顔の産毛の処理をする理由と肌への負担の少ない処理の仕方

顔の産毛を普段から処理していますか?顔の産毛はあまり目立ちませんし、人によってはほとんど処理したことがない、という方もいるかもしれません。

そこで、ここでは

  • 顔の産毛を処理するメリット
  • 顔の産毛の3つの処理方法
  • 顔の産毛をセルフで処理する場合の注意点
  • セルフで処理する場合のカミソリの入れ方

などについてまとめてみました。顔の産毛を処理することでメイクのノリが良くなったり、トーンが明るくなったりとメリットもたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。

顔の産毛の処理をするメリット


顔の産毛は薄く、ほとんど目立たないため処理する必要性を感じない方も少なくありません。では、実際のところ顔の産毛を処理するメリットとはどのようなものなのでしょうか。ここでは、顔の産毛を処理するメリットについてお伝えします。

化粧のノリが良くなる

化粧がすぐに崩れてしまう、ファンデーションが落ちてしまう、といったことはありませんか?もしかすると、それは顔の産毛が原因かもしれません。産毛が多いとファンデーションのノリも悪くなりますし、崩れやすくなるのです。

肌の表面に、産毛という余計なものがあるわけなので、ファンデーションが落ちやすい、崩れやすいというのはある意味当然です。処理することで余計なものがなくなり、化粧ノリも良くなります。

古い角質が取れお肌のくすみがなくなる


古い角質が肌の表面に残っていると、それによって肌がくすんだように見えてしまうことがあります。肌のくすみは不健康そうにも見えますし、実年齢よりも上に見られるということもあるので、できることなら回避したいですよね。

顔の産毛を処理することで、古い角質も一緒に除去することが可能になります。くすみの原因にもなってしまう角質を除去できるため、健康的で明るいトーンの肌を取り戻すことも可能ですよ。

肌のトーンが明るくなる

産毛が多いと、それだけで肌全体がくすんで見えてしまいます。しかも、古い角質がたくさん残っているようなケースだとなおさらくすんで見えてしまいますよね。産毛をきちんと処理することで、明るいトーンの肌が手に入ります。

肌のトーンが明るくなると、ファンデーションの厚塗りも必要なくなるでしょう。ナチュラルメイクがしやすくなりますし、肌への負担も少なくなります。これは女性にとって大きなメリットといえるでしょう。

顔の産毛を処理する3つの方法


顔の産毛を処理する方法ですが、ここでは3つご紹介したいと思います。カミソリやシェーバーによる自己処理、シェービングサロン、エステや医療脱毛といった方法ですね。それぞれ詳しく見ていきましょう。

カミソリやシェーバーでの自己処理

ほとんどの方は、この方法で処理していると考えられます。カミソリやシェーバーはドラッグストア、ホームセンターなどで購入できますし、もっとも手軽な処理方法と言えるでしょう。

自己処理のメリットは、自分のタイミングで処理できるということです。仕事から帰ってきたあと、お風呂上りなど、好きなタイミングで処理ができるのはメリットですね。また、後述するほかの方法に比べて費用がリーズナブル、というのも大きな魅力と言えるでしょう。

シェーピングサロン


シェービングサロンとは、文字通りシェービングを行ってくれるサロンです。女性向けサービスに特化したようなサロンも増えていますね。リクライニングシートに寝た状態で施術が行われ、専門スタッフが丁寧に処理してくれます。

シェービングサロンのスタッフはプロフェッショナルなので、しっかりと処理してもらえるというメリットがありますね。完全個室のサロンもあるので、プライバシーにも配慮しています。

エステ・医療脱毛

脱毛エステや医療脱毛といった方法もあります。エステでは光脱毛をベースとした施術が、医療脱毛ではレーザー脱毛が行われています。どちらもメカニズムは同じですが、医療脱毛は医療用レーザーを使用しているため、エステよりも効果が高いと言われています。

エステや医療脱毛も、プロフェッショナルによる施術が受けられるため、しっかりと産毛の処理ができるというメリットがありますね。ただ、どちらもお金がかかるので、それはデメリットといえるでしょう。

顔の産毛をセルフで処理する際の注意点


もっとも手軽に顔の産毛を処理する方法は、自己処理です。自己処理ではカミソリやシェーバーなどを用いますが、いくつか注意点もあるので覚えておきましょう。ここでは、自己処理における注意点をまとめたのでご確認ください。

明るい場所で行う

顔の産毛は、ほかのムダ毛と違って細くて薄いです。そのため、明るいところで処理しないと、きちんと処理できているかどうかも分かりません。洗面化粧台の前や、照明をつけた部屋の中で処理を行うようにしてください。

また、自己処理ではカミソリを用いることも多いので、薄暗いところで処理してしまうと怪我をしてしまう恐れがあります。手元が狂って顔を切ってしまうようなことも考えられるので、明るいところで処理してください。

大きな鏡の前で行う

小さな鏡だと、顔全体をしっかり確認することができません。顔の産毛は顔全体に生えているものですし、処理するときには全体を見ながら行ったほうが効率的です。持ち運びできるようなコンパクトな鏡ではなく、洗面化粧台の鏡などを使うようにしましょう。

シェーバー用クリームを塗ってから行う


カミソリやシェーバーでそのまま処理しようとすると、肌に大きな負担を与えてしまいます。カミソリで産毛を剃るという行為は、少なからず肌にダメージを与えてしまうのです。それを回避するため、専用のクリームやジェルを使用してください。

シェーバーを使うときも同様に、肌にはストレスがかかっています。シェーバー用のクリームも市販されているので、処理するときは顔にしっかりと塗ってから行うようにしましょう。

剃る方向とは反対に肌を少し引っ張りながら行う

皮膚の表面を突っ張らせることによって、産毛の処理がしやすくなります。肌がたるんだ状態だと効率よく産毛を処理することができないので、剃る方向と反対に肌を引っ張ってください。

あまり強く引っ張りすぎてしまうと、それが肌のストレスになることもあります。そのため、痛みを感じるほど強く引っ張る必要はありません。指で軽く押さえ、その状態で剃る方向とは逆にグッと引っ張ってください。

毛穴が開いている時に処理する


毛穴が開いているときのほうが、肌や毛穴への負担も小さくなります。少しでも肌に負担を与えないため、毛穴が開いている状態で処理を行うのがもっともベストといえるでしょう。

おすすめなのは、お風呂上りに処理することです。お風呂上りは毛穴もしっかり開いていますし、処理するには最適なタイミングといえるでしょう。または、ホットタオルを顔にかぶせ、毛穴を開かせるという方法もあります。

一度で剃り二度剃りはしない

剃るときは、基本的に一度で剃ります。二度剃り、三度剃りしてしまう方もいますが、これだと肌に大きな負担を与えることになるのです。しっかり剃りたい、きちんと処理したいと思っているとつい二度剃りしてしまいますが、やめてくださいね。

顔の産毛は薄いですし、頑固でもありません。とても柔らかくて処理しやすいです。そのため、一度剃りでも十分処理できますし、二度剃りする必要はあまりないでしょう。神経質にならないでくださいね。

処理後はしっかり保湿を行う

カミソリやシェーバーで自己処理した後の肌は、とてもデリケートな状態になっています。熱を持っていることもありますし、肌トラブルを起こしやすい状態と言っても過言ではないでしょう。

肌の水分も蒸発しやすくなっているので、自己処理後はしっかりと保湿を行うのが基本です。たっぷりと化粧水を使い、美容クリームなどできちんと蓋をしてあげてくださいね。化粧水だけだと、すぐに蒸発するので肌に閉じ込めるための美容クリームが必要です。

セルフで処理する際のカミソリを入れる方向


カミソリを使った産毛の処理はもっともポピュラーですが、カミソリを進める方向にも注意が必要となります。ここでは、それぞれの部位別に、カミソリを入れる方向をまとめてみました。産毛の処理を検討している方はぜひ参考にしてくださいね。

おでこ:最初に輪郭を剃りその後で上から下に剃る

おでこは少々処理しにくい部分なので注意が必要です。いきなり全体を剃るのではなく、まずは輪郭を処理しましょう。そうすることで、処理しやすくなりますし、効率のよい産毛の処理が可能になります。

また、カミソリを入れる方向は上から下です。下から上に剃ろうとしても難しいですし、無理な体制になってしまいますよね。悪い姿勢で処理しようとすると、カミソリで切って怪我をしてしまう恐れもあります。

鼻筋:上から下に剃る


鼻筋の産毛を処理するときには、上から下に処理するのが基本となります。下へ下へ向かって処理するような意識で行いましょう。小鼻を処理するときも同様なので覚えておいてください。

鼻は凹凸がありますし、少々処理しにくいかもしれません。そのため、つい力を入れてしまいがちな部位なので、なおさら注意しなくてはなりません。無理に剃ろうとすると、やはりカミソリで切ってしまう恐れがあります。慎重に処理してくださいね。

口角付近:外側から内側に剃る

口角の付近は割りと処理しやすい部位ですが、剃るときには外側から内側に向かって処理していきます。顎を剃るときには下から上に向かって剃りがちですが、この時も上から下に向かってカミソリを入れてください。

口角付近だと、ほうれい線による凹凸があるため、少し処理しにくいこともあります。ほうれい線がくっきりと刻まれているような人だと、処理が難しいですよね。指で軽く引っ張りながら処理すると剃りやすくなりますよ。

あご:上から下に剃る


顎の産毛を下から上に向かって剃ろうとすると、毛の流れに逆らうことになります。肌や毛穴に負担を与えてしまうので、これはおすすめできません。基本は毛の流れに逆らわないということなので、上から下に剃ってくださいね。

顎は処理しやすい部分なので、それほど難しくはないと思います。しかし、油断して適当に処理しようとすると、カミソリで怪我をしてしまう恐れがあるので注意してくださいね。

フェイスライン:上から下に剃る

フェイスラインを剃るときも、上から下に向かってカミソリを進めていきます。これも、毛の流れに逆らわないようにするためです。顎の裏側を剃るときにも、上から下に向かって剃るようにしてくださいね。

どの部位を剃るときも、基本として毛の流れに逆らわないということが挙げられます。毛の流れに逆らって剃ってしまうと、肌や毛穴にダメージを与えることにもなりかねません。基本となるので覚えておきましょう。

まとめ

顔の産毛を剃る方法、自己処理するときの注意点などについてまとめてみました。産毛がなくなるとくすみを解消することもでき、化粧ノリも良くなります。明るいトーンの肌も手に入るので、女性にとって嬉しい効果ばかりですね。自分ではなかなかうまく処理できない、という場合にはシェービングサロンや脱毛も検討してみましょう。

*本文中で「アンチエイジング」について言及する場合、「年齢に応じた潤いのお手入れ」を意味します。若返り効果を意味するものではありません。
*本文中で「美白」について言及する場合「メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐこと」「メーキャップ効果により肌を白くみせること」もしくは「日やけによるしみ・そばかすを防ぐこと」を意味します。
*本文中で「シミ」や「小じわ」「毛穴」のケアに言及する場合、文言はいずれも「シミやシワ、毛穴を目立たなくすること」を意味します。シミやシワの改善や治療効果を標ぼうするものではありません。
*記事内で特定商品の効果を紹介する場合、該当の記載は「すべての人に対して同じ効果があること」を保証するものではありません。
*記事内で特定商品がパッチテスト済みであることを紹介している場合、該当のテスト結果は「すべての人に対して同じ効果があること」を保証するものではありません。