オーガニックハーブカラーのメリットやデメリット・おすすめな人

カラーリングは似合う髪色にすることができますし、ファッションとしての幅を広げることができます。また髪の色がコンプレックスになっている場合は、コンプレックスを補い自信を持たせてくれることでしょう。しかしカラー剤は時に髪の毛や頭皮に悪影響を与えます。そこで注目を集めているのがオーガニックハーブカラーです。

ここでは、

  • オーガニックハーブカラーについて
  • オーガニックハーブカラーのメリット・デメリット
  • オーガニックハーブカラーがおすすめな人

について、まとめてみました。敏感肌の方や髪が痛んでいる方などにおすすめできるカラー剤です。気になる方はチェックしてみてくださいね。

オーガニックハーブカラーとは?


様々なカラー剤がある中でオーガニックハーブカラーが注目されています。これまでのカラー剤と何が異なるのでしょうか。まずはオーガニックハーブカラーとは何なのか、基本的な情報を整理しておきましょう。

オーガニック成分のハーブが配合されているヘアカラー剤

オーガニックハーブカラーとは、オーガニックのハーブエキスが配合されているヘアカラー剤のことです。基本的には一般のカラー剤と変わりません。オーガニックハーブカラーの他に、オーガニックカラーやハーブカラーといった呼び方で使われることもあります。一般的なカラー剤との違いは、オーガニック成分のハーブが配合されているかどうかということのみです。

ローズマリーエキスなど天然由来のエキスが配合されている

オーガニックハーブカラーに配合されているテキストして代表的なのがローズマリーエキスです。そのほかにもセージエキスやタイムエキスなど色々な天然由来のエキスが配合されています。また天然由来のエキスの違いだけでなくノンシリコンのものやノンパラペンのものも存在します。オーガニックと一口に言ってもことのような定義になっているかは奥が深く、一言で説明するのが難しいところもあります。

オーガニックハーブカラーのメリット


オーガニックハーブカラーのメリットはやはりハーブ成分が配合されていることによる、様々な効果と言えるでしょう。他のカラー剤とは異なり、ハーブ成分が配合されていることによる、様々なメリットをご紹介します。

髪の毛や頭皮への影響が少ない

オーガニックハーブカラーのメリットは髪の毛や頭皮への影響が少ないという点です。通常のカラー剤には過酸化水素やクロム酸ナトリウムなどの酸化剤が含まれていることが多くあります。また人工香料や合成界面活性剤などの成分も頭髪や髪の毛には良くありません。このような成分を最小限にとどめている、あるいはまったく含めていないオーガニックハーブカラーもたくさんあり、髪の毛や頭皮へのダメージを最低限にとどめることができるのです。

色持ちが良い


せっかく綺麗な色にしても、すぐに色落ちしてしまっては意味がありません。オーガニックハーブカラーは髪や頭皮に優しいため、そこまで強く染まらないというイメージがあるかもしれません。しかしながら、実際の色持ちは通常のカラー剤とさほど変わらない、あるいはそれ以上に色持ちが良くなるケースも多々あります。もちろん色落ちしやすいかどうかはどのようなアフターケアをしていくかにも大きく依存しますが、オーガニックハーブカラーだからといって色持ちが悪いのではと心配する必要はないでしょう。

髪の毛にハリやコシが出る

オーガニックハーブカラーは配合成分の大半がハーブでできているため、髪の毛にハリやコシを出すことが可能というメリットがあります。ハーブが配合されていることによって髪や頭皮へのダメージを最小限にとどめることも出来ますし、ハーブには優れた保湿効果のあるローズマリーエキスや、外部からの刺激から守ってくれるシナノキエキスなど様々な成分が含まれています。こうしたハーブの良い成分をバランスよく配合されたオーガニックハーブカラーであれば、綺麗な発色だけでなく、髪そのものの健康状態も改善することが期待できるのです。

オーガニックハーブカラーのデメリット


オーガニックハーブカラーはいいとこばかりあるというわけではありません。オーガニックハーブカラーを使用する際にはそのデメリットもしっかりと把握した上で使いましょう。そこで、通常のカラー剤とは違う、オーガニックハーブカラーならではのデメリットをまとめました。

染まるまでに時間がかかる

オーガニックハーブカラーで髪を染めた場合、染めるまでに時間がかかってしまうというデメリットがあります。特にブリーチが必要なハイトーンはオーガニックカラーだけでは対応できないため、通常のカラー剤を使用したほうが簡単に行うことができるでしょう。もしもオーガニックカラーでハイトーンを実現したい場合、一度ハイトーンのカラー剤で髪を明るくしてから色を少しずつ足していくという方法になります。回数を重ねるとそれだけ髪にダメージを与えてしまいます。

髪のトーンを上げることはできない


オーガニックハーブカラーの場合配当に対応することはできません。そのためハイトーンにしたい場合には一度かなり髪を明るくして調整していく必要があります。もちろんオーガニックハーブカラーでも好みのカラーにしていくことは可能かもしれませんが、少なからずカラーすること自体が髪にダメージを与えてしまうため、通常のカラー剤を使った方がトータルとして髪には優しかったということにもなりかねません。どのような色にも対応できるわけではなく、基本的には白髪染めのような落ち着いた色合いを出す場合に最適と言えるでしょう。

頭皮や髪の毛が乾燥しやすくなる

オーガニックハーブカラーを使う場合、頭皮や髪の毛が乾燥しやすくなるという傾向もあります。もちろんハーブ成分が配合されているため、うるおいなどのケアもされてはいるものの、頭皮や髪の毛が基本的に乾燥しやすくなるというデメリットもあります。髪の毛がパサついてしまったり、頭皮が乾燥することによって髪の毛が薄くなってしまったりということにもつながりかねません。

オーガニックハーブカラーがおすすめな人


オーガニックハーブカラーはハーブ成分が配合されていることによって、髪の毛や頭皮に多くのメリットを生じさせます。とりわけ髪の毛の状態によってはオーガニックハーブカラーを使用した方が良いという方もいます。そこで、オーガニックハーブカラーがオススメな人の特徴についてまとめました。

年齢により髪の毛にハリやコシがなくなってきた人

オーガニックハーブカラーを使用した方が良い人として、年齢によって髪の毛にハリやコシがなくなってきた人が挙げられます。特にオーガニックハーブカラーに西洋ノコギリエキスやローズマリーエキス、さらにはオトギリソウエキスなどの成分が配合されていると、頭皮と毛髪を健康に保つ様々な働きが期待できます。髪の毛の内側からしっかりとケアすることによって、いったんは失われてしまったかもしれないハリやコシを取り戻すことができるようになるでしょう。

髪の毛がきしみやすくなってしまった人


オーガニックハーブカラーの使用は、髪の毛がきしみやすくなってしまった人にもおすすめです。なぜ髪の毛がきしむのかというと、キューティクルが剥がれてしまうことによって髪の表面にツヤがなくなり摩擦が起きているからです。基本的な原因としては髪の乾燥や頭皮から栄養が行き渡らなくなってしまうため、水分バランスが崩れてしまうことにあると言われています。

オーガニックハーブカラーに含まれるハーブ成分であれば頭皮の潤いを保つセージエキスや、タイムエキス、そして頭皮と毛髪を健やかに保つローマカミツレエキスやヤグルマギクエキスなど様々なハーブの効果を期待することはできます。髪の毛がきしみやすくなってしまった方は、オーガニックハーブカラーの成分を確かめて、なるべく髪の毛の乾燥を防げるような成分が配合されているものを選んでみましょう。

白髪が目立ってきてしまった人

オーガニックハーブカラーは白髪が目立ってきたしまった人の白髪染めとしてもとても効果的です。白髪染めを行うサロンの中には頭皮に薬剤をつけてしまうサロンもありますので、頭皮に優しいオーガニックハーブの成分が含まれている方が良いでしょう。黒染めにも対応することはできるので、まさに白髪染めはオーガニックハーブの得意分野と言えるかもしれません。

まとめ

美しい髪の色は誰もが憧れるものでしょう。自分がイメージした通りの色になると毎日の生活も一層楽しくなるはずです。オーガニックハーブカラーによってカラーリングすることにより、髪や頭皮への影響もだいぶ軽減することが可能となっています。カラーリングをしすぎて髪の毛や頭皮が疲れてきたと思えるような時には、是非一度オーガニックハーブカラーをお試しになってみてください。

*記事内で特定の成分等による毛髪の補修について紹介している場合、該当の記載は「髪を補復して髪の質感を整える」ことを意味します。