30代のメイクはこれがポイント!30代女子を魅力的にみせるメイク

いろいろ盛ってかわいらしいメイクを目指せばよかった20代とは違い、30代になると大人のメイクが求められます。加えてシミやしわ、くすみやほうれい線など、20代には気にならなかった悩みが出てくるのも30代の特徴です。30代のメイクはどうすればよいのか、知っておくとよいでしょう。

ここでは、

  • 30代のメイクを上手に仕上げるコツ
  • 30代のメイクを綺麗に仕上げるお肌の作り方
  • 30代メイクを成功させるポイント
  • 30代の大人女子に参考にして欲しいメイク動画

についてまとめてみました。

30代のメイクを上手に仕上げるコツ


若ければよかった20代のころのメイクとは違い、30代のメイクには「大人の美しさ」が求められます。20代は何もしなくても肌がふっくらモチモチしていますが、30代となるとそうはいきません。30代のメイクをどのように仕上げればよいのか、知っておきましょう。

若作りしすぎない

アンチエイジングに興味があったり、若く見せたい、と思う人も多いでしょう。食生活を改善するなどして内面の美しさを目指すならまだしも、無理に若作りをしないほうがよいです。

30代でありながら若作りメイクをすると、無理に若返ろうとしているイタい人、と思われかねません。大人の女性の品のある美しさを目指すとよいです。

自分の肌のパーソナルカラーを知る

20代であるなら、化粧のノリも良いのである程度「したいメイク」をしても美しく見えるものです。しかし、30代ともなると合わないメイクをすると浮いて見えたりくすみが目立ったりするものです。

まずは、自分の肌の色、瞳の色などからパーソナルカラーを知り、自分の肌に合ったメイクをすることが大切です。

日本人の肌は、主にイエローベースとブルーベースに分けられます。健康的な黄みがかった肌と、色白の肌です。まずはどちらであるかを判定して、それにあった化粧品を選ぶことから始めましょう。最近ではインターネットでパーソナルカラーを手軽に診断できます。

盛りすぎずナチュラルさを出す


ギャルがするようなかわいらしい、盛ったメイクは若いからこそその良さが引き立ちます。30代ともなると、ナチュラルメイクやベージュを基調としたメイクのような落ち着いたカラーが求められます。

特に30代は、会社でも一定の地位にあるでしょうし結婚していれば夫の親族など年配の人と接する機会も多くなります。近しい世代だけでなく年配の人の受けもよい品のあるメイクを心がけることが大切です。

30代のメイクを綺麗に仕上げるお肌の作り方


30代のメイクをきれいに仕上げるには、ファンデーションを塗りたくるのではなくナチュラルメイクを心がけることが大切です。ナチュラルメイクに必要なのは、言うまでもなくきれいな肌です。

若いころは何もしなくてもつるすべ肌だった人も、加齢や紫外線によるダメージが重なる30代では、しっかりとした肌ケアが必要です。30代のメイクをきれいに作るお肌の作り方を抑えておきましょう。

食生活を改善する

美しさは、化粧して上から重ねるのではなく内面から築き上げるものです。きれいな肌を保つにはビタミンやミネラルはもちろん、食物繊維やタンパク質、炭水化物などの栄養素をバランスよく摂取することが大切です。

特に肌を構成するタンパク質は、美肌のためにも有効な成分なので必ず摂取します。それと同時にタンパク質の新陳代謝を促すビタミンB群は必ず取り入れましょう。

睡眠時間を確保する

若いころは新陳代謝も活発で細胞も生き生きしていることから、少々の徹夜でも肌ダメージは少なかったことでしょう。しかし、30代にもなると、睡眠不足はそのまま肌荒れにつながってきます。

睡眠中には肌の新陳代謝を促す成長ホルモンが分泌されますが、特に分泌の多い時間帯が22時からのゴールデンタイムと呼ばれている時間です。そのため、22時には熟睡体制に入ること、肌の新陳代謝を促進するため最低でも6時間以上の睡眠をとることが必要です。

お肌の保湿をしっかりと行う


年齢とともに肌の保湿成分が少なくなり、肌の乾燥が進んでいきます。そのため、30代になると毎日の肌の保湿はベストでしょう。化粧水に美容液をプラスするのが良いです。

保湿のポイントは、洗顔後、手のひらに500円玉くらいの量を取り、やさしく顔になじませます。そして、丁寧に塗り、同じことを数回繰り返します。入浴後は勿論、乾燥しがちな寝る前にも保湿します。

目の周りの小じわのケア

30代にもなると、目の周りの小じわも美容液や美容クリームをつけてケアするようにしましょう。クリームをこすりつけるのではなく、丁寧に深く浸透するようにつけます。

ほうれい線のケア

目の周りの小じわだけでなく、ほうれい線のケアも意識しましょう。化粧水や美容液を付けたり、美顔器でケアすることにより、ほうれい線を目立たなくすることができます。加えて、普段から顔をマッサージしたりしてほうれい線が目立つのを防ぎましょう。

30代メイクを成功させるポイント


30代にもなると、マネしたい、美しいと思う成功メイクから、若作り、派手、しわなどが目立ってしまう失敗メイクまでさまざまです。30代メイクを成功させる方法、コツを抑えておきましょう。

自然な眉

30代のメイクはナチュラル感がとても大事です。細く角ばった眉毛やしっかりとした眉毛、いかにも書きました、などという眉毛はふさわしくありません。もともとの眉に沿った自然な眉の形にします。トレンドの眉毛のかたちをさりげなく取り入れるのがよいでしょう。

ファンデーションは薄塗り

ファンデーションは薄塗りで素肌感を生かすナチュラルメイクにしましょう。シミやクマが気になる場合は、コンシーラーを使用してファンデーションでカバーするのはやめましょう。

また、肌診断を受けて自分の肌にあうファンデーションのカラーを選ぶことも大切です。

引き算をするアイメイク


アイメイクはやり過ぎるとケバい印象になります。全体をぐるっと囲むと目は大きく見えるかもしれませんが、若作りメイクに見えて不自然です。そのため自分が理想とする目の形に仕上がるようバランスよく不足する部分だけをメイクする「引き算メイク」がおすすめです。

チークや口紅は流行ではなく自分との相性で選ぶ

チークや口紅も、はやりのものを選ぶとしっくりこない場合があります。パーソナルカラー診断をしたり、アイメイクとカラーをあわせるなど自分と相性の良いカラーを選びます。そして、つけすぎないように心がけましょう。

抜け感を意識する

30代のメイクについては、びしっとすべてをキメてしまうと人によっては怖く見えたり派手に見えたりすることもあります。メイクを成功させるには、ナチュラルなイメージやほどほどに手を抜いた「ぬけ感」を演出することも大切です。

30代の大人女子に参考にして欲しいメイク動画

とはいえ、流行を追っていた20代から急に「自分にあうメイクを」と言われてもわからない人が多いかもしれません。そういった人は、30代に似合うメイクの動画を参考にしましょう。

【悩める30代】目の下のクマ・くすみ・シミ解消メイク

30代女性の多くが気になるのが、目の下のクマや肌のくすみ、そしてシミです。そういった悩みを解消するためには、ベースを使って解消しましょう。ファンデーションを塗る前に手にしっかりと塗って、シミやクマなど気になるところに塗っていきます。気になるところにはしっかりとくすみやシミをカバーするコンシーラーを塗ります。

パウダーファンデーションの人は化粧下地のあとに、リキッドファンデーションの人はファンデーションの上から塗りましょう。目の下のクマは目の形に合わせて塗ります。

大人のための上品でツヤのある抜け感メイク

上品でつやのある抜け感メイクをするためには、素肌をきれいに見せることが大切です。ベースやコンシーラーをしっかりと使い、きれいな素肌を見せるようにします。

ファンデーションは薄く塗りますが、全体をカバーするように工夫します。目元やたるみが気になるところは、形にそって指で形を付けます。自然な抜け感がでるようにクリームチークをさりげなく使用します。

大人ナチュラルメイク

大人っぽいナチュラルメイクをするには、素肌を自然に見せることが重要です。また、アイラインやチークなどには、自然に見えるやさしいベージュやブラウンのコスメを使うとよいです。ブラウンのコスメは大人っぽく見せてくれるからです。

30代になると日焼けのケアやテカリ予防などにも気を付けましょう。仕上げにもコンシーラーを使用し、シミをカバーするとよいです。

30代からのトレンドメイク

30代からのトレンドメイクを実現するなら、まず肌そのものにつや感を出すことが大切です。下地やコンシーラーを丁寧に使用し、透き通る素肌にします。また、適度な抜け感も大事にするように、自然なアイメイクを心がけるとよいです。きめ細やかな肌が若く見せてくれます。

まとめ

30代のメイクで大切なことは、ナチュラルメイクと適度な抜け感で、メイクしすぎないことです。ナチュラルメイクを実現するには、やはり毎日の食生活や睡眠などの生活習慣、保湿などの肌ケアを行い、きれいな素肌を保つことが先決でしょう。

メイクには、流行のカラーではなくパーソナルカラー診断に基づいた自分に似合うカラーを使います。動画などを参考にして、自分に似合うメイクを見つけましょう。