【夢占い】猫を助ける夢の意味とは?猫があなたに届けるメッセージ

猫好きな人や猫を飼っている人などは、可愛らしい猫が出てきて幸せな気持ちになることもあるでしょう。その場合は吉夢と思って正解です。

しかし、猫は嫉妬や妬み、不幸などを意味することも。猫の種類や色、行動などによっても占いの解釈は異なります。

ここでは、

  • 概要
  • 猫を助ける夢の意味

についてまとめました。

夢占いにおける猫の意味


夢占いでは、しなやかなでやわらかな印象を持つ猫は女性らしさの象徴です。それと同時に猫は嫉妬や復讐など、女性の嫌な部分を表すことも多いもの。

また、幸運を運んでくると言われている反面、不幸を招くなど運気の低下を暗示している場合もあります。夢占いにおける猫が意味するものについて見ていきましょう。

猫は女性の象徴である

しなやかなやわらかさ、手触りのよい毛並みや自由奔放な性格など、猫は女性らしさの象徴とされています。どちらかというと、優しくて温和なしおらしい女性というより、愛人や悪女といった影の女性を象徴します。

女性が猫の夢を見る場合は、自分自身の気持ちを投影していることも。男性が猫の夢を見る場合は、恋人がほしいと思っている、猫になつかれている夢などは、好意を寄せられている女性がいる、ということを意味します。

陰湿や嫌がらせなどの意味も持つ


猫は嫉妬や妬み、復讐など、女性の陰湿な性格を表すことも多いです。嫌な印象を受ける場合は、自分自身の嫌な性格や、周りから嫉妬されていたり、恋人を奪おうとする女性が現れたりするなどといったことを暗示していることもあります。

猫の夢は、吉夢と凶夢の2つの意味を持つことが多いので、見たときの印象や猫の行動などから判断することが必要です。

猫を助ける夢が意味すること


夢占いでは自分の行動によって何を意味するかが分かります。夢で猫を助けるという夢は、トラブルの発生を暗示していることもあります。

また、優しい思いが評価されるなど吉夢とされることも。猫を助ける夢にはどういった意味があり、何を暗示しているのか、見ていきましょう。

自己犠牲を象徴している

わがままで自己中心的な猫は、嫌われ者の象徴とされることもあります。そのような猫を助けるあなたは、自分を犠牲にして相手に尽くしているという見方ができます。優しくて、思いやりがある人なのですが、恋人にとってはその思いが重荷になってしまっている可能性があります。

自分を犠牲にしてまで尽くすことは、悪いことと言い切ることはできませんが、相手にとっては素直に喜べないことかもしれません。もっと自分を大切にするようにしましょう。

周囲の空気を読まず他者と衝突する暗示

周囲から嫌われる猫を助ける夢は、強くて優しいという反面、周囲の空気を読まないため、周りと衝突することを暗示しています。視野が狭くなっていることもあるので、客観的に物事を見るようにしましょう。

他人とのトラブルを暗示する一方で、誰が何と言おうと正しいことをする、という強い意志は周りから信頼されることにもつながるため、吉夢と取ることもできます。

恋愛面で不満があることの表れ


女性が猫を助ける夢を見た場合は恋人への不満があることを表していることもあります。心の中に自分が助けられたい、甘えさせてほしい、といった願望があるのです。

もっと恋人に優しくしてほしい、という不満があり、本当に自分のことを好きでいてくれるのだろうか?と不安に思っているのではないでしょうか?そのままでは不満が募るばかりなので、一度話し合ってみるといいでしょう。

助けたのはどんな猫?猫の状態でわかる意味


助けたのは捨て猫でしょうか?それとも知っている猫でしょうか?どのような猫を助けたのかによっても、解釈が変わります。

猫の状態によってどのような意味があるのかを見ていきましょう。

捨て猫を助けて連れて帰る夢:幸運が訪れることの暗示

捨て猫は自分自身の投影であることが多く、捨て猫を助けて連れて帰る夢は、幸運の暗示です。捨て猫の夢を見るとき、自分自身が助けを求めている状況であることが多く、現実はつらい思いをしているかもしれません。

しかし、結果的には助けてくれる人が現れることを意味しています。または、自分が人のためを思い、尽くしてきたことが近い将来、努力が報われるかもしれません。

多くの猫を助ける夢:トラブル発生を暗示

多くの猫を助ける夢はトラブルが発生する暗示です。他人にあまりなつかない猫を助けるのは大変なこと。その数が多いほど、助けるのは苦労が伴うものです。

多くの猫を助けようとして四苦八苦している夢は、現実でもさまざまなトラブルが起こり、解決するのに苦労を強いられるかもしれません。

溺れている猫を助ける夢:不幸から自分を救ってくれる助っ人が登場する暗示


溺れている猫を助ける夢は、不幸から救ってくれる人が現れる暗示です。現在、目が回るほど忙しかったり、トラブルに悩んでいたりするのではないでしょうか?

猫が溺れているのは自分自身のこと。不安や嫉妬、イライラなどの気持ちで精神的にも疲弊している状態です。特に金運や恋愛運が悪いということも表しています。しかし、時を待てば、そこから抜け出せるということ。力強くサポートしてくれる人が現れるでしょう。

恋人の猫を助ける夢:自己犠牲が過ぎていることを暗示

恋人の猫を助ける夢は、恋人に対して自己犠牲が過ぎていることを暗示しています。恋人のためを思って、自分がつらくてもしていることや言っていることが、恋人にとっては縛られていると感じたり、重荷になっていたりするのです。

さらに、猫を助けたのに何も言わず去っていってしまったり、素っ気なかったりするなら、恋人はあなたの思いから逃げ出したい、と思っている可能性があります。取り返しがつかなくなる前に、恋人との関係性について、話し合いをするといいでしょう。

友だちの猫を助ける夢:友だちからの信頼を得たい表れ

友だちの猫を助ける夢は、友だちから信頼されたい、という思いの表れです。友だちにもっとよく自分のことを知ってもらい、関係を深めていきたいと思っているということ。

ただし、親切が過ぎるとしつこいと思われ、嫌われてしまうので、相手の気持ちや立場を考えて行動するようにしましょう。

知らない猫を助ける夢:自身の人柄が高まり周囲から感謝される暗示


知らない猫は特に、優しさだけでなく嫉妬やミステリアスさなどを表すとされています。知らない猫を助ける夢は、優しいあなたは周囲から感謝されるといういい意味と、トラブルの暗示の両方の意味があります。

金運や恋愛運がアップするという意味と、女性関係のトラブルが起こるという意味を持つ夢。男性がこの夢を見た場合は、浮気がばれる可能性があります。女性の場合は、恋のライバルが現れたり、周囲に言えない秘密の関係が終わったりするなどの暗示です。

この夢を見た後、助けた、という印象が強い場合は吉夢、知らない猫の印象が強く残っている場合は警告を意味します。自分が傷つく前に、対処できる方法を考えましょう。

まとめ

猫を助ける夢は、自分が必要以上に周りや恋人に親切にしたり、おせっかいをしたりしていることの現れです。

優しく、思いやりのある行動として、評価されるという意味もありますが、反対に相手への重荷になっていることも。

また、自分自身が助けを求めているという意味もあります。今はつらくても、助けてくれる人が出てくるという暗示なのでもう少し辛抱しましょう。