1歳向けの知育玩具はどう選ぶ?おすすめ玩具と選ぶポイント

1歳にもなると、歩きはじめてどんどん自分の世界が広がっていく時期。身の回りのものにも興味を持って好奇心が旺盛になっていきます。そんな1歳の子どもには、どのようなおもちゃで遊ばせてあげれば良いのでしょうか?

ここでは、

  • 1歳の子供の特徴
  • 1歳向けの知育玩具の選び方
  • 種類別!おすすめ知育玩具

についてご紹介していきます。

1歳のころにはどんなことができるようになるの?


ただベッドに寝転がっているだけでなく、自分で動いてどんどん新しいことを吸収していくのが1歳の特徴。しかし、具体的にはどのようなことができるようになってくるのでしょうか?まずは、1歳になると何ができるのかについて見ていきましょう。

指先が器用になるころ

1歳になると、手でものを掴むなど指先が器用になってくるころです。歩くようになると両手が空くので、ものを掴んで投げたりするようになります。ゴミ箱や引き出しの中身を引っ張り出して投げ捨てるなど、イタズラも増えてくるでしょう。

色の認識が進むのでカラフルな原色を好む

1歳は感覚や知覚が発達してくるので、認識できる色の種類も増えてきます。そのため、ビビッドで明るい原色のものを特に好むようになってくるでしょう。自分の好きな色や気になる色には特に興味を示して、指をさして声を出したりすることもありますよ。

イタズラしたいのもこのころの特徴


先ほどものを投げることが増えると説明しましたが、1歳にもなるとほかにもどんどんイタズラをするようになります。

時にはそんなイタズラの多くにイライラしてしまうこともあるかもしれませんが、ひとりで色々なことにチャレンジしたくなるころなので、頭ごなしに叱らずに見守ってあげることが大切です。

歩けるようになり行動範囲がさらに広がる

ハイハイを卒業してよちよち歩きができるようになると、自分の意志で動けるようになるのでどんどん自分から行動範囲を広げるようになります。自分の目線の高さの世界も新鮮なので、歩くだけでも楽しくてしょうがないというころではないでしょうか。

お絵描きも楽しむようになるのもこのころから

手先が器用になってくるので、ペンなどの長細いものを持てるようになってきます。そうなると、紙の上でペンを滑らせて点や線などを描いて楽しむ様子を見る機会も多くなってくるでしょう。

お絵かきが楽しいというより、ペンでなぞると線が引けることに驚きや嬉しさを覚えているのかもしれませんね。

音をだして楽しく遊べるようになる


自分が持っているもので音を出すなどして遊ぶようになるのも1歳の特徴のひとつ。

音がなるおもちゃで遊ぶ以外にも、こすりあわせたり叩いたりして自分で音を出すのが楽しいと感じるようになってきます。ぱちぱちと拍手を上手にできるようになったり、自分で音を出す楽しさを覚えてくるでしょう。

知育玩具を選ぶときに気にしたいこと


せっかく知育玩具を買うのであれば、1歳という年齢にぴったりのものを選んであげたいですよね。しかし、どういった点に注意して買えば良いのかわからないという人も多いはず!ここからは、知育玩具を選ぶときのポイントについて見ていきましょう。

手触りの違いを感じられるものを選ぶ

感覚が発達してくる1歳のころには、手触りの違いがわかるようなおもちゃを選ぶのがおすすめです。知育玩具は、ゴムや木、布など様々な素材が使われています。

サラサラ、ツルツル、ボコボコなど初めて触れる感触に驚きつつも、楽しいと思えるようになってくるでしょう。

つまむ・引っ張るなど指先をつかうもの

指先を器用に使って動かすおもちゃをチョイスするのも良いかもしれません。人差し指と親指を使ってつまむなどの指先の動作は、この時期の赤ちゃんには脳の発育上とても大切な動きのひとつです。引っ張るものがあるおもちゃなど、指先を使う知育玩具はおすすめですよ!

カラフルなもので見た目も楽しく


色がたくさんあると大人でも気分が明るく楽しくなりますよね。色の認識ができるようになりはじめた赤ちゃんは、特にカラフルなものが大好き!

色を多く使ったおもちゃは脳に良い刺激を与えてくれます。手に取るだけでも楽しくなるような原色がたくさん入った知育玩具が良いかもしれませんね。

手押し車などで歩くことの興味をもつ

手押し車などを使って歩くことに興味を持たせるのは、足腰を発達させる上でも非常に重要です。ファーストバイクやカートなど、足を使って動かすものを選んでみるのも良いですね。

歩き方もどんどん大人の真似をするようになり、階段などの段差も上手に昇り降りができるようになっていくでしょう。

危険の無い範囲で遊べることは大前提

楽しく遊べるかどうかという以上に、安心安全に遊べるかということを常に念頭に置いておもちゃを選ぶようにしましょう。1歳といっても成長の仕方は人それぞれです。

ほかの1歳が遊べるからといって自分の子も同じように遊べるとは限りません。自分の子が安全で楽しく遊べるものをしっかり選べるようになりましょう。

指先で楽しむ!おすすめ知育玩具


指先を器用に使う知育玩具は脳の発達にも良いのでおすすめ!つまんだり引っ張ったり、色々な指先の動きができるものを選ぶと良いでしょう。ここからは、指先で触れて楽しむおすすめの知育玩具を紹介していきます。

ピタゴラスシリーズ ピタゴラスキューブ これな~んだ? 20パーツ PGS-322

磁石でくっつくパーツなので、パーツ同士をつなげて自由にものをつくることができる立体キューブのピタゴラス!

振ったり並べたりはずしたりと指先をたくさん使えるので、1歳を迎える赤ちゃんにもぴったりの知育玩具です。これなら楽しみながらひらめきや想像力を育むことができそうですね♪

ピープル (People) はじめてのピタゴラス 1歳、今すぐ積めるつみき 基本セット 13パーツ

こちらも同様に磁石でくっつくパーツの積み木セットです。内蔵磁石なので舐めても安心安全!全13パーツのセットなので「最初は少ない個数の積み木から…」と考えている人やはじめての積み木にもおすすめですよ。積み木の色も鮮やかなので、飽きずに遊んでいられそうですね。

音を出して楽しむ!おすすめ知育玩具


1歳は自分で音を出して楽しめるようになってくるころ。そんなときには振ったり押したりすると音が出るおもちゃがあると子どもが自分から興味を示してきますよ。

ここでは音を出して楽しむおすすめの知育玩具をまとめてみました!

PLANTOYS 6404 ソリッドドラム

木を使ったおもちゃで有名なプラントイから発売されているドラムです。打面が木製のドラムになっていて、叩く場所によって音が変わるので赤ちゃんも楽しく音を出すことができますよ。

デザインも可愛くコンパクトサイズなので、収納にも困りません。

アンビトーイ (ambi toys) トランペット AM31022

吸っても吹いても音が出る、デザインも可愛い1歳児用のラッパです。2種類の音が出せるので、音が大好きな赤ちゃんにおすすめ!

軽くて握りやすいデザインなので、はじめての楽器としても使いやすいと評判ですよ。

Boikido Eco Friendly パーカッションテーブル

デザインのユニークさと高品質さを兼ね備えたパーカッションテーブルです。3種類の楽器があるので、赤ちゃんと一緒に音を出して楽しむことができちゃいますよ。

邪魔にならない大きさなので収納場所にも困らないのも嬉しいポイント!

楽しく歩く!おすすめ知育玩具


はいはいから徐々に歩くことを覚え始めるころには、自分の足を使って動かす知育玩具で楽しく遊ぶようになっていきます。そこでここからは、楽しく歩いて遊べる知育玩具を見ていきましょう!

I’mTOY ウォーカー&ライド カウ

乗ったり押したりして遊ぶことができる木製の手押し車です。さらにパズルやプルトイもついているので、様々なパターンで遊ばせることができますよ。手押し車の中は収納スペースもあるので、お片付けの練習にもぴったり!

PLANTOYS 5105 ダンシングアリゲーター


環境に配慮した安全で楽しいおもちゃをモットーにしたプラントイから販売されている、引っ張って歩きながら遊ぶ知育玩具です。

引っ張るとワニがカタカタを音を出しながら一緒に歩いてくれますよ。音が楽しくてずっと歩き回る赤ちゃんもいるそうです♪

楽しく学べる!おすすめ知育玩具


赤ちゃんの脳を視覚・聴覚・触覚など様々な感覚で刺激することで、楽しく遊びながら学ばせることができます。今流行している、楽しく遊べる知育玩具をまとめてみたのでおもちゃ選びの参考にしてみてくださいね♪

脳科学からうまれた あなぽこえほん (音のでる知育絵本)

赤ちゃんの視覚・聴覚・触覚を刺激してくれるしかけ絵本です。絵本をめくると出てくる動物たちを押すと鳴き声がなるようになっています。ボタンの触り心地もそれぞれ違うので、触れながら音や絵を楽しむことができると人気の知育玩具ですよ!

ウンチョン 布絵本

色や図形、動物の種類、数字や英語など様々な勉強ができる布絵本です。コンパクトで持ちてもあるので、お出かけにもっていくのもおすすめ!

高品質素材で色落ちしにくく、水洗いも可能なところも嬉しいですね。

【知育探検】 英語でおしゃべり ちょうだいなくん

楽しく遊びながら英語が学べる、見た目も可愛いおもちゃ!本体にボールを入れると、なんとタレントの関根麻里さんのネイティブ英語が聞けてしまうという知育玩具です。

走行モードにするとおしゃべりしながら動き回るので、赤ちゃんも楽しく遊ぶことができそうですね。

まとめ

1歳は歩くことができたり手先が器用になるなど、大人の目から見ても目覚ましい発展を遂げる時期でもあります。この時期に知育玩具を使って遊ばせてあげれば、赤ちゃんも様々な経験を積むことができるでしょう。

イタズラも増えてますます目が離せない時期ですが、お子さんの成長を優しく見守ってあげてくださいね!