5歳向け知育玩具を選ぶポイントはここ!おすすめ10選

5歳になると身体機能や運動能力が発達するだけでなく精神面の成長も目覚ましくなります。コミュニケーション能力も身についてきて友達との交流も活発になる頃でしょう。5歳児向けの知育玩具は、間もなく就学することも考慮して選んであげることが大切です。

そこで

  • 概要
  • 5歳におすすめの知育玩具の商品紹介

を紹介します。

5歳はこんなことが得意になるころ


5歳になると行動範囲が広がりさまざまな物に興味を持って見たり触れたりする機会が増えます。徐々に自我を抑えることもできるようになり、わがままも少なくなるでしょう。

5歳になるとどんなことができるようになるのでしょうか。

自立心が芽生えるころ

5歳になると徐々に自立心が芽生えてきます。保育園や幼稚園に通っている子供も多いことから、園の準備や茶碗のお片付けなど、自分の身の回りのことを自分でできるようなるでしょう。お手伝いをしたがるのもこの時期で責任を持たせて任せるのにもちょうどいい時期です。

早寝早起き、あいさつなどの基本的な生活習慣を身に付けさせるとともに、完璧にできなくても何でも自分でやろうとする自立心を高めていくことが大切です。

正しく使える道具が増える

5歳になると手先が器用になり、おもちゃで遊ぶだけでなく指先を使った細かい作業にも自ら進んで取り組むようになります。

スプーンではなく箸を使って食事をしたり、形や線に沿ってハサミで切ることができたりなど、道具を使ってできることが増えるでしょう。

道具のなかには危険なものもありますが、まだ早いからと使わせないのではなく正しい使い方を教えて積極的に使わせてあげましょう。道具の持ち方などのクセを矯正するのにも適した時期です。

5歳におすすめの知育玩具は?


5歳になると理解力や記憶力が著しく伸びて、何でも吸収しようとする意欲も高まります。小学校入学を控えた時期に、教科の学習にもつながる知育玩具は脳をおおいに刺激してくれることでしょう。

5歳におすすめの知育玩具はどんなポイントで選べばいいのでしょうか。

文字を読ませることができるもの

文字を読ませることができるような知育玩具を選んであげましょう。5歳頃になると形や色だけでなく文字に興味を示す子供も多くなります。

好きな絵本を自分で読んだり、名前をひらがなで書けたりする子供もいるでしょう。文字は小学校で学習しますが、就学前に文字に触れているかいないか理解力に大きな影響を与えるようです。

無理して読み書きを指せる必要はありませんが、身近に触れて慣れることによって文字を読むことが苦にならなくなるでしょう。

数字を使って簡単な計算ができるようになるもの

時計やカレンダーなどに毎日触れることから数字に興味が出るようになるのも5歳頃ではないでしょうか。時計の読み方や100までの数字の数え方を理解したり、一桁の簡単な足し算や引き算をしたりすることができる子供もいます。

小学校では数の概念から学習することになりますが、早くから数字に触れて簡単な計算ができるようになると算数に対する苦手意識がなくなることでしょう。知育玩具を活用すれば楽しく簡単な計算ができるようになります。

道具を使って楽しく学べる!5歳におすすめ知育玩具

手先を器用に使うことは脳を刺激して活性化することにもメリットがあります。遊び感覚で道具を使う知育玩具は楽しみながら学ぶことができます。

5歳におすすめの道具を使って学ぶことができる知育玩具を紹介します。


ひらがなで書かれた都道府県のパズルを組み合わせながら日本地図をつくることができる知育玩具です。初めは形を合わせてパズルを埋めることに一生懸命ですが、そのうちに都道府県の形や位置にも関心が高まっていくことでしょう。

8つの地方別に色分けされている基本ピースを使って、県の都道府県の少ない地方から作っていくといいでしょう。パズルをはめ込む代は折りたたんで収納できるつくりになっているため、片付けも楽にできます。

R-STYLEプラ製ドミノ 倒し セット


ドミノ倒しはカタカタと心地良い音を立てながらきれいに倒れていくのが醍醐味です。しかし、きちんと倒れるように並べるには発想力や集中力、手先の器用さが必要となります。長時間集中して1つのことに取り組む耐性を身に付けるうえでもメリットがあります

赤、黄、緑の3色のドミノを使って自由に立体物をつくることもでき、ピタゴラ装置の制作も可能です。クリエイティブな発想を養うだけでなく、図形や空間の認識を促すのにもピッタリと言えるでしょう。

ワミー(キラキラキュート2) ラメ入り 120ピース


形を組み合わせるだけでなく、曲げたり、つなげたり、通したりと発想力や試行錯誤しながら最後までやり抜く力などが必要となるブロックです

女の子が大好きなキラキラ光るラメが入っており、簡単なアクセサリーから靴やドレスまでさまざまな物を創造することができます。

アイデアブックを参考につくるのに慣れたら、全く新しい発想でつくるようになるでしょう。デザイナーの卵が誕生するかもしれませんね。

ブロックス BJV44


フランス生まれのブロックスは、シンプルだけど奥深いゲームであることから50ヵ国以上に広がったゲームです。タイルを角が接するように置くだけの簡単なルールですが、相手がいるとなかなかうまくいきません。

どのようにピースを配置していくか、対戦相手には公開しない残りピースの状況から、同作戦をたてるか、などかなり頭を使う必要があります。論理的思考や型にはまらない発想力を身に付けるにはうってつけの知育玩具と言えるでしょう。

NEW スタディ将棋 (リニューアル)


史上最年少棋士として有名になった藤井棋士も幼い頃に使っていた将棋ゲームです。将棋で勝つためには幾通りもの戦術を瞬時に導き出さなければなりません。将棋が全く初めてであっても、駒の種類によってどの方向に進めるかが矢印マークで示されているので、簡単に遊べます。

何回も繰り返すうちにルールブックを見なくても自然に覚えるでしょう。基本的な将棋のルールから易しい詰将棋まで、飽きずに長く使えるのも魅力です。

文字・数字を学べる!5歳におすすめ知育玩具

文字や数字に興味があっても5歳ではまだ机に座ってノートに書きながら勉強するのは難しいでしょう。遊び感覚で楽しく覚えられる知育玩具がおすすめです。小学校に入る前の文字や数字を学ぶのにおすすめの知育玩具を紹介します。

もじ・かずボード


特殊なペンを使って何度でも文字や数字の練習ができます。アクアペンは水を浸けて描くと文字や数字が書けますが、乾くと消えるので消したり洗ったりする手間が必要ありません。ひらがな、カタカナ、数字と自由書きの3種類が2枚ずつのセットになっています。

字形や書き順が示されているため、自然に正しい書き順を覚えながらきれいな文字を書けるようになります。ノートや鉛筆を準備する必要がないので経済的です。

46ピース 子供向けジグソーパズル ピクチュアパズル カタカナ


ジグソーパズルを活用したカタカナを覚えるための知育玩具です。ひらがなを覚えるためのグッズは比較的たくさんありますが、カタカナに特化したものは珍しいのではないでしょうか。一通りひらがなを覚えた次のステップとしておすすめです。

ピースの形状にも気を配りながら並べていくことでカタカナの順番を覚えることができます。また、各ピースにはそのカタカナから始まる単語がイラストとともに描かれているのでヒントになります。

ワードバスケットキッズ (Word Basket) カードゲーム


箱の中にあるカードと手札でしりとりをしながら、手札も文字で終わる言葉を考えるカードゲームです。続く言葉を思いついた人からカードを投げ入れながら言葉を言います。ひらがな一覧表やカードに描かれているイラストをヒントにしながら遊ぶことができます。

ただ文字を覚えるのではなく、カードゲームを楽しみながら文字に触れられるので、遊びながら自然に文字を理解することができます。語彙力も広がるので会話も弾むようになるでしょう。

くもん サイコロたしざんランド


足し算しながらゴールを目指すすごろくゲームです。10面体のサイコロを2つ使って出た目を足し算することを繰り返すことで10までの数字の足し算に親しむことができます。まだ、数になじみがない場合は「かずのひょう」を使って数唱することから始められるので安心です。

苦手なところは練習カードで集中的に計算を繰り返すことができ、ゲームを楽しむことを目的としていつのまにか足し算が身につくでしょう。

木製 100だまそろばん


カラフルで大きく立体的な100玉そろばんは、子供の興味関心を高めてくれます。おもちゃとして遊ぶことから徐々に数の塊の概念などについて学ぶことができるようになります。頭で考えるだけでなく球を動かしながら目で実際に見ることができるため、理解しやすくなることでしょう。

おけいこシートやドリルもセットになっており、そろばんだまで学習した内容を確認することもできます。数の仕組から足し算、引き算を段階的に勉強するのにぴったりでしょう。

まとめ

5歳になると自立心が芽生えさまざまな物への興味関心が高まります。手先も器用になることから道具を使って上手に遊ぶこともできるでしょう。

そんな時期には、道具を使ったり、文字や数字に興味関心を高めたりすることができる知育玩具がおすすめです。遊びながら楽しく学べる知育玩具を活用して小学校への勉強につなげましょう。