曇りのほうが紫外線の影響が強いの?効果的な紫外線対策

「曇りの日も紫外線を浴びている」と聞いたことはありませんか?私たちは、日差しが強い日ばかり紫外線対策を意識しますが、曇りの日でも紫外線対策は必要です。

ここでは、

  • 曇りの日の紫外線
  • 曇りの日に効果的な紫外線対策

についてまとめてみました。今まで曇りの日は紫外線対策を何もしてこなかったという方、必見です。

曇りの日こそ紫外線に注意!


曇りだからといって油断していると、紫外線を浴びて日焼けやシミの原因になってしまいます。一見紫外線なんてなさそうな曇りの日こそ、しっかりと紫外線対策をしていつまでも綺麗なお肌を保ちましょう。

まずは、曇りの日にどうして紫外線に気をつけなければならないのか、その理由をご説明します。

曇りの日でも紫外線がある

直接日差しが当たらない曇りの日って、なんとなく紫外線もそこまで当たってないような気がしますよね。しかし、曇りの日でも私たちは紫外線を浴びています。どんなに曇っていても、雲が紫外線を遮ってくれるわけではありません。紫外線は雲を通過して、私たちに当たっているのです。

実際快晴のときの紫外線を100とすると、薄曇りの場合は約80~90、曇りの場合は約60、雨の場合は約30の紫外線を浴びています。快晴のときに比べるともちろん少ないですが、それでも私たちは曇りのときでも多くの紫外線を浴びているのです。

快晴の日と比べて紫外線対策がおろそかになる

快晴の日など日差しが強いと感じるとき、紫外線対策に力を入れる方も多いですよね。曇りでも、紫外線を浴びている以上、快晴のときと同じような紫外線対策が必要です。

しかし、曇ってるから紫外線が少ないと勘違いをして紫外線対策を行わないと、想像以上に焼けてしまったりシミの原因になってしまいます。曇りの日ほど、気をつけて紫外線対策をしっかり行うようにしましょう。

散乱光により色々な方向から紫外線を浴びる


紫外線が最も強いのはやはり快晴の日です。しかし、ある条件が揃うことで、快晴よりも曇りの日の方が紫外線が強くなる現象が起こります。それが、「散乱光」によるものです。

散乱光とは、太陽の光が雲に当たることで、様々な方向に散らばって進み直す現象のことを指します。少し空に雲がある薄曇りの天気の日、太陽と自分の間に雲はなく、直接太陽の光を浴びているとします。

そこで、直接浴びている太陽の光に加えて、周囲の雲によって散乱した光も浴びることになってしまうのです。

本当に限られた条件ですが、薄曇りの日で太陽と自分の間に雲はないときだけ、散乱光によって、快晴のときよりも強い紫外線を浴びてしまいます。

曇りの日に効果的な紫外線対策


曇りの日にも紫外線を浴びていることがわかったうえで、具体的におすすめの紫外線対策について見ていきましょう。取り入れやすいものは積極的に取り入れて、大切なお肌を紫外線から守ってください。

日焼け止め

最も気軽にできる紫外線対策が、日焼け止めを塗ることです。ドラッグストアに行くと、数多くの種類の日焼け止めが販売されています。選び方として大切なのは、生活スタイルに合った日焼け止めを選ぶことです。

真夏の紫外線が強いときに長時間外にいるときや、レジャーやスポーツをするときは、紫外線カットの効果の高いものを選びましょう。日常生活でちょっとした買い物に行くときや、通勤するときなどは、あまり効果の高すぎるものを選ぶ必要はありません。必要以上に効果の高いものを選んでしまうと、かえってお肌に負担をかけてしまうからです。

UVカット機能のあるメガネやサングラス

普段から眼鏡をかけている方は、UV機能付きのものに変えるだけで目の負担を軽減できます。また、UV機能付きのサングラスも効果的です。

また、UV機能がついていないのに色の濃いサングラスをかけてしまうと、目に悪影響と言われています。人間の目は、暗いところでは瞳孔を開いてより多くの光を取り込もうとします。そのため、色の濃いサングラスをかけていると瞳孔が開き、多くの紫外線を取り込むことになるのです。

紫外線対策としてサングラスをかけたいときは、必ずUV機能が付いているレンズのものを選んでください。

UVカットタイプのマスク


最近では、UVカット機能がついたマスクも販売されています。UVカット機能がついていない普通のマスクは、通気性を重視するために目が粗く作られています。そのため、そこから紫外線が入ってきてしまい、あまり紫外線対策にはなりません。

紫外線対策としてマスクをするときは、必ずUVカット機能がついたものを選んでください

また、長時間マスクをすることになる場合は、使い心地も重視しましょう。特に耳にかけるゴムの部分が痛くなりやすいです。いろいろな紫外線対策マスクを試して、最も快適につけられるマスクを探してみてください。

日傘

日傘は、デザインがおしゃれなものも多く販売されており、夏は紫外線カットだけでなく暑さ対策にも役立ちます。確かに日傘は太陽から出る紫外線をカットしてくれるので、紫外線対策としての効果はあります。しかし、日傘を使っている方で見落としがちなのが、地面からの照り返しです。

紫外線は、一度地面に当たってからも照り返して人に当たります。空からの紫外線は守ってくれる日傘も、照り返しからは守ることができません。そのため、UVカット率99%と書かれた日傘でも、実際には肌にあたる紫外線の4~5割程度しかカットできていないのです。

日傘を使うときでも、日焼け止めなどによる別の紫外線対策をするようにしましょう。

長袖

紫外線対策として有効なのが、「露出をしない」ということです。夏に日焼けするのは、肌の露出が多いからです。冬も紫外線を浴びていますが、露出が少ないため日焼けはあまりしません。

しかし、紫外線は服も通過するため、完全に紫外線を防ぐということはできていないのです。そこでおすすめなのが、UVカット機能がついた洋服です。UVカット機能がついた洋服は、紫外線を乱反射させるチタンやセラミックを繊維に練りこんだりして、紫外線をカットできる作りになっています。

また、黒や紺は紫外線を通しにくいと言われています。そのため、UVカット機能がついている服じゃなくても、黒や紺の長袖を着れば、紫外線対策になりますよ。

食事(ビタミンA、C、E)


紫外線対策はついつい外側に意識を向けてしまいがちですが、内側からケアすることも大切です。普段からビタミンを摂取することを意識すると、受けてしまった紫外線の影響を和らげることができます。

ビタミンA

ビタミンAは、紫外線から肌を守って、肌の老化を防いでくれます。そんなビタミンAが含まれる食べ物は、にんじんやほうれん草など、緑黄色野菜がおすすめです。最初はβカロテンという栄養素ですが、体内でビタミンAに変化します。

ビタミンC

ビタミンCは美白効果に優れており、シミやそばかすを防ぐ働きがあります。ビタミンCを含む食べ物としては、オレンジやいちご、ブロッコリー、トマトなどが普段取り入れやすいです。

ビタミンE

ビタミンEは、活性酸素を無害にする働きがあり、肌の老化を防いでくれます。ビタミンEが多く含まれる食べ物は、ナッツ類やアボカド、キウイなどが挙げられます。

まとめ

曇りの日も紫外線が強い理由と、曇りの日に効果的な紫外線対策方法をご紹介しました。紫外線を浴びてしまうと、シミやたるみの原因となってしまい、何年か経ってからお肌に出てきてしまいます。シミやたるみがあると、一気に老けた印象になってしまうので、紫外線対策はなるべく頑張りたいものです。

晴れの日だけでなく、曇りの日も紫外線対策を怠らずに、紫外線から肌を守ってあげましょう。