フラフープを使ってダイエット!選び方とおすすめをご紹介

フラフープは、天候や周囲の目を気にすることなく自宅で気軽にエクササイズできると人気です。1日10分でも運動を続けることでダイエットだけでなく、インナーマッスルを鍛えたり、姿勢を矯正したりする効果も期待できます。そこで、自分に合ったフラフープの選び方やおすすめのフラフープについてまとめました。

フラフープでダイエット!どこに効くの?


フラフフープは使い方が簡単で体への過剰な負担がかからず、テレビを観ながら、音楽を聴きながらの長良ダイエットにもおすすめです。早朝や深夜でも自分のペースでできるフラフープダイエットの効果にはどんなものがあるのでしょうか。

ウエストまわりに集中して効く!くびれができる

フラフープは腰やお腹などウエスト周りの旋回運動を連続して行うものです。普段使わない筋肉を激しく長時間動かすことによって、ウエスト周りを集中してトレーニングすることが可能です。皮下脂肪や内臓脂肪が溜まってぽっこりお腹になってしまった人にもくびれができる効果が期待できます。

ダンベルや腹筋などの負荷のきつい運動ではないため、誰でも続けられるのも魅力でしょう。

体幹が鍛えられるので姿勢が良くなる


フラフープを回し続けるためには、しっかりと床に両足をつけて腰やお腹を意識しながら安定した姿勢を維持し続けなければなりません。体の表面にある筋肉ではなくコア部分のインナーマッスルを鍛えることになるため、体幹トレーニングとしてもおすすめです。

体幹を効果的に鍛えるためには背筋をまっすぐに伸ばした正しい姿勢が不可欠となります。フラフープはダイエットだけでなく猫背や反り腰などの姿勢矯正にも効果が期待できます。

便秘解消にも効果あり!

フラフープは腰を中心として回す運動をすることで腸が刺激されます。腸のぜん動運動などが弱くて便秘がちな女性は少なくありませんが、内側から内臓を刺激して働きを促進することから便秘解消にも効果が期待できます

便秘が解消されて老廃物の排出がスムーズにできれば、ダイエットだけでなく肌質の改善にも効果的です。

スペースさえ確保できたら室内でもできるのがうれしい


フラフープさえあれば自宅で気軽にトレーニングすることができるため、忙しい時間の合間を縫ってジムに通う必要もありません。スペースさえ確保できれば天候や気温に関係なく、夜遅い時間でも室内で運動できます。

自分の身体とフラフープの直径の長さだけでなく、回しながら移動する距離も含めて安全で適切なスペースを確保するようにしましょう。

どんなフラフープを選んだらいいの?


フラフープにはサイズや材質、重さなどによってさまざまな種類があります。選び方を間違うと体に負担が大きくかかり、思うようなダイエット効果が期待できないこともあります。自分に合ったフラフープはどのように選べばいいのでしょうか。

サイズ選びが重要!直径は床からおへその高さを目安に

フラフープはサイズ選びが重要です。直径が小さすぎてもきつくて回せませんが、逆に大きすぎるとフラフープに腰を添わせるために走り回らなくてはならなくなります。過剰な負荷がかかる難しい運動になってしまいます。

一般的に初心者でも使いやすいサイズは、直径が床からおへその高さを目安にするといいとされています。90~105㎝程度を目安にするといいえでしょう。

重たすぎると回しにくい!最初は1㎏くらいまでの重さのものを使おう


フラフープ選びにはサイズとともに重さも重要なポイントとなります。軽過ぎても回すことは難しくなりますが、2㎏を超える物を選ぶと運動負荷が過剰になるだけでなくお腹に食い込んで痛みが出る可能性もあります。

初心者であれば500g~1㎏程度を重さの目安として始めるといいでしょう。慣れるにしたがって少しずつ重くしていけば負荷がかかりダイエット効果も高まります。

慣れてきたらマッサージ効果のあるものも

フラフープは回すコツを会得するまでにしばらくかかりますが、徐々に慣れれば連続して長く回すことができます。慣れてきたらフラフープの重さだけでなくマッサージ効果があるものも取り入れるとダイエット効果がさらに期待できるでしょう。

ウエストに当たる部分が波型のもの、磁気ボール付きのもの、などを使えばより高いマッサージ効果やエクササイズ効果を得られます。

組み立て式を選ぶと収納にもサイズ調節にも便利


フラフープには初めから円状につながっている完成形のタイプ以外に、いくつかのパーツをつなげて組み立てるタイプのものがあります。ダイエットに効果的なフラフープのサイズはそれなりに大きく重量もあるため、組み立て式を選ぶといいでしょう

組み立て式は、使用しない際にはコンパクトに収納できるだけでなく、負荷を高める際にパーツを追加してサイズを調整するのにも便利です。

落とした時に音が出にくい素材を選ぶとベスト

フラフープで最もポピュラーな素材は軽くて安価なプラスチックでしょう。しかし、硬いプラスチックは落とした時に音が響くため、フローリング上で使用する際には、カーペットやマットを敷くなどの配慮が必要です

なかにはウレタン素材などのスポンジでコーティングされているタイプもあります。柔らかい素材で運動中に落としても床に響きにくいのが特徴です。特に夜間にトレーニングする人は防音にも注意するようにしましょう。

フラフープでエクササイズ おすすめ5選

ながらダイエットが可能なフラフープは腰で回すだけの簡単エクササイズが魅力です。収納や携帯に便利であるだけでなく、サイズ調節も可能な組み立て式フラフープは特に人気となっています。おすすめの組み立て式フラフープ5選を紹介します。

WEEFUN フラフップ 大人子供とも向け 組立式


6本に分かれたパーツを差し込んでつなげるだけでおしゃれなカラーのフラフープが完成します。PVC発泡素材でコーティングされているため、やわらかく体への負担が少ないため子供でも安心して使えます。

運動が終わったらワンプッシュするだけで取り外しが可能です。コンパクトに収納できるのでバッグなどに入れて外出先でもトレーニングできます。

XIANRUI フラフープ ダイエット 6本~8本 75CM~96CM くみたて


6本~8本のジョイントパーツをつなげることで簡単にフラフープが完成します。脱着がとても簡単でコンパクトに収納できるだけでなく、サイズの調整によって負荷を変化させられるのも魅力です。

内側部分に波型の形状を採用していることから、フラフープしながらお腹をマッサージし脂肪の消費を促進する効果も期待できます。

加重フラフープSports Hoop® – トリムフラフープ


トレーニングが楽しくなるレインボーカラーのフラフープ。8つのパーツに分かれており、組み立て、分解も簡単にできます。分解すればコンパクトに収納可能なのでどこへでも持ち運びできます。

プラスチックにラバーパッドが付いており衝撃を吸収しながらエクササイズできます。重量は1.4㎏なので初心者からエクササイズ上級者まで満足できるでしょう。

MSIYU(ミシユ) フラフープ 自由組み立て


8本のパーツをつなげることによってフラフープが完成する組み立て式です。子供向け6本、大人初心者用7本、本格的なエクササイズ用8本など、使用する人やレベルに合わせて調節することが可能。

クッション性の高い発泡素材でコーティングされているため、体への負担を軽減や落下時の防音に効果的です。内側に波型の形状があるためマッサージ効果も期待できます。

sisters フラフープ 組み立て式8本


6~8本のパーツを組み合わせることによって子供から大人まで気軽にフラフープができます。おしゃれなピンクとパープルな色がトレーニングのテンションを上げてくれるでしょう。

重量1㎏で初心者でも過剰な負荷がなく、厚さ5mmのソフトスポンジでお腹の痛みも防いでくれます。ジョイント式なので使用しない際や携帯する際にコンパクトに収納できるのも魅力です。

慣れてきたころに マッサージ効果があるおすすめ3選

フラフープはシンプルな運動ですが、上手に回すことができるようになるにはコツが必要です。少し慣れてきたらエクササイズだけでなく、脂肪燃焼効果を高めるマッサージ効果のあるフラフープもおすすめです。

スポーツ フラフープ 運動 フラフープ ダイエット用


フラフープの内側にははっきりと突き出したマッサージボールがいくつも配されています。慣れないうちは少し痛みを感じることもありますが、徐々にマッサージ効果を実感できるようになるでしょう。

組み立て式なので収納や持ち運びにも便利です。クッション性に優れた素材でコーティングされており体への負担軽減も考慮されています。

指圧ボール付き マグネット フラフープ


フラフープの内側に磁気を発生する指圧ボールが配されおり、エクササイズしながらお腹周りを刺激してマッサージ効果を得ることができます。脂肪燃焼や便秘解消の高い効果を求めている人におすすめです。

80㎝、90㎝にサイズ調整が可能で初心者でもチャレンジしやすいサイズ感が人気です。組み立て式なので収納場所に困ることもありません。

大人用 磁石ヨガフーラ


コンパクトに収納でき、必要な際にパーツをつなげるだけで運動できるフラフープです。フラフープの内側には80個の火山磁石が2列で並んでおり、ウエストを刺激するだけでなく磁気によって血流の促進が期待できます。

インナーマッスルを鍛えたり、姿勢を矯正したりしながらダイエットできるとともにマッサージ、磁気治療も期待できるフラフープです。

まとめ

フラフープは、1日10分回すだけでもジョギングなどの運動と変わらないダイエット効果が得られます。フラフープを購入する際には、自分の身長や体力に合わせてサイズや素材、重量を吟味することが大切です。コンパクトに収納できる組み立て式や形型の形状や指圧ボールなどから自分に合ったフラフープを選んで効果的にダイエットしましょう。