神経質な人に共通する7個の特徴と神経質な性格を直す方法

世の中には、さまざまな性格をしている人がいますが、中にはそれによって損をしているケースも見られます。特に注意すべきなのが、神経質な性格です。デメリットが多く、もしそのような性格であれば、改善した方が良いかもしれません。

ここでは、

  • 神経質な人の特徴
  • 神経質な人が損をしていること
  • 神経質な性格を直すための方法

についてまとめてみました。

神経質な人の特徴


神経質の人は、何かと細かいことを気にしがちです。それだけに、神経質でない人と比べて精神的な疲れを溜め込んでしまいやすいでしょう。主には、以下のような特徴が伴うためです。これらに該当するようであれば、注意が必要かもしれません。

完璧主義者

神経質な人は、完璧主義者である場合が多いです。少しでもうまくいっていないと、気になって仕方がないためです。しかし、世の中には不完全であることの方が多く存在するのが実際のところ。

それだけに、心の疲れが溜まってしまいやすいです。特に、物事ではなく他人に対して完璧を追求してしまうと、期待通りにならずがっかりさせられてしまうことが多いです

責任感が強すぎる

責任感が強い性格は、決して悪いことでもないでしょう。信頼されたり、リーダーに適していたり、頼られたりするなど、人望も厚いかもしれません。

ですがそんな責任感も、強すぎると疲れの原因となってしまいます。必要以上に責任を背負って、自分を追い込んでしまうためです。

モラル違反や悪いことに過剰反応する


この特徴も、責任感が強いことに関係しているでしょう。モラル違反や悪いことなど、正しくない状況が何かと許せません。完璧主義であるがゆえに、間違いを見逃せないのです。確かにそれもいいことかもしれませんが、融通が利かなすぎるというのも、生きる上で苦労する原因となってしまいます。

自意識過剰

少し意外な特徴かもしれませんが、神経質な人は自意識過剰なケースも少なくありません 。完璧主義であったり責任感が強いのは、おこなう物事に対して自分こそが特に優れているという自負があるからこそ

実際に、神経質な人はプロ意識が高く、几帳面で、仕事ができる人が多いです。ですがそんな自意識が行き過ぎてしまうこともあるのが実際のところです。

どうでもよいことを深く考えすぎてしまう

神経質な人は、普通の人なら軽く受け流すような内容でも深く考え込みます。心配の必要ないようなことに対してネガティブに捉えすぎてしまう、冗談を本気と受け取ってしまうなど、何かとストレスにつながる考え方に変換してしまいがちです。何でも考え込む神経質な性格が、影響しています

マイルールを他人に強要してしまう


自意識過剰であるがゆえに、自分の中の正しさを他人に押し付けがちなのが神経質な人の特徴です。それが完璧であると信じて疑わないため、自分のルールから外れている人に対して考えを正そうとするのです。考え方は人それぞれなので、人間関係のトラブルにつながることも少なくありません。

ストレスが溜まってしまっている

上記の通り、神経質な人は日常的にストレスを溜め込んでいます。神経質に考え込みすぎるため、心が疲れてしまいやすいのです。

ストレスが溜まれば、さらに視野が狭まってしまうでしょう。それにより、またさらに神経質になるとなれば、負の悪循環にも陥ってしまいかねません。

神経質な人が損をしていること


性格は人それぞれとはいえ、神経質な人は残念ながら損をすることが多いです。普通であれば気にしなくていいことまで、深く気にしすぎてしまうためです。

心配しすぎて不安になる

物事に慎重であれば、ミスを未然に防ぐことができるかもしれません。心配し過ぎてしまうと、必要以上に不安を増幅させてしまいます。それがネガティブな思考につながってしまうと、できることもできなくなってしまうかもしれません

少しのことで傷ついてしまう

小さなことで傷ついてしまいやすいのも、神経質な人の特徴です。些細な冗談やちょっとしたミス、話し相手のわずかな表情の変化などでも、マイナスな印象に変換してしまいがちなのです。そのたび傷ついてしまうため、心にはストレスが溜まりやすくなってしまいます。

知人や同僚から煙たがられてしまう


神経質な人は、世の中全体で見たとき少数派なのが実際のところです。そのため、知人や職場の同僚からは煙たがられてしまうことが多いでしょう。業務における連携や、人間関係、信頼関係にも影響してしまうかもしれません。

精神的に疲れる

神経質さが影響するのは、周囲に対してだけではありません。自分自身の精神にも、疲れを溜め込んでしまいます。ただの心の疲れと油断していると、大きなリスクにつながる可能性もあります。通院が必要なレベルの精神病ともなれば、神経質な性格はより一層直りにくくなるでしょう。

イライラしすぎてしまう

神経質な性格により、周囲から煙たがられてしまう理由として、イライラしすぎるという特徴が挙げられるでしょう。少しでも自分のルールに噛み合っていないと、イライラ感を覚えてしまうためです。完璧主義によるマイルールの押し付けは、ほどほどにすべきでしょう。

新しいことにチャレンジするのを躊躇してしまう


神経質であると、何かとデメリットの面に注目してしまいがちです。ほんの些細な粗であっても、ネガティブなイメージにつなげるためです。

そのため、新しいことを始めようとしたときに、なかなかチャレンジに踏み出せません。自分の知らない未知の世界に、大きな不安を感じてしまうのです。

生きづらくなる

前述でも触れていますが、世の中全体を考えたとき、神経質な人は少数派です。それだけに、神経質な性格が度を越えていると、生きづらく感じてきます。真面目であること、完璧であることも大事ですが、多少は融通を効かせる意識も持つべきでしょう。

神経質な性格を直すための方法

神経質な性格だからといって、そこまで落ち込む必要はありません。確かに、生まれつきのもの、育ちが影響しているものもあるかもしれませんが、改善することは可能です。神経質な性格を直すための方法を、役立ててください。

ライフスタイルを改善しストレスを軽減する

神経質な性格になる原因の一つとして、ストレスが挙げられます。心に重圧がかかっているからこそ、視野が狭まり、何かと気にしてしまいがちになるのです。ストレスの軽減が効果的な性格改善方法となります。

特におすすめなのは、乱れたライフスタイルを改善する方法です。バランスのとれた食事や十分な睡眠、適度な運動といった健康を意識した生活の仕方がストレスを和らげることにつながります。簡単な方法ですが、効果的なので試す価値は大いにありです。

意識的に気楽に考えるように努力する

常日頃から、気楽に考えるよう努力してみてください。前述の通り、神経質な性格の人の考え方には一定の傾向があります。あらゆる物事に対し、深く考え込みすぎるということです。何に対しても気楽に考えるよう心がけるのです。意識的に続けることで、それが習慣となってくるでしょう。

視野を広げさまざまな考え方があることを知る


視野が狭まると、あらゆる物事に対して融通が利かなくなってしまいます。ですが考え方は、人それぞれです。あらゆる人と話して、さまざまな考え方があることに気づきましょう。それらを尊重することができれば、広い視野を保ちやすくなります

神経質にはさまざまなデメリットがあることを理解する

デメリットがあることを、自ら進んで続けるという人はそういないでしょう。そのため、神経質であることにはさまざまなデメリットがあるということを理解してください。そうすることで、自然に神経質な考え方を避けられるようになるでしょう。

まとめ

神経質な性格の人は、あらゆる物事に対して深く考え込んでしまいがちです。ある意味慎重な性格ともいえますが、今回紹介している通り、それにより生じるデメリット面も少なくありません。

より楽に生きたいと考えるのであれば、神経質さを穏やかにする努力をすることをおすすめします。努力といってもそこまで大変な内容でもないので、気軽に実践できるでしょう。