人を見下すのはなぜ?見下す人の特徴や心理・対処法

仕事や学業、習い事などの環境では、数多くの人と接します。それだけに、さまざまな性格の人と関わるはずです。爽やかな気分にさせてくれるような気持ちの良い人がいれば、逆に何かと癇に障るといったタイプも存在します。後者についてはコミュニケーションがストレスにつながりかねないので、接し方に注意が必要です。

今回は、

  • 人を見下す人の特徴
  • 人を見下す人の心理とは?
  • 人を見下す人の対処法

についてまとめてみました。

人を見下す人の特徴

一般的な人は、人を見下すというおこないに不快感を覚えるでしょう。自分がされることはもちろん、する側に回ることにも嫌悪感を覚えるはずです。

それだけに、たまにいる人を見下すタイプには、特徴的な傾向がみられます。これらの傾向を伴う人であれば、ストレスを与えてくるタイプかもしれないので、接し方に注意するべきでしょう。

プライドがとても高い

人を見下すということは、いわゆる上から目線になっています。プライドが高く、自分が偉いと思い込んでいるためです。そんな自己評価を維持するべく、プライドが高い人は人を見下すスタンスをとることによって自尊心を守ろうとしています。ちょっとした会話においても、マウンティングを欠かしません。

たとえば、普通に作業をおこなっただけであるにもかかわらず、してやった、やってやったなどと言葉上で印象操作する、何かにつけて自分の正しさを押し付けようとする、自分がやりたくないことを頼んでくるといった具合です。

相手によって態度を大きく変える


あからさまに人を見下す人は、上下関係にとても敏感です。だからこそ、上下をつけることに執心しているのです。

そのため、自分より弱そうな人を見下すことはもちろん、権力者に対して感じの良い態度をとることも欠かしません。そもそも、人を見下す人に限って言葉巧みなタイプが多いので、あからさまに表情や接し方を使い分けます

いつもイライラしている


バランス感覚が良いからといって常に安定しているのかといえば、そうでもありません。確かに、人を見下したり態度を大きく変えたりするのは、自分の立場を守るためという理由が考えられます。ですが、常日頃から上下関係ばかり気にしているため、気が立っていることが多いのです。

いつもイライラしている、人目をやたらと気にしている、少しでも弱みを見せそうになると慌てる、そんな特徴がみられるでしょう。人を見下したがるのは、見下されることへの恐れでもあるので、せわしない人が少なくありません

承認欲求が強すぎる

人を見下せば、自分を大きく見せることができます。自分はあの人より強い、自分には人の上に立てる力がある、もっと上に行ける、そんなアピールが含まれているかもしれません。

つまり、周囲に対する承認欲求の裏返しといえるでしょう。そのため、あからさまに人を見下す人は、承認欲求が強すぎるという可能性も考えられます。見下される側に何か問題がないかを考えるよりも、まずは見下している人を見つめなおしてみましょう。

また、褒められたいと感じる方は、以下の記事もチェックしてみてください。

あわせて読みたい

褒められたい人の特徴は?周りにいる承認欲求が強い人への対処法

続きを読む

人を見下す人の心理とは?


人を見下す人は、何か特別に見下せるような要素がなくても、無理やり見下そうと努力を試みます。なぜそのような性格の悪いことをするのでしょうか。もちろん、そこには理由が伴います。以下のような心理がかかわっているケースが、多いでしょう。

自分に自信が無い

そもそも、自分に自信があり確かな実力が伴っているのであれば、意識的に人を見下す必要もないでしょう。何もしなくても、周囲から尊敬され、権力ある人からは評価を受けるためです。

そのため、あからさまに人を見下すタイプは、自分への自信がないタイプといえます。人を見下すことで、力づくで立場を形成しようとしているのです

また、言葉巧みに人を見下すことしか取り柄がないため、その作業によって自尊心を補っているという可能性も考えられます。必死に立場を形成しようとがんばっているのもまた、自尊心やプライドの高さが影響しているので、可能性は高いでしょう。

また、自信がないと悩んでいる方は、以下の記事もチェックしてみてください。

あわせて読みたい

自分に自信がない人の特徴・原因・改善策20選&自己肯定感を高め自信をつける方法

続きを読む

コンプレックスに悩んでいる

何らかのコンプレックスに悩んでおり、その点で自信が持てない、それによって見下されるかもしれない、そんな理由から、上から目線の見下しを徹底しているのです。

主には、顔や体型、学歴、収入などが挙げられるでしょう。それらをピックアップされてバカにされないよう、かたくなに見下してきていることがあります。

また、「自分を変えたい!」と考えている方は、以下の記事から対処法をチェックしましょう。

あわせて読みたい

自分を変えたいと悩んでいる人へ。変わるための12の方法を紹介

続きを読む

他人と自分を比較して落ち込みやすい


他人に対してマウントをとろうとするのは、人と比較することにネガティブな印象を感じているからこそ。それこそ、上記のようなコンプレックスはじめ、異性からの人気、仕事や学業における成績などが挙げられるでしょう。他人と自分を比較すると落ち込んでしまうため、自分が下に感じないよう口先によって上下をつけているのです。

気が大きければ、他人と自分を比較したときに多少ネガティブな感覚を覚えても、そこまで気にしないでしょう。いずれにおいても、人を見下すタイプは自分に対しネガティブな感情を覚えているといえます

また、ついついマイナス思考になってしまう…という方は、以下の記事もチェックしてみてください。

あわせて読みたい

マイナス思考(ネガティブ思考)をやめたい!12個の克服方法。マイナス思考が止まらないときの対処法も

続きを読む

人を見下す人の対処法


上記の心理を見ると、人を見下す人にはどこか同情の余地さえ窺えてくるかもしれません。ですが、たとえそうであったとしても、見下されるというのは気持ちの良いことでないでしょう。以下の対処法をもちいて、楽にコミュニケーションができるよう工夫してみてください。

話を聞き流す

一般的に、人を見下すタイプは性格の悪い人といえます。同じ人間であるわけですから、そもそも見下すというスタンスは理想的でありません。立場における上下関係が存在していたとしても、限度があります。そのため、人を見下すような話は、あまりまじめに受け取り過ぎず、聞き流すのがおすすめです

とはいえ、完全に無視をするというのもおすすめできません。その態度を見て、またさらに何かと理由づけてマウントをとってくるかもしれません。最低限の相槌や返答はしつつ、聞き流してください。

距離を取る


人を見下すタイプの人は、あなたを尊重しようと思っていません。自分の立場をアピールするため、利用できるだけ利用したい、そう思っているためです。

つまり、接すれば接するだけ損なのです。そのため、人を見下す人からは距離をとるようにしましょう。そもそも接する機会を減らせば、不快な思いをさせられることも少なくなります

絶対に負けない得意分野を作る

人を見下す人は、そもそも見下せるような実力を持っていません。自信も力もないからこそ、口先で上下をはっきりさせようとしているのです。

そのため、絶対に負けない得意分野を持っていれば、そもそも見下す対象にさせないようにできます。それこそ、相手がコンプレックスとしている分野に強みを持てば、効果的な牽制ができるでしょう

また、絶対に負けない分野を作る際にオススメな診断がグッドポイント診断です。5つの強みを知ることができる診断なので、あなたの強みであり、かつ相手の苦手分野で戦うことができれば、見下されるということも大幅に減るかもしれません。

以下から診断を行ってみましょう。

人を見下してしまう人へ。まずは自己分析からしてみよう

ついつい人を見下してしまうことでお悩みの方は、まずは自己分析をしてみるところから始めるといいでしょう。こちらでは、オススメの2つの診断をご紹介します。

自分の5つの強みをチェックする

人をついつい見下してしまう…という方は、「自分に自信がない」ということが原因になっているかも。グッドポイント診断では、あなたの5つの強みを知ることができます。

自分の強みを知ることで自分に自信が持てて、人を見下してしまうこともなくなるかも。まずは寸断を受けてみましょう。

\無料で5つの強みを知ろう!/

あわせて読みたい

グッドポイント診断やってみた。転職希望アラサー女が気になる診断結果や転職で最大限活用する方法を全部見せます!

続きを読む

自分の個性からくる「くせ」をチェックする

人を見下してしまうのは、あなたの個性からくる「くせ」が原因かもしれません。ミイダスのパーソナリティ診断では、あなたの個性からくる「くせ」とその対処法を知ることができます。

くせを改善し、ついつい人を見下してしまう、ということを無くしていきましょう!

\市場価値チェック、仕事での自己分析、個性の「クセ」の対処法を知りたいなら/

あわせて読みたい

ミイダスのパーソナリティ診断でわかる3つのこと!実際にやってみた

続きを読む

まとめ

自分の属している組織に人を見下す人がいると、何とも迷惑です。ですが、自信がない人や自分を大きく見せたい人においては、そういった態度を取る人も少なくありません。上記で紹介しているような対応の仕方を活かして、ストレスを感じないような関係を築いてみてください。