行政書士の仕事内容とは?行政書士なるには・仕事の見つけ方

行政書士は、専門的な資格が必要とされる職業の中でも比較的取得しやすい資格のため、人気があります。資格を取得することで仕事の幅が広がり、独立開業することもできるでしょう。ただし、難関資格に分類されるので、資格を取るのは簡単ではありません。

今回は、

  • 行政書士の仕事内容
  • 行政書士になるために必要なこと

などをまとめてみました。メリットや試験についても紹介しているのでぜひ参考にしてみてくださいね。

行政書士の仕事内容

行政書士の仕事は公的な資料の作成や認可、許可に関する手続きがメインです。しかし、行政書士の幅広い知識を活かした法律関係の業務や公的書類の代行サービスなども行われています。ここでは、行政書士の主な仕事内容について紹介します。

官公庁などに提出する書類の作成

行政書士は各省庁、都道府県庁、市役所、警察署などの官公庁に提出する書類の作成ができます。官公庁に提出する書類はおよそ1万種類を超えると言われており、許可認可の内容が多数を占めているのが特徴です。

手続きや法律に関して高い専門性を持つ行政書士が代理人となり作成することで、事務業務の迅速化を図ることができます。

書類作成の相談業務

女性 電卓

行政書士は事実証明に関する書類の作成や、それに関する相談業務を行うことができます。社会生活に交渉を必要とする事柄を証明するための書類が、事実証明に関する書類です。各種議事録や会計帳簿、損益計算の財務諸表や申述書などもこれに該当します。

相談を受けて、そのまま書類作成の代行を行政書士が請け負うケースも少なくありません。

作成した書類などの提出代行

行政書士は作成した書類を代行して提出することが可能です。公的な書類においても提出代行は可能で、手続きもスムーズに進めることができます。ただし、他の法律の規制によって提出が制限されているものもあり、提出代行を依頼できないケースもあるので注意しましょう。

代理人としての契約書などの書類の作成

行政書士は、さまざまな手続きで必要になる契約書の作成を行うことができます。行政書士が作った書類には一定の効力があるため、公的な書類を作成する必要があるときも対応してくれます

また、事実証明に関する書類に関しても行政書士が代理人として書類の作成や、作った書類を関係機関に代理提出できるようになっているのです。

法律を扱うサービス業

行政書士ができる業務の一つに法律を扱うサービス業があります。もともと許可や認可の手続きが主な業務ですが、行政書士の仕事の幅も広がりつつあるのが近年の傾向です。

法律を扱うサービス業ができることで、法律相談など司法書士や弁護士などが行う業務の一部をカバーすることもできます。ただし、法律への強制力はないことを覚えておきましょう。

行政書士になるには?

行政書士になるためには、試験に合格することや所定の条件を満たしていれば申請することができます。また、行政書士会に入会しないと活動できないなどのルールもあるので気をつけましょう。ここでは、行政書士になる方法や必要な条件についてまとめてみました。

行政書士試験に合格する

行政書士と名乗るためには、国家資格の行政書士の試験に合格しなければなりません。行政書士は難関資格に数えられる試験の一つです。しかし、年齢や性別、学歴など関係なく、誰でも受験することができる資格になっています。

試験は毎年一回行われており、合格後に行政書士の登録をすることで行政書士になれるのです。

試験免除制度を活用する

試験免除制度を利用すれば、試験を受けずに行政書士になれます。弁理士や弁護士、公認会計士、税理士などに加え、地方公務員として行政事務に20年以上担当した人も試験の免除対象になっています。ただし、免除の条件の難易度が高いことから、試験を受けて目指すのが一般的といえるでしょう。

合格後は行政書士会への登録と入会が必要

行政書士の試験に合格したり、免除制度を利用したりしてもすぐに行政書士になれるわけではありません。行政書士として活動していくためには、行政書士会への登録や入会などが必要です。入会のルールは各都道府県によって異なっており、入会金は10万円から20万円が平均的な金額になっています。

行政書士の資格を取得するメリット

難関資格の行政書士の資格を取得するメリットは、法律の知識が増えることや仕事に役立てられることです。また、就職や転職にも有効と言われており、仕事の幅を広げることもできるでしょう。ここでは、行政書士の資格を取得するメリットを詳しくまとめてみました。

法律を知り仕事や生活に活かすことが出来る

行政書士は専門資格が必要な士業に分類されており、試験に合格するためには膨大な知識が必要です。試験では法律に関する内容も非常に多いので、試験勉強をするなかで豊富な法律の知識が身につきます。そのため、仕事はもちろん、プライベートでも役に立つことがあるでしょう

独立開業が出来る

行政書士は人気資格の一つですが、独立開業できることが人気の理由として挙げることができます。行政書士は、許可認可の手続きや法律相談の業務などを行えるため、事業として独立することが可能なのです。

就職や転職に使える

行政書士の資格を持っていれば、一定の法律の知識があることをアピールできます。どの会社にも法律に強い人材は必要です。特に、顧問弁護士を雇えないなど金銭的な余裕がない中小企業などでは、需要もかなり高くなっているようです。

そのため、行政書士の資格を持っていることは、就職や転職には有利になる資格といえるでしょう。

職種の幅を広めることが出来る

行政書士は単体でも仕事に十分活用できる資格です。また、行政書士の資格を活用して職種の幅を広げることもできます。専門的な知識を有している資格ということもあって、幅広い職種で重宝される資格です。

法律に関係ない企業であっても、資格を活かせるときがあるかもしれません。

女性でも男性と同じように働ける

行政書士は机上の仕事が中心であり、性別による仕事内容の違いがほとんどないため、女性人気も高まっているのです。実際、独立して稼いでいる女性行政書士や企業に属している女性行政書士も少なくありません。

行政書士の試験について

行政書士は難関資格として知られています。合格率は国家資格の中でもかなり低い水準ですが、試験費用はそこまで高くありません。また試験で出題される内容は、憲法や民法の中から多く出題されています。ここでは行政書士の試験について紹介していきます。

合格率は6%から10%ほどの狭き門

行政書士の試験合格率は6%から10%ほどで推移しています。合格率が10%を下回る国家資格は難関資格と言われており、合格のためにはかなりの学習時間が必要です。

ただし、この試験は誰でも受けることができます。つまり、知識が全くない人が試験を受けていることもあるので、申し込み基準が厳しい試験に比べると、数字の上では合格率が低く見えてしまっている可能性もあります。

かかる費用は約7000円

行政書士になるためには国家試験を受けて合格する流れが一般的ですが、試験費用が高い資格も多くあります。しかし、行政書士は約7000円と手ごろな金額に設定されているので、試験そのものを受けるコストは小さいのが特徴的です。

ただし、先述したように試験に合格して行政書士会に入会するためには多くの費用が必要になってきます。

行政書士の試験内容は憲法や民法の中から出題

行政書士の試験は暗記がメインになってきます。出題範囲は憲法や民法などが中心で、これらの内容を覚えることで、試験合格に大きく近づきます。繰り返し問題を解き、内容を理解することができれば暗記しやすくなるでしょう。

試験の合格の条件

行政書士に合格するためには、法令科目、一般知識から出題される問題の総点数において6割以上の正解が必要です。科目は全部で6科目あり、合格基準はそれぞれ6割を上回っている必要があります。どれか一つでも6割を下回ってしまうと合格することはできません。

正解率6割そのものはそれほど高くないため、しっかり勉強すれば大丈夫です。

行政書士の仕事は儲かる?仕事を見つけるには

仕事をしたときに、行政書士はどの程度稼ぐことができるのでしょうか。多くの額を稼いでいる人もいれば、顧客が集まらず閑古鳥が鳴いているような事務所もあり個人差が大きい仕事といえるかもしれません。まずは事務所に入って仕事をすると良いでしょう。

ここでは、行政書士の収入や仕事を見つける方法についてまとめてみました。

収入は年収で約600万円

行政書士の年収平均は約600万円です。これは、独立開業している人も雇われている人も合わせた年収の平均になります。

また個人差が大きいのも特徴で、なかには年間1億円以上も稼いでいる行政書士もいるくらいです。働き方によっては、サラリーマンの平均年収を大きく上回ることも可能なのです。

仕事を見つけるにはまず事務所に入ること

行政書士として働くための方法として、行政書士事務所に入るのも一つです。行政書士事務所に在籍し、そこで仕事を覚えることで独立開業するヒントを得ることもできます。

資格を取得しているだけで仕事が生まれてこないのは、他の資格にも共通して言えることです。可能性を広げるためにも事務所に入って仕事の基本を覚えましょう。

事務所の集客にはインターネットの活用が効果的

行政書士として成功するためには、集客率の高さが重要になってきます。行政書士は人口も多く、競争も激しい仕事であるため、新規に事務所をオープンして顧客を獲得するのは至難の業です。

効率的に新規顧客を増やしていくためには、インターネットを使った集客がおすすめです。また、SNSなどのサービスを使用した集客方法も効果的でしょう。

まとめ

行政書士の仕事内容は法律関係や手続き、相談に関する業務が中心です。資格そのものを取得するのは難易度が高いですが、資格を取得するメリットがたくさんあります。

行政書士としての働き方は、事務所で働くだけでなく独立開業するのも選択肢の一つです。興味がある方は、ぜひ行政書士を目指してみましょう。