人徳の意味とは?人徳を知って人徳がある人になる方法

人徳のある人間は、周囲から尊敬を集めます。そのため、人徳のある人間を目指したいと考えている人は多いでしょう。ですが、では具体的にどのようにすればいいのか考えても、なかなか明確な答えは出ないはずです。人徳とは、いったいどのような存在なのでしょうか。

ここでは、

  • 人徳とは
  • 人徳がある人は好かれる
  • 人徳がある人の特徴
  • 人徳のある人になるには

について、まとめてみました。基本から理解して、あなたも人徳ある人間になれるよう努力してみてはいかがでしょうか。人生において、あらゆるメリットが体感できることでしょう。

人徳っていったいなに?


人徳という言葉は、決して珍しくないでしょう。人としてあるべき姿、目指すべき姿として、語られることの多い存在です。ですが、いざ人徳がどういう存在であるか聞かれたとき、的確に答えられる人はあまり多くないはずです。まずはどういった存在なのか知らなければ、目指したくても目指せません。基本を、押さえていきましょう。

その人が本来持っている品性

人徳を簡単にいうと、ストレートにその人が持ち合わせている徳であるといえるでしょう。ですが、徳という言葉もまた、定義があいまいでしょう。具体的に表現すると、品性といいかえられます。品のあるふるまい、気の利いた会話、心遣い、絵になる仕草などが該当するでしょう。

またそれらは演じて作るのではなく、あくまで本来持っているものでなくてはなりません。生まれつきのものや育ちが影響しているもの、また期間を経て磨き上げた品性などが挙げられるでしょう。自然に品性をかもせる人を、人徳ある人と呼べるでしょう。

現代ではいい人にカテゴライズされることが多い


上記は、人徳という言葉の本来の意味合いです。ですが近年においては、また違った使われ方をしているのも実際のところです。主には、いい人や好意的に感じられる人など、結構単純な考え方にカテゴライズされています。そのため、人徳ある人になりたいのであれば、誰からも好まれる人を目指すと良いでしょう。

人徳がある人は好かれる!


人徳は、あるに越したことがありません。もし今ないのであれば、持てるよう努力する価値が大いにあるでしょう。なぜなら、人徳ある人は好かれるためです。人から好かれれば、さまざまなメリットが期待できるでしょう。

人をまとめる力を持っている

人徳ある人は、相手に限らずさまざまな人から好意的に思われます。そのため、人をまとめる力をもてます。誰もが好意的に感じているわけですから、人徳ある人のリーダーシップにみんなついてくるでしょう。そのため、組織におけるリーダー、会社における上司など、まとめる立場へのステップアップが期待できます。

人間的に尊敬できるところが多い

人徳ある人の特徴として、尊敬できる部分を多く持ち合わせているという点も挙げられます。あらゆる人から好かれるのは、人として正しいからこそ。自分の正しさを貫き、弱き者を助け、それでいて人間的魅力を持ち合わせる、多くの面が秀でた人物です。憧れの的として、人気者になるでしょう。

人によって態度を変えない


自分の軸をしっかり持っている人が多いのも、人徳ある人の特徴です。自分の中の正しさをはっきりと確定させているため、簡単にぶれることがありません。そのため、話す相手によって態度は変えないという特徴が伴います。安定感がある信頼できる人物として、見られるでしょう。

自分というものをしっかりと持っている

自分をしっかり持っている人は、憧れの対象になりやすいです。自分を持ちたくても持てない人が、多く存在するためです。しっかりしている、安定している、頼りになる、そんな風に見られるでしょう。これもまた、人をまとめる力につながっています。

品性があり生き方が丁寧


前述でも触れていますが、人徳は品性ともいいかえられます。ふるまいや表情、さらには生き方までもが美しく丁寧です。その場にいるだけで空気が引き締まる、レベルが底上げされたような雰囲気になる、そんな空気感をかもしている人さえいます。あらゆる組織で、好まれる存在になるでしょう。

情に厚いため信頼できる

あらゆる面で優れた印象の人徳ある人ですが、だからといって驕り高ぶらないのも特徴的です。持ち合わせた力を駆使して、自己中心的になるのではなく、情に厚く周囲の人のためになろうとします。しっかりとした安定感ある人に思いやってもらえるわけですから、多くの人が信頼を感じるでしょう。

人徳のある人の特徴


後述で人徳ある人になる方法を紹介しますが、やはりそう簡単になることはできません。そのため、まずは人徳ある人の特徴の真似から入ることをおすすめします。最初は違和感があるかもしれませんが、徐々に自分のものにしていけるでしょう。人徳ある人の特徴を、ピックアップしました。

誰にでも優しい

人徳ある人が誰からも好かれるのは、誰にでも優しいからこそ。それも、人によって態度を変えることなく、平等に優しく接します。人の好き嫌いは、誰にでもあるものです。そのため、決して簡単なことではないかもしれません。ですが、それをやってのけるのが人徳ある人なのです。

他人を優先できる

前述でも触れている通り、人徳ある人は優れているからといって驕り高ぶりません。自分よりも他人を優先できる、思いやりを持ち合わせています。ですが、だからといって自分が損するわけでもありません。実力と自信に溢れており、軸がしっかりしているからこそ、そういった他人への思いやりも持てるのです。まずは、自分の軸をしっかり持つことが大事になってくるでしょう。

老若男女に好かれている


人徳ある人が好かれるのは、同年代や同じ組織の人からだけでもありません。性別や年代に限らず、老若男女に好かれます。これもまた、人徳ある人が相手を選り好みすることなく、平等に親切にできるためです。厚い信頼を寄せられるため、さまざまなことを任せられるでしょう。同時に、受けられるサポートも厚くなります。

悪口などネガティブな発言をしない

これもまた、人徳ある人が誰からも好かれる理由の一つでしょう。周囲に対し、ネガティブな発言をしません。それにより、相手を不快にさせてしまうと知っているためです。思いやりある人徳ある人は、そのようなことを好みません。特に、人を悪く言う悪口や、嘘、揚げ足取りといった他人の印象を下げるような発言は好まないでしょう。人間社会を生きる上でそう簡単なことではありませんが、人徳ある人には可能なのです。

上司や部下に信頼されている

職場内において人徳は、プラスに機能します。上司と部下、どちらからも信頼されるためです。これによって、早い段階で昇進に期待ができるでしょう。軸がしっかりしているため、仕事自体ができる人も少なくありません。

特に適しているのが、チームをまとめる立場の管理職でしょう。部下に信頼されているため、うまくまとまりやすいです。また上司にも信頼されているわけですから、チームを居心地良い状態に維持することができるでしょう。

思いやりがある


人徳ある人は、自分の利益をなげうってでも周囲のことを考えます。これはひとえに、思いやりがあるからこそです。人の気持ちを考えて相手に必要なアドバイスをしたり、サポートをしたりすることができます。相談しやすい相手となるため、多くの人に尊敬されるでしょう。上司や部下を始め、老若男女ありとあらゆる人に好かれるのもこのためです。

責任感がとても強い

責任感が強いからこそ、人をまとめる力に長けています。どれだけ人に好かれていても、責任感がなければまとめ役には適しません。ですが、自分のことをなげうってでも最大限に人のことやチームのことを考えられるため、まとめ役に適任なのです。

他人の幸せを喜ぶことができる


他人の幸せを喜ぶというのは、決して簡単でないでしょう。それによって、自分のポジションが奪われたり、追い越されたり、劣等感を感じたりしてしまうためです。ですが、人徳ある人にはそれが自然にできてしまいます。つまり、人を妬まないということです。品性ある人ならではの正しく美しい振る舞いは、周囲の模範となるでしょう。

面倒事を人任せにしない

これもまた、責任感の強さと思いやりが影響しているでしょう。面倒事が起こったら、人に任せることなく自分でおこなおうとします。もちろんその分自分が負担を背負うわけですが、他人が負担を背負ってしまうことを考えるとじっとしていられないのです。

ですが、そんな人徳ある人の振る舞いを見て、周囲も率先してサポートしようとするでしょう。普段周囲に向けている思いやりが。返報性によって返ってくるのです。そのため、実際には常に一人で負担を背負っているわけではありません。

人徳のある人になる方法とは?


上記の特徴を踏まえ、人徳のある人になるにはどうすればいいのでしょうか。人徳ある人の特徴すべてを真似しようと思うと、大変でしょう。一般的な人からすれば、聖人といっても過言ではないような立派な人物像に他なりません。ですが、以下のポイントを押さえれば比較的簡単に人徳ある人を目指せるでしょう。

早寝早起きなどライフスタイルを改善する

ライフスタイルと人徳は関係ないように思えるかもしれませんが、実はつながり深いです。人徳ある人は、振る舞いから考え方までとにかく正しくしっかりしています。そのため、まずは早寝早起きなどライフスタイルを整えるのです。食事の栄養バランスや十分な睡眠時間、健康的な体づくりを意識することもおすすめです。

他人の悪口は言わない


愚痴や悪口を言わないよう、心がけましょう。上記で紹介した特徴の通り、人徳ある人は人に対して悪口などのネガティブな発言をしません。人を悪く言わない、ただそれだけでも考え方は結構変わってくるものです。日頃から人のいいところを見つけて、素直に伝えるといった習慣を作っていくと良いでしょう。

他人を気に掛けるように注意する

すべての人に対して、平等に気に掛ける心がけをもちましょう。これにより、あらゆる人に対して思いやりを持てる人になります。基本的に、人の好き嫌いは誰しもが持ち合わせているものです。そんな中において平等に気に掛けるというのは、容易でないかもしれません。まずは、身近な人から気にかける努力をしてみてください。

心に余裕を持つ


人徳のある人になる上で、特に重要な自分の中に軸を作るためのポイントです。心に余裕を持つことで、細かいことに左右されることなく、精神を安定させられます。スケジュールに余裕を持つ、規則正しいライフスタイルを心がけるなどして、落ち着いて過ごせるよう工夫してみてください。

まとめ

人徳ある人は、おおまかにいうと、誰からも好意的に思われる品性のある人です。誰もにやさしく思いやることができるため、あらゆる環境でまとめ役を任せられるでしょう。ですが、常に自分の軸を持ち人に優しくいるというのは簡単でありません。人徳ある人の特徴を理解して、徐々に理想の人物像に近づいてください。