。なかには、依頼者の自宅に伺ってトリミングをする方もいるようです。

独立を目標に資格取得をする方のために、開業するにあたってのサポートを行ってくれる学校や講座もあります。

トリマーになるには?

トリマーになるために学べる場所は、大きく分けると専門学校と通信講座があります。どちらにもメリットだけでなくデメリットもあるため、まずは自分に合った方法を選ぶようにしましょう。ここでは、トリマーになるための資格の取り方について紹介します。

専門学校で勉強をして資格を取る

トリマーになる方法として、一般的なのが専門学校に通うことです。トリマーになるために必要な知識や技術を効率的に身につけることができるため、卒業するころには高い確率で資格の取得ができるでしょう。同じ志を持った仲間に出会えるのもメリットの一つです。

一方で、費用がかかってしまうのがデメリットといえます。

通信講座で勉強をして資格を取る

トリマーになるためには、通信講座を利用して知識や技術を身につける方法もあります。家で学習できるので、自分のペースで資格取得を目指せます。ただし、専門学校に比べると実技の時間を多く取ることができないのがデメリットといえるでしょう。

専門学校で勉強をするメリット

専門学校はプロに教えてもらうことができ、就職サポートがあることなどのメリットがあります。ここでは、専門学校で勉強するメリットについて紹介します。

プロによる知識や技術の習得が可能

専門学校に通ってトリマーを目指す場合、指導してくれるのは先生です。プロのトリマーである講師の授業を受けることができるのが一番のメリットになります。

実際に働いている講師もいるため、現場の細かい技術指導なども受けられるかもしれません。分からないことがある場合も、その場で質問に答えてもらうこともできます。

卒業試験を終えた段階で資格の取得が可能

勉強

専門学校でトリマーになる場合、卒業試験を終えたタイミングで、すでに資格の習得が可能な状態になっているのもメリットです。学校のカリキュラムは、卒業までに必要なスキルを身につけることを想定されて組まれています。

独学では知識や実技を身につけるのに時間がかかってしまいますが、専門学校であれば先の見通しを立てやすいといえるでしょう。

就職のサポートを受けることが出来る

専門学校では、自分で資格を取得する場合と違って学校が就職サポートをしてくれるため、就職率も高くなります。大手企業からの求人が多いのも専門学校の特徴です。資格取得後の就職まで考えるのであれば、専門学校に通うメリットは大きくなります

通信講座で勉強をするメリット

通信講座は在宅で勉強ができるため、スケジュール調整がしやすいというメリットがあります。また、学校に通うよりコストが安いのも嬉しいポイントです。ここでは、通信講座で勉強するメリットについてまとめました。

自宅で勉強が出来るため学校に行く時間がない人に便利

通信講座を利用してトリマーを目指す大きなメリットは、在宅で資格取得が目指せることです。通信講座は定期的に送られてくる教材やレポートを自宅で進めて、知識や技術を学ぶのが一般的な方法になります。忙しく学校に行く時間がない人におすすめの方法です。

自分のペースで資格取得のスケジュールが組める

通信講座は、資格取得に向けて自分でスケジュールを組んでいくことができます。そのため、仕事をしながらでも空いた時間を使って学習を進めていけるのは通信講座のメリットです。ゆっくり資格取得がしたい人、早く資格取得がしたい人など、それぞれのペースでトリマーを目指すことができます。

通信講座らしくコストも安い

通信講座でトリマーを目指す場合、費用が抑えることができるのもメリットの一つです。専門学校に通う場合は数百万円のコストがかかってしまいますが、通信講座は数万円から数十万円ほど。費用を抑えて、トリマーを目指したい人にとって通信講座を利用するメリットは大きいでしょう。

トリマーの資格の種類

トリマーになるためには資格の取得が必要です。トリマーには、JKCやICC、JSAE、JDAなどの機関が主体となって発行している資格があります。ここでは、それぞれの資格の特徴や違いについて紹介します。

JKCの公認トリマー

JKCの公認トリマーは、トリマーの資格の中でもっとも有名で信頼性の高い資格です。トリマーとして働きたい人や独立したい人が取得しておきたい資格になります。

全部で5つの階級に分かれており、通信講座での取得も可能です。独学で資格取得を目指す場合、JKCの会員登録が必要になるので忘れないようにしましょう。

ICCグルーマーライセンス

これはICC(インターナショナル・キャット・クラブ)の機関から発行される資格で、猫のトリマーを目指す方に必要な資格といえます。猫の場合トリマーではなく、グルーマーと呼ばれるのが特徴的です。

この資格は4つの段階に分かれており、それぞれ受験資格も異なっているので、自分が受けたい階級の条件を確認するようにしましょう。

JSAE(全日本動物専門教育協会)公認 トリマー

この資格は、一般社団法人全日本動物専門教育協会が認定するトリマー資格です。トリマーのほか動物看護士や家庭犬訓練士、動物介護福祉士など動物を取り扱う仕事において、取得することができます

更新制度がない永久保有できる資格になるので、ペット関連の仕事をするときに取っておいて損はありません。

JDA(全日本愛犬技術者指導協会)公認 トリマー

JDAは日本で唯一厚生労働省が認可している機関であり、正式な認定校で必要な学習を受けることで、受験することができます。公認の専門学校も全国に多くあるため、住んでいる地域の校舎に通えます。レベルは1級から3級まであり、卒業試験を合格することで1級の資格の取得が可能です。

まとめ

ペットの毛並みを整えるトリマーは人気の職業の一つであり、その技術は動物病院でも活かすことができます。資格取得で学んだ知識やスキルは自分のペットにも活用でき、年齢に関わらず携われることもメリットといえます。

資格取得をするためには、専門学校に通う方法と通信講座で学ぶ方法の二つがあります。自分のペースやライフスタイルに合った方法を選び、必要な資格を取るようにしましょう。