肩幅の正しい測り方はこれ!もうネットショッピングで失敗しない!

好きな時にいつでも利用できるネット通販で洋服を買う人も多いでしょう。試着することができないので頼りはサイズ表だけです。しかし、自分に合ったサイズで注文したのに肩幅が合わずにガッカリすることもあるでしょう。

そこで今回は、

  • 自分の肩幅のサイズの正しいはかり方
  • ネット通販で服を購入する際のポイント

などについてまとめました。

服の肩幅が合わないのはなぜ?


サイズ表をきちんと確認してネット通販で注文したのに、着てみると肩幅が異常にきつかったり、ブカブカになったりする経験はないでしょうか。着丈ではなく服の肩幅が合わないのはなぜなのでしょうか。

S・M・Lだけで選んでしまう

ネット通販などで試着なしで洋服を購入する際に、パーツごとの具体的なサイズが確認できれば安心できます。しかし、S・M・Lだけしかサイズ表記がない場合もあるでしょう。いつもSサイズを着ているからといって、どんな洋服でもSサイズで合うとは限りません。

メーカーによってゆったりとしたスタイルやタイトなスタイルがあるだけでなく、輸入ブランド物の場合はワンサイズ程度大きいこともあります。また、袖丈や着丈はピッタリでも肩幅だけが合わないこともあるでしょう。購入する前に袖を通すことができない場合は、一般的なサイズだけを目安にすると後悔することになります。

ヌード寸法と製品寸法の違いが分かっていない


S・M・Lや〇号などのサイズは自分に合った洋服を探す際の目安となるものです。しかし、メーカーやコンセプトとしているシルエットなどの違いがあるため、同じサイズであってもぴったりであったり、合わなかったりすることがあります。

そのような際には細かいサイズを計測する必要がありますが、採寸の方法には大きく2通りがあることを理解しておかなければなりません。衣服を付けない状態で計測するヌード寸法、カタログなどのサイズとして採用されている製品寸法があり、同じ体型であってもサイズが変わります。

自分の身体のサイズの測り方が間違っている

服を購入する際に、その都度自分でメジャーを使って計測したり、ショップに行ってスタッフに計測してもらったりしている人は少ないのではないでしょうか。ほとんどの場合は、その時点で着ている服のサイズを基準としていることがほとんどでしょう。

自分の身体のサイズを計測している人であっても、計測の仕方が正しいとは言えません。起点とするポイントやどこまでを測るかによってサイズには大きな差が生じます。また、肩幅まで計測することもほとんどないはずです。試着できない洋服を購入する前に、一度はプロに正しくサイズを計測してもらいましょう。

肩幅を計る際に注意したいヌード寸法と製品寸法とは?


洋服のサイズには、体に合わせた実寸を計測するヌード寸法と実寸に遊びや余裕をプラスした製品寸法があります。レディースカタログのサイズはそのほとんどが製品寸法です。肩幅を測る際にヌード寸法と製品寸法で注意すべきポイントをまとめました。

ヌード寸法は実際の肩幅の数値

ヌード寸法はその名の通り、衣服を着用していない状態でサイズを計測するもので体のサイズが基本となる実際の肩幅の数値として計測されるものです。実寸とも呼ばれるサイズであり、肩幅は首の後ろの付け根を通って両方の肩先を結んで計測します。

ヌード寸法といっても実際には肌着や薄手のシャツなどの衣類を着た上から採寸するのが一般的です。自分の身体にジャストフィットしやすいサイズにはなりますが、ぴったり過ぎて伸縮性に乏しい素材では窮屈さを感じることもあります。ヌード寸法の際には、若干の遊びの量を考慮して生地を多めに使用することが必要です。

製品寸法はヌード寸法に動きを考慮した遊びを入れた寸法


製品寸法は、ほとんどのカタログなどに掲載されているサイズの事を指します。肩幅は両方の肩先の間を計測することが多くなります。ウエストの場合は両脇の間を測った後にその数値を2倍するなど、実寸とは異なったサイズ表記となります。

実寸の肩幅でつくった服は身に付けることができても体を動かすことができない場合もあります。したがって、体の実寸にゆるみ分と言われる遊びをプラスして余裕を加えて服を作ることになり、その際に使用されるのが製品寸法です。衣服の素材や用途、デザインなどによってプラスする遊びの量が異なることも覚えておきましょう。

肩幅を測る基本的な方法


ネット通販で最も不安なことの1つが服のサイズ感がよくわからないことです。ウエストやバスト、ヒップなどはその都度測ることも多いでしょうが、動きやすさに関係する肩幅も正確に測る必要があります。肩幅を測る基本的な方法についてその手順を説明します。

1.肩の端の出っ張っている所にメジャーの0を合わせる

肩幅の採寸では肩が外側に向かって最も出っ張っている部分を起点とすることがポイントとなります。男性の場合は肩幅が広いことが多く個人差も大きくなります。女性でもスポーツ経験がある人などは、肩幅が発達して広くなることもあるでしょう。

肩の端の最も出っ張っている部分からもう一方の同じポイントを結んで測ります。背骨の湾曲などで肩の高さが若干異なる場合は中間をとってメジャーを当てるようにするといいでしょう。直線的に点と点を結んで測ると実際の肩幅よりも狭くなり、窮屈で着られなくなってしまいます。

2.襟足の中央の下を通るように湾曲する


両肩の外側に出っ張っている部分を結んで肩幅を測定する場合は、床に対してメジャーが水平にならないようにすることがポイントとなります。肩幅は肩の端と端を一直線に結ぶと勘違いしている人も多いので間違わないように注意しましょう。一度で計測できる長めのメジャーの準備が必要です。

肩幅の中間地点は襟足の中央の下になります。起点から襟足の中央の下に向かってメジャーを当てる際には斜線ではなく湾曲した曲線を描くようにすることも大切です。緩やかなカーブであまり遊びを持たせ過ぎてもサイズが合わなくなります。肩甲骨に触らないように注意しましょう。

3.反対側の肩の端の出っ張っている所までを計測する

外側に最も出っ張っている片方の肩の端を起点として、反対側の肩の端の出っ張っているポイントまでを計測します。途中襟足の中央の下を経過しながら中心から両側にあるメジャーの湾曲が同じ角度になるように注意しましょう。どちらかが直線的になると正しくサイズを測ることができません。

一人で一気に肩幅全体を計測しようとすると直線に近くなることがあります。他のだれかに襟下中央部のポイントを押さえてもらうなどして、正確に計測しましょう。肌着や薄手のシャツなど厚みがない服の上から計測することも重要なポイントとなります。

洋服を着た状態での肩幅の採寸手順


ヌード採寸ではなく洋服を着た状態で肩幅を測ってみましょう。製品採寸に近い余裕をもったサイズで肩幅を計測することができます。人に依頼して採寸してもらう手順について動画で説明しています。

1.肩の縫い目にメジャーの0を合わせる

洋服を着たままで肩幅を採寸する際には、あまり厚手のものではなく肌に触れやすい薄手のシャツなどを着用するようにしましょう。ニットなどの厚手のものは実際よりもかなりサイズが大きくなる可能性があります。肩幅のサイズは肩と肩の端の点を結んで一直線に計測しがちですが、それでは正確な肩幅は図ることができません。

肩の縫い目部分にメジャーの0を合わせることが基準となります。指先で触って肩のラインを決めてからメジャーを当てるようにしましょう。シャツのデザインによっては肩の縫い目が必ずしも肩幅の起点にならないこともあります。

2.襟の下の中心までを計測する


起点が決まったら肩の端から襟の下の中心までの長さを計測します。物差しではなくメジャーで計測するため、曲線を描くことが可能です。この曲線の角度によってサイズが大きく変わってくるため、緩すぎずきつくしすぎないようにメジャーを置くことが重要となります。

シャツなどの衣服の上から計測しているため、計測する際には首の中心となる襟元にこだわらず衣服の中心となる点までを計測するようにしましょう。一度だけでなく何回か測ってみて誤差がないようにサイズを測るようにします。反対側からも同様の方法で測ってみましょう。

3.襟の下の中心から反対側の縫い目までを計測する

肩の端から襟の下の中心までメジャーで計ったら、そのまま反対側の縫い目までの長さを計測します。ポイントは、肩の端から襟の下の中心まで計測した際にそこで中断してメジャーを外さないことです。肩幅を覆う服は一枚の生地でできているため片方の肩の端からもう片方の肩の端までを連続して計測する必要があります。

襟の下の中心部分に当てたメジャーから指を離さないようにしながら、そのままもう一方の肩の端までメジャーを当てます。メジャーのラインが左右同じになるようにメジャーが描く曲線の角度にも注意するようにしましょう。

試着できない服を購入するときのポイント


洋服は、実店舗で購入するよりもネット通販が便利でよく利用する人は多いでしょう。しかし、試着できないデメリットもあるためサイズ選びには慎重にならざるを得ません。試着できない服を購入する際のポイントについてまとめました。

自分とサイズ感の合うブランドを購入する

海外のブランドだけでなく最近では日本発のブランドのなかにもゆったりした大きめのサイズの服が増えています。ブランドによって大切にしているシルエットやフォルムにはこだわりがあり、デザインは変わっても踏襲されることがほとんどです。あのブランドなら肩幅がこれくらいと予想することもできるでしょう。

したがって、試着できない服を購入する際には、一度は着たことがある自分のサイズ感と合う物を選ぶといいでしょう。表示されているサイズに関係なく自分のサイズにフィットする物が一番着やすいはずです。サイズ感の合うブランドをいくつか持っておくと服選びにも困りません。

自分の持っている服を平置きして計測し参考にする


自分にぴったりフィットする既存の服を基準として服を購入する方法もあります。最も自分にしっくりくる服を床の上やテーブルの上に平置きしてメジャーで計測してみましょう。起点を明確にしてずれがないように正確に測って全てを書き留めます。一度だけでなく何度が図ってみて誤差がないか調整することも必要です。

全ての採寸が終われば自分にぴったりの服のサイズを数字で確認することができます。ただし、洋服の外側から図っていることやブランドによるサイズの違いを考慮して、あくまでも参考として使用するようにしましょう。若干のプラスマイナスは許容範囲とすることが大切です。

コートなど厚手の生地は遊びを多めに算出する

コートなどのアウターは、寒い時期に厚着をした上に羽織ることが多いものです。タイトなシルエットの物はスタイルがよく見えますが、あまりタイトになるとピチピチになって見た目が悪くなる可能性もあります。また、裏地を含めた生地の厚みが相当あるのでその分も考慮してサイズ選びをする必要があります。

肩幅がきついのが最も動きにくくなるため、特に肩幅の生地には多めに遊びをとり余裕のあるサイズで選ぶようにしましょう。コートなどのアウターはセール品であっても価格が高いことから後悔しないように、肩幅や袖丈などのサイズは実測+遊びで少し大きめのものを注文することが大切です。

まとめ

試着ができない際には自分に合ったサイズの服かどうかを見極めることが難しくなります。表示されているサイズには、体の実寸に即したヌード寸法と動きやすさを考慮して遊びの分をプラスした製品寸法があり、肩幅を計測する際にも注意が必要です。肩幅のサイズの正しい計測法を理解して、ネット通販でも自分にぴったりの服を選べるようにしましょう。