ホットビューラーのおすすめ12選!人気の商品を紹介します

ビューラーを使っても、うまくまつ毛が上がらないと悩んでいませんか?またはビューラーが使えても、時間がかかってしまうことを面倒に感じるかもしれません。こうしたまつ毛メイクの悩みがある方には、ホットビューラーの活用がおすすめです。

こちらでは

  • ホットビューラーの魅力
  • 人気アイテム

について紹介します。

ホットビューラーの種類

ホットビューラーには、携帯性に優れたスティックタイプと、初心者でも扱いやすいカーラーの2種類があります。2タイプのホットビューラーには、それぞれどんなメリットがあるのか見てみましょう。

スティックタイプ:メイク直しに持ち運べるのがメリット

スティックタイプのビューラーは、コームでまつ毛を持ち上げるタイプです。スリムな形状をしているため、メイク直しの道具として持ち運びしやすいでしょう。

スティックタイプはまつ毛を挟んで持ち上げるというより、コームを使って押し上げ、熱で固定してカールを作ります。最初は、思い通りのカーブをつけるのが難しいと感じるかもしれません。しかし慣れてしまえば早く、熱で固定するためまつ毛の形が崩れにくいところもメリットです。毛を挟まなくてもよいため、まつ毛が抜けることもありません。

カーラータイプ:初心者でも使いやすいのがメリット

カーラータイプは、一般的なビューラーの形状とよく似た「まつ毛を挟む部分」が特徴的です。ただし普通のビューラーとは、挟み込んだ部分に熱が加わるという点で異なります。挟むだけのビューラーだと夕方にはカールがとれてしまうという方も、熱でしっかり固定しやすいでしょう。

また、スティックタイプに比べると動作が簡単で、初心者にも向いています。まつ毛を挟んで熱を加えるだけなら、カールをうまく作れない不器用な方にも扱いやすいでしょう。ただしサイズは大きいため、ポーチに入れて持ち運ぶにはあまり適していません。

スティックタイプのホットビューラーおすすめ6選

スティックタイプのビューラーは、スリムで携帯性に優れた商品が多く目立ちます。化粧ポーチに入れて持ち運びしたい方は、スティックタイプを選びましょう。こちらでは充電時間やサイズで選べるよう、6タイプをご紹介します。

Benow ホットビューラー


スティック部分は科学に基づいた設計で持ちやすく、スイッチを入れてから30秒で使える機能性に優れた商品です。発熱部分は皮膚と直接触れることがなく、安全に使うことができます。温度設定は60度と80度の2つで、地まつ毛はもちろん、つけまつ毛にもエクステにも使えると好評です。

充電はUSB充電が可能で、電池は5年間持ちます。充電式のため乾電池の交換は必要なく、いつでもどこでも充電して使える手軽さが魅力。1回の充電で約1週間連続使用ができます。サイズはポーチに入る大きさで、持ち運びにも便利でしょう。

audorx ホットビューラー


30秒で余熱が完了する、使いたいときにすぐに使えるスティックビューラーです。コーム部分の湾曲が、目のキワの細いまつ毛にもしっかり対応してくれます。一度で多くのまつ毛を捉えられるため、少ない加熱回数でしっかりまつ毛をカールさせたい方におすすめです。

素のまつ毛に使うのではなく、マスカラを塗ってから当てるタイプなので使い方には注意しましょう。予熱したコームを3~5秒まつ毛に当て、これを3~4回繰り返すとカールがつきます。USB充電式で本体が21gのため、持ち運び用にもぴったりです。

Acavado ホットビューラー


ゆるやかにカーブしたボディ部分が手にフィットしやすく、簡単にカールを作れます。温度は55度と75度の2段階設定。量の少ないまつ毛から、太くクセのつきにくいまつ毛にまで対応しています。7秒の急速加熱設計で、忙しい朝にも余熱で待たされることがありません。

コーム部分は肌に触れないよう保護されているため、不器用な方でも大丈夫。使用前にマスカラを使うタイプなので、まつ毛メイクの仕上げに使用しましょう。充電式で携帯性に優れ、約27gとかなりコンパクトです。

belulu 充電式まつげドライヤー


1本で温と冷の2種類の温度を使い分けることができる、ドライヤー感覚のビューラーです。コームから出る温風でまつ毛のクセづけをしたあとに、冷風でカールを固定します。日本まつげエクステンション協会が開発した商品で、まつ毛のプロのこだわりが詰まっている信頼感も魅力です。

地まつ毛、つけまつ毛、エクステにも使えるタイプで、コーム部分はシリコン製。毎日使ってもまつ毛に負担をかけず、下まつ毛に便利な小さなヘッドも付いています。使用する前に、マスカラの余計な液をきちんとコームで落としておくことがポイントです。

パナソニック ホットビューラー


お試し感覚で手が出せる、リーズナブルなホットビューラーです。本体はマスカラを少し大きくしたような形状で、重さは約39g。アルカリ乾電池1本の使用で、約3週間の連続使用が可能です。スイッチを入れてから1~2分くらいで適温になります。マークが紫からピンクに変わることで、適温を知らせてくれる機能付き。掃除用ブラシも付属しているため、コームについてしまったマスカラの掃除ができます。

costick USB充電式ホットビューラー


USBメモリースティックのような、スタイリッシュな形状のビューラーです。ストレートのコームが付いた先端部分に対し、もう反対側はUSBの差込口になっています。どこでも手軽に充電ができるため、電池切れに悩まされる心配はありません。

操作はオンとオフのみの簡単設計でわかりやすく、スイッチを入れてから60秒で適温になります。商品サイズは高さ89mm、重さ約15gでコンパクト。清潔に持ち運びができるよう、カラーキャップとUSBキャップが付いています。小さいサイズのため充電はさほど長持ちしませんが、連続使用でも2日程度は十分使えるでしょう。

カーラータイプのホットビューラーおすすめ6選

カーラーライプのホットビューラーは、まつ毛を上げるのが苦手な初心者におすすめです。価格や使い勝手など好みに合わせて比較できるよう、6種類の商品をまとめました。家庭で使える本格的なものから、持ち運びしやすい手軽なタイプもあります。

日立 まつげカーラー アイクリエ


大きいレバーの調節で、簡単にまつ毛を挟めるホットビューラーです。本体にはライトも付いているため、目元を明るく照らして使うことができます。温熱部分は約70度まで上がり、「一度のカールづけで8時間キープ」を実現しました。カールづけは約5秒で完了します。余熱もたった10秒のため、忙しい朝でも使いやすいでしょう。

本体の使用には、単4アルカリ電池を2本が必要です。重さは約60gと軽量で、外出先にも気軽に持ち運べます。

パナソニック ホットビューラー


握りやすいアーチ形のグリップが特徴的なホットビューラーです。ヘッド部分にはまつ毛の根元を挟み込むパッドと、毛先用のパッドが付いています。これら2段階のパッドにより、ホットビューラー初心者が陥りがちな「毛が不自然に折れてしまう」といったこともありません。ヘッドにまつ毛を挟み30秒おさえるだけで、毛先まできれいなカールを作ることができます。

商品サイズは157mmの手のひらサイズで、携帯できるようカバーも付いています。本体にアルカリ単4電池を2本入れて使用してください。

Fairycity ホットビューラー


ヘッド部分が根元用と毛先用に分かれているため、初心者の方でもまつ毛をカールさせやすいでしょう。まつ毛を挟むレバーが大きく、親指で押す設計になっています。ホットビューラー初心者でも扱いやすい、45度の温度設定も嬉しいポイントです。

まつ毛を毛先から根元までを一度に挟んだら、10~15秒おさえてカールを作ります。スイッチを入れるとパッドが赤から透明に変わり、適温もわかりやすいでしょう。朝に使えば、夜のメイクオフまでしっかりまつ毛が上がっているという声もありました。

CoCoメ-ロン 電動まつげカーラー


知能感温シリカゲルパッドを採用した、安心して使えるホットビューラーです。パッド部分は恒温40度で、熱くなりすぎることがありません。スイッチを入れてから30秒で余熱が完了し、5秒で自然なカールがつきます。短いまつ毛にも、硬いまつ毛にも対応が可能です。

人工工学に基づいたシンプルな形状が使いやすく、マスカラとあわせて使うことでカールキープ力がアップします。滑り止めポイントが付いているため、使用中に指が滑ることもありません。

ROSENICE 電気アイラッシュカーラー


1,000円以下で買える価格が魅力のホットビューラーです。最低限の機能をそなえた、手ごろな価格の商品を探している方におすすめします。スイッチはオンとオフのみで、迷わず操作しやすいでしょう。温度は自動的に制御されるため、安全に使うことができます。本体の大きさは13cmで、重さは22.7gです。別途電池を用意し使ってください。

witches’ sabbath 加熱まつ毛カーラー


まつ毛を挟む部分が40mmと広く、ワイドに挟むことができます。ボディには適度なカーブが付いているため、不器用な方でも扱いやすいでしょう。

スイッチを入れると40度まで温まり、自動的に調節されるため熱くなりすぎることはありません。スイッチを入れたらレバーを押すだけのわかりやすい設計です。電池は付属していないため、別途用意する必要があります。 

まとめ

普通のビューラーではカールがうまくできない方や、朝忙しく時間がない方は、ホットビューラーを活用してみてはいかがでしょうか。ひと口にホットビューラーと言っても、スリムなスティックタイプと扱いやすいカーラータイプ、それぞれで使い心地は異なります。口コミなども参考にしながら、好みの商品を選んでみてください。

*記事内で特定商品の効果・安全性を紹介する場合、該当の記載は「すべての人に対して同じ効果があること」「すべての人にとって安全であること」を保証するものではありません。
*記事内で特定商品がパッチテスト済みであることを紹介している場合、該当のテスト結果は「すべての人に対して、同じ効果があること」を保証するものではありません。
*記事内で特定商品が「天然成分配合」「無添加」であることを紹介する場合、該当の記載は「天然成分を配合していること」「無添加であること」を表すものであり、商品の安全性を直ちに示すものではありません。