日本酒は太るは間違い!?太るどころかダイエットに効果的なお酒だった

寒い時期には日本酒の熱燗が美味しいですよね。美味しくてつい飲みすぎてしまうという方も多いと思いますが、日本酒は太りやすいと聞いたことがありませんか?日本酒は、太りやすいお酒ではあるものの、ダイエット効果があることも分かっています。

そこで、ここでは

  • 日本酒が太りやすい理由
  • 秘められたダイエット効果
  • 日本酒の主な成分
  • おすすめの日本酒の飲み方

などについてお話しましょう。

日本酒は太りやすい?

日本酒 女性

日本酒が太ると言われる理由の一つとして、たくさんの糖質が含まれていることが挙げられます。また、カロリーも高めですし、脂質や糖質を吸収しやすいのも太りやすいワケですね。ここでは、日本酒が太りやすい理由をまとめてみました。

糖質が多く含まれている

糖質は体に必要な栄養素ではあるものの、摂りすぎると脂肪になってしまいます。エネルギーとしてすべて使ってしまえばいいのですが、消費できなかった分は脂肪細胞に取り込まれてしまうのです。日本酒には本醸造と純米酒がありますが、本醸造だと100gあたりに4.5gの糖質が含まれています。純米酒も3.6gなので、割りと糖質含有量は多めなのです。

100mlのカロリーは103kcalとやや高め

この数字だけだとあまりピンとこないかもしれませんが、これがビールだと100mlあたりのカロリーは40kcal程度になります。ビールはカロリーが高い印象がありますが、実際には日本酒のほうが遥かに高いのです。また、ワインは73kcalなので、これもまた日本酒よりは低いカロリー数値です。ウイスキーやブランデーなどは237kcalと高めですね。

脂質や糖質を吸収しやすくしてしまう

アルコールのカロリーは、エンプティカロリーといって優先的に消費されます。アルコールは太らない、と言われるのはこうした理由です。しかし、真っ先にアルコールのカロリーを分解してしまうため、そのあとに入ってくる脂質や糖質を吸収しやすくなってしまいます。脂質や糖質は脂肪の元になるので、吸収しやすくなるのはまずいですよね。

酒のアテが進みやすい

お酒が太ると言われる理由の一つは、おつまみをたくさん食べ過ぎてしまうからです。日本酒だとお刺身や肉料理なども合いますし、おでんもマッチしますよね。

日本酒にはさまざまな美味しいおつまみが合うため、つい食べ過ぎてしまいカロリーオーバーになりがちなのです。お酒で太った、という方の多くはおつまみを食べ過ぎの傾向にありますね。

日本酒にはダイエット効果もあった!

太りやすいのは事実なのですが、日本酒にはダイエットの効果も期待できます。脂質のエネルギー代謝を促進し、筋肉量を増やす効果も期待できます。また、内臓の働きを活発にすることで、トータルでの代謝アップも見込めるのです。

脂質のエネルギー代謝を促進する

脂質がダイエットの敵なのはご存じの通りです。脂質は体に必要な栄養素ではあるものの、摂りすぎてしまうと血液中の中性脂肪やコレステロールを増やしてしまいます。

その結果、肥満やメタボリックになってしまう恐れがあるので、ダイエット中はなるべく避けたい栄養素ですね。日本酒にはビタミンB6が含まれているため、脂質の代謝を促進してくれます

筋肉量を増やす

筋肉量と基礎代謝量は比例するので、筋肉が多い人のほうが脂肪は燃えやすくなります。つまり、ダイエットに成功するにはカロリーや糖質を制限するだけでなく、食事や運動で筋肉をつけることも必要ということですね

筋肉を増やすにはたんぱく質、アミノ酸などが必須となってきます。日本酒にはアミノ酸が含まれているので、筋肉を増やす効果が期待できます。

内臓の働きを活発にする

内臓の働きが活発になると、体全体の代謝がアップします。基礎代謝がアップすると、脂肪を燃焼させやすい体になるため、何も運動していないときでも脂肪が効率よく燃えるのです。

つまり、ダイエットでは基礎代謝量をいかにアップさせるかが重要なわけです。日本酒にはマグネシウムが含まれているので、代謝を上げて脂肪燃焼も促進してくれます。

ダイエットをサポートする日本酒の主な成分


日本酒はカロリーも糖質も高めですが、ダイエットをサポートしてくれる成分も豊富に含まれています。ビタミンB6やアミノ酸、カリウム、マグネシウムなどですね。ここでは、それぞれの成分について詳しくご紹介します。

ビタミンB6:脂質・糖質の燃焼をサポート

ビタミンB6は水溶性ビタミンの一種で、食品中のたんぱく質からエネルギーを作ったり、筋肉や血液が作られるときに活躍しています。

たんぱく質の摂取量が多い人ほど、たくさん摂ったほうがいいようですね。粘膜の健康を維持するのにもビタミンB6が活躍しているそうです。脂質や糖質の燃焼も助けてくれるため、ダイエットしている身には嬉しいですね。

アミノ酸:脂肪燃焼をサポート

アミノ酸はたんぱく質を構成する成分です。人の体を構成するたんぱく質は、20種類からなるアミノ酸からできています。アミノ酸は脂肪をエネルギーとして代謝のサポートを行う作用もあるため、ダイエットに効果的と考えられています

有酸素運動などで脂肪を燃やそうとしたとき、有効に働いてくれるようですよ。日本酒を飲みたいなら有酸素運動も取り入れましょう。

カリウム:むくみを予防

むくみ 足
カリウムには利尿作用があります。さまざまな野菜や果物にたくさん含まれていますが、日本酒にも含まれています。カリウムの利尿作用によって、体内に溜まっていた水分や塩分が排出されます。塩分は水分を溜める性質を持っているのですが、余分な水分と一緒に塩分も排出するため、水を溜め込みにくくなるのです。これがむくみ予防にいいと言われる理由ですね。

カルシウム:脂肪吸収を抑える

カルシウムは骨を丈夫にする栄養素、というイメージがあると思いますが、実は脂肪の吸収を抑える働きが期待されています。体内におけるカルシウムのほとんどは骨と歯に、残りが血液など体液の組織にあります。生命の維持や活動にも重要な役割を果たしている栄養素なので、人間の体には絶対に必要なものですね。

マグネシウム:代謝をあげて脂肪燃焼をサポート

マグネシウムは骨や筋肉に関係する栄養素です。体内の酵素を活性化する働きもあり、代謝を助ける働きもあると言われています。代謝が上がると脂肪を燃やしやすくなるので、結果として痩せやすくなる、ということです。また、マグネシウムは神経の情報伝達にも関わっていますし、筋肉の収縮にも関係しています。

ダイエット中におすすめの日本酒の飲み方


ダイエット中には、いったいどのようにして日本酒を楽しめばいいのでしょうか。ここでは、ダイエット中の方でも安心して日本酒を楽しめる方法をお伝えしたいと思います。日本酒好きな方はぜひ参考にしてくださいね。

熱燗で飲む

熱燗で飲むことによって、体を温めることができます。体の内部から温めることで代謝を上げられ、脂肪を燃焼させやすくできるのです。冷酒も美味しいですが、飲みやすいためつい飲みすぎてしまいます。糖質の摂取量も増えてしまうので、そういう意味でも熱燗のほうが良いでしょう。グラスで飲むよりおちょこで飲むことをおすすめします。

少しずつゆっくり飲む


確かにダイエットによい成分は含んでいるものの、糖質を多めに含んでいるのも事実です。そのため、飲み過ぎには注意してください。ガバガバと飲んでしまうと酔いもすぐに回ってしまいますし、アルコールの働きで食欲も増してしまいます。食べ過ぎてしまう恐れがあるので、ゆっくりお酒を楽しむようにしてくださいね

お刺身や冷奴などおつまみをヘルシーにする

高カロリーなおつまみとの相性がいいのですが、できるだけヘルシーなものを選びましょう。冷奴やお刺身はもちろん、スルメやサラダなどでもいいですね。

鍋料理もヘルシーですし、日本酒には合わせやすいですね。ただ、ヘルシーなおつまみでも食べ過ぎてしまうと意味がないので、食べる量は気を付けてくださいね。

まとめ

日本酒はカロリーも高めで、糖質もたくさん含まれています。そのため、ガバガバと飲みすぎてしまうと太ってしまう恐れがあります。

ただ、ダイエットに嬉しい成分が含まれているのも事実なので、上手に日本酒と付き合うようにしてください。ここでご紹介した、ダイエット中の日本酒の飲み方もぜひ参考にしてくださいね。

*本文中で「アンチエイジング」について言及する場合、「年齢に応じた潤いのお手入れ」を意味します。若返り効果を意味するものではありません。
*本文中で「美白」について言及する場合「メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐこと」「メーキャップ効果により肌を白くみせること」もしくは「日やけによるしみ・そばかすを防ぐこと」を意味します。
*本文中で「シミ」や「小じわ」「毛穴」のケアに言及する場合、文言はいずれも「シミやシワ、毛穴を目立たなくすること」を意味します。シミやシワの改善や治療効果を標ぼうするものではありません。
*記事内で特定商品の効果を紹介する場合、該当の記載は「すべての人に対して同じ効果があること」を保証するものではありません。
*記事内で特定商品がパッチテスト済みであることを紹介している場合、該当のテスト結果は「すべての人に対して同じ効果があること」を保証するものではありません。