安産型の体型とは?赤ちゃんを安産するためにしたいこと

女性の外見を見ただけで安産型だと言う人がいます。一般的にお尻が大きくて骨盤が張っている人のことを指すようですが、実際には、赤ちゃんが通る産道や骨盤の広さが安産に関係しています。

今回は、

  • 安産型の体型の特徴
  • 安産型になるための方法

などをまとめました。

安産型とは

女性 後ろ姿

後ろ姿から「安産型だね」と言われたことはありませんか。一般的にお尻が大きく横に張った形であると安産型と呼ばれることが多いようです。しかし、お尻の大きさだけが安産と関係しているのではありません。では、安産型とはどのようなことを言うのでしょうか。

見た目ではお尻が大きい体型

「安産型だね」と言われる女性に共通するのは見た目のお尻の大きさであると言えるでしょう。実際にはお尻の大きさが安産に関係するのではなく、骨盤が広いことが条件となります。お尻が大きければ骨盤が広くしっかりしているだろうと思われることからお尻が大きい体型が安産型と言われているのです

骨盤が広くてしっかりしていると産道も広く赤ちゃんが通りやすいため、安産になりやすいと考えられています。しかし、お尻だけでなく体全体が肥満気味で大きい場合は、難産の可能性が高くなります。

骨盤が大きくてしっかりしている体型

お尻が大きい女性が安産型と言われるのは、お尻が大きいと骨盤も大きくてしっかりしているイメージがあるからです。出産時赤ちゃんは骨盤を通って生まれます。骨盤が広いと産道も広いと言われており、赤ちゃんはスムーズに通ることができます。

安産にはお尻の大きさよりも骨盤の大きさが重視されるため、お尻が小さくても骨盤が大きく張っていれば安産型にあてはまると言えるでしょう。また、骨盤が大きいだけでなく柔軟性があった方が安産になりやすくなります。

安産型と言われる女性の特徴

見た目で安産型と言われる人はお尻が大きく腰回りがしっかりしているイメージがあります。赤ちゃんがスムーズに生まれるためには骨盤や産道の広さが重要となります。安産型と言われる女性の特徴にはどのようなものがあるのでしょうか。

骨盤が広くて歪みがない

お尻が大きいと骨盤が広くしっかりとした印象があるため、安産型と言われます。またそれに加えて、骨盤がもともと広いだけでなく柔軟性があることで広い産道を赤ちゃんが通りやすくなります。ただ、骨盤が広くても歪んでいればスムーズに生まれることができませんので、歪みがないことも大切な特徴の一つと言えます

骨盤の広さは個人の努力で調整することは難しいですが、骨盤の歪みは矯正することが可能です。2人に1人の割合で若干の歪みはあると言われており、体操やマッサージなどで骨盤矯正をする人は少なくありません。妊娠する前に矯正しておくことをおすすめします。

柔軟性がある

体に柔軟性がある女性には安産型が多いと言われています。筋肉だけでなく関節も含めて柔軟性があると、骨盤周りが柔らかくなり安産につながりやすくなります。また、出産時に筋肉が硬くなることがなないだけでなく、子宮口に無駄な力も入りにくくなるでしょう。

普通分娩では仰向けに寝て股を広げた状態でいきむ必要があり、体が硬いとそれさえも困難になることがあります。下腹部が筋肉痛で力が入れられなくなったり、足がつったりすることもあるでしょう。

柔軟性があることで靭帯が伸び骨盤も開きやすくなります。

適度に運動している

階段 運動

適度に運動している人は体力、柔軟性ともに兼ね備えていることが多いため安産型と言えるでしょう。適度に運動している人は、皮下脂肪がついていないだけでなく、お尻や腰回りなど、出産に関係する筋肉が柔らかくよく動きます。

運動をする際にはストレッチなどの準備運動をすることも多く、筋肉だけでなく骨盤も動かしやすいでしょう。激しい運動をすると骨盤底筋が発達し過ぎて難産になることもあります。運動する場合はウォーキングやジョギングなど軽いものを選ぶようにしましょう。

背が高い

お尻の大きさ、骨盤の広さが安産型に関係していることは有名です。しかし、背の高い人に安産型が多いことはあまり知られていません。身長と骨盤の広さが比例するわけではありませんが、これは一般的に身長が高いと骨盤が広い傾向があると考えられているからです

高身長でお尻が大きい人は、比較的安産型である可能性が高いと言えます。逆に低身長でお尻が小さい場合は、骨盤が狭く難産になりやすい傾向があります。

冷え性ではない

安産型の女性の特徴の1つに冷え性でないこともあげられます。冷え性の主な原因は血行不良であるため、血液の流れが悪くなることで筋肉を硬くします。

冷え性で血流が悪いと便秘や腰痛の悪化にもつながります。また、筋肉が硬くなることで陣痛が微弱になり分娩にも時間がかかることもあると言われているのです。食事や運動で体の内外から体を温めるようにすると安産型の体質に変化させることができるでしょう。

体力がある

筋肉がついていなくても体力がある女性は安産型と言えるでしょう。一般的に経産よりも初産の方が分娩時間が長くなると言われています。分娩に丸1日以上かかることも少なくありません。陣痛の間隔や強さを観察しながら、適度にいきんだり、いきむのをやめたりするのはとても体力がいることです。

体力があるのは過去に運動をした経験があることが多く、骨盤の形がよくてしっかりしている可能性も高くなります。骨盤周りの筋肉も柔らかく産道が広くなりやすい傾向もあると言えるでしょう。

出産に適した年齢

35歳を超えると高齢出産と呼ばれるように出産には適した年齢があります。歳を重ねるにつれて産道が狭くなるため赤ちゃんがスムーズに出てこられず、分娩時間が長くなる傾向があります。また、陣痛が微弱であるため自然分娩ができず帝王切開になることもあるようです。

高齢だけでなく。体が成熟していない15歳以下でも難産になる可能性が高いといわれています。出産に適した年齢があることも安産型と密接な関係があると言えるでしょう。

安産型になるためにできること

安産型と言われる体型は見た目だけではなく、骨盤周りの柔軟性や摂取する栄養のバランスなども必要な条件となります。妊娠がわかった時点からでも安産型になるためにできることはたくさんあります。

食生活に気をつける

安産型になるためには体をつくる基本である食生活に十分に配慮することが必要となります。炭水化物、たんぱく質、ビタミンなどの栄養素をバランスよく摂取することは言うまでもありません。それだけでなく、妊娠中に不足しがちとなる鉄分や葉酸、カルシウムや植物繊維も積極的に摂取することで安産型の体質へと導くことができるでしょう。

妊娠中は食欲旺盛となりつい量を食べ過ぎる傾向もあるため、体重管理をしっかりとすることも大切です。皮下脂肪は安産を阻害するものとなるので、体重増加には十分にも注意するようにしましょう

ストレッチ運動をする

お腹が大きくなると立ったり座ったりするのも苦になるため運動不足になりがちです。食べる量は多くなるのに消費カロリーが少なければ、体脂肪がつき産道が狭くなる可能性もあります。また、安産のためには骨盤周りを柔軟にしておくことが必須となります。

ストレッチ運動を適切に行うことで、下半身の筋肉も間接的に鍛えることができ骨盤周りの筋肉も柔らかくすることができます。関節も一緒にほぐすようにすれば出産時に産道が開きやすくなるでしょう。

太りすぎない

お尻が大きく骨盤が広い女性は安産型と言われますが、太っていればいいわけではありません。体全体が太ってしまうとむしろ難産型の体型になります。妊娠中に食欲が増すのは仕方がないことですが、糖質や脂質などの過剰摂取は皮下脂肪が蓄積される原因となります。

皮下脂肪が溜まると子宮や産道を圧迫して安産を阻害することになります。食べ過ぎには十分注意するとともに、ウォーキングや簡単な体操などで体を動かしてカロリーを消費するように努めましょう。

安産型になるための食事

安産型になるためには適度な運動やストレッチなど、体を動かすことも大切ですが、同時に食事にも配慮する必要があります。妊娠中の食欲や食の好みは普段とは異なることも多いものです。安産型になるための食事について考えてみましょう。

外食を控える

妊娠中に炊事をするのが大変だからと外食が多くなるのは考え物です。妊娠中は2人分食べなければと思いがちですが、実際に必要な栄養は通常の摂取カロリー+350kcal程度です。したがってあまり食べ過ぎると肥満で難産になる可能性もあります。

外食では摂取カロリーがよくわからないだけでなく、脂質や糖質、塩分などを過剰に摂取してしまうおそれもあります。なるべく自宅で摂取カロリーなどに気を付けて食事するようにしましょう。

糖質を控えて栄養のバランスに気を付ける

人によって差もありますが、一般的に妊娠中には甘いお菓子などの糖分が欲しくなる傾向があります。食事だけでなく間食の習慣を続けると体重増加につながることもあるでしょう。

安産を目指すのであれば、糖質をなるべく控えて栄養バランスに注意する必要があります。間食をする場合には捕食と捉えて、ヨーグルトやナッツ類などを摂取するようにしましょう。揚げ物を控えるとともに、蒸す、茹でるなど、調理法を変えることでヘルシーな食事を摂取することも可能です。

安産型になるための運動

安産型になるためには産道を広くするためには、骨盤の周りの筋肉を柔らかくしたり、骨盤の歪みを矯正したりする運動が効果的です。寝たままできる運動であれば妊娠中でもできるでしょう。無理をせず体をほぐすことを意識して行いましょう。

股関節に効く運動


骨盤を開きやすいようにする運動は安産に効果が期待できます。妊娠前から意識して行うことが大切ですが、寝たままできる運動であれば妊娠してからでも始められるでしょう

まず、仰向けに寝て両手をハの字に開き足を立てて少し開きます。息を吸いながら両膝を開き吐きながら閉じます。呼吸を止めずに両膝を左右にゆっくりと倒します。また、膝を曲げたまま横向きになり、片足ずつ呼吸をしながら開閉します。

ゆっくりとした動作ですが、このようなストレッチ運動を行うことで骨盤の周りを柔軟にすることができるでしょう。

ヨガで骨盤矯正


寝たままできる骨盤矯正を目的としたヨガです。マタニティヨガではないためできる範囲で無理のないようにしましょう。

仰向けに寝て膝を立て、お尻から持ち上げて開脚します。お腹が重くて持ちあがらない場合は、足だけの開脚に留めるようにしましょう。次に両足首を手で握って足を倒す運動になります。これもゆっくりとできる範囲内で行います。

その他、足や腰を持ち上げたり、足の曲げ伸ばしをしたりする運動においても無理は禁物です。妊娠中の場合はできる運動だけを選んで行うようにしましょう。

まとめ

骨盤が広くてしっかりしていると赤ちゃんが通る産道も広くなりやすいことから安産型と言われることが多いようです。しかし、骨盤が広くても歪みや肥満があれば難産になる可能性もあります。安産型になるためのコツやポイントを知って、安産を導けるような生活習慣を身に付けるようにしましょう。