人をバカにする人の特徴や付き合い方とは

世の中には、大人になってもなお子供同士のように人をバカにする人間がいます。ここには、さまざまな意図が伴います。そのため、バカにされたからといって頭ごなしに怪訝な表情を浮かべるべきでもないわけです。

とはいえ、良い気分のする相手ではないでしょう。心理状態を読み解き、イライラすることなく接したいものです。

ここでは、

  • 人をバカにする人の特徴
  • 人をバカにする原因
  • 人をバカにする人との付き合い方

についてまとめてみました。

人をバカにする人の特徴


人をバカにする人は、世の中に少なからずいます。れっきとしたバカにする理由があるのであれば納得できますが、そうでないにも関わらずバカにすることを好む人も少なくありません。

一般的な人との違いや作業の粗、ミスなどを必死に探してバカにするような人です。そういった人には、以下のような共通点が見られます。

プライドが高い

常日頃からバカにすることを好む人は、プライドが高い場合が多いです。バカにすることによって、自分と相手の差を明確にし、自分のプライドを守っているのです。

また、バカにすることによる優越感も影響しているでしょう。バカにして人を見下すことで、自分のプライドを満たして満足につなげているのです。人の気持ちを考えない、タチの悪いタイプといえます

自信家

人をバカにするということは、自分はバカにされないという自信があるからこそ。言い返される心配がないので、好き勝手に人をバカにしているのです。つまり、人をバカにする人には自信家タイプが多いのです。

とはいえ、それが本当の自信であるかといえばそうとも限りません。当に実力の伴った自信を持っているのであれば、わざわざ人をバカにして差を見せつけなくても堂々としていられます。そのため、中途半端な自信家が多いのも特徴です。

承認欲求が高い


人をバカにすることで上下をはっきりさせられるのは、相手本人に対してだけでもありません。周囲にいる人に対しても、自分は上であるということをアピールします。

ですが、人をバカにして上下をつける方法がかならずしも周囲から承認を受けることに効果的とは限りません。むしろ、そうすることでしか承認欲求の満たせない小さい人間であると思う人もいるでしょう。本末転倒になる場合も、考えられます。

口だけで行動が伴わない

前述の通り、人をバカにして自分をアピールしようとする人は、実力の伴った本当の意味での自信を持たない人が多いです。そのため、口では偉そうに人をバカにしながらも、行動が伴わないタイプも少なくありません。いわゆる、口だけの人間です。周囲に煙たがられやすい、孤立しがちな人間でもあるでしょう。

相手によって態度を大きく変える


実力を持たず、口先だけに頼って生きているため、相手によって態度を大きく変えるのも特徴的です。あまり言い返してこないタイプと思えば、存分にバカにしますが、逆に自分より上の人間に対してはした手に出るといった具合です。

自信も実力もなく、敵わないと分かっているためです。それでいて頭の回転は早いので、相手によって態度をコロコロ変える技術に長けています。

ストレスが溜まっている

人をバカにすれば、プライドや承認欲求が満たされます。さらにはそれにより、ストレスの解消を図っている人もいるでしょう。つまり、人を頻繁にバカにする人には、ストレスの溜まっているタイプが多いということです

また別の人にバカにされて溜まったストレスを、目下の人間に同じ行為でぶつけているケースも考えられます。

人をバカにする原因


バカにされたら、まず良い気がしないでしょう。とはいえ、人間関係や職場の空気、上下関係を考えると、頭ごなしに否定できないのも事実です。

その点、なぜバカにしているのか読み取ることができれば、感情をコントロールしやすくなります。主には、以下の原因が考えられるでしょう。

自分に自信がない

前述でも触れていますが、人をバカにする人に限って自信がないタイプが多いです。自信や実力がないからこそ、口だけでバカにすることによってマウントを取っているのです。

自尊心を守りたいという気持ちから

むやみやたらに人をバカにするのは、自分がバカにされたくないという意思の現れということも考えられます。つまり、バカにされてしまわないよう自尊心を守っているのです。こちらにバカにされる理由がほとんどないにも関わらず、強引にバカにしようとしてくる人は、特にこれに該当するでしょう。

好意の裏返し


バカにするという行為は、かならずしもネガティブとは限りません。ちょっとした冗談程度であれば、むしろ好意を伝えることにもつながります。

そのため、好意の裏返しとしてバカにしているケースが考えられます。相手との関係性や距離感、バカにするときの言葉選びなどが温かく感じられる場合は、好意として受け取っても良いかもしれません。ただ、相手の好意であってもきつい言葉は嫌ですよね。

ストレスを解消するため

溜まったストレスを解消したい、ただそれだけのために人をバカにするようなタイプもいます。相手の気持ち、さらには周囲への印象を考えられない、タチの悪い人物といえるでしょう。空気の読めない人間、幼稚な人間、そんな人に比較的多く見られます

実は悪気はなく口が悪いだけ


バカにするような発言をしたくないのにバカにしている、そんな人も中にはいるでしょう。そもそもの性格として、口が悪いケースです。ある種の不器用さでもあるので、度の超えた悪口でなければ、頭ごなしに叱らず、言われた側がある程度気遣ってあげてもいいでしょう。

自分もバカにされている

自分がバカにされているからこそ他人をバカにしている、そんな人も中にはいます。程度の低い人間においては、間違いを指摘したり、揚げ足をとったりするなど、バカにし合うことこそをコミュニケーションと思い込んでいるケースも少なくありません。ストレス発散や、自尊心を守りたいという気持ちも伴なっているでしょう。

人をバカにする人との付き合い方


人をバカにする人を考えるとき、やはり気になるのが接し方でしょう。苦手な人からすれば、できれば接したくないタイプにも該当するはずです。ですが、ポイントを押さえて接することで、コミュニケーションを取りやすくなります。

距離を取る

人をバカにする人には、何をどう説明しても話の通じない性根の腐っているタイプも少なくありません。そのため、接することを諦めて、距離を取るというのも一つの手です。職場なのであれば、まったく接さないというのは難しいかもしれませんが、極力距離を取るようにしてください。

無視する


程度の低い人間が相手であったとしても、バカにされるとストレスが溜まります。自分に非がないにも関わらずストレスを作らされるとなると、何とも非効率です。気にせず無視するというのが良いかもしれません。

しかし、無視し続けるのはいじめになります。あくまでも特に用事のない時は関わらない、話さない、ということに留めておきましょう。

まとめ

身の周りに人をバカにする人がいて悩んでいたとしても、心配する必要はありません。多くの場合、非があるのは相手であるためです。

上記で紹介している通り、可哀想な理由が背景にあることも少なくありません。ネガティブに考えず、ポイントを押さえて接するようにしましょう。人間関係が、楽になるはずです。