スイカは太る?実は糖質高めなのにダイエットの期待値大♡

夏に美味しい果物といえば、まず思い浮かぶのはスイカですよね。甘いスイカに塩を振って食べるのは美味しいですし、みずみずしいスイカは癖になってしまうほどの中毒性もあります。そんなスイカですが、実はダイエット効果が期待できることを知っていますか?
  • スイカに期待できるダイエット効果
  • スイカの栄養
  • スイカの食べ方

についてまとめてみました。

スイカはダイエット効果が期待できる食材

甘いイメージのあるスイカに、ダイエット効果があると言われてもピンときませんよね。しかし、スイカにダイエット効果があるというのは事実なのです。低カロリーでほとんどが水分ですし、ダイエット向きのフルーツなのです。詳しく見ていきましょう。

ほとんどが水分

みずみずしい印象のあるスイカは、全体の約90%が水分です。これが、スイカがダイエット向きだといわれる理由の一つでしょう。水分をいくら摂っても、太ることはありませんよね。

確かに、スイカをたくさん食べると体重が増えてしまいます。しかし、これはあくまで一時的に体重が増えているだけです。スイカに含まれている水分を摂取したので、一時的に体内の水分が増し、それが体重計の数字として表れているのです。

カロリーが低い

スイカのカロリーは、100gあたり37kcalとなっています。これはかなり低いカロリーと言えるでしょう。仮に、1kgのスイカをまるまる食べたとしても、カロリーは222kcalくらいです。カロリーだけで考えるとスイカは本当にダイエット向きの果物です。

老廃物を排泄

スイカにはたくさんのカリウムが含まれています。カリウムは、体内に溜まった水分を体外に排出してくれますし、この時に余分な塩分も出してくれるのです。つまり、体内の塩分濃度をコントロールしてくれるわけですね。その結果、むくみの解消にもつながります。

また、スイカには酵素がたくさん含まれています。シトルリンやマンノシターゼ、イノシトールなどさまざまな酵素が含まれており、これが老廃物の排泄を進めてくれます。老廃物をしっかりと外に出してくれるため痩せやすくなりますし、美容や健康効果も期待できるというわけです。

スイカの栄養

スイカにはさまざまな栄養素が含まれています。シトルリンやカルシウム、マグネシウム、βカロテンなど、一度にさまざまな栄養素を摂取できるのです。詳しく見ていきましょう。

シトルリン:血流改善

シトルリンは、アミノ酸の一種でウリ科の植物にたくさん含まれています。シトルリンには血管を拡張させる作用があるため、血流を改善させる効果が期待できます。運動パフォーマンスの向上、むくみの改善などにも効果が期待できますね。

血流が改善されることで全身に栄養素が行きわたりやすくなるため、疲労回復効果も高まると言われています。手足の隅々まで血液を届けやすくなるため、冷え性の改善にも効果が期待できそうですね。

カルシウム・マグネシウムなどのミネラルが豊富

生のスイカ100gあたりに4mgのカルシウムが含まれています。カルシウムは骨を強くする働きがあります。マグネシウムも100gあたりに11mg含まれています。

このようにミネラル類が豊富に含まれているのはスイカの特徴です。カリウムに至っては100gあたりに120mgも含まれています。カリウムには利尿作用がありますし、体内の余計な水分を体外に排出してくれる働きがあります。女性のむくみにも効果が期待できそうですね。

βカロテン:アンチエイジング

βカロテンはさまざまな野菜に含まれていますが、スイカにも含まれています。スイカに含まれるβカロテンは200gあたり1600μgとなっています。βカロテンは人の体内に摂取されたあと、ビタミンAに変換されます。

新陳代謝を活発にする、肌の老化を予防するといった効果が期待できます。つまり、アンチエイジング作用が期待できるということですね。いつまでもみずみずしく、若々しい肌でありたいと考える女性にとって必須の成分と言えるでしょう。

リコピン:肌を美しく整える

リコピンというとトマトに含まれる成分、といった印象がありますが、実はスイカにも含まれているのです。なんと、スイカに含まれているリコピンはトマトよりも多く、さらなる効果が期待できます

リコピンには強力な抗酸化作用があることがわかっており、活性酸素を内部から除去してくれると言われています。そのため、アンチエイジング効果も期待できるのです。肌のターンオーバーも正常にし、常に美しい肌をキープできるようになるかもしれません。

スイカのおすすめの食べ方

健康や美容、ダイエット効果が期待できるスイカですが、闇雲に食べるのはおすすめできません。ここでは、スイカのおすすめの食べ方についてまとめてみました。

1食分のスイカの置き換えダイエット

おすすめなのは、スイカの置き換えダイエットです。置き換えダイエットは、主食を低カロリーなものに置き換えるという、ポピュラーなダイエット方法ですよね。主食のご飯をスイカに変える、といった感じです。

夜に行うよりも、朝食や昼食で置き換えダイエットを実践してみましょう。朝や昼だと、スイカから摂取した糖質もしっかりエネルギーとして使うことができます。夜だと糖質を脂肪として溜め込みやすくなるので、あまりおすすめできません。昼間働いている方だと、職場でスイカは食べにくいと思うので、朝食が現実的でしょうか。

スポーツドリンク代わりの水分補給に!

スイカは90%が水分でできています。そのため、スポーツで汗をかいたとき、疲れたときの水分補給をスイカで代用してみましょう。

スポーツドリンクでいいのでは、と思った方もいるでしょうが、スポーツドリンクにはたくさんの砂糖が使われています。砂糖のGI値は果糖の約5倍なので、急激に血糖値を上げてしまうのです。血糖値が急激に上がってしまうと脂肪を溜め込みやすくなるので、おすすめできません。スイカなら喉も潤い、血糖値も上げにくいのでダイエット向きです。

糖質は高めなので食べすぎには注意

スイカは低カロリーで、なおかつほとんどが水分でできていますが、スイカには糖質も含まれています。

例えば、大玉のスイカを1/10にカットし、375gくらいの大きさにしたとします。この時の糖質は、約21g程度になるのです。これは決して低い数字とは言えませんよね。そのため、ほぼ水でできているとは言え、食べ過ぎには注意しなくてはなりません。

ただ、スイカに含まれる果糖のGI値はとても低く20くらいです。砂糖が100なので、1/5。GI値が高いほど血糖値を急激に上げてしまうので、脂肪を溜め込みやすくなってしまいます。つまり、糖質は高めなものの、GI値は低いので、同じカロリーや糖質の食べ物に比べると太りにくいと言えます。

まとめ

スイカは太りやすいどころか、ダイエット向きの果物であることが判明しました。さまざまなミネラルを一度に摂取することができますし、ダイエットしている人に嬉しいリコピンやシトルリンなども含まれています。

ほとんどが水なので、カロリーが低いのも嬉しいですね。本気でダイエットしたいなら、スイカで置き換えダイエットにもチャレンジしてくださいね。