お菓子は太る?お菓子の太りにくい食べ方を教えます♡

無性にお菓子を食べたくなることもありますよね。甘くて美味しいお菓子をいつまでも食べていたい、と思ってしまうこともありますが、やはり気になるのはカロリーです。お菓子を食べると太るとよく言われますし、それを気にしてあまり食べないという方もいるでしょう。

そこで、ここでは

  • お菓子が太るのかどうか
  • 太りにくい食べ方

などについてまとめてみました。

お菓子を食べると太るの?

お菓子を食べると太る、というのは多くの方が思っていることだと思います。確かに、お菓子には砂糖もたくさん使われていますし、だらだらと食べてしまうと太りやすいです。ただ、例外的にたくさん食べても太らない人がいるのも事実です。ここではお菓子が太ると言われる理由について見ていきましょう。

だらだらとお菓子を食べると太りやすい

お菓子には砂糖が使われていることが多いですし、糖質を含んでいます。糖質は人体に必要なものですが、摂りすぎは肥満に繋がってしまいます。

お菓子を少し食べるくらいで太ることは少ないでしょうが、だらだらと食べ過ぎてしまうのはNGです。お菓子は手軽につまめるものが多いので、つい「ながら食べ」をしてしまいがちですよね。テレビを見ながら食べたり、読書をしながらつまんでしまう習慣を見直すことが大切です。

原料が油・小麦粉・生クリームなどのお菓子を多く食べるのはNG

原料に油がたくさん使われていると、脂質の摂りすぎになってしまいます。脂質は人体に必要な栄養素の一つですし、タンパク質や炭水化物と並んで三大栄養素とも言われています。そのため、完全にカットするのはNGですが、たくさん摂りすぎるのはやはり太る元です。また、小麦粉や生クリームなどがたくさん使われたお菓子も注意が必要ですね。

小麦粉は炭水化物となりますし、糖質の塊です。小麦粉を使ったお菓子だと、ホットケーキが代表的でしょうか。生クリームだとケーキによく使われていますね。生クリームは糖質こそそこまで高くないものの、カロリーは高めになります。そのため、たくさん食べ過ぎてしまうとカロリーオーバーになってしまい、太る原因となってしまいます。

たくさん食べても太らない人もいる

お菓子の食べ過ぎは肥満の原因になってしまいますが、世の中にはたくさんお菓子を食べても太らない人もいます。まず考えられるのは、基礎代謝量が高いということです。

基礎代謝量が高いと、何もしていない状態でも脂肪を燃焼させてくれます。そのため、基礎代謝量が低い人と同じ量を食べたとしても、太りにくいのです。また、腸内環境のバランスが良く、排泄がスムーズにできている人も太りにくいです。

太りにくいお菓子の食べ方

お菓子はたくさん食べたいものの、太るのは嫌だ、という方はたくさんいると思います。そこで、ここでは太りにくいお菓子の食べ方についてお伝えしたいと思います。ポイントを押さえておくだけで太りにくくなりますよ。

洋菓子より和菓子がおすすめ

洋菓子だと、クッキーやケーキ、アイスクリームなどが代表的ですね。基本的に洋菓子には、太る要素がたくさん詰まっています。油や小麦粉、生クリームを使ったものも多いですし、どうしても太りやすくなってしまうのです。そのため、お菓子を食べて太りたくない、と考えているのなら、洋菓子よりも和菓子をチョイスしたほうがおすすめです。

和菓子は基本的にカロリーが低めなものが多いです。洋菓子のように油や生クリームを使ったものもないので、太りにくいといえるでしょう。もちろん、和菓子だからといってたくさん食べていれば、当然太ってしまいます。あくまで洋菓子に比べるとローカロリーなため、太りにくいというだけです。食べ過ぎればどんなものでも太ってしまいますよ。

お菓子を食べる時にはジュースを飲まない

ジュースにもたくさんの糖質が含まれています。どんなにサッパリとした飲み口のジュースでも、ほとんどの品には砂糖が使われているからです。砂糖は糖質ですし、お菓子と一緒に飲むことで血糖値が一気に上がってしまう恐れがあります。

お菓子を食べるときにおすすめなのはお茶です。洋菓子でも、お茶なら口の中をサッパリさせてくれます。お茶や水など、糖質を含まない飲み物をチョイスすることで太ってしまう相乗効果を回避することができますよ。

お菓子は200kcalまでにしておく

普段の食事にプラスして余計なカロリーを摂取することになるので、200キロカロリー程度に抑えておきましょう。これ以上食べると太ってしまう、という意識をしっかり持つことが大切です。

お菓子を買うときに、カロリーを気にしていますか?お菓子の袋にも、きちんとカロリーや成分は表記されているはずです。お菓子を購入するときは、きちんとカロリーを確認してから買うようにしてください。

まとめ

お菓子は食べ過ぎると太ってしまうので、注意してください。特に、一気にたくさん食べてしまうと、血糖値が急激に上がってインスリンが分泌されてしまいます。

脂肪を蓄えやすくなってしまうので、一日に食べる量も200kcalくらいに抑えてくださいね。また、洋菓子より和菓子のほうがカロリーは控えめなので、これからは和菓子を中心に食べることをおすすめします。

*本文中で「アンチエイジング」について言及する場合、「年齢に応じた潤いのお手入れ」を意味します。若返り効果を意味するものではありません。
*本文中で「美白」について言及する場合「メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐこと」「メーキャップ効果により肌を白くみせること」もしくは「日やけによるしみ・そばかすを防ぐこと」を意味します。
*本文中で「シミ」や「小じわ」「毛穴」のケアに言及する場合、文言はいずれも「シミやシワ、毛穴を目立たなくすること」を意味します。シミやシワの改善や治療効果を標ぼうするものではありません。
*記事内で特定商品の効果を紹介する場合、該当の記載は「すべての人に対して同じ効果があること」を保証するものではありません。
*記事内で特定商品がパッチテスト済みであることを紹介している場合、該当のテスト結果は「すべての人に対して同じ効果があること」を保証するものではありません。