イエローベースの人に似合う色はコレ!イエベの特徴とおすすめコスメ

イエローベース、もしくは省略したイエベという言葉を聞いたことがあるでしょうか。これは、パーソナルカラー診断といって人が生まれ持った肌の色を知って自分に似合うメイクやファッションの手がかりとするものです。

ここでは、

  • イエローベースの人の特徴
  • イエローベースの人に似合う色
  • イエローベースの人に似合うコスメ

についてまとめました。

イエローベースの人の特徴


イエローベースとは、ブルーベースと相対する言葉であり、どちらのカラーかによって、似合うメイクやファッションも違ってきます。

自分がどちらのベースかどうかを知るためには、パーソナルカラー診断を受けるという方法もありますが、ある程度はイエローベースかブルーベースかは見分けることもできます。イエローベースの特徴について知っておきましょう。

日焼けをすると黒くなる

自分がイエローベースかブルーベースかというのは、日焼けの仕方によっても違いがあります。日焼けをすると赤くなるのではなく黒くなってしまうのは、イエローベースの肌の特徴です。対照的に赤くなりますがなかなか黒くならないというのはイエローベースの人ではありません。

ゴールドのアクセが似合いやすい

イエローベースの肌の人は、ゴールドのアクセサリーが似合います。イエローベースの肌の人はもともと血色があまり感じられないのですが、ゴールドのアクセサリーをつけることでより血色がアップします。

シルバーのアクセサリーをつけてみると、ゴールドよりもくすんで見えるのがイエローベースの特徴です。シルバーとゴールドのアクセサリーをつけてみて判断しましょう。

手のひらがオレンジ


イエローベースの人は、手のひらを見ると色はオレンジがかかっています。色白というよりはむしろ健康的な肌の色を感じさせます。特に寒くない時に手のひらを見てみるようにしましょう。

腕の内側の血管が緑色に見える

自分の肌がイエローベースかブルーベースかということは、腕の内側の血管を見たらわかります。イエローベースの人は腕の内側の血管が緑色に見えます。

それに対してブルーベースの人は、腕の血管が青く見える傾向があります。どちらかよくわからない人は、自分の腕を見比べてみるのが良いです。

白目の色味がアイボリー系

もう一つ身体の一部で判断できるのが、白目の具合です。よく見なければわからないのですが、白目の色味がアイボリー系の色味であれば、イエローベースということです。

それに対しブルーベースの人は白目がやや水色っぽくなっているのです。充血していない状態でチェックするのがよいでしょう。

イエローベースの人に似合う色


イエローベースの人には、どのような色が似合うのでしょうか。せっかくパーソナルカラー診断をするのであれば、自分に似合う色をしっかり抑えておきましょう。

赤やピンク系

イエローベースの人は、黄みがかった色が似合うことが特徴です。赤やピンクといった華やかで温かみのある色合いはファッションにもメイクにもピッタリでしょう。

特にイエローベースの人は朱色やレンガ色など、黄みがかった赤色がおすすめです。ピンクであれば、黄みがかったピーチピンクやコーラルピンクなども似合うでしょう。

オレンジ系やコーラル

イエローベースの人に似合うのはやはり黄色が混じっているオレンジです。特に鮮やかなオレンジは差し色にもピッタリですし、ビビットオレンジやコーラルなど明るい色のファッションですと周りも明るくしてくれます

色白の人がダークなオレンジをあわせると浮いてしまいますが、イエローベースの健康的な肌であれば問題ありません。明るくてビビットなオレンジは、ファッションアイテムだけでなくストールやバッグ、アクセサリーに取り入れるのもよいでしょう。

アイボリー


特に色白なほうのイエローベースの人は、アイボリーがぴったり似合います。イエローベースの人がホワイトの服を着ると白い部分が目立ってしまい、肌がくすんでみえてしまいます。

女性らしいホワイトな服装をしたいのであれば、ニュアンスのあるアイボリーを使うことで全体がマイルドにまとまります。アイボリーはファッションに取り入れるだけでなくアクセサリーやバッグなどのアイテムに取り入れるのもよいです。

グリーン

イエローベースの人には、カーキなどのグリーンも良く似合います。深みのあるカラーで品の良さを演出できるからです。

また、アイシャドウなどのアイメイクのアイテムにも深みのあるグリーンを使用することで、肌になじみが良く品の良さを引きだたせるメイクになります。

ダークブラウン

肌に深みのあるイエローベースの人が似合うカラーとして落ち着いたダークブラウンもあげられます。

イエローベースの人はもともとゴールドなどゴージャスなカラーも似合いますが、少し派手だという人はこういったダークブラウンで上品な落ち着きをファッションに取り入れるとよいです。

イエローベースの人に似合う色のコスメ


人気のコスメを選んだけれどなんとなく似合っていないと感じる、メイクが浮いているように感じるといった悩みはないでしょうか。そういったときは、自分の肌のベースとそのコスメのカラーがあっていないのかもしれません。

イエローベースの人に似合う人気のコスメを集めてみました。イエローベースの人はぜひ自分のメイクに取り入れてみましょう。

ディシラ カラーコントロール ベース ピンク


イエローベースの人がくすみを消して血色のある肌にしたいのであれば、ディシラ カラーコントロールベースのピンクがおすすめです。イエローベースの人にありがちな肌のムラを整え、いきいきとした明るい仕上がりへと導きます。

なんとなくファンデーションが浮いて見える、シミが目立ってしまうという人はファンデーションの前にカラーコントロールベースをつけるのがよいです。特にピンクでスト頬の発色がよくなり、かわいらしい印象になります。

レブロン バーム ステイン 045


イエローベースの人はレッドとも相性が良いです。特に鮮やかな発色のレッドのリップクリームは流行の艶めく唇を実現してくれるからです。

特にこの、レブロン バーム ステイン 045は、ぷるつや感が長持ちすることや、イエローベースにあうきれいな赤色を発色することが支持されている理由の一つです。品のある赤色ですっぴんの唇でも問題なくすごせますし、クレヨン型で使いやすいです。

キャンメイク クリームチーク07 コーラルオレンジ


とにかく健康的な肌が印象的なイエローベースの人ですが、チークをすることで女性らしくも明るくもなります。その際考えるのが何色のチークを選べばよいか、ということでしょう。似合わないカラーであれば、チークだけ浮いてしまうからです。

やはり、イエローベースの人はイエローの少し入ったオレンジ系のチークが似合います。そしてかわいらしさを演出するのであれば、コーラルオレンジがおすすめです。キャンメイク クリームチーク07 コーラルオレンジは安価でありながらも使いやすく、発色もよいため好評です。

アディクション ADDICTION ザ アイシャドウ #24


イエローベースの人に似合うのはゴールドであり、アクセサリーもシルバーよりゴールドが似合うのが特徴です。アディクション ADDICTION ザ アイシャドウ #24はマットからシルキーまで異なる質感を採用していますので、のせやすく使いやすいです。

イエローベースの人にピッタリなゴールド系のカラーであり絶妙なグラデーションも可能にしています。

まとめ

パーソナルカラーにはおおまかにいってイエローベースとされる人とブルーベースとされる人がいますので、自分のベースに応じて似合うファッションやコスメを選ぶ必要があります。

日焼けをすると赤くではなく黒くなったり、腕の血管の内側が緑色に見える、白目がアイボリー気味でゴールドの似合う人は、イエローベースでしょう。

イエローベースの人がファッションに取り入れるなら黄みがかったレッドやコーラルピンク、オレンジやダークブラウンがおすすめです。白だとくすんで見えるので白い服はアイボリーにするのがよいです。

コスメにしても、カラーコントロールベースをピンクにしたり、つややかなレッドのリップクリームを取り入れる、アイメイクにはゴールド系や茶色を取り入れるとよいです。