もみあげを処理する方法5選!もみあげのセルフ処理の手順

髪の毛をアップにしたときに、気になってしまうのがもみあげです。もみあげがきちんと手入れされていないと、男性ウケもよくないですし、女性らしい雰囲気の髪型でもワイルドになってしまいかねません。

ここでは、

  • 理想のもみあげの長さ
  • もみあげを処理する5つの方法
  • セルフでもみあげを処理する手順

についてまとめてみました。

理想のもみあげの長さ

もみあげについては何も気にしたことがない、という方もいるかもしれません。しかし、もみあげを整えるだけで顔の印象がよくなりますし、女性らしい美しいヘアスタイルにすることもできます。まずは理想のもみあげの長さを知ることからはじめましょう。

ショートヘア:耳の真ん中あたりから耳の穴くらいまで

ショートヘアの人は、もみあげラインをしっかり整えることで、顔の印象が変わりますし小顔に見られることもあります。ショートヘアの人の理想のもみあげの長さは、「耳の真ん中あたりから耳の穴くらいまでの長さ」です。

耳の上までカットしてもみあげをしっかり出すような印象にするとカジュアルになりますし、耳の下のもみあげを覆うような長さにすると落ち着いた雰囲気にできます。美容院でショートカットにオーダーするときにはもみあげを整えることもオーダーするとよいです。

ミディアムヘア以上:耳の穴から耳たぶにかぶるくらい


ミディアムヘアの人も、髪の毛をアップにしたり耳かけにしたときにもみあげが見えることもあります。幻滅されないようにしっかりとケアしましょう。

ミディアムヘア以上の人は、耳の穴から耳たぶにかぶるくらいの長さのもみあげが理想的です。濃い、長いもみあげは整ってない印象を与えることがあるので、ミディアムヘアやロングヘアの人でももみあげを整えるようにしましょう。

もみあげを処理する5つの方法


もみあげを処理したことがない、という人も安心です。実はもみあげを処理する方法はいくつかあり、それぞれにメリットデメリットがあります。もみあげを処理する方法について一つ一つ抑えておきましょう。もみあげを整えることで清潔感のあるヘアスタイルにできます。

美容院でカットする

セルフ処理の自信のない人は、美容院でカットしてもらうときについでにもみあげも整えてもらいましょう。一方、理容室では美容室ではできないシェービング、すなわち剃ることができます。そのため、気になる人は理容室を選ぶのも一つの方法です。

いずれにせよ、もみあげの処理は勝手にされることではない事が多いので、自分から希望を伝えましょう。オーダーするときにもどのようなもみあげにしたいか、ということも伝えしっかりとコミュニケーションを取ります。

美容院で目立たないようにカラーする

もみあげが目立ちすぎるのは、毛の量もありますが毛のカラーもあります。黒々としたもみあげはワイルドな印象になり整ってないと思われかねません。

美容室では、梳いたり整えたりするだけでなく、カラーをすることも可能なので目立たないようカラーをするとよいでしょう。カラーリングをする際は、もみあげも目立たないカラーにするようにします。

クリニックで脱毛する


顔のムダ毛や体のムダ毛のように、もみあげについてもエステティックサロンやクリニックでプロに任せるという方法もあります。自己処理するより失敗のリスクも減りますし、理想の形にできます

エステティックサロンでの光脱毛なら低価格でプロの施術が受けられ、その後の自己処理も簡単でしょう。一方で医療レーザー脱毛であれば、もみあげの永久脱毛も可能です。したい形に整えられてその後の手入れも必要ありません。

サロンやクリニックに行く手間はありますし、費用も掛かります。また、永久脱毛であればデザインを変えることもできませんので慎重に検討するとよいです。サロンやクリニックでは、まずカウンセリングを受けることになります。カウンセリングの場で相談するようにします。

自宅で除毛クリームで除去する

もみあげの量を手軽に減らしたい、ということであれば、除毛クリームを使用すると自宅で簡単に処理できます。余計なところまで除毛しないようにしっかりとブロッキングすることが大切です。

除毛クリームだけでなく、もみあげのカラーを脱色して肌色に近づけることで目立たなくするという方法もあります。いずれにせよ、手軽な反面、人によっては皮膚トラブルのリスクもあるので、使用法をきちんと守ったうえでパッチテストをしてから行いましょう。

自宅でカミソリや電気シェーバーで処理する

もみあげの処理と聞いて最も頭に浮かびやすい方法が、自宅でカミソリや電気シェーバーで処理する方法です。カミソリでは肌荒れのリスクがありますし、剃ったところが青く目立ってしまうこともあります。

そのため、自分で処理をするのであれば肌にやさしい電気シェーバーなどを使うようにするとよいです。カミソリよりも女性専用の電気シェーバーのほうがお金はかかってもきれいに、そして肌を傷めることなく処理できます。

セルフでもみあげを処理する手順


自宅で簡単に、セルフでもみあげを処理する方法もあります。セルフでもみあげを処理する手順について抑えておきましょう。もみあげを手入れする際には、きちんと道具を用意し、しっかりとした手順で行うことが大切になります。

1.邪魔にならないようにもみあげ以外の髪をまとめる

まず、処理したいもみあげを残して、ほかの部分は耳にかけてピンで留めましょう。しっかりとまとめておかないと、余分なところを処分してしまいかねません。

もみあげは一気に処理するのではなく、少しずつ処理するほうがよいでしょう。時間がかかっても、少しずつおろしましょう。クリームを使って除毛したり、カラーでもみあげを目立たなくするときにも取り入れるとよいでしょう。

2.コームでストレートになるようにとかす

いきなりもみあげを切ったり剃ったりするのはおすすめできません。まずは整理をするためにもみあげをコームでストレートになるようにとかしましょう。何度かとかしてすっきりとした指どおりにします。

3.アイブロウで理想のもみあげの長さに印をつける


もみあげを切り過ぎるのもおかしくなります。そのためもみあげは切り過ぎないように理想の長さにすることが大切です。もみあげを切る位置、すなわち耳たぶの丈夫の高さを目安に印をつけます。もみあげ部分の肌に、アイブロウで印を入れましょう。アイブロウで目印を付けると肌に優しいですし手入れをするときにわかりやすいです。

そこで注意をしてほしいことは左右差です。きれいなもみあげの形であっても左右差があるとバランスが悪くなり元も子もありません。アイブロウで印をつけたら、必ず鏡を見て左右対称になっているかチェックしましょう。

4.印をめやすに少しずつカットする

準備ができるといよいよカットに入ります。アイライナーでつけた印に向かって細くなるようなイメージで、余分な毛をカットしていきます。何回かに分けて少しずつ切ってみることで失敗が少なくなります。

もみあげが長いのであれば、切りたいところまでコームを使用し、コームからはみ出た部分をカットしていくようにするとよいです。少しずつ慎重に進めていくようにしましょう。

5.カットした部分を保湿ケアする

カットした部分はしっかりと保湿ケアをします。化粧水や美容液を使って乾燥することのないようにしましょう。乾燥すると毛穴がひらいて黒ずみになることもあります。

男性に比べて女性は肌が弱いのでその点気を付けるようにします。もみあげを処理したときには保湿をセットで行うよう習慣づけましょう。

まとめ

せっかく髪の毛をきれいにカットしたりセットしたりしていてももみあげの長さが短ければ元も子もありません。もみあげは長くなりすぎないように手入れをするようにしましょう。

もみあげの手入れは、美容院や理容室で髪の毛をカットしたり手入れするとき、エステティックサロンや医療クリニックでの脱毛プログラムの一環で行えます。

自分でもみあげをカットするときには、必ず余分な髪の毛をピンで留めて、少しずつ丁寧にカットしたりシェーバーで剃ったりしていきましょう。もみあげもキチン整えて、横顔美人を目指しましょう。

*記事内で特定の成分等による毛髪の補修について紹介している場合、該当の記載は「髪を補復して髪の質感を整える」ことを意味します。