3サイズの正しい測り方と理想の3サイズ!目指せボンキュッボン♡

自分の3サイズがいくつくらいなのか、きちんと把握できているでしょうか。バストサイズは何となくわかるものの、ほかの部位はよく分からない、という方もいるかもしれませんね。

そこで、ここでは

  • 3サイズの意味
  • 3サイズの正しい測り方
  • 日本人の平均の3サイズ
  • 日本人の理想の3サイズ
  • 理想の3サイズになるためのエクササイズ

などについてまとめてみました。

3サイズの意味

よく耳にする3サイズですが、いったいどのような意味なのでしょうか。3サイズは洋服のサイズの指標となりますし、数字を聞けばプロポーションもある程度イメージできます。ここでは3サイズの意味をお伝えしたいと思います。

バスト・ウエスト・ヒップのサイズ

3サイズは3つの部位のサイズを表していますが、それがバスト(胸)とウエスト(くびれ)、ヒップ(お尻)です。理想的なサイズとしては、バストとヒップが大きく、ウエストが細いいわゆる「ボンキュッボン」とされていて、そのことばをよく聞いたことがあるでしょう。

バストのサイズも含まれますが、このサイズだけではカップの大きさは判断できません。カップはトップとアンダーから算出することになりますが、バストの指標となるのはこのトップ部分になります。

洋服のサイズの指標になる

女性の着る服の多くは、当然ながら女性の体にフィットするように作られています。胸の部分がゆったりとしているものや、ウエストがかなり細いパンツなどもありますよね。3サイズを把握できていれば、服を選ぶときにも選びやすくなるのです

3サイズを聞けばプロポーションが想像できる

女性の見た目の印象は、3サイズで変わってきます。女性の印象に大きく関わる部位は3サイズで示すことになるため、3サイズを理解できていると聞いただけでその人のスタイルがどのような感じか、イメージできます

3サイズの測り方

3サイズはどのように測ればいいのでしょうか。もっともおすすめなのは、下着の専門店などで測ってもらうことです。「恥ずかしいから自分で測りたい」という方もいるでしょうが、そのような方はここでお伝えすることをよく覚えておきましょう。

メジャーの扱いは床と垂直に!

メジャーはサイズを測るのに適したものを使用しましょう。建築現場で使うようなメジャーはサイズを測るのに適していません。また、メジャーを使ってサイズを測るときは、床に対して水平にするのが基本です。

例えば、バストサイズをメジャーで測るとき、床と水平になっていないと、正しいサイズを測ることができません。斜めになっている、傾いている、ねじれているといった状態ですね。鏡を見ながら測ると水平状態を維持して測れますよ。

バストの測り方:胸のふくらみの一番高い位置で測定

バストを測るときは、トップで測ります。ここで一つ注意なのですが、ブラジャーはつけたままで構いません。正しいサイズを測るためにと、ブラジャーを取ってしまう方がいますが、これだと逆に正しいサイズが測れないことがあります。

特に胸が大きい方だと、ブラジャーを外すと重力で垂れてしまいますよね。トップの位置も下がってしまいますし、これだと正確なサイズは測れません。そのため、ブラジャーはしたままで、パッドだけ外すようにしてください。

ウエストの測り方:お腹の一番細い位置で測定

もっともくびれている位置で測ります。この時も、メジャーが床と水平になるように注意しながら測りましょう。「一番くびれている部分がよく分からない」という場合は、おへそから2~3cmくらい下を測ってください。

おへその位置をウエストだと勘違いしている方もいますが、ここだと少し高い位置になってしまいます。そのため、おへそで測ってしまうと本来のウエストサイズを測ることはできません。注意してくださいね。

ヒップの測り方:お尻のふくらみが一番大きい位置で測定

もっともお尻が突き出た位置で測るのが基本となります。お尻側からメジャーを回してきて、自分の前で目盛りを確認するようにしましょう。一番突き出ている部分が分からないという場合は、鏡でチェックしてください。

姿鏡で見て、一番お尻のふくらみが大きくなっている部分です。特に初めて3サイズを測るという方は、鏡でチェックしながら測ると正確に測りやすいでしょう。

日本人の平均の3サイズ

日本人と海外の方とでは、3サイズも随分違ってきます。ここではまず、日本人の平均的な3サイズについてお伝えしましょう。自分の3サイズと照らし合わせてみるのもいいかもしれませんね。

バスト:83.9cm

平均的なサイズがこれですが、年代によって平均的なサイズは違ってきます。20代の女性だと83.1cmくらいのサイズになりますし、40代だと83.6cmほどになります。基本的には年齢を重ねるほどにふくよかな体になることが多いですね。

ウエスト:66.2cm

平均的なサイズとしては66.2センチという数字となります。最近では60センチ未満の細いウエストを目指す方が多いですが、健康的なウエストの平均としての数値になります。

ヒップ:90.0cm

ヒップの平均的なサイズは90.0センチくらいになります。ヒップも年齢を重ねるほどサイズアップしていく傾向にあるので、この数字を基準として考えてみてくださいね。

日本人の理想の3サイズ

日本人女性の理想的な3サイズは、いったいどれくらいなのでしょうか。できることなら、理想的と言われるサイズを目指したいですよね。人によって理想とするサイズは異なるでしょうが、ぜひ参考にしてください。

バスト:83.1cm

理想的なバストサイズは83.1㎝と言われています。バストサイズは身長との兼ね合いも大きいので、この数値が大きければ大きいほど良い、ということにはなりません。体型や人によって理想となる数値は変わってきますが、理想のバストサイズは、身長に0.52を掛けることで算出できます。ぜひ調べてみてくださいね。

ウエスト:63.1cm

ウエストは、自分の身長に0.37を掛けることで算出できます。身長160cmの方だと、0.37を掛けることで59.2cmとなりますね。一度自分の身長で計算してみましょう。理想的なウエストを求めるなら、日ごろの食生活や運動習慣にも目を向けたいですね。

ヒップ:88.2cm

ヒップはバストと同じくらい女性らしさを象徴する部位でもあります。理想のヒップサイズは、身長に0.53を掛けることで算出できるので、ぜひ試してください。お尻は脂肪がつきやすい部位でもあるため、普段から気を付けたい部位ですね。

理想の3サイズになるためのエクササイズ

ここでは、理想的な3サイズを手に入れるためのエクササイズをいくつかご紹介したいと思います。ダンベルフライやわき腹の運動、大殿筋を鍛えることができるエクササイズです。ぜひ取り組んでくださいね。

ダンベルフライでバストアップ

ダンベルフライを行うときは、仰向けに寝転がって両手にダンベルを持ちます。女性だと、水の入ったペットボトルで始めるのもいいですね。ダンベルを持った両手をサイドからグッと上に持ち上げ、また降ろしていきます。

脇腹の運動でウエストシェイプ

横になる姿勢で、両手は頭の後ろで組むようにします。その状態で、息を吐きながら体を横のまま持ち上げます。わき腹の筋肉にきちんとアプローチできているか、確認しながら行いましょう。戻す時には息を吸ってくださいね。

大殿筋を鍛えてヒップアップ

お尻の形を整えることができるエクササイズです。四つん這いになった状態で、片足を後ろに伸ばします。高い位置で足をキープし、その状態で軽く上に足を上げます。お尻の筋肉に意識を集中させるようにしてください

まとめ

3サイズの意味や、平均的、理想的な3サイズについてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。人によって理想となる3サイズは異なりますが、できることならボンキュッボンのメリハリボディになりたいですよね。日ごろから食事にも気を付け、エクササイズも行うことで理想的な体になれるかもしれませんよ。