知育玩具の年齢別おすすめ10選!選ぶポイント教えます

子供の成長に合わせて健やかな発達を促す知育玩具は人気です。楽しく遊びながら好奇心を刺激し、手先の器用さや想像力、論理的な思考力などさまざまな能力を鍛えることができます。

そこで、

  • 概要
  • 知育玩具を選ぶときのポイント
  • 年齢別オススメの知育玩具の商品紹介

と、知育玩具を選ぶ前に、押さえておきたい年齢別の発達の特徴などを紹介します。

まずは年齢別の特徴を押さえておこう


生後間しばらくは親の手がないと何もできませんが、徐々に心身の成長が著しくなりできることが増えていきます。

乳幼児とひとくくりされることも少なくありませんが、知育玩具を与える際には、まず年齢別の発達の特徴を押さえておく必要があります。

1歳:歩けるようになって好奇心のかたまり!遊びの範囲が広がるころ

ヨチヨチ歩きができるようになり、自らの意思で興味のある物に近づいて行くようになります。視覚も徐々にはっきりしてくるため目に入る物全てが珍しく好奇心の塊です。

お座り、ハイハイの頃よりも活動範囲が広がり、目を離すと思わぬ場所まで移動していることもあり目が離せない時期にもなります。

2歳:自我が目覚めて何でも自分でやってみたいころ


それまではパパやママが与える物だけで満足していたのに、徐々に自我が芽生えてきて自分の気持ち、判断を主張するようになります。

人からやってもらったり、させられたりすることを拒否し、何でも自分でやってみようとします。何を言っても「イヤ」と返すイヤイヤ期が始まるのもこの頃です。

3歳:おともだちとのやり取りも上手になり会話もスムーズになるころ

幼稚園入園の時期となるこの時期は家族以外とのコミュニケーションが始まり、ともだちの存在を意識し始めるようになります。

自分の気持ちを言葉にして伝えるのも上手になり、子供同士で大人が驚くような会話をしていることもあるでしょう。自分の我を通すだけでなくともだちの意見も受け入れようとする態度も芽生え始めます。

4歳:想像力も高まりごっこ遊びが上手になるころ


現実だけにとらわれるのではなく空想の世界をイメージできるようになります。読み聞かせに夢中になるのもこの頃でしょう。

男の子なら戦隊ヒーローごっこ、女の子なら人形遊びやままごとなど、想像力を膨らませたごっこ遊びを上手にするようになります。玩具の扱いも慣れて、想定外の遊び方で楽しむ姿も見られるでしょう。

5歳:ボール遊びも得意になり理解力・記憶力がグンとのびるころ

身体能力が著しく発達するこの頃は室内での遊びだけでなく、ボール遊びや縄跳びなど外で体を動かすことに喜びを感じるようになります。

他人の言葉や気持ちを理解する能力も向上し、人とのコミュニケーションを楽しめるようにもなるでしょう。記憶力の伸びもみられる頃で就学前学習をするのにも適した時期です。

知育玩具を選ぶときのポイント


知育玩具は心身の健やかな発達を目的としてこだわってつくられたおもちゃです。考えさせながら楽しく遊ばせることができますが、対象年齢や玩具の構造、仕組にも違いがあります。

知育玩具を選ぶ際にはどんなことをポイントにすればいいのでしょうか。

対象年齢はあくまでも目安!成長にあわせて選ぶこと

知育玩具に限らずおもちゃには「0~2歳」「2~4歳」などと対象年齢が表示されています。購入する際の目安となるものですが、対象年齢はあくまでも目安です。

子供の発達段階は個人によって大きく異なるため、成長に合わせて適切な物を選んであげることが大切です。知能や精神年齢の発達のスピードが速い場合は、対象年齢が上のものでも構いません。

シンプルでさまざまな遊び方ができるものがおすすめ

知育玩具には指先の運動やバランス感覚、想像力や問題解決能力など、発達を促すターゲットとなる能力を絞っている物もあります。

能力を伸ばすために複雑な仕組の知育玩具もありますが、できるだけシンプルで1つの遊びではなくさまざまな遊び方を工夫してできるものを選んだ方がいいでしょう。

1歳:好奇心旺盛なころにおすすめ

好奇心旺盛なこの時期には、何でも自分の手に取って触感を楽しむようになります。

何気ない遊びで想像力や形や色を認識する力を培うのにはピッタリの時期と言えるでしょう。1歳児におすすめの知育玩具を紹介します。

コンビ コップがさね


カラフルな10個のコップと可愛いクマの顔がセットになった玩具です。好きなようにコップを住み上げたり、重ねたりすることができます。

手指の運動になるだけでなく、大きさや色の違いを認識する力を培うことが可能です。好奇心旺盛で何度も同じ遊びを繰り返す6ヵ月頃からの遊びとしておすすめです。

GEEDIAR 育脳タワー おもちゃ 積み木 知育玩具 木製ブロック 天然木製バブル


天然木の温もりを感じながら子供の論理的な能力を鍛えることができるブロックです。木のおもちゃは子供の想像力や好奇心を刺激すると言われています。

手触りがいいだけでなく水性塗料も無害な物を使用しており、安心して遊ばせることができます。組み合わせて遊ぶ以外にも難易度の高い遊び方ができ長く使えるのも魅力です。

2歳:何でも自分でやりたいころにおすすめ

人から指示されることを拒否し自分でやりたいことを見つけて取り組むようになる時期です。

ただ積み上げたり並べたりする単純な遊びだけでなく、想像力を膨らませながら物をつくることができるようになります。2歳児におすすめの知育玩具を紹介します。

Dreampark 紐通し カラフルおもちゃ ひもとおし 知育玩具 木製 ビーズ


カラフルや野菜や果物、昆虫や鼻などのビーズが子供の好奇心を刺激します。指先を使ってプレートにつける作業では運動能力や手先の器用さを育むことができます。

また、紐を通す作業には集中力も必要です。子供の生の声を反映して最適なサイズでつくられており、無臭、無毒の木のおもちゃとして安心して遊ぶことができます。

KitWell マグネットブロック 7種類 60ピース


マグネットが入った60の面だけでできたカラフルなピース。数字や車など初めから形がわかる物は1つもなく、全て子供の想像力によって形作られていくことになります。

目で見て触って考えて、平面から立体を作り出す過程でさまざまな能力が鍛えられることでしょう。誤飲や怪我にも十分に配慮されており、小さな子供でも安心して遊ぶことができます。

3歳:お友達と仲良しになれるころにおすすめ

保育園や幼稚園で友達との交流も始まるこの時期には、1人遊びだけでなく複数で協力したり、競い合ったりしながら遊ぶことができるおもちゃもおすすめです。

思考力が著しく発達する3歳児におすすめの知育玩具を紹介します。

CHIPHELL 知育玩具 ブロック500ピース 収納ケース付き


13色ものカラフルな色合いのブロックを自分で考えた組み合わせで作り上げることができるおもちゃです。

子供が口に入れても安心の祖差しを採用しており、扱いやすいサイズや強度があることから、つないだりはずしたりを繰り返しながら指先の訓練をすることも可能です。集中力や想像力、表現力などさまざまな能力を引き出してくれます。

ハピネスチャージプリキュア! おしえてプリキュアパッド


女の子に大人気のプリキュアのキャラクターを使ったパッドです。ひらがなアルファベット、英単語やあいさつなどさまざまな遊びが1つのおもちゃでできます。

音声を聞くことができるため、言葉遊びや音楽を通して聴覚の発達にも効果があります。問題にチャレンジすることができるので遊びながら学習に慣れるのにもおすすめです。

4歳:ごっこあそびが楽しいころにおすすめ

ただおもちゃで遊ぶだけでなく自分なりに想像したり考えたりしながら、設定をしてごっこ遊びをするのが大好きな時期です。想像力を膨らませてくれる4歳児におすすめの知育玩具を紹介します。

bruder(ブルーダー) SCANIA LH クレーン


スウェーデンの重機メーカーの大型クレーンを1/16のスケールで再現したリアルなおもちゃです。マイスターと呼ばれる職人が多いドイツの老舗おもちゃメーカーの商品でリアルに可動する精巧なおもちゃとしておすすめです。

電動で実際に荷物を吊り上げることができ、働く車が大好きな男の子にはたまらないプレゼントになるでしょう。

ピタゴラスシリーズ 女の子脳を刺激するピタゴラス 33パーツ


ひらめきや想像力を刺激する知育玩具として大人気のピタゴラスシリーズです。

製活計や三角形、階段やドアなどのさまざまなカラフルなパーツを組み合わせて花や動物、構造物などをつくることができます。磁石で簡単につくので試行錯誤しながら集中して遊ぶことができるでしょう。

5歳 数や文字にも興味が深まるころにおすすめ

理解力や記憶力が飛躍的に伸びるこの時期は、文字や数字にも興味を持ち始めます。遊びながら学習できるおもちゃは、就学前のプレ学習にもぴったりです。5歳児におすすめの知育玩具を紹介します。

何度でも繰り返し練習できる 【みぞなぞり習字ボード】


それまで記号としてしか認識していなかった文字にも本格的に興味がでる時期です。溝にそってなぞるだけできれに文字を書ける練習ボードは、文字を書きたいけれどうまく書けない子供にピッタリ。

イラスト付きで読みを覚えながら書いたり、正しい書き順を身に付けたりするのにも最適です。特殊なインクを使用しており、何度でも繰り返し練習できます。

知育玩具 数 ナンバー 1-10 木のおもちゃ パズル123


1~10までの数字ブロックと10枚の動物カードがセットになっています。イラストを見ながら数の数え方の概念を理解するのに効果的です。

動物カードと数字は連動しており、ヒントとなる溝が付いているので、自分で考えながら当てはめることができます。破線の数字を使って数字を書く練習するのもいいでしょう。

まとめ

知育玩具はただ遊ぶだけのおもちゃではなく、子供の好奇心を刺激して想像力や論理的な思考力、手先の器用さなどを引き出してくれます。

表示されている対象年齢にこだわらず子供の成長に合わせて選ぶことが大切です。年齢別に知育玩具を選ぶポイントを押さえて子供の能力を引き出してあげましょう。