【夢占い】家に帰れない夢の意味とは?帰れない理由でわかる意味

夢を見て不安になったりすることもあれば、楽しくなったりすることもあるでしょう。たかが夢、とは思っても、嫌な夢を見ると不安になるものです。中でも、家に帰れない夢や迷子になる夢はあまりいい感じは受けないでしょう。

今回は

  • 概要
  • 家に帰れない夢の意味

についてまとめました。

家に帰れない夢の意味は?


迷子になって家が見つからない、歩いても歩いても家にたどりつかない、など、家に帰れない夢は、迷いや焦りなどを意味します。

現在何か決断を迫られている時なども、家に帰れない夢を見るもの。家に帰れない夢の意味を、詳しく見ていきましょう。

自分の進路や目標に対して迷っていることを暗示

家に帰れない夢は、自分の進路や目標に対して迷っていることを暗示しています。やりたいことが分からない、目標が高すぎる、といったジレンマに陥っている状態です。

誰かに相談したくてもできない、どうすればよいのか分からず、もんもんとしているときに、家に帰れず迷ってしまう夢を見ることがあります。

現在において決断をする必要がある状況に陥っている

何か決断しなければならない状況のとき、家に帰れない夢を見ることも多いです。

仕事で責任ある選択をしなければならないのに決断できない、恋人に大事なことを言わなければならないのに言えない、などといった迷いがあると、こういった夢を見るのです。

過去の出来事を忘れていることを意味する


家に帰れない夢は、過去の出来事を忘れていることを意味することがあります。良い夢ととらえるなら、傷ついたつらい過去から完全に立ち直っていることを意味します。

また、悪い夢ととらえる場合は、過去の出来事を後悔し、やり直せない辛さを感じているということ。過ぎてしまったことは忘れて、前を向いて歩き出すことを考えましょう。

道の選択に迷うことに関しては例外的に逆夢として捉える

道の選択に迷う夢は、悩み、焦っていることを示しているとされていますが、例外的に逆夢ととらえることもできます。

今は迷っているとしても、現実では抱えている問題が解決されていく暗示でもあります。

迷って家に帰れない夢が意味すること


迷って家に帰れない夢には、さまざまな状況が絡んでいるものです。

駅で迷う、トンネルから出られないなど、迷っている場所により、なぜその夢を見たのか、解決するにはどうしたらよいのかについてのヒントを与えてくれているもの。それぞれの状況下での意味について見ていきましょう。

トンネルから帰れない夢:目標に対して迷っている

トンネルから帰れない、トンネルで迷子になる、という夢は、目標に対して迷っているということです。本当にこの方向性でとよいのか、という迷いや、大きな決断をしなければならない立場に立たされているということも。

とても大事な決断であり、心の中で迷いがあるということなので、よく見極め、心の中の声を聞いて決断しましょう。

ビルから帰れない夢:希望が計画通りに行っておらず苛立っている

ビルから出られない、ビルから帰れないという夢は、希望通りに計画が進まずいらだっている証拠。自分は努力をしているのに認められていない、という焦りもあるはず。また、立場上、誰かに頼ることもできないのではないでしょうか?

ビルや建物の中で迷う夢は、運気が低下していることを暗示しています。ストレスも溜まっているでしょう。人生の行き詰まりを感じているということも。誰か信頼できる人に相談してみるか、考え方を変えてみる、他の方法を見つけるなど、何かしら変化を加えてみるといいでしょう。

駅で迷って帰れない夢:人生の節目・転機を表している


駅で迷う夢は、人生の節目や転機を表しています。結婚や就職など、人生を左右することに対して迷っているということ。人生の中でも大きな決断なのでその分不安も大きいのです。

駅で迷う夢は、焦らず、じっくり考えてみることというメッセージでもあります。自分の思いや将来のことなどを改めて考えることが必要。大事なことなので、焦らず、よく考えて決断をすることをおすすめします。

病院で迷って帰れない夢:健康面や精神面においてバランスを崩していることを意味している

病院で迷っている夢は、そのまま健康や精神的なことに対して不安を持っていることを表しています。何か気がかりなことがあれば、早めに診察をしてもらいましょう。

森で迷って帰れない夢:自分自身の視野が狭くなっていることを意味する

森で迷って帰れない夢は、視野が狭くなっているため、同じことしか考えられず堂々めぐりをしていることを意味しています。一度自分の考えを白紙にして、別の視点から物事を見てみましょう。

森で迷う夢は、いろいろなことを経験し、視野を広くする必要があるということを示している夢でもあります。

知らない場所で迷って帰れない夢:選択に迷っているが既に結論は出ていることを意味する


知らない場所で迷っている夢は、すでに結論が出ていることを意味しています。本当に進みたい道や目標はすでに決まっているのに、それに気づけずに迷っているときに見る夢です。自分自身をよく振り返ってみましょう。結論に気づくはずです。

また、気づけずにいる場合でも、心に思っていることを中途半端にせずにやり遂げるようにしましょう。

仕事場で迷って帰れない夢:仕事において悩みを抱えていることを暗示

仕事場で迷って帰れない夢は、仕事上で悩んでいることを暗示しています。仕事でミスをしてしまうのではないか、自分のせいで何か大きなトラブルになるのではないかと不安に思っているのです。心当たりがあれば、誰かに相談するなどして早めに解決しましょう。

また、現在の仕事や職場が自分には合っていないのではないか、という不安がある時にも、仕事場で迷う夢を見るものです。本当にその仕事がやりたかったのか、転職してもよいものかどうか、よく考えてみるといいでしょう。

家に帰れない時の行動で見る意味


家に帰れないときに、夢の中でどうしたか、ということから占うことができます。家に帰れずに迷った時の行動の意味を見てみましょう。

帰れなくて人に道を聞く夢:進路に迷いアドバイスを求めたい気持ちを表す

帰れずに人に道を聞いている場合、誰かにアドバイスを求めていることを表します。自分自身では決めることはできないので、誰かに何かを言ってほしいと思っています。

最終的な決断は自分ですることですが、第三者からのアドバイスを聞くことも必要です。的確なアドバイスをしてくれる人に相談してみるといいでしょう。

帰れなくて誰かに助けられた夢:誰かが助けてくれる・または誰かに助けを求めていることを暗示

誰かに助けられた夢は、迷っている自分に誰かが手を差し伸べてくれる暗示です。力強いアドバスがもらえるかもしれません。

または、自分では解決することができないため、誰かに助けを求めていることを暗示していることもあります。夢の中で助けてくれた人に相談してみるといいでしょう。

帰れなかったが自力で帰ることが出来た夢:仕事が順調または完了したときに見るもの


迷っていたけれど、自力で帰ることができた夢は、仕事が順調で結果もうまくいったときに見ることが多いです。

予想もできなかった方法で帰れたり、意外な場所から帰れたりする場合は、実力が認められ、出世できる予兆かもしれません。

車で迷ってしまう夢:自身にトラブルが発生することを暗示

車で迷ってしまう夢は、トラブルが起こる暗示です。職場で人間関係が悪化しているときや、大きな問題が起こりそうなときに見るケースが多いです。トラブルの原因になりそうなことをよく考え、落ち着いて解決しましょう。

また、車で迷う夢は、自立したい願望はあるがそれができないときに見ることもあります。目的地にたどりつけなかった場合は、自立するのはまだ早いという意味。もう少し時間をかけて自立までの道のりをしっかり歩んでいきましょう。

まとめ

道に迷って家に帰れない、トンネルから抜け出せない、など迷っている夢は、決断できずに悩んでいるときに見ることが多いです。

特に駅で迷う夢やトンネルで迷う夢、人に道を聞いている夢は、大きな決断をしなければならない時や、自分では決められない時に見るもの。最終的な決断をする前に、頼りになる人に相談してみるといいでしょう。