エチュードハウスのファンデーション、それぞれどんな人におすすめ?あなたのファンデーション探し、お手伝いします

プチプラで優秀なコスメがたくさん揃っているエチュードハウスは日本でも人気の高い各国コスメのブランドです。

今回は、エチュードハウスのファンデーションを使ってみたいけど種類がたくさんあってどれを選んだらいいかわからない…という人のために

  • 【エチュードハウス】クッションファンデーション
  • 【エチュードハウス】リキッドファンデーション
  • 【エチュードハウス】BBクリームファンデーション
  • 【エチュードハウス】パウダリーファンデーション

について、各種ファンデーションの特徴やおすすめの人をご紹介していきます。

ぜひファンデーション選びのヒントにしてみてくださいね。

エチュードハウスのファンデーション【クッションファンデーション】

近年爆発的人気を得て、今やファンデーションの新定番となったのがクッションファンデーションです。

水光肌(ムルグァンピブ)と呼ばれるようなツヤ感を大切にしたベースメイクに必須のクッションファンデーションは、韓国風メイクに欠かせません。難しそうに見えるツヤ肌もクッションファンデーションなら簡単にできるため、1度使い始めると他のアイテムに浮気できないという意見が続出なんだとか。

また、クッションファンデーションはカバー力が非常に高く、1つのアイテムで下地・ファンデーション・日焼け止め・美容液などさまざまな役割を果たしてくれるマルチさが忙しい女性に支持を得ています。

どんな人におすすめ?

①肌にツヤ感が欲しい

②ベースメイクのアイテムやステップを減らしたい

③カバー力はあるけどナチュラルさが欲しい

④とにかく簡単に美肌を作りたい

⑤崩れにくいベースメイクにしたい

とにかく手早く美しいベースメイクをしたい人におすすめなクッションファンデーション。

エチュードハウスには2種類のクッションファンデーションがあります。

エニー クッション オールデイ パーフェクト

エチュードハウスの代表的なクッションファンデーションがエニー クッション オールデイ パーフェクトです。

至近距離で見られても自信が持てる、滑らかな仕上がりの質感が人気のアイテムとなっています。カラーバリエーションは6種類と豊富。これまで自分の肌の色にピッタリくるものが見つけられなかった…という方でもきっとちょうどいい色が見つかるラインナップになっています。

細かいパウダー粒子によって、薄付きなのに高いカバー力と崩れにくい密着感を叶えてくれます。

ダブルラスティングクッション

エチュードハウスの人気リキッドファンデーションであるダブルラスティングファンデーションからクッションタイプが登場し話題となったアイテムです。

24時間つけたての美しさが続くというコンセプト通りに、驚くほどに高いフィット感のおかげでメイク直しがほとんど必要ありません。

使い方のコツ

クッションファンデーションを上手に使うためには、以下のポイントを意識するようにしましょう。

 

①パフにとるファンデーションは気持ち少なめがGOOD

②パフは滑らせるよりも叩き込むイメージで

③パフは常に清潔に

パフにとるファンデーションは気持ち少なめがGOOD

非常に伸びがいいのもクッションファンデーションの特徴。さらに付きすぎると顔色が白くなりすぎてしまう可能性もあるので、使い慣れるまでは「ちょっと少ないかな?」と思うくらいの量をパフに付けましょう。カバー力がもっと欲しい、という部分にだけさらに重ねれば薄付きなのに美しいベースメイクに

パフは滑らせるよりも叩き込むイメージで

急いでメイクしようと思うとついついパフを滑らせてしまいがちですが、美しく仕上げるためにはポンポンと叩き込むようにファンデーションをなじませるのが正解。こうすることで高いカバー力を存分に活かすことができます。

パフは常に清潔に

これはクッションファンデーションに限らず共通するポイントとなります。美しいベースメイクを仕上げるためには清潔を保ったツールが必要不可欠。パフが真っ黒になるまで使い込んでいませんか?

汚れたパフは仕上がりのクオリティを下げるだけでなく、肌荒れの原因となる可能性も。付属のものとは別に、もう1つくらい用意しておくのがおすすめです。

 

上手に使えば、簡単にプロが仕上げたようなツヤ肌を手に入れることが可能になるクッションファンデーション 。

パクト一つでベースメイクが完成するので、なるべく身軽でいたい旅行でも大活躍します。崩れにくさにも定評があるので、海やプールといった水辺のシーンにもおすすめですよ。

やっぱりクッションファンデが好き♡エチュードハウス新作&人気アイテムをCHECK

エチュードハウスのファンデーション【リキッドファンデーション】

ファンデーションの定番のテクスチャーの1つといえば、リキッドファンデーション。

みずみずしいテクスチャーが特徴で、乾燥が気になる方には手放せないアイテムといっても過言ではありません。1つのアイテムでベースメイクが叶うクッションファンデーションやBBクリームに比べるとやや手間がかかる印象ですが、その分仕上がりの上質さは群を抜いています。

丁寧にステップを踏むことで見違えるような美肌が手に入るでしょう。

どんな人におすすめ?

①自然なツヤ肌が欲しい

②時間をかけて完璧な肌に近づきたい

③いろんなアイテムを使ってメイクするのが好き

④上品に見られたい

⑤ツヤ肌も好きだけど、マットな雰囲気も好き

 

みずみずしく、色ムラやトラブルをカバーしていくことで上質で滑らかな肌への仕上がりが期待できるリキッドファンデーションは、組み合わせる下地やコンシーラー、パウダーとの組み合わせによってさまざまな表情を見せることができます。

エチュードハウスで手に入るリキッドファンデーションは、以下の2種類。

ダブルラスティング セラムファンデーション

ぐっすり眠った翌朝のような肌に導いてくれるダブルラスティング セラムファンデーションは、美容液成分がたっぷり含まれた非常に伸びのいいリキッドファンデーションです。

驚くのはそのカラーバリエーションの多さ。クールトーン(ブルーベース)、フォームトーン(イエローベース)、ニュートラルトーンの3つのトーンをベースに明るめ〜暗めを網羅した全12種類。リキッドファンデーションでここまでカラーが豊富なのはなかなかないので、今まで色選びにしっくりこなかった方はぜひ自分の肌に合わせてチョイスしてみてくださいね。

ダブルラスティングファンデーション

クッションファンデーションにもなっているダブルラスティングファンデーションは、#ダブラファンデと呼ばれて親しまれているほど人気の高いリキッドファンデーションです。

2種類のカバーパウダーによるダブルショットテクノロジーによって、一塗りでお肌の悩みをカバーしてくれるでしょう。表情の動きにもよくフィットする密着感のおかげで、メイク直しがほとんどいらないくらいにメイク仕立ての美しさが続きます。

リキッドファンデーションはベタつきがちなイメージがありますが、ダブルラスティングファンデーションはさらさらとした質感。基本的にはパウダーなどで仕上げることが必要なリキッドファンデーションですが、パウダーなしでも綺麗な仕上がりが期待できます。

エチュードハウスの人気リキッドファンデーション#ダブラファンデって?口コミ&人気の秘密徹底調査!

使い方のコツ

リキッドファンデーションを使ってきれいなベースメイクを作るためには、こんなことを意識してみましょう。

 

①スポンジやブラシを使うことでより高いフィット感あるベースメイクに

②シーンや肌の状態によって下地やパウダーを使い分けて

スポンジやブラシを使うことでより高いフィット感あるベースメイクに

リキッドファンデーションを塗る際は指や手のひらで広げるという方は多いと思いますが、指や手のひら仕上げだと、余計な油分が残ってしまい崩れやすさの原因になります。

スポンジで叩き込むように仕上げれば、余計な油分を吸いながらフィット感を高めます。ブラシならより少量で毛穴の奥までしっかりファンデーションを塗ることができますよ。スポンジもブラシもない、という場合は広げたティッシュで軽く顔を抑えることで近しい効果を得ることができます。

シーンや肌の状態によって下地やパウダーを使い分ける

単体でもきれいな仕上がりが期待できるエチュードハウスのリキッドファンデーションですが、より完成度を高めるならシーンや肌の状態によって下地や仕上げのパウダーを使い分けるのがおすすめです。

カラーコントロールベースやグロウ効果が期待できる下地を使い、ファンデーションを塗る前の肌を整えることでさらにファンデーションの効果を引き上げることが可能になります。

その後のパウダーもブラシでうっすら乗せればツヤ肌に、パフでしっかり押さえればセミマット肌にと表情の幅を広げることが可能になります。

エチュードハウスの人気リキッドファンデーション#ダブラファンデって?口コミ&人気の秘密徹底調査!

エチュードハウスのファンデーション【BBクリーム】

数年前に流行したBBクリームは、BBの他にもCCやDD、CCCなんていったバリエーションも。

トレンドとしてはすっかり落ち着きましたが、1つのアイテムでベースメイクが仕上がる便利さに一定の人気を保っています。

どんな人におすすめ?

①少ないステップでメイクを完成させたい

②メイクした感をあまり出したくない

③日焼け止め感覚で使いたい

SPF50+/PA+++と高い日焼け止め効果も期待できるので、ちょっとしたお出かけや肌を休ませたい…なんていうときにもぴったりです。

プレシャスミネラルBBクリームモイスト

こだわりのパール成分が光を拡散することによって、薄付きでも美しい仕上がりが期待できます。

素肌そのものがきれいな人、という印象を作りたいときにうってつけのアイテムといえます。

使い方のコツ

BBクリームを上手に使うためには、こんなことを意識してみましょう。

①カバーしたいところを中心に限りなく薄付きに

②美容液やオイルを加えて滑らかに

カバーしたいところを中心に限りなく薄付きに

BBクリームを重ねすぎると、肌が白くなりすぎたり透明感が失われて垢抜けない印象になることも。上手に使うためには、限りなく薄付きにすることを意識しましょう。薄く顔全体に塗って、もう少しカバーしたいところだけ重ねるのがおすすめです。

美容液やオイルを加えて滑らかに

そのままでも伸びのいいテクスチャーではありますが、今っぽい表情作りのために美容液やオイルを混ぜて使うのもおすすめです。より艶めくベースメイクが叶うので、抜け感のある雰囲気が叶います。

エチュードハウスのBBクリーム、あなたはどのタイプを選ぶ?

エチュードハウスのファンデーション【パウダーパクト】

ふんわりとしたフォギー肌が叶うエチュードハウスのパウダーパクトは、メイク初心者にも取り入れやすいテクスチャーです。単品での使用はもちろん、リキッドファンデーションやクションファンデーションの仕上げとして活躍することも。

メイク直しが必要な際にも手軽に行うことができるため、お直しポーチの常連であることもしばしば。使い勝手のいいアイテムとしてとても人気があります。

どんな人におすすめ?

①あまりメイクにこだわらないけど、きれいに見せたい

②もともと素肌がきれいな方

③お出かけ先でも同じアイテムでメイクしたい

 

今手に入るパウダーパクトで特に人気の高いアイテムが以下にご紹介する3つです。

プレシャスミネラルBBパクト

先にご紹介したBBクリームのパウダーパクト版。美容成分がたっぷり含まれたナチュラル仕上げが期待できるアイテムです。

特徴は裏表で質感の違う付属のパフ。つるつるのエアパフ面を使えばふんわり仕上げに、ふわふわのフローキング面でタッピングすれば毛穴カバーにも最適です。

シークレットビームパウダーパクト

クオリティはもちろんのこと、ビジュアルのかわいさも人気の要因となっているパウダーパクトです。

繊細なラメが含まれているので、華やかさが加わるのも人気の秘密。単品で使用するのはもちろん、リキッドファンデーションやクッションファンデーションの仕上げにもぴったりです。

トータルAPRツーウェイパクト

エチュードハウスのパウダーパクトの中ではカバー力が高めのアイテムとなっています。

付属のパフでつけるのもいいですが、ブラシでふんわり肌に乗せると今っぽい抜け感のある仕上がりが手に入ります。

上手な使い方

パウダーパクトを上手に使うためには、以下の点がコツになります。

 

①パフは押し付けずにふんわり滑らせる

②パフは3〜7日ごとに洗う

③パフでの仕上がりが物足りない時はブラシ付けがおすすめ

 

パフは押し付けずにふんわり滑らせる

今っぽいフォギー肌に仕上げるためには、ふんわりとした桃のような質感が大切です。そのためには、パフを顔に押し付けて塗るのは絶対にNG。のっぺりとした仕上がりになってしまいます。

パフの毛並みが肌に触れるか触れないかというくらいにふんわり滑らせることで、赤ちゃんのような質感が叶います。

パフは3〜7日ごとに洗う

パウダーファンデーションをふんわり肌に乗せるためには、清潔なパフが必要不可欠です。パフは油分やファンデーションであっという間にベタベタと真っ黒になっていしまいます。

毎日取り替えるのが理想ではありますが、実際に実現させるのはなかなか難しいですよね。3〜7日ごとの洗浄・交換ならきっとできるはずです。

パフでの仕上がりが物足りない時はブラシ付けがおすすめ

パウダーパクトには付属のパフがついているので、基本的にはそれを使用するという方が多いことでしょう。

パフでの仕上がりに物足りなさを感じている場合は、ブラシで肌に乗せる方法がおすすめです。ブラシでつけることで、より細部までファンデーションが入り込み、ベースメイクの仕上がりと持ちが格段にレベルアップしますよ。

さいごに

たくさんの種類があってついつい迷ってしまうファンデーションですが、気になるアイテムは見つかったでしょうか。

より満足感を高めるために、手に入れる前には必ず自分の肌でチェックしてみることをおすすめします。肌との色合わせにはもちろん、つけ心地や質感のチェックに役立ちますよ。

自分に合うファンデーションを見つけて、毎日のベースメイクをもっと楽しんでくださいね。

*記事内で特定商品の効果・安全性を紹介する場合、該当の記載は「すべての人に対して同じ効果があること」「すべての人にとって安全であること」を保証するものではありません。
*記事内で特定商品がパッチテスト済みであることを紹介している場合、該当のテスト結果は「すべての人に対して、同じ効果があること」を保証するものではありません。
*記事内で特定商品が「天然成分配合」「無添加」であることを紹介する場合、該当の記載は「天然成分を配合していること」「無添加であること」を表すものであり、商品の安全性を直ちに示すものではありません。