サマーカラーの人に似合うメイクのカラーと参考にしたい芸能人

パーソナルカラーとは、自分が持って生まれた肌の色や髪の色、瞳の色などからそのタイプを春夏秋冬の4タイプに分けたものです。パーソナルカラーがサマーカラーの人は、日本人女性の場合最も多いようです。サマーカラーの人は参考にしてみるとよいでしょう。

ここでは、

  • サマーカラーの人の共通点
  • サマーカラーの人に似合うメイクの色味
  • 参考にしたい♡サマーカラーの芸能人

についてまとめました。

サマーカラーの人の共通点


パーソナルカラーがサマーの人にはどのような特徴があるのでしょうか。肌や顔の特徴にも大きな共通点があります。サマーカラーの人の肌質や肌の特徴を中心にみておきましょう。サマーカラーかどうか判断する基準にもなります。

日焼けをすると赤くなる

陽の光をあびて輝くあじさいなど、夏の花の特徴を持ったのがサマーカラーの人です。そのため、太陽の影響を受けやすいため日焼けにはめっぽう弱く、日焼けをすると赤くなりやすいといった特徴があります。

顔が火照りやすい

また、サマーカラーの人はほかのカラーの人と比べて顔が火照りやすいという特徴もあります。サマーカラーは、ブルーをベースにしているため同じブルーをベースにしたウィンターと区別がしにくいのですが、ウインターカラーの人が落ち着いている肌の印象なのに対し、サマーカラーの人は比較的変化しやすいです。

お肌はピンク系のベージュ


パーソナルカラーがサマータイプの人は、ブルーベースといって青を基調にした薄くてやわらかなカラーと調和しやすいです。夏の太陽の光に反射して町が少しかすんで白く見えるように、お肌についても主張しすぎないカラーです。サマータイプの人のお肌は、ピンク系ベージュを基調としたカラーであることが多いです。肌質は粉っぽくドライなことが特徴です。白くてドライなのでマシュマロ肌と言われることもあります。

毛穴が目立ちやすい

サマータイプの人は、肌が薄いのが特徴です。透明感があり、ナチュラル感があるのはいいことなのですが、肌が薄いため毛穴が目立ったり目の下のクマが目立ちやすいという特徴もあります。目立つのは毛穴だけでなく、手入れをしておかないとシミやそばかすも目立ちやすいといった特徴があります。日焼けをすると毛穴は目立たなくなりますが、ソフトで浅黒くなってしまいます。

サマーカラーの人に似合うメイクの色味


日本人女性に一番多いと言われているサマーサマーカラーですが、このようなサマーカラーの人にはどのようなメイクが似合うのでしょうか。サマーカラーの人に似合うメイクの色味について、ファンデーションやアイシャドウなどアイテム別に集めてみました。自分に合う化粧品を選ぶことで、サマーカラーの肌の良いところを伸ばし、悪いところを隠すことができます。

ファンデーション:ピンクベージュ・ピンクオークル・ナチュラルベージュ

パーソナルカラーがサマーの人は、黄色や鮮やかで目立つ色が苦手です。そのため、ファンデーションを選ぶのであれば、青みがかった肌となじむ色や、ピンクなど色味が濃くないソフトなものがよいでしょう。サマーカラーの人にふさわしいファンデーションのカラーはまず、ナチュラルやナチュラルベージュなど自分の持っている本来の肌質を生かしたカラーです。次に、黄みが控えめのピンクベージュやピンクオークルなどピンク系のファンデーションを選ぶとよいでしょう。

アイシャドウ:グレーブラウン・パウダーピンク・ローズベージュ

サマータイプの人は、ブルーベースの肌なので青みのある穏やかな色と相性が良いです。そのため、アイメイクではブルーやグレー、もともと相性の良いピンクなどを取り入れてみるとよいでしょう。サマータイプは顔だちが優しく、ソフトなイメージになります。そのため、アイシャドウについてもグレーブラウンやパウダーピンク、ローズベージュなど優しいカラーを選ぶようにしましょう。

アイライン:グレー・ブルー・プラム

目元パックでなりたい目元を手に入れる!選び方とおすすめ6選
サマーカラーの人は、優しくてソフトな目元が印象的なので、濃いアイラインを引いて目元を極端に際立たせる必要はありません。とはいえ、目元にコンプレックスを感じている人はさりげなくアイラインで目を大きく見せるのがよいでしょう。相性の良いアイラインはグレーやブルー、プラムなどがあります。逆にオレンジ系などのスプリングやオータムの人が好むようなカラーはくすんで見えて似合いませんので使わないようにしましょう。

アイブロウ:アッシュグレー・ナチュラルブラウン・ピンクブラウン

アイブロウについては、サマーカラーの人はあまり目立たせないでさりげなく優しい目元を強調するようにしましょう。そのため、アイブロウについてはアッシュグレーやナチュラルブラウン、ピンクブラウンなどがよいです。サマーカラーの人が似合うパステルカラーと同じような優しい色使いが、肌をマシュマロのように見せてくれますし、優しい目元にしてくれるからです。

マスカラ:プラム・ブルー・赤みのあるブラウン

サマーカラーの人の優しい目元を彩るには、マスカラはプラムやブルー、赤みのあるブラウンが良いようです。やさしくてスモーキーなカラーや寒色系のカラーならマッチしますが、黄色味のあるものについては相性が悪いので、マスカラを選ぶときも注意しましょう。また、あまりマスカラを塗り過ぎると、パーソナルカラーがサマーの人の良いところである目元のやわらかさを崩してしまいますので塗り過ぎないようにしましょう。

参考にしたい♡サマーカラーの芸能人


実は、日本人の半数以上パーソナルカラーがサマーの女性である、と言われています。芸能界にも比較的たくさんパーソナルカラーがサマーの芸能人がいます。今回は、代表的なサマーカラーの芸能人について、みていきましょう。サマーカラーの人はメイクやファッションなどを真似してみるのも良いかもしれません。

広末涼子


いくつになってもデビュー当初の透き通った美しさがある女性が、広末涼子さんです。広末涼子さんはドラマなどでいろいろな表情を見せていますが、顔が赤らんだりするところがかわいらしく、それもサマーカラーの特徴です。どちらかというとパステル系や、ブルーやホワイトなど夏を印象付けるカラーの衣装が似合います。

北乃きい


ドラマで活躍しているだけでなく、朝の顔としてもお茶の間でおなじみなのが北乃きいさんです。北乃きいさんも色白の肌が印象的ですが、暖色系の衣装を着たときには、太ったのでは?ともいわれていました。ブルーやパープル、パステルカラーといった衣装が似合い、かわいらしく映ります

宮崎あおい


再婚して一時の母となっても、若いころの美しさはそのまま、子どものころから芸能界で活躍している宮崎あおいさんもサマーカラーの人です。宮崎あおいさんは色味の主張が少ないナチュラルな洋服が似合い、実際にコマーシャルにも起用されていました。夏タイプの色である明るいカラーや、パステルカラー、ブルーをベースにしたカラーが良く似合います

綾瀬はるか


2018年に主演ドラマがヒットし、大河ドラマにも起用されている綾瀬はるかさんも、サマーカラーの女性です。赤やオレンジ系の衣装を着ると少しだけぼやけてみえても、白やパープル、ブルーベースの衣装では、透き通るような美しさ、みずみずしさを醸し出しています。なりたい女性でも上位に輝いている綾瀬はるかさんは、サマーカラーの女性の特徴と同じく、表情が顔色に出やすいです。赤らんだ顔もかわいらしいと、男性だけでなく女性からも支持されています。

パーソナルカラー診断をしてもらうなら「ココナラ」!

出典:ココナラ

ココナラではパーソナルカラー診断を受けることができます!直接会わずに診断をしてもらうことができるため、忙しくて診断をしてもらうことができない…という方にオススメです。

以下の緑ボタンをクリックし、「カラー診断」で検索してみてください。プロのカラーカウンセラーなどもいるため、かなりオススメです。

まとめ

ブルーベースのカラーが似合う、パーソナルカラーがサマーの人は日本人女性のおよそ半数を占めるといい、一番多いです。当てはまった人も多いのではないでしょうか。サマーカラーの人は、肌がベージュ系で健康的ではあるのですが、シミになりやすかったり日焼けのダメージを受けやすいところがありますので、肌ケアには一層注意するようにしましょう。似合う洋服はわかりやすく、ブルーベースの洋服やパステルカラーです。黄色がプラスされているカラーや暖色系カラーの洋服を着たり、そういったカラーの化粧品を取り入れると顔もくすんで見えます。ブルー系のメイクと相性が良いです。